« 平成27年8月1日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑨」 | トップページ | 平成27年8月3日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑪」 »

平成27年8月2日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑩」

平成27年8月2日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑩」
****************************************

光明越後人の詩::長距離を 運転するも 心いたむ 二酸化炭素は 自車の排出

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生のブログである「唐松模様」2015年7月7日 (火)の「七重塔の意味するもの」を学ばせていただきます。

【御教示】

(つづき)
 同じようにして、「7つの民族」とは「すべての人類」という意味であり、「7つの文化」は「すべての文化、「7つの世代」とは「すべての世代」ですから「永遠に」という意味になり、「7つの生物」は「生きとし生けるものすべて」であり、「7つの拠点・組織」とは「すべての拠点・組織」という意味です。つまり、七重塔が示しているのは、「時間、空間の制約を超えて、多様なものがすべてそろい、しかも一つの中心に統一されている」ことを表しています。それが、神の創造になる世界の実相であり、私たちはそれを縦・横・厚みの3次元の形に表現したものを目の前にしているのです。ですから、私たちが谷口雅春先生が揮毫された「實相」の御軸を目の前にしているのと、この七重塔に相対しているのとは、同じ意味がある--そう理解していただけると有難いです。 
(つづく)

【学習】
  同様にして、七つの民族に関するご解説です。七つの民族とは「すべて」の人類という意味となります。
七つの民族 →  すべての人類
七つの文化 → すべての文化
七つの世代 → すべての世代 → 永遠に、という意味
七つの生物 → 生きとし生けるものすべて
七つの拠点 → すべての拠点・組織

七重の塔の意味は?
①時間空間の制約を超えている。
②多様なものがすべてそろっている。
③中心に統一されている。
  この三つであるようです。なぜならば、それが実相世界の形式、姿であり、それを芸術的に縦・横・厚みの三次元世界に表現されているものを目前にしているからです。

次の御言葉は重要です。
谷口雅春先生が揮毫された「實相」の御軸を目の前にしているのと、この七重塔に相対しているのとは、同じ意味がある--と。
 実相額は、象形文字である漢字が分からない外国の信徒さんには、「実相」の意味は説明しがたいかも知れません。しかし、「七つの」という説明でさまざまな意味を説明すると世界中の人々に理解されると思います。

【越後伝道記】
  8月12日は、長距離運転をしました。こんな時は、ほとんど歩きませんので、自動車から降りると歩くことがきついと感じるものですが、まったく大丈夫でした。おそらく毎日の自転車通勤、休日のヒルクライムやステーショナリーバイクの活用で足を使っているのが好影響を与えているように思いました。有り難いことです。
 墓参に行きましたが、周囲の樹がすごく大きくなっているのに気がつきました。考えてみると、上京したのは19歳でしたので、その頃の樹が大きくなるのが当然です。「樹は大きくなる」ことに気がつきました。長岡に来て、「雪は融けるもの」だと気がついたのと同じです。時間の経過によって、先読みができると思います。良いものはいつかは必ず発展、成長します。。私たちの運動は総裁先生の御指導により、正しい考え方で活動しています。それ故に、必ず発展し、大きくなることは間違いありません。私はそのことを確信しています。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。
 中内 英生拝

|

« 平成27年8月1日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑨」 | トップページ | 平成27年8月3日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑪」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成27年8月1日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑨」 | トップページ | 平成27年8月3日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑪」 »