« 平成27年8月4日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑫」 | トップページ | 平成27年8月6日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑭」 »

平成27年8月5日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑬」

平成27年8月5日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑬」
****************************************

光明越後人の詩::宇治の地や 自然災害 物故者の 慰霊の『讃歌』 涼風の吹く  

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生のブログである「唐松模様」2015年7月7日 (火)の「七重塔の意味するもの」を学ばせていただきます。

【御教示】

(つづき)
 このような私たちの誓願にもかかわらず、「世の中はあまり変わらない」という印象はあるかもしれません。しかし、変わらないところはあっても、変わりつつあるところもあります。最近の私のブログを読まれた方はご存じですが、宗教界では大きな変化が起こりつつあります。それは、これまでどちらかというと人間中心主義に傾いていたカトリック教会が、フランシスコ教皇の登場によって、自然重視の方向に転換することを示す「回勅」という公式文書を発表したことです。その回勅から1節を引用して、今日のご挨拶の言葉を締めくくりたいと思います--
(つづく)

【学習】
  誓願によって、変わらない部分もありますが、変わっている部分も出て来ました。それは、宗教界の一大変化です。カトリック教会のフランシスコ教皇の登場による、自然重視の方向への大転換です。回勅は公文書です。すでに、唐松模様でご発表になっています。回勅を解説された唐松模様の御文章は、新潟越南教区の全組織会員に配布されています。言葉は創造力があります。私は、新潟越南教区が次第に、さらに、素晴らしい創造力と発展の力を出せるようになると確信しております。

【越後伝道記】
  友人でヒゲを生やしている人がいますが、なぜヒゲを生やしているのかをお聴きしてみました。すると彼は言いました。「環境に配慮して電気カミソリをできるだけ使わないようにしているから」と。「なるほど!」。彼はさらに付け加えました。「誰もこのことを信じてくれないけれどね」。この方は手打ち蕎麦が大好きな人でして、かなりの通であるようです。素晴らしい友人です。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。
 中内 英生拝

|

« 平成27年8月4日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑫」 | トップページ | 平成27年8月6日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑭」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成27年8月4日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑫」 | トップページ | 平成27年8月6日「『唐松模様』:七重塔の意味するもの:に学ぶ⑭」 »