« 平成28年4月17日「”フェイスブック(4/5)の御教示”に、学ぶ」 | トップページ | 平成28年4月19日「”フェイスブック(4/7)の御教示”に、学ぶ」 »

平成28年4月18日「”フェイスブック(4/6)の御教示”に、学ぶ」

Img


平成28年4月18日「”フェイスブック(4/6)の御教示”に、学ぶ」
****************************************

※熊本の地震の被害を心よりお見舞い申し上げます。また、はやく地震が終わり、他の停
止している原発が再稼働されなくなることを祈ります。

 尚、総裁先生は4月15日のフェイスブックに、以下のような御文章をご掲載になりました。

《原発の再稼動を止めよ!》
「人間が自然を敵視すれば、その迷い心の反映として、自然の側から“敵”として扱われるような事態が現れてくるのである。……日本列島やニュージーランド周辺で地震が起こるのは、太古から繰り返されている地殻変動の一部であり、決して異常事態ではない。それが異常事態に見えるのは、人間の視野が狭く、考える時間軸が短く、自己中心的だからである。」(自然と人間の大調和を観ずる祈り)

【4月29日(金)白鳩会全国幹部研鑽会の大盛会をお祈り致します】
【4月30日(土)相栄合同全国幹部研鑽会の大盛会をお祈り致します】
【5月01日(日)青年会全国大会の大盛会をお祈り致します】

光明越後人の詩::

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生のフェイスブック2016年4月6日9:14の御教示を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
 
この世界は現象であり“映し”であるが、それでさえすでに充分壮大で、美しく、善に満ち、アイディアに溢れている。だからその“源泉”である神の国、実相世界を想うとき、私たちは祥福に満たされるのである。

【学習】

  キリストは、「まず神の国と神の国の義を求める」ように説いています。そのように、物質的な裕福さを人や自然から横取りするのではなく、神の国から縦取りするのです。実相世界にはすべてのなくてはならないものがあるのですから、実相世界を「想う」時、その時すでに祥福を感じることができ、かつそれは時間経過と共に正しい実践を通してあらわれてくるのです。目的と手段は一致すべきだからです。誠に有り難いことであります。

【越後伝道記】
(今日の伝道記は、5月の機関紙『越路』の挨拶文です。)

”熊本地震の速やかなる終息と、他の停止している原発が再稼働を止めることを祈りましょう。”

 新潟越南教区の神の子の皆様、有り難うございます。
ご存じの通り、去る月14日、熊本県熊本地方を震源地とする、大きな地震が発生しました。この原稿を書いている時点では、まだ地震が続いています。地震の速やかなる終息と、被害に遭われた方々へのお見舞いと、他の停止している原発が再稼働を止めることを祈りましょう。

 総裁先生は4月15日のフェイスブックに、次のような御文章をご掲載になりました。

《原発の再稼動を止めよ!》
「人間が自然を敵視すれば、その迷い心の反映として、自然の側から“敵”として扱われるような事態が現れてくるのである。……日本列島やニュージーランド周辺で地震が起こるのは、太古から繰り返されている地殻変動の一部であり、決して異常事態ではない。それが異常事態に見えるのは、人間の視野が狭く、考える時間軸が短く、自己中心的だからである。」(自然と人間の大調和を観ずる祈り)

 地球そのものが活動期に入っているという見解を示している科学者もいます。東日本大震災の回復がまだ不十分なこの時期に、熊本での地震が発生しました。日本の地下での活動が活発化しているようです。私たちは、いたずらに恐れるだけでなく、み教えに従って、信仰者として、なすべきことを着実に行い、四無量心を実践して参りましょう。今こそ、三正行(神想観・聖典聖経讃歌等の読誦・愛行)の実践と『日時計日記』の毎日記載は重要です。

  人間の実相が完全円満であるように、自然界の実相も完全円満であり、実相世界では自然と人間は大調和しています。このような時にこそ、皆様が行っておられる「講習会大盛会の為の千巻読誦」の時に、熊本地方に向かって光明思念を行い、『大自然讃歌』、『観世音菩薩讃歌』、『万物調和六章経』を読誦いたしましょう。天地は神さまが創造されたものですから、神の子の祈りに必ず応えてくれます。

  講習会の推進を通して、相愛会、白鳩会、青年会の活動が活発化しています。相愛会は、綿密な講習会推進計画を立てて、連合会長を中心に活溌に活動を展開しています。去る3月1日には、全国的にもなかなか頂くことができない「誌友会開催優秀賞」を授与されました。全国幹部研鑽会でも達成率は全国上位に位置しています。
 また、白鳩会は、講習会目標設定のための見真会などを行い、大変盛り上がってきています。先日の幹部会議では、Mさんという支部長さんが体験談を発表し、参加者には感動を与えました。病気を克服して、講習会推進に邁進し、さらに地方講師受験にもチャレンジするという決意を披露されたのでした。組織活動は私たちの魂を救済し、大きな徳積をすることができます。組織は身体に喩えられます。手足の毛細血管まで血液が充分に行き届き、細胞を増殖・活性化させるのが毎月の支部長会議や誌友会です。この点でも白鳩会は大いに活発化しており大変素晴らしいです。
 越南の青年会は、全国大会の推進や講習会推進で活溌に活動しています。また、青年会副会長のHさんは、4月14日午後に自転車部としての練習を行い、複数で八方台へ登りました。青年らしい機動力と迅速さで活動しています。さらに、八方台のゴミ拾いまで行いました。さらに仲間が増えるようです。

  組織活動こそ、み教えで救われた私たちの報恩感謝の活動です。総裁谷口雅宣先生への中心帰一の信仰姿勢を堅持して、伝道活動を行い、菩薩としての生き方を極めることができるのも相愛会・白鳩会・青年会の組織活動によってです。組織会員にならせていただき、お役をいただいた神縁を拝み、菩薩道を生きて参りましょう。今、皆様の魂の底から沸々と喜びが湧いてきているのは当然であります。
                                  再拝

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

|

« 平成28年4月17日「”フェイスブック(4/5)の御教示”に、学ぶ」 | トップページ | 平成28年4月19日「”フェイスブック(4/7)の御教示”に、学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成28年4月17日「”フェイスブック(4/5)の御教示”に、学ぶ」 | トップページ | 平成28年4月19日「”フェイスブック(4/7)の御教示”に、学ぶ」 »