« 平成28年6月06日「”唐松模様”(6/1)”に、学ぶ」 | トップページ | 平成28年6月08日「”唐松模様”(6/1)”に、学ぶ」 »

平成28年6月07日「”唐松模様”(6/1)”に、学ぶ」

Img_4834


平成28年6月07日「”唐松模様”(6/1)”に、学ぶ」
****************************************

※『日本会議の研究』864円(税込み:菅野完著)を読みましょう。生長の家長岡教化部で購入できます。

新潟越南教区の信徒の皆様、熊本地震についての緊急支援の募金が開始されました。信徒の皆様は、お祈りと共によろしくご協力をお願い致します。
   http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160420.html

地震の沈静化、とまだ再稼働していない原発の停止を祈りましょう。そして、『大自然讃歌』、『観世音菩薩讃歌』、『万物調和六章経』を拝読しましょう!

”5月22日(日)京都第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。”

光明越後人の詩::小糠雨 今日のカッパは 着るべきや   

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月1日(水)の御教示「『日本会議の研究』について」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】

 ここにある「真理や信仰を伝えるのではなく、政治目標を説いて回る」という意味は、政治目標達成や選挙運動に力を入れるあまり、何が正しく、何が真理であるかという判断や、個人が抱える苦悩の救済が二の次に回されてしまったという意味である。また、「宗教活動はしだいに政治活動に従属していった」という意味は、教団の組織的活動において、宗教的なもののが後退する一方、政治的なものが優先されるようになったということだ。これは、「政治目標達成のために宗教的情熱が利用される」と表現してもいいかもしれない。宗教運動にとってこのような傾向は決して好ましくないため、第二代総裁の谷口清超先生は、昭和58年に生政連の活動停止を決断されたのだった。 
(つづく)

【学習】
   ここで説かれていることは、政治活動によって、①真理探究や伝道、そして個人救済などは、政治目標達成のために行動することよりも後回しになった。②宗教活動よりも政治的なものが優先されるようになった。この2点です。さらに、「政治目標達成のために、宗教的情熱が利用される」とも説かれています。
 学生の頃は、日々、早朝行事で神想観を行じながら、その後に、第1代目総裁谷口雅春先生の御歌を朗唱していた記憶があります。記憶ですが、「革命を呼ぶ声国に漲れり愛国者今起たずしていつ起つべきか」だったように思います。ともかく第1代目総裁先生に中心帰一して一所懸命に生きていました。なぜなら、微力ながら、私自身も生長の家を通じて日本のために尽くさせていただきたいと、決意して上京した経緯があったからです。しかし、入所させていただいた某練成道場には、生長の家の御教えによって世界を救わなくてはいけない。全世界に御教えを宣布するのだ!」と叫ぶ、故T元本部講師が活動しておられました。私は感動しました。私が入所して間もなく、T元本部講師はブラジルに2年間旅立ち、またすぐに長年上司としてお仕えした故O元本部講師がアメリカへ旅立ちました。そのような時代でした。
 昭和58年、第2代総裁谷口清超先生は、生政連の活動の停止をご決断されました。2代目総裁先生への中心帰一を実践して、私達は教勢発展に全力を注ぐことになりました。中心帰一の信仰姿勢を堅持するということは、私心があると心が苦しくなることがあるかも知れません。私は、某練成道場に於いて、最高責任者が交代する度に、直ちに考え方やり方が変化することにより、戸惑いながらもその変化を幾度か体験して、どんな時にも中心に帰一することができる柔軟性が養われるようになったように思います。「今まではこうだったのに」という、原理主義的考え方を捨てざるを得なくなる体験が多々あったからです。しかしそれは今考えると有り難いことでした。

【越後伝道記】
  『日本会議の研究』82頁に、”漫画「憲法の時間です」の一コマに戦慄”という小見出しがあります。著者が戦慄したというところは、漫画で、「改憲砲発射!」「はい!」というところですかね。85頁には、「改憲の照準は2016年の参院選挙」と書かれいてます。7月とは、来月です。正確には、7月25日でないですか。この本はそれに間に合うように出版されたのでしょうかね?。興味のある方は、ともかくお読みになってみてください。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

|

« 平成28年6月06日「”唐松模様”(6/1)”に、学ぶ」 | トップページ | 平成28年6月08日「”唐松模様”(6/1)”に、学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

総裁先生が一読をとブログで出されていたので、読みました。 とても、わかりやすく、2時間で、読み終えました。 ところどころに 今までの文章でのまとめて的な箇所があるので、分りやすいのでしょうね。

集めた資料は、ダンボール12箱にもなるだけあって、すごい裏づけがありますね。

7月10日の参院選 日本の民主主義を守りたいです。
私も、みなさんに 一読を お勧め致します。 

すずめ様へ どこのすずめ様か存じませんが、住む場所は違っていても、総裁先生への中心帰一を堅持して、御教示の通りに行動して参りたいと思います。中内英生拝

投稿: すずめ | 2016年6月 9日 (木) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成28年6月06日「”唐松模様”(6/1)”に、学ぶ」 | トップページ | 平成28年6月08日「”唐松模様”(6/1)”に、学ぶ」 »