« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

平成28年7月22日「”唐松模様:今こそ「万物調和」の教えを拡げよう③」を学ぶ。

Img_5830


Img_5833


平成28年7月22日「”唐松模様:今こそ「万物調和」の教えを拡げよう③」を学ぶ。

****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::積乱雲 伸びてモクモク 激光線

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年7月7日(木)の御教示「今こそ「万物調和」の教えを拡げよう」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
今日は先ほど、この万教包容の広場で4基目の七重塔が除幕され、その基台に『甘露の法雨』と『大自然讃歌』『観世音菩薩讃歌』の経本が納められました。この3つの経本は、これまでの1年間、オフィスの本部講師、本部講師補の方々が心を込めて読誦してきたもので、「神・自然・人間の大調和」実現を目指す私たちの誓願が込められています。 
(つづく)

【学習】
  読誦という言葉を発する宗教行の結晶としての『甘露の法雨』、『大自然讃歌』、『観世音菩薩讃歌』でありましょう。このように継続いたします時、ある日、その光明の念が飽和点に達して、現実を動かすに至ると考えられます。本部講師、本部講師補の皆様の、総裁先生への、生長の意大神様への中心帰一の信仰姿勢の結晶のようなものでは無かろうかと、拝察申し上げます。

【越後伝道記】
  国際教修会第三日目は、山中講師の「仏教の自然破壊の態度と行動」という素晴らしい御発表がありました。それから、総裁先生の御講話がありました。大変感動したのですが、内容に関しましてはご発表があってから感想を述べさせていただきます。終了後、全体写真撮影があり、会食を終わってから、帰らせていただきました。宿舎に帰りましても、受講生の皆様は、約10人以上も集まり、昨日の研修内容の意見交換の場となりました。「咀嚼討論をする皆様は、大変素晴らしいなあ!」と思いました。
 感想文は、大急ぎで書いて、帰りまでに間に合わすことができました。ラッキーでした。このブログの文章は、待ち時間が三十分間ほど余裕がありましたので高碕の駅で書いています。このお道に入らせていただき、「本当に私は幸福だ」と実感した国際教修会でした。3日間、インターネットでの通信が十分にできなかったのが多少心残りですが、その分、多くのお仲間と意見交換ができましたので、よかったです。感謝感動感激です。 

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月21日「”唐松模様:今こそ「万物調和」の教えを拡げよう”に、学ぶ②」

Img_5834


Img_5832


平成28年7月21日「”唐松模様:今こそ「万物調和」の教えを拡げよう”に、学ぶ②」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::せせらぎや チョロチョロ聞こゆ 森の中

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年7月7日(木)の御教示”今こそ「万物調和」の教えを拡げよう”を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき) 

 皆さん本日は、第4回目の「万教包容の御祭」にご参加くださり、ありがとうございます。この御祭は、3年前の7月7日に、“森の中のオフィス”の落慶を記念して始められました。その目的は、世界の宗教や民族、文化などが、多様性をもちながらも一つの中心のもとに大調和する実相世界の構図を、私たちの運動を通して現実世界にも現していくことを誓い、祈念するためであります。そのことを象徴するのが、七重塔であります。 

(つづく)

【学習】
  象徴としての七重の塔のご説明をしておられます。この御祭りは第四回目です。三年前は、「森の中のオフィス」落慶記念です。その目的と象徴の意味ですが…
世界の宗教や民族文化などが、多様性をもちながらも1つの中心のもとに大調和する実相世界の構図を、生長の家の運動を通して現実世界に実現して行くことを誓い、祈念するものです。
 素晴らしい運動です。理念理想が先立ちます。ここから世界平和が湧出して参ります。

【越後伝道記】
  7/30夕刻に、入浴していると、側の内風呂に高校生らしき男子(高3)が一人、小学生の男の子2人が入ってきました。「どこからきたの?」と聞くと、東京の小平から来たという。しかもロードバイクという自転車で甲府まで100キロ以上を来たのだという。甲府からは祖父母さんが車でここまで連れて来てくれたそうだ。「おおすごい!」と私は感嘆の声を上げました。小学生二人は、地元の子どもさんらしい。つい「弱虫ペダル」の話になった。「私もヒルクライムをやっているんだよ」「ホントですか。身体が絞られていますね。」という会話でした。高校生はN君という。心の波長の世界ですね。自転車の好きな人が、風呂の中でも隣にいるとは本当に不思議です。N君に感謝です。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月20日「唐松模様:”今こそ「万物調和」の教えを拡げよう”に、学ぶ」

Img_5835


Img_5836


Img_5837


平成28年7月20日「唐松模様:”今こそ「万物調和」の教えを拡げよう”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::山稜に 薄き衣の 雲流る

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年7月7日(木)の御教示”今こそ「万物調和」の教えを拡げよう”を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
 今日は午前11時から、山梨県北杜市にある生長の家“森の中のオフィス”の万教包容の広場で、「万教包容の御祭」が行われた。同祭にはオフィス職員が参加したほか、御祭の様子を伝える映像は、インターネットを通じて生長の家の国内の教化部を初め、海外の各拠点にも配信された。 

 私は御祭の最後に、概略以下のような言葉を述べた-- 
(つづく)

【学習】

  「万教包容の御祭」です。私たち越南教区では、教化部大拝殿にライブ配信をいただき、参列させていただきました。誠にも有り難いことでした。

【越後伝道記】
  国際教修会の第二日目(7/30)、午前中は、「インドネシア・ムスリム市民による宗教実践」(インドネシアを取り巻く環境から考える)という題名で、青木武信・千葉大学客員教授と阿久津正幸・一般財団法人ラヂオプレス(アラビア語ニュース担当主任)という方でした。この道の専門家のようです。大変興味ある話をたくさん聴くことが出来ました。質疑応答の興味あるものでした。
 午後は、「キリスト教の自然破壊への態度と行動」という題名で、メイ利子本部講師が発表されました。論理的かつ明快な素晴らしいレジュメであり、大変よく理解できました。感謝です。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月19日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑩」”に、学ぶ」

Dsc_0018


Dsc_0019


平成28年7月19日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑩」”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::浜に立ち 熱風我を 包み込む 

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月17日(金)の御教示「信仰者はウソをつかない」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】

(つづき)
  --------(以下引用)------------- 
<ご存じの方も多いかと思いますけれども、谷口雅春先生もこの後継者選びに関しては一度、そういう過ちを犯したことがおありです。それが『善と福との実現』という本の中に書いてあります。 
 それは、谷口清超先生がまだ雅春先生の前に現れていない時期に、谷口恵美子先生の娘婿として、ある人物を選ばれた。それは谷口恵美子先生がよく知らない人だったけれども、雅春先生がその人のことを知って、この人なら戦争に行かないだろう--つまり、腎臓に結核菌が入ったので一方を摘出したから、徴兵に取られないと思われた。そして、自分の所に「心の父よ」という肩書きで手紙を書いてきたこともあって、先生の方も「吾が子よ」というような感情が起こってきて、その人を養子に定められた。恵美子先生は雅春先生を深く尊敬されていましたから、「お父様のおっしゃること、決めることはすべて善い」と思って結婚されて、その人物は谷口家の養子になったのです。 
 しかし、恵美子先生は結婚してから、自分はこの人が愛せないということが分かった。そして苦しまれるんですね。その様子も『善と福との実現』の中に書いてあります。あの本を読まれていない方はぜひ読まれるといいですね。感動的な文章がいっぱい書いてあります。雅春先生は、当時のご自分の精神状態も詳しく分析されていて「私に少し間違った選択があったのは否定できない」ときちんと書いていらっしゃる。>(同書、pp. 173-174)
(つづく)

【学習】
  恵美子先生のご結婚のことです。赤裸々にお書きになっておられる御文章です。『善と福との実現』を初めて拝読した時、私は驚いたことを記憶しています。

【越後伝道記】
  基礎代謝力というのがあるのでしょうか。軽自動車で高速道路を走るのと、3ナンバーの自動車で走るのとはかなりエンジンの回転が違います。軽自動車にとっては全力疾走です。3ナンバーは余裕でしょう。ヒルクライムをやっていると、どうやら基礎代謝能力が高まるように感じます。心肺能力ですかね。年齢が高くなるとその力が多少落ちるようですが、ヒルクライムではかなり補えるように思います。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月18日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑨」”に、学ぶ」

Dsc_0014


Dsc_0015


平成28年7月18日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑨」”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::メロン食べ 糖度満点 笑顔かな

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月17日(金)の御教示「信仰者はウソをつかない」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】

(つづき)
 健全な民主主義を機能させるためには、政治の透明性が不可欠です。しかし、彼らが何十年も実践してきた“スリーパー・セル”のような“面従腹背”の生活と運動方法は、宗教と相容れないどころか、民主主義の基本を否定するものです。なぜなら、彼らの思想と行動の実態は表面から分からず、まったく不透明だからです。このような生き方は、ましてや谷口雅春先生のお考えや人格とは正反対と言っていいでしょう。 

 ご存じのように、谷口雅春先生は、隠し事をされない、竹を割ったような、まっすぐな性格をおもちでした。先生は宗教の創始者という立場にありながら、ご自分の失敗を包み隠さず文章に書かれたことが一度ならずあります。有名なのは、『生命の實相』の自伝篇にある若い頃の女性遍歴の話です。これは多くの方はすでに読まれている。 
 また、立教後に、先生の一人娘である谷口恵美子先生の結婚相手を選ばれたときも、一度失敗されている。この話は、先ほど紹介した『歴史から何を学ぶか』の中に、一部が引用されています: 
(つづく)

【学習】
① スリーパー・セルのような面従腹背の生活と運動方法は、宗教と相容れない。
②それは、民主主義の基本を否定している。
③健全な民主主義を機能させるには、政治の透明性が不可欠である。
④スリーパー・セルの生き方は、谷口雅春先生のお考えや人格とはまったく正反対と言っても良い。
⑤谷口雅春先生は、ご自分の失敗を正直に認めておられる。
 このような正直な初代総裁先生の生き方を本当に学んでいるならば、スーパー・セルのような生き方はできないのではないでしょうか。
 谷口雅春先生は古事記講義に於いて、実相世界の第一のものは中心があること。すなわち中心帰一の大切さをお説きになっています。私自身もそのみ教えに従い、人類光明化運動・国際平和信仰運動に於きましては、現総裁先生への中心帰一こそ生長の家の信仰者としての基本的な生き方であると理解させていただいております。

【越後伝道記】
  この一ヶ月間、かなり多用な日々を過ごしてきました。健康ですごせるのは本当に有り難いことです。今日は(7/27)、3つの会議があり、業務終了後に自宅から八方台に向けて登りました。七時前に折り返して、自宅に帰りました。息子の誕生日祝いがあったからです。息子がいるということは本当に有り難いことです。神様に感謝いたします。明日は、午前中は講習会推進に行き、午後は森の中のオフィスでの研修会にでかけます。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月17日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑧」”に、学ぶ」

Img_5658


Img_5656


平成28年7月17日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑧」”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::冷奴 食べて小川の せせらぎが
(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月17日(金)の御教示「信仰者はウソをつかない」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】

(つづき)
  イスラーム原理主義にもとづくテロリストの戦術として、英語で「sleeper cell」と呼ばれるものがあります。「sleep」は「眠る」という意味で、「cell」は「細胞」--「眠れる細胞」です。政治学の分野では「細胞」は政治組織の最小単位のことであります。「sleep」という語も、スパイなどが自分の本当の身分や意図を隠しながら、一般市民の中で静かに、ごく“普通に”していることも意味する言葉です。ですから、「sleeper cell」は「所属する組織の本当の目的を秘匿して、大衆の中で普通の市民として暮らす単位組織」という意味になります。 

 この“スリーパー・セル”が私たちの運動の中にもあったということです。そのことは、菅野さんの本の中で、実名をもって証明されています。これは、そういう人々が何十年も前にいたという話ではなく、ごく最近まで生長の家の幹部として活動し、今は「日本会議」の中枢にいたり、さらに私たちの運動に反対している「谷口雅春先生を学ぶ会」の中枢にもいる--ということです。しかし、私たちの今回の決定は、これらの人々への憎しみに基づくものではありません。そうではなく、これらの人々の運動方法と行動哲学は、宗教が説く「信仰」とは相容れないことを明確にするためです。さらに言えば、この同じ方法で隠密裏に、日本の政治が彼らの偏向した思想によって間違った方向に向けられる危険性が迫っているという認識と危機感にもとづくもので、「そうさせてはいけない」という強い意志の表明なのです。 
(つづく)

【学習】
  スリーパー・セルという言葉を初めて知りました。最近まで生長の家幹部として、または現在「日本会議」の中枢にもいる、また、「谷口雅春先生を学ぶ会」の中枢にもいる、とのことです。しかし、今回の決定は、これらの人々への憎しみに基づくものではなく、「これらの人々の運動方法と行動哲学は、宗教が説く信仰とは相容れない」ことを明確にするためであると御教示されています。さらに言えば、…
①同様の方法で隠密裏に、日本の政治が彼らの偏向した思想によって間違った方向に向けられる危険性が迫っているという認識と危機感がある。
②「そうさせてはいけない」という強い意志の表明である。
 このように説いておられます。やはり、「信仰者の誠実さ」が何よりも大切であることのように思います。能力が高く、頭がよい人よりも誠実な人でありたいです。

【越後伝道記】
  柏崎の講習会推進に行った時、ご年配の白鳩さんがまっておられました。その方は、数日前に参加した熟年の集いで、悦びの講習会推進の話を聞きました。そして帰ってきてから、家族に、親戚を誘う勇気が湧いてきたそうです。やはり、同心の友と語り合うと、意欲が大いに湧いて来るようです。良かったですね。
 無構えの構え、という言葉がある。我執をすてて、無我の境地にあるときに、法爾自然の世界が現出する。こうありたい。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月16日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑦」”に、学ぶ」

Img_5652


Img_5654


Img_5657


平成28年7月16日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑦」”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::土用波 子どもの頃の 川泳ぎ
(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月17日(金)の御教示「信仰者はウソをつかない」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】

(つづき)
先日、6月9日に発表された生長の家の「今夏の参議院選挙に対する方針」には、そのことが次のように書かれています-- 

--------(以下引用)------------- 
<最近、安倍政権を陰で支える右翼組織の実態を追求する『日本会議の研究』(菅野完、扶桑社刊)という書籍が出版され、大きな反響を呼んでいます。同書によると、安倍政権の背後には「日本会議」という元生長の家信者たちが深く関与する政治組織があり、現在の閣僚の八割が日本会議国会議員懇談会に所属しているといいます。これが真実であれば、創価学会を母体とする公明党以上に、同会議は安倍首相の政権運営に強大な影響を及ぼしている可能性があります。事実、同会議の主張と目的は、憲法改正をはじめとする安倍政権の右傾路線とほとんど変わらないことが、同書では浮き彫りにされています。当教団では、元生長の家信者たちが、冷戦後の現代でも、冷戦時代に創始者によって説かれ、すでに歴史的役割を終わった主張に固執して、同書にあるような隠密的活動をおこなっていることに対し、誠に慚愧に耐えない思いを抱くものです。先に述べたとおり、日本会議の主張する政治路線は、生長の家の現在の信念と方法とはまったく異質のものであり、はっきり言えば時代錯誤的です。彼らの主張は、「宗教運動は時代の制約下にある」という事実を頑強に認めず、古い政治論を金科玉条とした狭隘なイデオロギーに陥っています。宗教的な観点から言えば“原理主義”と呼ぶべきものです。私たちは、この“原理主義”が世界の宗教の中でテロや戦争を引き起こしてきたという事実を重く捉え、彼らの主張が現政権に強い影響を与えているとの同書の訴えを知り、遺憾の想いと強い危惧を感じるものです。> 

--------(以上引用)------------- 
(つづく)

【学習】
  私もこの本を読んでみましたが、生長の家のことで色々と知らないことがあったことに気がつきました。まだお読みでない人は、ぜひどうぞ。

【越後伝道記】
自宅を5:35に出発し、八方台についたのは、七時前。若い人は、この半分の時間で登るようです。今日も、途中で何度、休もうか、と思ったか分からないが、いつのまにか、頂上に立っていた。昨年春には、自分にはとうていムリ、と考えていたのに。「無理はない」のですね。しかし、無限力は、神の子無限力であって、肉体無限力ではない。
 自然の中に入って初めて自然と自分との一体感が生まれる。その経験が大切なのですね。都会では自然が傍にないので、自分の庭に、または盆栽などに自然を感じようとする人もいますね。ヒルクライムは本当にうれしいスポーツです。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月15日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑥」”に、学ぶ」

Img_5570


Img_5569

(イタリー製の派手なトレーナーです。夕刻に山から、走り降りますので、対向車の運転手から見て、できるだけ目立つ必要があるのですね。勿論、前後にライトをつけます。)

平成28年7月15日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑥」”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::若き日や 富士山頂と ご来光 
(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月17日(金)の御教示「信仰者はウソをつかない」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
  --------(以上引用)------------- 
ここにあるように、生長の家は生政連の活動停止を決めたことに伴い、それまで政治的な行動を共にしてきた、いわゆる“愛国団体”とも袂を分かつという方針を決め、その方針を実行してきたはずなのです。この“愛国団体”の中に「日本国民会議」というのがありました。これが今、話題になっている「日本会議」の前身である政治団体です。ですから、生長の家は長年の政治運動による諸問題を真剣に考察した結果、宗教の純粋性を回復し護持するという重要な目的からこの決定を下した。その決定から、今はもう30年以上たっているのです。 

 ところが残念なことに、この決定に従わない人々がいたのですね。それも一般の信徒ではなく、生長の家本部の中枢にいた人、また教化部長として、本部講師として、本部からの給料で生活の保障を受けていながら、表面では本部の方針に従う素振りをして、何十年も“面従腹背”の生活を送ってきた人々がいたのです。 
(つづく)

【学習】
  日本国民会議という言葉は、懐かしい言葉です。30年前によく耳にした言葉です。しかし、本部は方針変更を決定したのですが、それに従わない人がいたと書かれています。“面従腹背”と表現されています。この辺りは、『日本会議の研究』を読む以外にないようです。

【越後伝道記】
次の文章は『越路』8月号掲載予定の文章です。

 「講習会の目標は内なる神様とのお約束」

新潟越南教区の神の子の皆様、有り難うございます。
 日々、祈り、かつ講習会推進に真心を込めてご実践されておりますことを、心から感謝申し上げます。
  9月25日まで、あと2ヶ月となりました。すでに、受講者目標を達成しておられる方々もたくさんおられ、誠に素晴らしいことです。生長の家総裁谷口雅宣先生は、7月19日のフェイスブックの御教示で次のようにお説きになっておられます。

「善行は神への感謝」という意味は2つある。1つは、自分や他人を超えた神に喜んでもらうため。2つは、自分の‘’内なる神”を喜ばすため。善いことをすれば自分が嬉しいのだ。

 そうなのです!。他人を講習会にお誘いすることは、自他を越えた神様に喜んでもらうためであると同時に、内なる神様に喜んでもらうためです。講習会の目標を達成するたびに、他の自分の人生目標を決意し、それを達成する実力を得ることができるのです。あらゆることが良くなってきます。

 祈るだけ、聖経・讃歌を読誦するだけでは受講者目標は達成できません。祈り、かつお誘いするということを実践をすることです。ある学生の話があります。
  二人の学生が、始業時間に遅れそうになりました。一人は、校門の前に座って神想観を始めました。「神様、遅れませんように。すでに間に合いました。有り難うございます」と。もう一人の学生は、心に「神様、神様」と念じながら、全速力で教室に向かって走りました。当然のことながら、後者の学生が間に合いました。祈りには行動と実践が必要です。さあ、勇気を出して、自分の迷いの殻を打ち破り、身近な人々に講習会をお伝えしましょう。言う気を出すと勇気が出てきます。

 対象者が行かない理由は3つです。講習会に行きたくないから。講習会に行く予定が取れない。三つ目は、講習会があることを知らないから。三つ目の理由が多いようです。まず、ご家族、親戚、友人、知人、自宅に来る配達の人、ご近所の人、趣味の会の人、色々といらっしゃると思います。その方々に、まずお知らせしましょう。新潟越南教区の人は、120万人です。その中で1200人が全体の目標です。一人一人が目標を達成すると、必ず達成できるのです。
  また、ご自分の目標よりも少し多めにお誘いしておくと、当日突然に都合が悪くなり講習会に参加出来なくなった人の穴埋めができます。そのためには明るく楽しく確実に、講習会当日まで、粘り強くお声かけをして参りましょう。

 加茂の武内カズさんは、目標は多く立てているのですが、行動力がすごいのです。昔の職場の友人や知人、親戚に至るまで精力的に推進しておられます。加茂の会員の息子さんの良縁のお世話や祈りなど、日常生活で愛情あるお世話活動、愛他行が、目標達成を可能ならしめています。素晴らしいことです。このような信仰姿勢ですと、必ず達成できます。
  さあ、皆様!!大いに楽しくうれしく、講習会推進を行いましょう。身近なご家族から、できるだけ多くの人にお声かけをして、生長の家総裁先生、白鳩会総裁先生の御講話を聞いていただき、幸福になっていただく素晴らしい菩薩行です。ご自分の受講者目標を完全に達成して、内なる神様を喜ばし、誘った人々を喜ばし、総裁先生、白鳩会総裁先生に喜んでいただこうではありませんか。
  感謝合掌  中内英生拝

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月14日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑤」”に、学ぶ」

Img_5560


Img_5561





平成28年7月14日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない⑤」”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::茄子6つ 手折りて明日は 一夜づけ

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月17日(金)の御教示「信仰者はウソをつかない」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
 こうした目的を達するためには、生長の家の各組織を拡大・充実させつつ、飛躍的な教勢拡大を図るほか、安易な道はどこにもありえない。そしてそれこそが、人類光明化運動の原点でもあるのだ。吾ら信徒一同、この原点に立ち、菩薩行に邁進したいと決意を新たにする次第である。(『聖使命』昭和58年8月15日号) 

 生長の家はその後、純粋な信仰運動として信徒拡大をはかるために、従来、政治目的で行動を共にしてきた「日本国民会議」等の“愛国団体”とも分かれ、講習会推進活動を中心とした運動を展開しました。>(同書、pp. 59-61) 
--------(以上引用)------------- 
(つづく)

【学習】
  「安易な道はどこにもありえない」との御言葉があります。人類光明化運動の原点に立つこと。菩薩行に邁進すること。各組織の拡大・充実、そして飛躍的な教勢拡大です。従来、政治目的で行動を共にしてきた、「日本会議」等の愛国団体とも分かれたとあります。そして、講習会推進活動を中心として運動を展開したのでした。純粋な信仰運動として信徒拡大を図る。要するに、生長の家の純粋な信仰者を多く育てることの必要性があると言えましょう。次に引用文が掲載されます。

【越後伝道記】
  『1945年のクリスマス』という本を読み始めました。バアテ・シロタ・ゴードンというアメリカの女性の本です。日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝、とサブタイトルにありました。はしがきには次のような文章がありました。
「……私はいまでも、高い理想をかかげた日本国憲法はすばらしいと思っています。
私は、この本を読んでくださった女性が自立し、仕事を持ち、女性の権利を獲得するために闘い続ける勇気を持っていただければ、と願っています。また、この本をお読みになる男性は、そういう女性を支えてくださるようにお願いします。……」
彼女のことは、かつてNHKの番組で見たようにも思います。そして、白鳩会総裁先生がお勧めくださっている本ですので、読むことになりました。私にとっては、光明化運動を推進する上での勉強の一環としての日常的作業です。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月13日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない④」”に、学ぶ」

Img_5563_2


平成28年7月13日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない④」”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::夕涼み 庭に出でては 白南風

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月17日(金)の御教示「信仰者はウソをつかない」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
 このような情況においては、吾々の運動は立教本来の布教使命の自覚と人類光明化運動の根本的な基盤確立が必要欠くべからざるものとの観点から、出来るだけ多くの国民の中に『神の子・人間』と実相日本の霊的使命を伝道し、全世界の組織網を確立することが急務と考え、生政連活動は停止されたのであって、決して後退したのではない。それは新たなる前進である。今後は、人間神の子の真理・真理国家日本の理念を自覚した国民をもっともっと多数うみ出すことにより、そうした国民の正信がおのずからに、政治家は勿論、凡ゆる階層の人々に反映され、生活・教育・家庭・事業、及び政治の変革が実現するような状況をつくり出して行こう、とするのである。それはこれまで以上に幅広く、根の深い雄渾な活動への重大な第一歩と言えるであろう。 
(つづく)

【学習】
   素晴らしい御文章です。一言一句を味わって読んでいただきたいと思います。立教本来の布教使命の自覚、人類光明化運動の根本的な基盤確立が必要である、との観点を説いておられます。神の子・人間と実相日本の霊的使命を伝道するとあります。従って、生政連活動の停止は後退ではなく、新たな前進であると示されています。これまで以上の幅広く、根深い、雄渾な活動への第一歩であるとのことです。その線上に現在があると認識されます。

【越後伝道記】
  今日、7月20日は、白鳩会熟年の集いに6人の方々がご参加された。流れが次第によくなってきているように感じられます。私はテーマに従って、先祖供養と流産児供養の意義と方法について話させていただきました。座談会では、息子さんの結婚の話がでてきました。純粋に感謝しながら信仰生活をしていると、いつの間にか素晴らしい出会いがあると思いました。今日の会合は大変、充実していたように思います。最初と最後に、講習会の、365歩のマーチを歌いました。素晴らしい盛り上がりです。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月12日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない③」”に、学ぶ」

Img_5565
(教化部菜園で採れたものです。)

平成28年7月12日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない③」”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::海の日に 飛沫を上げて 船が行く

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月17日(金)の御教示「信仰者はウソをつかない」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】

-----(以下引用)---------------- 
<生政連活動停止の原因となる重要な問題は、既に昭和43年9月1日号の『聖使命』紙に谷口雅春先生の「勝利に傲らず聖胎を長養すべし」と題されたご文章の中に示されていました。それは、「純粋宗教的立場から幾分方向転換して政治的方面に運動を進めて来たために、宗教の純粋さや、清潔さが少しでも失われて来ていないか」ということでした。教化部や道場で真理の話が少なく、「票の獲得」のことが多い等の意見があり、宗教的な魂の教化や救済が第二次に置かれるとき、純粋なる宗教的真理を求める人たちは去ってしまうか、近寄り難くなるのは当然の帰結である。そのために選挙の票は伸びたが、信徒又は誌友数は足踏みどころか却って少なくなった県もある、と先生はご指摘になりました。(…中略…)そして、純粋宗教活動にのみ精神と行動を集中するためには、地方の教化方針や雰囲気を変える必要があり、教化部長の改選期にあたり大々的に配置転換が行われると同時に、相・白・青の組織が政治運動のために一元化していることから、男性が白鳩会を支配している傾向のところは改めなければならなぬ、と強く指摘されました。 

 こうした先生のご指摘に対して、主たる改善が行われないまま運動が進んでいきました。しかしその後、参議院選挙での全国区比例代表制の導入等、新たにいろいろな重大な問題や矛盾も生じ、昭和58年7月5日、生政連は遂に活動停止となりました。 

【学習】
  谷口雅春先生のご指摘に対して、主たる改善が行われないまま運動が進んでいったということを初めて知りました。またその後の、新たないろいろな問題や矛盾が生じて、昭和58年7月5日に生政連は活動停止となったとのことです。
宗教の純粋さの保持、真理講話を増やすなど、現在でも必要なことが説かれています。

【越後伝道記】
  小学生練成会は、最終日の閉会式では、参加者は小学生男子1名でした。私はこの1名に心から感謝しました。大人の運営委員20名ほどが、一所懸命に行事を運んでいるのです。考えてみるとこの男の子は、大人20人を動かすだけの力をもっていることになります。すごい!この男の子の名前は「たくと」君ですが、君はタクトを振る人になるね、と讃嘆しました。しかも、最終日は、たくと君の誕生日でして、みんなでお祝いをしました。数か月前に、栃尾方面に行く時、一の貝という所を通りました。そこに小学校跡があるのですが、本体はもうありません。そこを歩いていたご年配の女性に聞くと、「今は子どもがいない部落になりましたね。昔は子どもの声が聞こえていたんだけどもね」とのことです。子どもが元気に遊びまわる。そんな未来を想像できる越南の生長の家になりたいと思いました。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月11日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない②」”に、学ぶ」

Img_5464


平成28年7月11日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない②」”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::夏負けの カエルの顔に 雨ポツリ

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月17日(金)の御教示「信仰者はウソをつかない」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 
 皆さん、本日は谷口雅春大聖師三十一年祭に大勢お集まりくださり、誠にありがとうございます。谷口雅春先生は昭和60年の今日の日に昇天されましたが、あれから31年が過ぎていきました。雅春先生は昭和50年1月に、81歳で東京からこの地に移られ、龍宮住吉本宮(昭53)と霊宮(昭56)を建設され、長崎では約10年間を過ごされました。 

 この間、生長の家の運動では大きな変化がありました。それは昭和58(1983)年7月に、生長の家政治連合(生政連)という政治団体が活動停止になったことです。今日は、その意味について振り返りたい。生政連は昭和39年9月に結成されましたから、それ以降約20年にわたって、生長の家は政治運動を展開したという歴史をもっています。 

 しかし、そういう政治運動はやめようということになりました。これは、第2代総裁の谷口清超先生の決断によるものです。しかし、谷口雅春先生も政治と宗教が一体となった運動には弊害が大きいことを、この決定の10年ぐらい前から気づいておられました。谷口清超先生は、その意を汲まれ、さらにご自分の信念にもとづいて、この重大な決断を下されたのです。 

 当時のことをやや詳しく書いた文章を読みます。これは私が監修して2004年に出した『歴史から何を学ぶか:平成15年度生長の家教修会の記録』という本にあるものです。書いた人は、この政治運動の推進に中核的役割を果たしてきた元本部講師の森田征史さんです 
(つづく)

【学習】
  昭和39年9月からの生政連の活動と昭和58年7月、谷口清超先生のご決断による、活動停止について説かれています。政治と宗教とが一体となって行う運動には弊害が大きいことを、谷口雅春先生はお気づきになっておられたそうです。これらにつきまして、『歴史から何を学ぶか』の文章をお読みになられます。私は幸いにしてこの教修会の会場におらせていただいておりました。当時のことが彷彿として思い浮かびます。

【越後伝道記】
  7月17日は、三条グリーンセンターへ行って、ネイチャーゲームを行いました。指導者は、石井恵美子さんという北越教区の光明実践員(青年会委員長)さんでした。大学生が2人、アシスタントで来てくれました。午前中は雨で火興し体験を行いました。午後にネイチャーゲームでした。人垣の輪をつくり、コウモリ役の人が目隠しになり、蛾の役の人が二人でおこないました。コウモリが「バッド」と言うと蛾の役の人が「モス」といって、逃げ回るのです。人垣に近づくと、壁の人が、「かべ、かべ」というのです。それで、二人をつかまえたらゲーム終了です。目が見えないコウモリが苦労して餌を食べていることが理解できますね。
 もう一つは、森のどこかに行き、その場で聞こえてくる音を絵に暗号的に書くのでした。
こんな音があったのかと、改めて感動します。
 もう一つは、二人一組で、一人が目を瞑り、もう一人が手を引いてある場所に連れて行きます。そして肩をたたくと、目を開けて再び目をとじます。その後に、その目カメラで撮れた光景を絵にします。その絵を相手に渡すのです。
 もう一つのゲームは、背中に動物の絵をぶら下げて、出会った相手に、「私は飛びますか?」などと質問します。相手は背中の動物の絵を見て、答えるのです。それを何度かくり返していくと、自分が何物かが分かります。私の場合は馬でしたが、少し難しかったですね。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月10日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない①」”に、学ぶ」

Img_5487





平成28年7月10日「”唐松模様” 信仰者はウソをつかない①」”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::梅酒のみ 体力つけて 余力あり  

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月17日(金)の御教示「信仰者はウソをつかない」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】

 今日は午前10時から、長崎県西海市の生長の家総本山にある谷口家奥津城で「谷口雅春大聖師三十一年祭」がしめやかに執り行われた。前日の雨は上がり、時に陽が差し込む中、奥津城前の広場には神奈川、石川、和歌山、広島、香川、鹿児島から団体参拝練成会に参加する信徒・幹部ら、また近隣の教区から合計五百数十名が集まり、生長の家創始者の遺徳を偲び、真理宣布の決意を互いに確かめ合った。私は、年祭の最後に大略、以下のような挨拶を行った。 
(つづく)

【学習】
  私たちは、この日、生長の家長岡教化部の2階大拝殿に於いて、参列させていただきました。有り難うございました。

【越後伝道記】
  7月18日、小学生練成会が終わり、午後5時過ぎから「世界平和祈願八方台ヒルクライム」の練習を行いました。長岡から峠の分岐まで約7キロ、そして栃尾の町まで下り、そこから6,5㌔を弛むことなくペダルをこぎ続けて、再び峠に至りました。昨年の春には、自分には完全にムリだと思っていましたが、地面に降りることなく登れました。手放しでうれしいです。時間が7時を過ぎていましたので、帰りましたが、もう少し時間があれば、さらに八方台へ登って頂上を極める。これが、自転車屋のフィンズの人に教えていただいて基本コースであるようです。いつかきっとできると思います。栃尾から峠までは、平均7度かな?。天女山は8度ですので、もう少し努力が必要です。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月9日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」

Img_5479


Img_5465


平成28年7月9日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::氷水 飲みて爽やか 自転車は  

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月10日(金)の御教示「与党とその候補者を支持しない」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】

 この表題のもとに9日付で発表された生長の家の方針は、各方面に驚きをもって受け止められているようだ。この“驚き”の中には、誤解から生まれたものも少なくない。それは「生長の家=自民党」という冷戦時代の古い方程式しかご存じない人の場合である。私は、もうだいぶ前から自民党政権に愛想をつかし、本ブログあるいはその前身の「小閑雑感」上で民主党を応援してきたことは、本欄の読者ならよく知っているはずだ。ただ、宗教法人「生長の家」として、特定の政党の支持、不支持を表明したことはここ30年ほどないだろう。そんなわけで、今回の声明は“方針転換”と受け取られたのかもしれない。 
 しかし、法人もしくは教団は、私とは同一でないものの、考えがまったく違うわけでもない。だから、今回の方針表明がどういう経緯で行われたかは、今回の公式な説明以外にも、私のブログでの過去の発言を読んでいただくと、もっとよく理解していただけると思う。そんな理由で、以下に私の過去の“政治的発言”の主なものの表題を時系列でリストアップさせていただいた。興味をもたれた方は、リンク先の記事を読んでいただければ幸いである-- 

2009年8月31日
民主党政権の誕生を歓迎する 
2010年7月12日
イメージショウはもうやめよう 
2012年12月10日
二大政党制を育てるために 
2012年12月12日
運動の変化について(3) 
2014年1月30日
「脱原発」の意思を明確に! 
2014年7月3日
憲法軽視で「法の支配」を言うなかれ 
2014年7月 5日
憲法軽視で「法の支配」を言うなかれ (2) 
2015年5月16日
今なぜ、国防政策の大転換か?
(おわり)

【学習】
  確かに 「生長の家=自民党」という冷戦時代の考え方があります。しかし、総裁先生は、自民党政権に愛想をつかして、民主党支持を表明されたことがあります。それは二大政党を育てるという意図があられたように思います。列記された総裁先生のブログの御文章は、越南教区の組織会員の皆様はすでに拝読されているようです。生長の家は理性主義ですので、よく拝読して理解し、そして学ばせていただきたいと思います。

【越後伝道記】
 7月17日、小学生練成会すが、三条グリーンセンターへ行きました。木を摩擦させる道具を使っての火興し体験で5人の人が成功しました。私はというと、残念ながらできませんでしたので、次回のチャレンジに期待したいです。ある程度の持続力が必要ですね。大昔の人は、何と火を作ることができたという驚きがありました。雨でしたので、虫眼鏡での火興しはできませんでしたが、マッチでの火興しはできました。現代の子どもさんは、マッチの体験もないこともあるようです。貴重な体験でした。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月8日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」

Img_5434


Img_5433


平成28年7月8日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::打水や 昼間の湯気が モヤッとす  

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月9日(木)の御教示「『日本会議の研究』について(2)」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
しかし、安倍首相には、そういう民主主義下の政治家としてのあるべき資質が、欠けているように見受けられる。自らの権力維持と政策実現のためには、国家の財政破綻や社会保障費の不足はやむを得ないと考えているフシがある。消費増税の延期をいとも簡単に、しかも薄弱な根拠のもとに宣言してしまった。10%への消費増税は、政党間の正式合意であり、法律にも定められた政策である。これを、「リーマンショック並の経済危機が来ないかぎり実施する」と言っていたかと思うと、G7の首脳会議で賛同を得たという口実を使って「リーマンショック並の経済危機が来ないように延期する」と、あっさり掌を返してしまったのである。この2つの言葉をよく読み比べてほしい。後者では、「前者の条件にならないように増税しない」と言っているのだから、今現在は、日本経済は前者の条件が満たされていないことを自ら認めているのである。これが安倍首相の言う“新しい判断”であるから、その内実はウソでなければ、いったい何をウソと言うべきだろうか? 

 このように簡単に国民を欺く人物が、わが国の首相であることを私は容認することができない。この人物が、日本の陸・海・空の自衛隊の最高司令官であることを思い起こすとき、戦前・戦中の軍部の独走の結果が脳裏をよぎり、日本国の将来――いや、今現在の日本の外交・防衛政策の危機が来ていると考えざるをえないのである。
(おわり)

【学習】
  安倍首相は民主主義国家における政治家としての資質が書けているように見受けられるとのことです。
 御文章に書かれている通りです。簡単に国民を欺く人物が、我が国の首相であることを容認することができない、としておられます。かつ、総理大臣は、陸・海・空の自衛隊の最高司令官であるので、戦前・戦中の軍部の独走の結果が脳裏をよぎります。そして、その内容は、日本国の将来、現在の日本の外交・防衛政策の危機が来ていると考えざるを得ないとのことです。これらの御文章を何度もくり返し拝読して、総裁先生の御心を学んで参りたいと存じます。

【越後伝道記】
  小学生練成会は、7月16日から始まりました。初日は男子3名でした。おやつ作りをしましたが、楽しい催しでしたね。別の部屋で、お父さんお母さんのための練成会を3日間、行うことにしていますので、少し多用です。子どもの持つ無限パワーを感じます。やはり小学生練成会はすばらしい!。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月7日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」

Img_5376


平成28年7月7日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::蜘蛛の子や 風に飛ばされ ふうわりと  

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月9日(木)の御教示「『日本会議の研究』について(2)」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
 世の中には、「政治家は必ずしも誠実でなくていい」という考えの人も少なくないことを、私は知っている。現在の中国や北朝鮮には、誠実でない政治家はいくらでもいるだろう。また、戦前の日本にもそんな政治家は沢山いたであろう。しかし、民主主義という政治の仕組みを真面目に考えるならば、政治家の基本的資質として「誠実さ」が求められることは、当然である。逆に言えば、国民の代表として選挙で選ばれた政治家がウソつきであった場合、彼または彼女はどうやって「民主」を実現するのだろうか? もちろん、選挙前の公約が、選挙後に守られないことは珍しくない。しかしそれは、政治家が初めからやる気がないことを公約したというよりは、実行困難なことを知りながらも、自分の政治家としての目標や、実現したい政策を述べたと考えるべきだろう。だから、選挙で議員となった政治家は、選挙前の公約と逆方向の政策を自ら推進することはできないはずだ。(もちろん、例外的な人もいるが、その人は「政治家」の名に値しない。) 
(つづく)

【学習】
誠実さが政治家のみならず、人の世を生きるには必須条件でありましょう。しかし政治家は別で誠実でなくてもよい、とは言えない筈です。特に民主主義は誠実さが必要であると御教示されております。例外的な人、その人は政治家の名に値しないと断じておられます。私たちは政治家ではないけれども、信仰者として誠実に生きていきたいと思います。

【越後伝道記】
  「長澤美穂 法生」さんという上越市のアーチストの人がいるそうです。フェイスブックにありました。昨日、その人の作品が展示している「からころ堂」というお店にいきました。自然食品を売っているようなお店でした。そこにある長澤さんの絵手紙をみました。上越はかつて大学があったところだそうです。ですから、今まで、多様な芸術家、文化人を輩出しているようです。長岡は城下町で素晴らしいですが、上越はかつて親鸞聖人が流されて、ここで教えを流布されたこころですので、ここの人々はとても信仰心が豊かであるようです。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月6日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」

Img_5405


平成28年7月6日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::夕立や バケツかぶせた ように降る  

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月9日(木)の御教示「『日本会議の研究』について(2)」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
------------------------------------------

 「新しい判断」? 言葉軽すぎる 
 安倍晋三首相は、消費増税の再延期を発表しました。延期の是非は別として、“新しい判断”を理由に以前の約束をほごにすることなど、子どもでもしないでしょう。一国の首相の言葉がこんなに軽くていいのでしょうか。 
 ここ数年、安倍首相の言葉を聞くたびに不信感が募ります。 
  例えば、2013年の五輪招致のプレゼンテーションでは、福島第一原発の汚染水について「アンダー・コントロール」と言い切りました。しかし、コントロールにはほど遠い現状です。 
  14年11月には、消費増税について「再び延期することはないと断言する。確実に引き上げていく」と述べていました。 
 一方、安倍首相は昨年の国会で、テロ対策に関連して「国民の命、安全を守ることは政府の責任であり、その最高責任者は私だ」と語りました。私は自分の命と安全を預けることはできません。 
  間もなく参院選。私たちは、政治家の言葉に、より一層、耳を傾けます。首相の言葉の空しさを反面教師として、真実が語られているのか、ごまかされていないか、国民のための言葉なのかを聞き分けていきたいと思います。 
                     主婦 清水芳枝 (神奈川県、65) 
-------------------------------
(つづく)

【学習】
  清水芳枝さんの文章です。「新しい判断」という言葉は、以前の約束を反古にする言葉でしょうか。今日のテレビで、フランスのテロのことで出ていましたが、注視する必要があるようです。

【越後伝道記】
  裏の駐車場でのプランター菜園の収穫物がありました。茄子6個、ピーマン7個です。ここで、無農薬、化学肥料無しで作ったところに意義があります。次の練成会は、12月ですが、オーガニック菜園の作り方という行事を行いたいと考えています。クラフト、自転車、オーガニック菜園の3つを何らかの形で教区内に行きわたるようにしていきたいと思います。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月5日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」

Img_5424Img_5430





平成28年7月5日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::カブトムシ 見れば廃木 ノソノソと  

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月9日(木)の御教示「『日本会議の研究』について(2)」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
  読者に改めて問いかけよう。安倍首相とその側近の人々は、まず「誠実」であるだろうか? 政治家が「誠実」と言われるためには、言行一致が必要である。民主主義の制度下では、政治は議会(国会)を通じて行われる。議会は、様々な考えの人々が国民の代表として集まり、「言葉」を使って議論を戦わせる。だから、政治家の誠実さの指標としては、まず彼らの口から出る言葉が、事実を述べ、隠し立てがなく、論理的に整合しているかを見る必要がある。 

 この点について、6月3日の『朝日新聞』の投書欄から引用する-- 
(つづく)

【学習】
  朝日新聞の投書欄を引用しておられます。誠実な人は信頼されますが、そうでない人は信用されません。その政治家の資質として、言行一致が必要であるとのことです。なぜならば、日本は民主主義の制度ですので、言葉を使って、議論する。その言葉は論理的であり、事実を述べ、隠し立てがないことが必要です。その点で、安倍首相とその側近の人々の誠実さを問うておられます。尚、『「憲法改正」の真実』と『愛国と信仰の構造』という本がお勧めのようです。

【越後伝道記】
  7月14日は、数人で高田、直江津などの講習会推進感謝訪問に行きました。天気がよいのはとても有り難かったです。ある白鳩さん宅でのことです。ご主人が生長の家に反対していると聞いていました。そこへ行った時、私たちの自動車が、くぼみにドンと落ちました。すると、そのご主人が助けにきてくれました。「運転を代わりましょうか」とのことです。私は運転をお願いしたとこと、何と自分の家の駐車場まで運転してくれました。ご主人が「あがってお茶をどうぞ!」と言われましたが、遠慮しました。しかし、そこにはりっぱな石を積んだ庭があるのです。そこを見学させていただきました。色々と讃嘆しました。素晴らしいご主人であることがわかりました。とてもラッキーな推進でした。
 夕方は、八方台方面に行き、さらに栃尾方面に5㌔下り、そして登ってきました。何とか、登れるようになってきたのはとてもうれしいです。(ブログが10日間おくれましたね。がんばります。ブログとは航海日誌といういみがあるので、毎日書かないと意味がないということもあるようです。ともかく書く、ことですね。)

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月4日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」

009


010


平成28年7月4日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

※『「憲法改正」の真実』を読みましょう。白鳩会総裁先生ご推薦の本です。http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/

光明越後人の詩::車降り アイスクリーム 食べにけり   

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月9日(木)の御教示「『日本会議の研究』について(2)」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
 日本は自由主義、民主主義の政体を選んで1世紀以上たち、その間には多少の紆余曲折はあったにせよ、これらの価値観と理想から退くのではなく、その実現に向かって前進する方向に歩み続け、今日にいたっている。この現代史の歩みの中では、わが国のみならず、世界中の多くの人々が、政治権力による弾圧や拷問、自由の剥奪、民族浄化、そして戦争などの犠牲になって死んでいった。また、自由主義・民主主義を採用していない一部の国家や地域では、現在も政治権力による弾圧や拷問、自由の剥奪、民族浄化などが行われている。人類全体が、多大な犠牲を払い、痛恨の念とともに歩んできたこの歴史の道程を軽視し、表面は美辞麗句を並べて国民を欺きながら、本心では自分たちの都合に合わせて歴史逆転を図る種類の人物がもし存在し、その人物が今の政権中枢に存在するというならば、私はこれまでの“政治への寡黙”を排して、言うべきことは言おうと思う。 
(つづく)

【学習】
   総裁先生としての御決意が述べられています。歴史逆転を図ろうとする種類の人物が、今の政権中枢に存在するというのならば、「私はこれまでの“政治への寡黙”を排して、言うべきことは言おうと思う」と。新潟越南教区の信徒の一人として、総裁先生の御決意を十分に理解すべきでありましょう。それは、日本の民主主義のため、世界の平和のためでありましょう。

【越後伝道記】
  今日午前中は、魚沼の見真会に行きました。霊牌推進と講習会大成功を兼ねての見真会です。8名のご参加がありまして、うれしい限りです。午後は組織の会議がありました。ようやく、軌道に乗り始めてきたようです。うれしいです。隣の時計屋から大音量で音楽が聞こえて来ますが、今日はあまり気になりませんでした。前進している時は、あまりマイナスのことは気にならないのでしょうね。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月3日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」

098


102


平成28年7月3日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

※『「憲法改正」の真実』を読みましょう。白鳩会総裁先生ご推薦の本です。http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/

光明越後人の詩::日傘手に 背筋も伸びる 散歩道   

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月9日(木)の御教示「『日本会議の研究』について(2)」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
 私は、安倍晋三氏個人に対して恨みや敵対心などもっていない。だから、彼が日本国の首相ではなく、大臣でもなく、何の役職もない自民党の一政治家であったり、政治評論家であったり、ジャーナリストである場合には、このような文章を公表することはなかっただろう。しかし、現在の安倍氏は、日本国最大の権力者として、国会における単独過半数の議席の勢いを得て、あってはならない憲法の“解釈改憲”を実際に行い、政治の監視役であるジャーナリズムに圧力を加え、日本の将来を担う青少年の価値観を左右する教科書の選定に介入してきた。このような言動の原因が、冷戦時代に生長の家が掲げた政治思想に頑なにしがみつく元幹部の“功績”にあるとしたならば、私は現在の生長の家の責任者として、「その道は、宗教的にも政治的にも間違っている」と声を大にして訴える責任を感じるのである。 
(つづく)

【学習】
  ①憲法の解釈改憲、②ジャーナリズムへの圧力、③教科書選定への介入、これらのことを行ってきた安倍政権の言動の原因が、冷戦時代に掲げた政治思想にしがみつく生長の家元幹部にあったとなれば、現在の生長の家の責任者として、声を大にして訴える「責任」をお感じになっていることが書かれています。すなわち、「その道は、宗教的にも政治的にも間違っている」ということを。
 白鳩会総裁先生が『「憲法改正」の真実』という本をご紹介しておられます。新潟越南教区の皆様、書店で購入して勉強しましょう。私も読みます。

【越後伝道記】
  ある時、しただ村という鯉の養殖の所にいきました。そこの家のご主人は、昔生長の家青年会をやっていたそうです。よい鯉は3000万円。ある人が「良い鯉だ」と信じたら、他のみんなが3000万円だと信じるようになる。「3000万円の鯉を作ろう、と目標を持たない人は、良い鯉を作ることは出来ないね」。などなど。言言、真理を穿ちます。お顔を拝見していると、最高品質の鯉のような雰囲気のお顔に見えてきました。笑顔が素晴らしいですね。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月2日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」

097


平成28年7月2日「”唐松模様”(6/9)『日本会議の研究』について(2)”に、学ぶ」
****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

光明越後人の詩::夏鮎や すいすい泳ぐ 岩の陰    

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年6月9日(木)の御教示「『日本会議の研究』について(2)」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
が、ここでごく簡単に言えば、これまでの安倍晋三氏の言動から判断すると、彼は私たちの運命を左右する絶大な権力を委託されている一国の長として、信用できないからだ。さらに、表題の書が警鐘を鳴らすように、安倍氏の言動の淵源が日本会議を牛耳る元生長の家の政治運動家の思想にあるとしたならば、安倍氏の個人的資質に加えて、彼の政治基盤そのものが信用できないからだ。 
(つづく)

【学習】
  一国の長としての安倍氏のことを書いておられます。

【越後伝道記】
  多少、ブログが遅れましたが、再開いたします。フェイスブックの御言葉の学習は私のフェイスブックにアップいたします。新潟は、昨夜の最終結果は、2249票差で非与党の方が当選しました。保守王国の新潟でビックリです。福島原発のことがあったかもしれません。生長の家の方針に、インターネットを見ると、○正○正会も賛同の意を表していましたので、この僅差は、あるいはかなり影響を与えていたかも知れません。安倍首相も新潟には三度、選挙応援にきていたようです。家族から、「駅前で見たよ」ということを二度聞きました。私は、法学部出身ですが、学生時代、二十代には憲法関係を学んでいましたが、ここ10年間はそれから遠ざかっていました。この度の選挙を通して、もう一度、総裁先生の御教示にしたがい、自分の中で再構築する必要性を感じました。一週間ほど前に、三条へ講習会推進に参りましたら、大通りで○産党の宣伝カーがあり、そこで選挙演説をしていました。その周りには、浴衣を着た若い男女5,6人が七夕の竹をもって立っているのでした。選挙も随分変わってきたと思います。
  昨日(7/10)は、夕方に栃尾、八方台分岐まで登り、さらに栃尾へ5㌔下り、そこから登ってきました。昨年までは私には不可能と思っていた激坂ですが、下に降りずに登れました。うれしいです。若い人達からみると、これくらいのことで喜ぶのはおかしいかもしれませんが、できないと思っていたことができた時は本当にうれしいものです。神性表現です。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年7月1日「”フェイスブックの御教示”に学ぶ」

平成28年7月1日「”フェイスブックの御教示”に学ぶ」
****************************************

【7月10日(日)青森教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。場所、受講券等のお問い合わせは、生長の家長岡教化部にお電話下さい。 電話025-832-8388】

〔SNI HP〕
【new】今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針が発表されました。
       http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160609.html

「今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針(その2)」が発表されました。
http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160622.html

〔総裁先生の唐松模様〕
【必読】  http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-1b99.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/2-1512.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-b3a7.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-0b1f.html

光明越後人の詩::自転車や 汗の噴き出る 上り坂 

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「フェイスブック」2016年7月2日20:27の御教示について学ばせていただきます。
                 
【御教示】
もしあなたが、何かの背後に神の豊かな恵みを感ずることができるならば、あなたは何も所有しなくても、そのつど豊かなのである。

【学習】
   このお悟りは、最高の悟りであると思われます。感謝は無執着に通じます。何かの背後に神の豊かさを感じる。感じるということが大切であり、感じる都度に、その人は豊かであると御教示されております。感じる力、これには右脳開発の必要性を思います。豊かさを感じましょう。感謝しましょう。低炭素生活である倫理的生活を行いましょう。自転車、オーガニック菜園、クラフトを目指しましょう。

【越後伝道記】
  「弱虫ペダル」ですが、金城主将が自分に言い聞かせた言葉。「俺は金城真護、石道の蛇、絶対にあきらめない男だ!」このアニメは自分を高める言葉がちりばめられている。
http://dic.pixiv.net/a/%E9%87%91%E5%9F%8E%E7%9C%9F%E8%AD%B7

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年6月30日「”フェイスブックの御教示”に学ぶ」

平成28年6月30日「”フェイスブックの御教示”に学ぶ」
****************************************

【7月10日(日)青森教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。場所、受講券等のお問い合わせは、生長の家長岡教化部にお電話下さい。 電話025-832-8388】

〔SNI HP〕
【new】今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針が発表されました。
       http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160609.html

「今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針(その2)」が発表されました。
http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160622.html

〔総裁先生の唐松模様〕
【必読】  http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-1b99.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/2-1512.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-b3a7.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-0b1f.html

光明越後人の詩::糠蚊飛び 自転車走る リンリンと 

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「フェイスブック」2016年7月1日11:00の御教示について学ばせていただきます。
                 
【御教示】
神は‘’隠り身”として、すべての真実存在の背後にあり給う。空気が、水が、太陽が、大地が、森が、山脈があなたの心を打つ時、だから感謝の思いを神に伝えよう。

【学習】
  「感謝」という意味を、先日、新潟北越教区の畑山教化部長の講話の中で興味深い話がありました。空気を酸素ボンベに入れて、24時間吸うと、○○万円の支払いとなる。雨が降る時の水の値段は、外出した時に照明代は、と考えると、相当の金額を自然界か神様に支払う必要がある。それが全部ただであるとは何と有り難いことか、と。御教示は、大地、森、山脈など自然界の素晴らしさに感動した時、背後の真実存在として、神、隠り身としての御存在に深い感謝の思いを起こすようにと、示されております。

【越後伝道記】
  『弱虫ペダル』ですが、暑さで脱落した先輩(田所迅)を連れてくるために、小野田坂道君は逆方向にもどって行った。そして、先輩を連れてくる時に、坂道君は言った。「先輩と一緒に走れるのは楽しいです!」。先輩は答えました。「こんな状況で楽しいとは!」「お前が笑うので俺も笑うんだ。俺はお前に心から感謝している」。
セリフの一つ一つが私にとっては大変、感動的ですね。
  http://dic.pixiv.net/a/%E7%94%B0%E6%89%80%E8%BF%85

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年6月29日「”フェイスブックの御教示”に学ぶ」

平成28年6月29日「”フェイスブックの御教示”に学ぶ」
****************************************

【7月10日(日)青森教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

〔SNI HP〕
【new】今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針が発表されました。
       http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160609.html

「今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針(その2)」が発表されました。
http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160622.html

〔総裁先生の唐松模様〕
【必読】  http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-1b99.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/2-1512.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-b3a7.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-0b1f.html

光明越後人の詩::梅雨晴れて 陽はギラギラと 夏帽子 

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「フェイスブック」2016年6月30日16:20の御教示について学ばせていただきます。
                 
【御教示】
物質的にどんなに豊かであっても、それを「ありがたい」と感じない人は、豊かでないのと同じである。だから、すでにある富に感謝せず、他との‘’富の差”を競う人は、永遠に豊かさを味わえない。

【学習】
  確かにそうです。持っているということよりも、感じる能力が大切でしょう。誰にでもお空は与えられていますが、それを素晴らしい、うれしいと思って見上げることが出来ない人は、無いのと同じです。活用し、讃嘆し、感謝し、祝福するとき、無限の価値を見出すと思います。いつも自転車で通勤していますが、私のために、道をつけてくださった、と考えると、うれしいです。御教えも、自分一人の救済のために、与えられたと思うと、御教えを完璧に実践し、徹底的に伝道したいという意欲が湧いてきます。本当はすべてのために御教えはあるのですが、自分のためにと感じて感謝する時に、力がでてくるものです。親鸞聖人は、「法然上人の御教えの説法は、ただ親鸞一人のためなり」と感謝しきったとき、新境地を開くことができたのでした。

【越後伝道記】
    7/3練成会で初めて、SNI自転車部について13分間、説明しました。自転車のタイヤは、雑巾でしっかりとキレイに拭き、畳を傷つけないように車体を抱えながらゆっくりと移動させました。SNI自転車部のHさんがこの時間を担当する予定でしたが、消防訓練のために、私がピンチヒッターで登場しました。自転車による低炭素生活法の説明と画像で、現在自転車生活をしている方々の紹介と、ママチャリ活用もお勧めしました。勿論、SNI自転車部の入会をご紹介いたしました。

『弱虫ペダル』の外人監督の言葉ですが、自転車の本質をついているように思えました。
「自転車は、競技の道具でもありますが、本来楽しいものです。過酷さも、困難も、失敗も全部楽しさに変えてくれる。まだ見たことのない道を進むという素晴らしさ。彼が見せているのは自転車の根源的なおもしろさです。」彼とは小野田坂道くんですが、不思議なパワー溢れるオーラを持っている高校一年生ですね。レンタルDVD12まで観ました。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (1)

平成28年6月28日「”フェイスブックの御教示”に学ぶ」

平成28年6月28日「”フェイスブックの御教示”に学ぶ」
****************************************

【7月3日(日)岩手教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

〔SNI HP〕
【new】今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針が発表されました。
       http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160609.html

「今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針(その2)」が発表されました。
http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160622.html

〔総裁先生の唐松模様〕
【必読】  http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-1b99.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/2-1512.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-b3a7.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-0b1f.html

光明越後人の詩::白服の 似合う子どもの 声聞こゆ 

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「フェイスブック」2016年6月29日0:06の御教示について学ばせていただきます。
                 
【御教示】

私たちが確かな希望をもち、安心して生活するためには、変転する事象の奥に「不変のもの」があると知っていなくてはならない。人生は、偶然にもてあそばれる不幸な場ではない。

【学習】
  流転する現象の奥に不変の世界がある。人生は、偶然に起きることの連続ではないということでありましょう。三界唯心の真理は私たちに、確実な人生を約束してくれています。内なる神の国が時間空間を通して実現していくのが人生であり、歴史であるということでありましょう。ですから今日も又、明るく、生きる希望をもって、生活しましょう。

【越後伝道記】

 白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の”「愛国と信仰の構造」を読んで⑤”です。
  http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-b417.html

 38行目~に白鳩会総裁先生のお考えが書かれています。
現実の世界に完全を求めてはいけない。無謬を作ってはいけないということを、この本から学ばれたとしておられます。
権力は必ず腐敗する、という過去の歴史から、権力を縛るために、立憲主義が必要です。それがないと独裁政治になる危険性があるからです。
 人はこの世に完全性を求めたくなる。しかし、この現実世界には、どんな偉大な存在であっても、間違うことがあり、無謬ではないということです。
 戦前のナショナリズムの考え方には、「天皇の大御心にお任せすれば、世の中の政治は自ずからうまくいく」というユートピア的理想があったそうです。その大御心が人々に届かないのは、「君側のかん」がいるからであるということになり、激しい言論弾圧に至りました。「君側のかん」と考えられる人々を抹殺することが本当の日本を作ることになるということになり、連続テロ、血盟団事件などに発展します。
 また、明治維新から終戦までの日本を動かしてきた思想の共通点は何か?
①古代日本に天皇を中心として理想的な国家が存在したという考え方があった。その結果が明治国家でした。
②天皇が特別の存在であり、神であるという捉え方です。
①②とも、現実の世界、現実の人間に完全を求めています。現実の世界に完全はあるはずはないのです。
それが段々とエスカレートして、戦前の日本になりました。
 この『愛国と信仰の構造』で学ぶことは、現実の世界に完全を求めてはいけない、ということ。無謬を作ってはいけないということです。
 私中内も、この本で今まで考えても見なかった歴史の視点があることを教えていただきました。有り難うございました。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年6月27日「”フェイスブックの御教示”に学ぶ」

平成28年6月27日「”フェイスブックの御教示”に学ぶ」
****************************************

【7月3日(日)岩手教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話025-832-8388】

〔SNI HP〕
【new】今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針が発表されました。
       http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160609.html

「今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針(その2)」が発表されました。
http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160622.html

〔総裁先生の唐松模様〕
【必読】  http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-1b99.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/2-1512.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-b3a7.html
          http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-0b1f.html

光明越後人の詩::ああ涼し そよ風なびく 夏衣 

(生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「フェイスブック」2016年6月27日23:42の御教示について学ばせていただきます。
                 
【御教示】
絵を描く歓びは、その完成までの苦しみに勝る。人生も表現の過程だから、悩み、苦しみ、悲しみがあっても、それらは神性表現の歓びを味わう途中の、仮の感じにすぎない。

(つづく)

【学習】
  これは、絵を描いた、というよりも常に描いている人でないと分からないお言葉かも知れません。人生も同様であると御教示されています。話は変わりますが、北斎は、高齢になっても絵を描き続けたそうです。天がもう少し私に寿命を与えてくれるならば、自分の絵はもっとよくなるのに、と言う意味の言葉を残しています。ピカソは、絵を描き始めると何時間もその場から動かなかったそうです。神性表現の歓びを味わう途中の感じが悩み、苦しみ、悲しみであるのに過ぎないとのことです。新潟越南の皆様、顔晴りましょう。

【越後伝道記】

 白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の”「愛国と信仰の構造」を読んで④”です。
  http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-1.html

①18行目…敗戦後の日本の歩んだ状況と酷似します。…ここはポイントだと思います。
②司馬遼太郎の『坂の上の雲』のことが書かれています。2度読みましたが、日本人としての誇りが蘇る、と言われています。ただし、映画化は戦争讃美になるといけいないということで司馬さんは、断り続けていたそうです。最後には了解したのですね。
③維新政府は、1868年(明治元年)に神仏分離令を公布して、神社を自立させることにより、全国で廃仏毀釈の嵐が吹き荒れたそうです。私は30歳代のころに、千葉県の日本寺というお寺を参拝したことがありますが、各地に安置しているたくさんの小さな仏様の首がないのです。聞いてみると、廃仏毀釈の嵐で首はとばされたということでした。悲しい思いになりました。  http://www.nihonji.jp/
③「戦前の皇室祭祀で大祭の数は13ですが、そのほとんどが明治期に定められました。古代から宮中で行われていたものは、新嘗祭だけでした。」このことは知りませんでした。
④全国の神社を一元的に統合し、伊勢神宮を頂点とする組織を作り上げたとのことです。国家神道の重要な構成要素となっているとのこと。確かに、それが、現在も意識しないまま続いています。
⑤「大教宣布の詔」のことが書かれています。他の宗教とは異なる「治める教え」ということであるとのことです。この内容は以前、聞いたことがあります。
⑥「祭政一致」というよりも、「祭政教一致」と言う方が正しいとは、島薗さんの説です。
⑦日本は信教の自由を認めて、制度化し、1889年に発布された明治憲法に明文化された。しかし、国家神道は宗教ではないので、国家が管理して弘布してもよい、ということになる。このことを、英語のduplicity(二枚舌・不誠実)という言葉をどうしても使いたくなる、と書かれています。
⑧教育システムも、憲法も、形の上では西洋の近代思想を取り入れていますが、内実は国体論が色濃く反映しています。
⑨最後の『坂の上の雲』の雲について語られています。明治時代の前半、必死になって坂を登っていた明治の青年達は、坂を登って見たものは雲だったということです。
雲は遠くから眺めると、実体があるように見えるが、その中に入ると掴めない。何も見えない、見通しがきかない。
⑩最後の段落をよく拝読してください。日清、日露の戦争の頃には、個人の内面の問題に悩む「煩悶青年」が大量に顕れます。国家神道の教育が生活の隅々にまで染み渡っている青年が、神道では解決できない問題を宗教に求めます。そして、国家神道に宗教が飲み込まれていきます。
 
 ここまでですが是非、本を読んでいただきたいですね。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »