« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

平成28年9月30日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

Img_6536_2





Img_6517


平成28年9月30日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::風の色 何か黄色く サワサワと   

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】
 
人の一生は、さらなる飛躍と発展の一段階であるということです。今日、祭祀申上げた御霊様は今生においてベストを尽くし、次の生に旅立っていかれました。私たちも今生でさらに精進を重ね、真理を拡大し、御霊さまの魂の成長に遅れをとらないように、益々世界平和のため光明化運動に邁進したいと考えるものです。 

 本日はご参列、誠にありがとうございました。これをもって慰霊祭の挨拶といたします。

【学習】
①精進を重ねる。
②真理を拡大する。
③御霊さまの魂の成長に遅れをとらないように。
④世界平和のために光明化運動に邁進する。

  これが総裁先生から私たちへの要請であります。要するに伝道です。そして世界平和のために尽力することです。新潟越南の信徒の皆様、おおいに顔晴りましょう。

【越後伝道記】
 新人を迎え入れるための生長の家講演会が新潟越南教区8会場で行われます。今までの会員さんが新しい人をお連れして参加していただくものです。自分の救いの為にではなく他の救いの為に動き出すところのもの、覚仏から行仏へ変化する必要がありますね。大いに盛り上げて参りましょう。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月29日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

Img_6539


Img_6462


平成28年9月29日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::ビィヨビィヨと カササギは鳴く 森の中   

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】
 
私はだから、変化を恐れないのである。終りは始まりの揺り篭であり、始まりは一層高度な表現を約束する。失業は新方面への発展を切り拓き、転勤は自己拡大のチャンスである。一つの環境に留まっているのでは“神の子”の表現は出来ない。一つの能力に頼っていては“神の子”の力は発揮できない。一分野の知識だけでは“神の子”の知恵は開発されない。一つの仕事だけでは“神の子”の無限性は表現できない。一回の人生では“神の子”の全相が現れるものではない。しかし私は、“一つ”をおろそかにしないのである。“一つ”は“無限”への階段である。一段を踏み外すものは十段に達することができない。基礎をおろそかにして応用は不可能である。与えられた場で最善を尽くすことで、次なる飛躍が初めて可能となるのである。」(pp. 179-180) 

【学習】
①変化を恐れない。
②一つの環境に留まっているのでは、無限なる神の子を表現できない。
③一つを疎かにしない。
④一つは無限への段階である。
⑤基礎から応用へ転化する。
⑥与えられた場で最善を尽くす。
⑦次の飛躍が可能となる。

 私のために与えられた御教示であると受け止めさせていただきました。有り難うございます。

【越後伝道記】
  来月号の『越路』に掲載予定の文章を前もって、新潟越南教区のインターネットができる人達に送らせていただきます。

 【真心溢れる講習会ご推進、誠に有り難うございました。】

 新潟越南教区の神の子の皆様、有り難うございます。
幹部、会員、信徒の皆様、有り難うございます。
この度の皆様の講習会ご推進のおかげで、光り輝く素晴らしい講習会となりましたことを、心から感謝申し上げます。
 講習会の推進は、昨年12月より始まりました。推進は冬があり、春があり、夏があり、秋に至るという長い期間でした。10ヶ月前から準備を行うという方式によります。皆様の地区に参りました時に、常に笑顔と喜びと祝福でお迎えいただいたことが何よりもうれしいことでした。
 長い推進期間の間には、様々なことがありました。稔りの秋は稲刈りと一連の作業があり、中々お誘いできなかったという声もお聞きしました。しかし、それをみんなで力を合わせて乗り越えて、この講習会を迎えて、総裁先生、白鳩会総裁先生の素晴らしい御指導をいただくことができました。これほどうれしいことはございません。皆様とご一緒に、心を一つにして推進活動ができましたことは、最高の喜びでございました。

  十日町に住む白鳩会のHさんは、第一線拠点からも遠くて、交通手段がないので講習会にもいけないと考えられていましたが、息子さんが運転してくれて、長岡会場にお出でになりました。ご参加の喜びの声をお聞きしました。

「私は神の子完全円満…」のカードも良かったです。感謝訪問推進のために作成したカードです。新潟北越教区の教化部長に教えていただきました。それを新潟越南風にアレンジしました。
 クマモンのタワシを、三条市のK様から180個御奉納いただきまして、推進のために使わせていただきました。K様に心から感謝申し上げます。さらに、例年お連れする人数の倍の人をお誘いくださり、バスは1台から2台に増やしてくださったことに、私は越後人の深い信仰心と真心に触れた思いがして、本当に頭が下がる思いでした。

 相愛会では、何度も連合会長さんとご一緒に推進に歩かせていただきました。楽しい推進感謝訪問でした。繰り返し訪問しておりますと、総裁先生の御心をよく理解して、推進活動に協力してくださる人が増えたのはうれしいことでした。
 長岡では、K相愛会長さんは地元で大変人望がある方ですので、前日まで推進し、たくさんの方々をお連れくださいました。有り難うございました。

 白鳩会では本部から、組織指導をしていただき、白鳩会員の菩薩としての使命感を高めていただいたと聞いております。最後までモチベーションを高めつつ推進して、たくさんの人達を集めてくださいました。有り難うございました。加茂のN支部長、Tさん、Sさんのグループは、目標をはるかに超えて推進し、白鳩会をリードしてくださいました。感謝です。また、白鳩会では講習会喜びメールを50人以上に対して、16回も発信して、会員の皆様に推進の力を与えてくれました。まだお読みでない方は、ぜひ、お読みいただきたいと思います。日時計主義の文章を読むと、伝道の勇気が湧いて参ります。

 青年会は、本部からの組織指導をいただきながら、熱心に推進活動を行ってくれました。白鳩会総裁 谷口純子先生がブログ「恵味な日々」に「長岡に行ってきました」との御文章をお載せくださり、青年会の皆様のことをお書きくださっております。
  
 企業への推進も積極的に行わせていただきました。400人規模の従業員がいる大きな会社の営業本部長さんにもお会いできました。生長の家大神様が自分をお守りくださっていると思うと不思議に勇気が湧いてくるのでした。また、いつも教化部に豆腐類を屋台付自動車で売りに来る大きな豆腐の会社の社長さんにもお会いして講習会のお誘いをしました。

 他県から親戚や子どもたちを呼び寄せては、参加してもらうケースも見受けられました。その子供さんたちは、弁当配りや総裁先生へのお茶出しなどを手伝っておりました。大きな徳積です。この度の信徒の皆様の全身全霊を投入してのご推進、運営のご協力に心から感謝いたします。

  5人の方々の体験談も大変に素晴らしい内容でした。5人の方々、その人達を支えてくださったご家族、お仲間の皆様に、心から感謝申し上げます。

  見附市にあるメイン会場「見附市文化ホールアルカディア」の産土神社である、出雲神社と長岡市にあるサブ会場「ホテルニューオオタニ長岡NCホール」の産土神社である観昭神社で、相・白合同で集まり、聖経『甘露の法雨』を読誦して周辺を伝道させていただいたことも大変良かったと思います。

 いつ如何なる時にも、どんな状況でも、それを乗り越えて、唯一絶対の神と神様の運動の素晴らしさを信じる。そして決して総裁先生への中心帰一を失わないという、信仰心を皆様とご一緒に強く確認できたと思います。「生長の家大神ー総裁・副総裁ーみ教え」であります。私たちは、宗教の運動、信仰の運動をしております。それ故に、大きな視点、神様の視点でものごとを見なくてはいけません。従いまして、総裁先生のお導きの通りに、正しいことを正しくお伝えすることが大切です。そして、正しい方向にこの運動を進める必要があります。その御使命をいただいているのが、菩薩であり、天使であるあなた様であります。

  お礼を申し上げたい人やことはまだいっぱいありますが、これからは、さらに「生長の家講演会」と「自然の恵みフェスタ」が行われて、新しい方々を迎え入れる準備が行われます。自然と共に伸びる運動、楽しく、うれしい運動を皆様とご一緒に展開して参りたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 再拝

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月28日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

Img_6541


Img_6543


平成28年9月28日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::曼珠沙華 ここにここにかしこに ほとけ花  

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

  「私はいま神の御心を静かに観ずるに、この現象世界は無限表現の舞台であることを知る。物事は変化しながら繰り返され、繰り返されながら変化していくのである。諸行無常といえども、無常は無秩序ではなく、変化には一定のパターンがあり、そのパターンは繰り返されるのである。一日は、朝で始まり夜に終る。一年は、春夏秋冬を経て12カ月で終る。人間の肉体には誕生があり、成長があり、老衰があり、死がある。物事には始まりがあり、終りがあるといえども、終りはすなわち始まりである。夜のあとに朝があり、冬の後に春があり、死の後に生があり、その継続が繰り返される。この変化と繰り返しの過程で、無限の表現が行われるのである。時間と空間のひろがりの上に有限が展開することで、無限は表現されるのである。 

【学習】
  現象界は無限表現の世界である、と。終わりはすなわち始まり、であると。これはまさに喜びです。変化と繰り返しの過程で、無限の表現が行われる、という。最後の御文章には、時間と空間のひろがりの上に、有限が展開することで、無限が表現されるいう、現象世界と実相世界との総括的御言葉であります。

【越後伝道記】

平成28年9月29日(木)にSNI自転車部員の坂野 雅治さんより心肺を鍛えるご指導をいただきましたので、新潟越南教区の皆様にご紹介します。

 心肺を鍛えるには正に、
「ローマは1日にして成らず」
の言葉が当てはまるほど、
継続していくことが涵養です。
心拍数は220ー年齢が上限でそれ以上上がると、
ちょっと怖い言い方をしますが、
心臓や血管にかなり負担になり、そのまま下がらず死んだり、心停止になったりとかなり危険です。
心拍数の約90%程度で押さえながら運動を続けることで心臓が鍛えられ、心拍数も上がりにくくなります。
あとは、体調などにもよります。

何事も急いで無理をせずに、
長期的に継続して、
トレーニングをしていくことを
心掛けてみて下さい。

トレーニング開始時も、
心肺にいきなり高負荷を掛けることは、
お勧めしません。

なぜならば、
最初からきついトレーニングばかり行っていると、

長期的に強くなることはできないのです。
私もこれで何回も失敗しました。
それは体内の酸素を効率悪く浪費しながら、準備ができていない体にダメージを与えているに過ぎないからです。

運動能力を高めるカギは酸素の摂取能力です。
体内にいかに多くの酸素を取り込んでそれを効率良く使えるかが重要です。

効率良くこれを高めるためには、
1. 綿密に準備体操をする。
2. 10〜15分程度のアップ走で、
身体を充分に温める。
( 心拍数 50〜60%程度 )
3. 体脂肪を燃焼させるようなトレーニング
30分以上を目安に、長くやる程、基礎は固まる。
一般的に言われるLSD
( 心拍数 60〜80%程度 )
4. 高負荷を掛けたトレーニング
インターバル等
( 心拍数 80〜90%程度 )
5. クールダウン

と言った感じでしょうか。

その他、
トレーニング中に深く呼吸を
することを心掛ける。
水をこまめに飲む。

なども重要です。

何よりも自分の身体とよく会話し、
無理をしないことが大切ですね。
                        以上

 納得です。私的には、一応毎日すこしづつトレーニングを行っていますが、自分の努力以上に確実、的確なアドバイス、コーチング、指導をいただくことは実に実に大切です。故T元本部講師から、何かを指導されるとき、「これに関しては、次の○つが大切だ。それ以外は自分で考えなさい」といって常にポイント指導をしてくださったことが懐かしい思い出です。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月27日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

Dsc_0047


平成28年9月27日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::稲稔り 豊作風に サワサワと  

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

  しかし、私たちは霊界に先に行かれた御霊様に感謝し、親愛の情を保つことは素晴らしいことで、ぜひ毎年続けていただきたいが、いつまでも自分の近くにつなぎ止めておこうと執着してはいけません。それは、霊界で飛躍すべき御霊様の魂の成長を邪魔することになるし、自分の魂の成長も止めてしまうかもしれないからです。この肉体をもった世界も、霊界も、魂の成長のため--言い換えれば、神の子の無限内容の表現のためにあるのですから、一箇所や一種類の環境に留まるのでは、その目的は達成しません。そのことを書いた「祈りの言葉」があるので、最後にそれを紹介しましょう。『日々の祈り』に収録された“「終り」は「始まり」であることを知る祈り”の一部を朗読いたします-- 

【学習】
  霊界の御霊様にさえも執着してはいけない、との御教示です。ここまで、「執着を去る』必要性があるのですね。諸先輩の御霊様には大いに感謝すると共に、より一層の高みを目指していただくことを祈念する。何と素晴らしい境地でありましょうか。それはすなわち自分に帰ってくると考えられます。

【越後伝道記】
  今日、9月29日は自転車部の練習日でした。午後2時からスキー場のある東山に登る予定でしたが、あいにくの雨でした。3人集合しました。そこで、輪行の練習をしました。自転車の解体と組み立て、そして輪行袋に入れる練習です。それから、晴れるかなと思って、登る準備をしましたが、やはり雨が降ってきました。それで、長岡市民体育館のジムへ行き、約1時間、体作りのトレーニングをしました。三人とも快適な汗をかいて、休憩所で今後のことを話し合いました。やはり3人寄ると、集団になりますね。今年は、私以外にようやく一人、天女山のヒルクライムに出場できるところまでいきました。感謝です。12月から来年の3月までは、雪のために山での公式練習はできませんので、できればこのジムで体を鍛えようということになりました。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月26日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

平成28年9月26日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::キラキラと 輝く朝に 鳩の群れ  

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

 しかし、全体としては、季節は確実にめぐって来ます。私が何を申し上げたいかというと、霊界にも“親和の法則”が働いていますから、私たちと魂のレベルや霊的な進化の程度の近い人たちは、霊界に移行しても私たちの近辺におられるかもしれない。しかし、顕幽両界は変化するし、私たち自身も霊的に進歩したり退歩したりします。霊界に移られた御霊様も、そこでの修行によってレベルの変化があるかもしれない。そういうようにして、私たちと御霊様との関係は、生前とまったく同じ状態が細部まで続くことはないが、季節がめぐって「ああ、秋が来た」と分かるように、「ああ、ここにあの人がいる」とか「ああ、あの人が教えてくれた」というレベルの経験をもつことはできる、ということです。

【学習】
  霊界も親和の法則が働くということを御教示くださっております。霊界の人々も進化する。だからこそ先祖供養の必要性があると考えられます。最後の三行は、アイデアによる導きのインスピレーションですね。素晴らしい世界です。顕幽両界に於ける進歩と、親和の法則です。私はいつも、身近な亡き父母のお導きと、30年以上身近に御指導していただいた故T元本部講師のお導きを強く感じます。

【越後伝道記】
  今日9月29日に、十日町のHさんから電話がありました。感謝のお電話でした。この地域は、立○校○会の創始者の生誕地でして、新潟県の中でも文化的な要素が強くあるところです。Hさんは、組織の拠点から離れているので、70歳を過ぎているし、交通の便もないので、誰も誘おうとしなかった人です。ある時、推進の帰りに、立ち寄りました。すると、板前をしていて土・日は仕事の筈の息子さんが、休んでいると云う事で、「息子さんの車で講習会に行きたい」、と言われました。そして長岡のNCホールへ行きました。「たくさんの人が参加していたよ。素晴らしいお話しだった。すごいね。お隣に埼玉県から来た人がいて、お友達になったよ」とのことでした。よかったです。すごい喜びようでした。喜びの声が聞こえてきました。総裁先生は、生長の家大神様の御心をお伝えしてくださるので、素晴らしいのは当然ですが、やはり会場に行って頂き、総裁先生の謦咳に接して頂くのが一番ですね。
  このブログは、新潟越南教区の方々に読んでいただくために書いています。でも、教区外の人も読んでくださっていることを時々お聞きします。心から感謝申し上げます。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月25日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

平成28年9月25日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::鰯雲 今日も泳ぐか 日本海 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

 しかし、森での生活は、自然そのものから感じる季節の変化です。それも、こちらは八ヶ岳の斜面にありますから、季節が南の低地から北の高地へと移動するのがよく分かるのです。また、自然界は常に変化していますから、去年どこにあったサクラの樹が、今年も同じ日に同じ状態で咲いたり、紅葉したりすることはない。微妙に変化しています。キノコにいたっては、去年はある場所でドッサリ獲れたとしても、今年は同じ時期、同じ場所でもまったく姿が見えないなどということは、ざらにあります。 

【学習】
  八ヶ岳の斜面、桜の樹、キノコの収穫など、変化を感じる環境は何と素晴らしいことでしょうか。変化しながら変化しないものがある。同じようでも、微妙に変化している。何と自然界は、地球という舞台は素晴らしい、人の心を飽きさせない場所でありましょうか。

【越後伝道記】
  9月28日は、魚沼の見真会でした。講習会のお礼を申し上げました。感謝、感謝です。湯沢のK白鳩会員さんが不思議な体験を言いました。講習会は、娘夫婦と子ども三人が受講したそうです。子ども三人は、午後まで長続きできず、午後から帰ったそうです。Kさんは最後の3時まで受講しました。地元湯沢から見附会場まで、自家用車を運転して来た人に乗せてもらってきました。さて、帰りに越後川口のSAで、小休止してふと見ると眼の前に、午後で帰った娘達がいました。偶然ですが、そこで娘夫婦の車に乗り換えて、自宅まで帰りました。Kさんは、母親教室を熱心にお世話している方です。日常生活の円滑化現象とでもいうべき現象でした。
  しかしそれにしましても、今回の講習会ほど、自分の信仰を確認できた推進はありませんでした。どんな状況にあっても、「生長の家大神ー総裁・副総裁ーみ教え」を信仰の基盤として信じ抜く。総裁先生への中心帰一の信仰姿勢を堅持することこそ、運動の意欲を燃やす基本であると思わせていただきました。かつて、数人で集まったとき、私の練修生の先輩に対して、故T元本部講師が涙を流しながら、言われました。「谷口雅春先生も谷口清超先生も同じだ。清超先生の時代に教勢を発展させることこそ、清超先生を選ばれた谷口雅春先生の御心は間違いなかったということだ。そして雅春先生を選ばれた神さまの御心は間違いなかった、とうことなのだ」と。この言葉は当然のことながら、法燈を御継承された現総裁先生にも当てはまります。その流れの中で、教化部長をさせていただける光栄を心から、感謝しております。有り難うございます。

「ハイキュー」の言葉です。
①あれだけ動き回って、しんどそうだ。だけど楽しそうだ。
②互いが互いの能力を最大限に引き出す。
 良い言葉ですね。①はわたし的かもね。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月24日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

平成28年9月24日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::不知火や 風にゆらめき ゆらゆらと 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

  それはちょうど、季節の変化にも似てますね。今日は秋分の日ですから、秋がやってきています。その前は夏でしたが、私たちは「夏が終る」とは言っても「夏を失う」とは言いません。冬になっても「秋を失った」などとは考えない。なぜなら、また来年、「同じ夏が来る」「同じ秋が来る」と考えるからです。しかしよく考えると、夏はめぐり、秋もめぐってきますが、「同じ夏」「同じ秋」というものは、決してめぐってきません。そのことを私は、東京にいる時は強く感じなかったのです。街に住んでいると、季節を感じるのは、自然との触れ合いからというよりは、人工的な手段によるからです。例えば、デパートや商店の飾り付け、ショウウインドーのマネキンの服装などで感じることが多いのです。街では、ファッションや食品などは“季節の先取り”をする。だから、自然界の変化に先駆けて、人工的な手段によって季節の変化を実際より早く知ることになる。それは学校のグラウンドをぐるぐる回るように、周囲の風景は変わりませんから、いつも同じ季節が来るという感覚になるのだと思われます。 

【学習】
  都会では、変わらない光景がある。それが、いつも同じ季節が来る、という感覚を生む。そうかも知れません。ここ長岡は、雪が降ります。しかし、私の住んでいる川崎町は住宅街ですので、やはり同じ光景の中を歩いたり、自転車で移動したり、車を走らせたりしています。「同じ冬がまもなく来る」という感覚でしょうか。しかし、実際は違います。同じ夏も、同じ秋も、同じ冬も、同じ春も来る筈はないのです。人も変わり、考えてみると地球というベースは変わらないように見えますが、厳密には明らかに変わっています。人間も、木々も、はたまた空気さえも変わっている筈です。だからこそ、変化の中でこそ、「今を生きる」ことが必要なのでありましょう。また、だからこそ、現象的事物への執着は不可能であると思われますね。『観世音菩薩讃歌』に「粘りつく心をやめよ」と御教示されておりますが、まさにその通りでありましょう。

【越後伝道記】
  9月27日は、妙高の見真会でしたが、興味ある体験談をお聞きしました。ご年配の婦人ですが、ご主人が癌になったそうです。「よられたな」と思ったそうです。この家には、癌でなくなった人が二人いました。『甘露の法雨』にある霊の項目「霊姿に甲乙あり、病める霊あり、苦しめる霊あり、…斯くの如き霊、人に依れば、依られたる人、あるいは胃病を現し、あるいは心臓病を現す」との聖句からの判断です。それで、御先祖供養を一心に行ったところ、ご主人が病院でしらべると癌の症状が消えていたそうです。

「ハイキュー」の言葉です。若者語ですね。ほとばしる若さです。無料アニメを見る方法があるそうですが、そこに私はなかなか到達できないのですよね。

①この体で、勝って勝って、まだコートに立っていたい!
②オレにトス もってこい!
③だって今、信じる以外にできないモン!
④信じて、飛べ!
⑤ぶつかって、ころがって、強くなる!
いいですね。青春は。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月23日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

平成28年9月23日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::田んぼ道 何とあでやか 曼珠沙華

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

 それは鉄道に喩えると、山手線のような環状線と、東海道線や中央線のような一方向に延びる鉄道の違いにも似ています。環状線は、英語ではサイクリック(cyclic)とかサイクリカル(cyclical)と表現され、東海道線や中央線はリニア(linea)と言われますね。その違いは、リニアの鉄道では、人を一端新宿で送り出したら、もう追いかけて行ってもつかまえることができない。しかし、山手線のような環状線であれば、新宿で別れても、少し待っていれば、その電車は再び同じ駅に入ってくるから、また会うことができるかもしれない。そんな違いがあります。 

【学習】
  一期一会のこころでしょうか。二度と会えない、今日限りのいのちだ、と思えば、一瞬一瞬を生ききることに専念する。今を生きる、生活法です。故服部仁郎元本部講師の御著書『今を生きる』を思い出します。服部講師の録音テープは聴いた記憶がありますが、発祥当時の独特の講話内容でした。「現象は無い」ということを説明ではなく、信仰的に講話しておられますね。その講話を聞いて、会場でさまざまな奇跡的と思える体験が生じたと、奥様からお聞きしたことがあります。信仰的に講話するといえば、故吉田國太郎元本部講師の講話のテープも、何百回お聞きしたか分かりませんね。何度、お聴きしてもまったく飽きないのです。それから、ソノシートで初めて音声でお聞きした、谷口雅春先生の「久遠の今」?という御講話も、しっかりと覚えています。故徳久克己元本部講師のことも話しておられました。
 喩えとしては、環状線か、東海道線の違いであるようです。日々の暮らしを二度と同じもの、ことはない、と考えて真剣勝負で生きる。一所に命を賭ける生活、すなわち一所懸命です。

【越後伝道記】
  スタジオジブリの『猫の恩返し』を観ました。猫と人間の対称性の論理でしょうかね?不思議というか、何とも言えない物語でした。何故、このアニメかというと「ハイキュウ」の第3巻を誰かが借りていてTSUTAYAになかったからでした。次は「ハイキュー」にあった言葉です。ハイキューとはバレーボール。排球です。父親がこのアニメを観ていることを知って、娘が笑っていましたね。

①おれはどんなトスだってうつ。
②オレはどんな所へだって飛ぶ。
③おまえ、「無理」って単語知ってんのか!

このアニメも面白いね。弱ペダも面白かったけどね。言葉にはまります。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月22日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

平成28年9月22日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::山越えば 野分一陣 頬を過ぐ

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

私たちは、そこにあることが“当たり前”だと思っていた人・物・事がなくなると、それらの掛け替えのなさ、大切さを、「失う」ということで思い知ることがあります。肉親の死はもちろん、友人や運動の同志の死も、そういう機会の最たるものであります。「失われることによって知る、人の命の大切さ」と言われるものです。また、「死は教化(きょうげ)する」とも言われます。しかし、生長の家では、そういう人々の命は、死によって「失われる」とは考えないのであります。確かに肉体は失われますが、魂は永遠に生き続ける。それも、私たちとは縁も所縁(ゆかり)もない全く別の所へ行ってしまうのではなく、私たちの魂の“近く”で、守護霊として、また助言者として共にあると考えるのです。 

【学習】
  重要な御教示です。失うことで教えられることがあります。肉親の死、友人や同志の死、しかし失われたことによって、かえって得るものがある。人のいのちの大切さです。また、「死は教化する」とも教えられています。人間は神の子であり、永遠の生命であるので、肉体は失われても、魂は永遠です。その魂は、自分の側で、また近くにいて守護霊として、または、助言者として共に在る、と考えられるとのことです。助言者とは、御霊が人を介して、自分を導くと解釈してもよいのでしょうか。

【越後伝道記】
  今日9月27日の妙高見真会の帰りの出来事。妙高SAで学生さんらしき男性が、石川方面、という大きく書いた紙を広げていました。
私「ヒッチハイクですか?」
彼「はい、そうです。愛媛から北海道へ行き、北海道からここまで来て、次は金澤へいくところです。大学が終わって、会社に入るまでにと思って旅行してます」
私「へえー。愛媛のどこですか?」
彼「松山です」
私「私も松山に三年間住んでいたよ」
ここまで言うと彼は笑顔になった。
彼「松山のどこですか」
私「石手あたりに住んでいたよ」
彼「そうですか。金澤にいきませんか?」
私「あいにく長岡へ帰るところでね。がんばってね」
そう言って握手をした。すると、後方にいたおじさんの人が、
「金澤に行く人はいないか、みんなに聞いてあげるよ」
といっている。私が眠気覚ましにアイスを買いに店に入っている時に、外を見ると、彼は大きなトラックに乗りこむところだった。何かして上げたくなるような雰囲気をもった好青年だった。こんな人間になりたいですね。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月21日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

平成28年9月21日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::妙高山 雨は上がりて 風さやか

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

このほかのすべての御霊さまも、それぞれの地域で、それぞれの個性と優れた能力を発揮されながら、光明化運動に大きく貢献された方々です。心から感謝申し上げるとともに、今後の私たちの運動を霊界から守護していただき、霊界での真理宣布に活躍されることをお願いするものであります。 

【学習】
  霊界での真理宣布にまで御教示されております。大きく貢献された御霊様への感謝、生長の家の運動を霊界からのご守護、そして、霊界での真理宣布です。霊界でも誌友会や講習会などに匹敵するような会合があるのでしょうかね?少なくとも、光明化運動の根源は霊界にあると教えられております。

【越後伝道記】
  今日9月27日は、妙高の見真会に来ています。天気晴朗です。講習会に参加された人に会いました。とても雰囲気がよくて、善かったそうです。「少しだけだけれど分かった!」と言っていました。妙高では50歳代の女性でお若い方です。講習会での総裁先生の御講話の内容について話が尽きませんでした。やはり原発問題は切実です。『次世代への決断』と『宗教はなぜ都会を離れるか?』の二冊を、講習会が終わりましたので、献本を開始する予定です。公的図書館への寄贈です。
 妙高山はとてもきれいに顔をだしています。今日はうれしい一日です。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月20日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

平成28年9月20日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::月光や 空気澄み行く 夜半かな

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

 ブラジル伝道本部に勤めておられたカチア・メトラン・サイタさんは、伝道本部では数少ない英語を理解する講師で、生長の家の国際教修会など、英語からポルトガル語への通訳や翻訳を行う際には欠くべからざる存在でした。私のスピーチの通訳もして下さったことがあります。 

【学習】
  伝道本部では、英語を理解する数少ない講師であったとのことです。多言語で行える伝道は、これからさらに必要となるのでありましょう。『1945年のクリスマス』を書いたベアテさんは、5カ国語に堪能な人であったという。多言語伝道、いいですね。

【越後伝道記】
  2016年9月25日 (日)の「恵味な日々」に「長岡市に行ってきました」という御文章が掲載されましたので、ご紹介させていただきます。写真などは下記をご覧下さい。
   http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/

 新潟越南教区の講習会で、長岡市に行ってきました。
 越後は稲刈りの真っ最中で、田んぼの半分くらいはまだ刈取りが終わっていませんでした。
 激しい雨がつづいたらしく、車窓から見える田んぼの稲は、ほとんど倒れていました。
 水につかった稲は芽が出てしまうので、早く刈り取らなければならないそうです。
 日曜日の今日は、穏やかな晴天に恵まれました。

 刈取りをした農家も多かったのではないかと思います。
 講習会では質問の時間がありますが、新潟では間もなく知事選があるそうで、どの候補に入れたらよいかという質問が出ました。
 総裁は、「どんな人が出ているのか分からないし、誰に入れなさいとは言いませんが、選ぶ基準としては、新潟は原子力発電所がありますから、脱原発を主張する人に入れた方がいいとしか言えません」と答えました。

 会場からは拍手が出ました。
 懇談会の席上でも、青年会の女性が、「新潟は世界一の原子力発電所があるので、原発再稼働は絶対に反対で、多くの若者はそう思っています」と言っていました。
 東京の電力を支えるために、新潟の原子力発電所は作られましたが、「地元の経済に打撃があったとしても、いったん事故があれば、故郷を追われることになるので、原発再稼働は、絶対に反対です」と、別の女性も切実な思いを披歴されました。
 原子力発電所が身近にある人の、緊迫した思いが伝わってきました。
 近くにないから安全ではなく、いったん事故が起こったらどのようなことになるかは、誰にも予測できません。
 しかし、福島を経験している日本人は、知っているはずです。
 もっと敏感に反応してもいいと思うのですが、日本人の何かが麻痺しているのでしょうか。
 声を大にして脱原発を言わなくてはならないと、改めて思いました。
 講習会の控室には、トルコキキョウがやさしい雰囲気のお花と、松ぼっくりやドングリで作った、手の込んだ楽しいクラフトを飾っていただきました。
 新潟越南教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。

(※以上が谷口純子先生の御文章ですが、「別の女性」とありますのは、柏崎市在住の青年会事務局長さんであり、刈羽原発が近くに住んでいます。)

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月19日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

平成28年9月19日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::新蕎麦を 食べる笑顔に 風が吹く

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

  遺族代表として挨拶していただいたのは、元教化部長の有好正光(のぶみつ)さんの奥様でしたが、ご主人の有好さんは、私が生長の家本部に入った当初から、同じ部で数年間、一緒に仕事をさせていただいた方です。コンピューターの知識に詳しく、私にその分野のことをいろいろ教えてくださり、本部の事務合理化に貢献された後は、教化部長として東北地方などの教区の運動の先頭に立って活躍されました。 

【学習】

  故有好正光元教化部長の奥様が遺族代表としてご挨拶されたそうです。有好元教化部長は、新潟越南教区にも赴任されており、素晴らしい御指導をされたとお聞きしております。教区としましては、御霊様に対して心から、感謝申し上げたいと存じます。私が大学生の頃に奉仕で本部の神癒祈願部に入らせていただき、一年間祈りについて学ばせていただきました、故井上如水元本部講師の御孫さんであるとお聞きしております。

【越後伝道記】
  「講習会喜びメール」というのを、白鳩会連合会が関係者に送っていましたが、許可をいただきましたので、16号のメールを転載させていただきます。

    昨日9月25日は、お天気にも恵まれ、生長の家の講習会が盛会裏に終了いたしました。皆様のご推進のおかげで、当日、教区全体822名、白鳩会の推進の参加者が529名でした。心より感謝いたします。2年に1回の講習会で、総裁先生と純子先生に直接ご指導いただけることは、ありがたいことですね!両先生が分かりやすくお話下さり、教義のこと、新潟に直接かかわりのある原発のお話も聞けました。また、体験談の皆様は、日時計主義の生き方で、本当に素晴らしいと思いました。越南には素敵な方が沢山いらっしゃいますね    (^_-)- ☆
   運営委員の皆様にも、感謝申し上げます。皆様の明るい働きぶりにご参加の方々も喜んでおられました  (^^)v   すべての皆様のおかげで、とても素晴らしい講習会となりましたことに御礼申し上げます。また、喜びの声がありましたら、お知らせください。感謝合掌  (^ 人 ^)   白鳩会新潟越南教区連合会 

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月18日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

平成28年9月18日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::あの時の 花は実を成し 走り蕎麦

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

 皆さん、本日は生長の家の布教功労物故者追悼慰霊祭に大勢お集まりくださり、ありがとうございます。 

 この慰霊祭は、生長の家の運動に長年にわたって挺身・致心・献資の誠を捧げてくださった幹部・信徒のうち、ここ1年ほどの間に霊界に旅立っていかれた方々の御霊をお招きして、感謝の誠を捧げるという大切な行事であります。昨年は316柱の御霊様のお名前を呼び、供養させていただきましたが、今年は304柱でした。その中には、私が妻と共に生長の家講習会のために地方へ行ったときに親しく出迎えて下さり、また運動推進に尽力された方々の名前も多く見られ、当時の交流を懐かしく思い出すと共に、残念な想いを禁じ得ないのであります。 

【学習】
  生長の家光明化運動の布教功労物故者の皆様の御霊様をお招きする。そして感謝の誠を献げるという大切な行事であると述べておられます。素晴らしいことです。先輩の皆様を祀るとき、そのお力が天降り、大きな守護の力になると考えられます。新潟越南教区に於きましても、教区版の同様の行事を執り行わせていただいております。

【越後伝道記】
  メイン会場アルカディアの側にOさんという相愛会員さんがおられます。今回はさまざまな点で都合がつかないということでしたが、推進の方は何度も足を運んだそうです。するとお出でになりました。素晴らしいことです。やはり推進の粘りが必要なのですね。ご推進をされた皆様に心より感謝申し上げます。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月17日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

平成28年9月17日唐松模様「”一生とは無限成長の一段階”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会は9月25日(日)でした。ご参加、ご協力を心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::曼珠沙華 昔田んぼの後 偲び

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”一生とは無限成長の一段階”を学ばせていただきます。2016年2016年9月22日(木)の御文章です。
                 
【御教示】

 今日は午前10時半から、山梨県北杜市にある生長の家“森の中のオフィス”のイベントホールで、「生長の家布教功労物故者追悼慰霊祭」が執り行われた。あいにくの小雨模様で、気温も10月半ばぐらいの肌寒さだったが、布教功労者のご遺族を初め、本部職員を含めた参列者は、布教活動に捧げられた功労者の生前の遺徳を偲び、光明化運動のさらなる進展に決意を新たにした。 

 私は、奏上の詞を朗読したほか、御祭の最後に概略、以下のような挨拶を述べた-- 

【学習】
  総裁先生のご挨拶を掲載しておられます。かつて、谷口雅春先生の時代には、『明窓浄机』という欄がありましたが、現在はこのようにすぐに御近況を知ることができる時代となりました。まことにもありがたき時代であります。

【越後伝道記】

今日、9月23日は最終推進の日でした。本当は明日までですがね。夕方、帰ってみると教化部の軒下で、I職員が、一人の男性と長時間、話をしていました。「どなたですか?」と私が聴くと、「あの人は、私が保険屋をしていた頃のライバル企業の商売仲間の人です。講習会に来てもらおうと、来てもらったのですが、明後日の講習会にい来てくれるそうです」とのことでした。実に勇猛果敢に推進をしていますね。
 昼は、日○サービスという弁当の会社の営業本部長さんに会いました。すごく大きな会社でした。400人ほどの従業員がいるそうです。広大な敷地、トラックの数、すごいものでした。日○精機という会社と繋がっており、ホン○の車の部品などを運ぶのだそうですね。そんな会社で、どうして弁当をと思いましたが、そういう部門があるのですね。「こんなたくさんの数の弁当の注文を受けるのは余りありません」と言っていました。営業本部長さんに、生長の家のみ教えを話したり、総裁先生がヒルクライムをされるという話をしたり、楽しい会話の時間をすごしました。3名ほど、来てくれるそうです。
 K相愛会長さんの家にもいきました。玄関にたっておられました。草刈り仲間の二人に受講券を渡すのと、今は保険屋に受講券を渡すために待っているのだとのことです。お付き合いを大切にする方です。全国の校長さんのグループで、副会長まで勤められた人です。今年は、80人は受講してくれるでしょう、と言っていました。すごいことです。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月16日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

平成28年9月16日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

****************************************

【9月25日(日) 新潟越南教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::鶏頭や 緑に囲まれ 紅一点

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”『新潮45』のメチャクチャな記事”を学ばせていただきます。2016年2016年9月18日の御文章です。
                 
【御教示】

冒頭で「日本のジャーナリズムは廃れた」という意味のことを書いたが、もっと正確に言えば、「大手ジャーナリズムは廃れた」と書くべきかもしれない。なぜなら、『週刊 金曜日』という週刊誌は、日本会議と生長の家との関係について私にきちんと取材し、今年8月5日-12日合併号と同月19日号で公平な記事を書いてくれている。このインタビュー記事は、同誌の御好意で、近く発行される『生長の家』誌に転載される予定である。読者はどうか、こちらの記事にあることを事実として理解していただきたい。 

【学習】
①大手ジャーナリズムは廃れた。
②『週間 金曜日』という週刊誌は、日本会議と生長の家の関係について、総裁先生にきちんと取材して、公平な記事を書いてくれている。
③機関誌『生長の家』誌に転載される。
 よかったです。週間『金曜日』の御文章は、地方講師・光明実践委員研修会では紹介しましたが、新潟越南では著作権の関係で全員の会員・信徒の皆様にはまだ読んでいただいていない状態です。

【越後伝道記】
  今日、9月22日は、三条へ推進感謝訪問に行きました。白鳩会のSさんは、受講券○枚を奉納し、受講者を7名も作りました。今回はすごくがんばったとのことです。自動車で売り歩く花屋をしています。この方のおかげで、昨夜行きました白鳩誌友会でXさんはみ教えを伝えていただいたのでした。そして、白鳩会員となり毎月誌友会に出席しています。Sさんは、私が某練成道場でお世話になっていたころに、よく練成会にお出でになっていました。独特の方言で話すので慣れるのに少し時間がかかりますが、とても楽しい話をされるのです。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月15日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

平成28年9月15日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

****************************************

【9月25日(日) 新潟越南教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::秋の蚊の ブーンと飛んで まだ元気

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”『新潮45』のメチャクチャな記事”を学ばせていただきます。2016年2016年9月18日の御文章です。
                 
【御教示】

 このように、藤倉氏のトンデモ記事について私の言いたいことはいくらでもあるが、時間のムダ遣いはしたくない。読者にはとにかく「読む価値のない記事」であることを知っていただき、間違っても「880円」をムダにしないでいただきたい。 

【学習】
①『新潮45』に書かれている記事は、「読む価値のない記事」であること。
②間違っても「880円」をムダにしないでいただきたい。
この御文章を私がよんでからのことですが、某信徒さんはこの本を読むことを友人から勧められたそうです。しかし、きっぱりと断ったといっていました。当然のことながら、私も買うつもりはありません。

【越後伝道記】
  9月20日は、燕、三条方面に行きました。80歳を過ぎても尚矍鑠たる、HさんとM副会長さんをお乗せして、走り回りました。Hさんはすでに、25人ほど確定者を作っています。さらに30人は受講していただきたいと顔晴っておられるのでした。雨の中ですが、あちこちと周り、最後は、日○海バスの会社社長の所へいきました。この社長さんは、若い時にスキーで怪我をしました。それで信仰によって再起したそうです。そして、バス会社を経営するまでになったとのことです。社長さんは、若い頃、Hさんの右腕として、光明化運動で活躍されたそうです。今日も初めての所へ行きました。楽しい一日でした。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月14日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

平成28年9月14日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

****************************************

【9月25日(日) 新潟越南教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::夕暮れに 案山子立つなり 山の田に

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”『新潮45』のメチャクチャな記事”を学ばせていただきます。2016年2016年9月18日の御文章です。
                 
【御教示】

 だいたい万が一、私が祖父を恨んでいたとしても(もちろん事実ではないが)、その恨みがどうして祖父ではない父親に振り向けられるのか? 人間性の理解という面でも、藤倉氏は実におざなりである。明治生まれの祖父は確かに厳格だったが、大正生まれの父は自由主義者だった。そんなことは、教団の内部ではよく知られていることで、取材不足もはなはだしい。私に留学の資金を出してくれたのは祖父であるし、留学後は新聞記者になることに賛成してくれたのは、父である。個人の自由意思を重んじる父は、「教団へもどって来い」などとは言わなかった。私は若い頃のこの2つの経験を大変貴重なものと感じており、祖父と父には感謝しこそすれ、恨みに思うなどと考えるのはトンデモない妄想である。 

【学習】
  留学の資金を出してくれたのは、雅春先生であり、新聞記者になることを賛成してくれたのは、清超先生であられたとのことです。だからこそ、国際平和信仰運動が展開しているのでありましょう。
 雅春先生と清超先生と雅宣先生とのお三方がご一緒に写った写真がありますが、それを拝見しますと、法燈は継承されるものだと強く感じます。

【越後伝道記】
  9月19日、推進から夕方帰りました。職員の方が、「Kさんがマイクロバスを大きくしてほしい、と言ってきた」、とのことです。うれしいことです。今日は旗日でしたが、雨でしてお留守が多かったです。常に前向き、常に前進です。このようなとき、ヒルクライムをしておりますと、山に登る時、上しかみません、また、前しか見ません。これが生き方に反映してくるように思います。山に登っていると、坂道なのですが目の角度が道に並行ですので、坂道が平地に見えるのは不思議です。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月13日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

平成28年9月13日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

****************************************

【9月25日(日) 新潟越南教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::自転車や 道に咲くなり 女郎花 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”『新潮45』のメチャクチャな記事”を学ばせていただきます。2016年2016年9月18日の御文章です。
                 
【御教示】

「当時は総裁と副総裁が父子間で主導権争いをしていた。これには家族関係をめぐる屈折した感情もあったようです。雅春先生は、しつけに厳しく、雅宣氏が食事中に誤って味噌汁をこぼした際、雅春先生から床にこぼれた味噌汁をすすらされたというエピソードもあります。そんな祖父に対する恨みが強かったように思います」 

【学習】
  この論理を考えてみると、筆者ご本人がそのような体験と感情をもっていた可能性があるということです。人の心は分かりません。それを類推するには自分の心的体験によると思われるからです。映画「スターウオーズ」を観ているとそんな感じになりますね。

【越後伝道記】
  教化部に出入りしている事務用品の会社がありますが、その会社の本社が新潟市にあります。そこへアポをとって、会長と社長さんに面会して、講習会にお出でになるようにお誘いしました。大きな会社でした。さらに、長岡市の支店に行きまして、お誘いしてきました。人に会うことはとても勇気がいることですが、何度か経験している内に、確かに自分の殻が破れていくように思えました。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月12日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

平成28年9月12日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

****************************************

【9月25日(日) 新潟越南教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::草むらに 水澄む小川 チョロチョロと

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”『新潮45』のメチャクチャな記事”を学ばせていただきます。2016年2016年9月18日の御文章です。
                 
【御教示】

 こういう取材態度や断定の中で私が最もデタラメだと感じ、怒りを禁じ得ないのは、私と父の第2代総裁、谷口清超先生との間に「親子対決」があったという事実無根の話だ。それを言っているのは「犬塚博英」という生長の家の職員だったことのない人物である。その犬塚氏が、さも内情通であるかのように記事に登場し、私が副総裁に就任した頃の“内情”と称して、こんなことを言っている-- 

【学習】
  内情は、近くにいないと分からないと筈です。もし、「親子対決」ということがあったならば、副総裁先生には襲任しておられないでしょう。「生長の家大神ー総裁・副総裁ー御教え」です。

【越後伝道記】
  9月12日は、朝6:30に、摂津田町の、大きな豆腐屋佐野の社長に伝道に行きました。栃尾に油揚げの工場を作るのだそうです。だから忙しいとのことでした。アポを取っていましたので、工場から社長さんが出て来るのを待っていました。車で着替えてその後、話ができました。受講券6枚をお渡ししました。この豆腐屋さんは、週に一回は、教化部事務所に屋台で豆腐を売りに来るのです。それで社長に会いに行きました。数日たって、屋台が来ました。社員の若者から豆乳を買ったとき、「あなた!先日、工場に来ていましたね。」というので話が進みました。車内では、社長を待っている人が六時半から来ていたこと、これが社内では噂になっていたそうです。その社員さんに、「講習会に来てもらえませんか」というと、「妻が日曜日も働いているので、私は子守役なので」と言いましたが、子どもの教育の関係があるのでさらにお勧めしました。社員さん、社長さんと話ができただけでもよかったです。すごくエネルギッシュな社長さんでした。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月11日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

平成28年9月11日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

****************************************

【9月25日(日) 新潟越南教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::稔り田や うねり黄金の こうべ下げ

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”『新潮45』のメチャクチャな記事”を学ばせていただきます。2016年2016年9月18日の御文章です。
                 
【御教示】

 上記のことから分かるように、藤倉氏の記事は、ほとんど裏付けのない事柄を独断的に書き、独断がマズイと思う箇所は、取材源の人物名を書いて、その人物に好き放題を言わせている。ところが、その人物は誰かと思えば、生長の家以外の人間であったり、生長の家との裁判で係争中の相手だったり、はたまた反対運動の熱心な推進者である。これを「一方的記事」と言わずに何と言うべきか。 

【学習】
  一方的な記事ということのようです。取材源の人物とは、生長の家以外の人間、裁判で係争中の相手、反対運動の熱心な推進者なのだそうです。生長の家は神さまの運動ですので、必ず大いに発展します。間違いありません。

【越後伝道記】
  自転車仲間のSさんは30歳くらいかな?。見附市在住です。また八方台でよくお会いするので友人になりました。私は現在、講習会推進で、ヒルクライムはできませんので、彼とはメールと手紙でやり取りしました。封書に受講券、色々なグッズ、自転車の特集が掲載されている普及誌『いのちの環』一冊、○○券も一枚入れて送りました。機会があれば行くとのことでしたので、祈っています。これも私が殻を破れたことです。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月10日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

平成28年9月10日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

****************************************

【9月25日(日) 新潟越南教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::稔り田や うねり黄金の こうべ下げ

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”『新潮45』のメチャクチャな記事”を学ばせていただきます。2016年2016年9月18日の御文章です。
                 
【御教示】

 上記のことから分かるように、藤倉氏の記事は、ほとんど裏付けのない事柄を独断的に書き、独断がマズイと思う箇所は、取材源の人物名を書いて、その人物に好き放題を言わせている。ところが、その人物は誰かと思えば、生長の家以外の人間であったり、生長の家との裁判で係争中の相手だったり、はたまた反対運動の熱心な推進者である。これを「一方的記事」と言わずに何と言うべきか。 

【学習】
  一方的な記事ということのようです。取材源の人物とは、生長の家以外の人間、裁判で係争中の相手、反対運動の熱心な推進者なのだそうです。生長の家は神さまの運動ですので、必ず大いに発展します。間違いありません。

【越後伝道記】

  夜一時間ほど、長岡市の体育館のジムに行くことがあります。その受付の方に、今回の講習会のの受講券をお渡ししました。でも残念ながらこの日はジムに終日、出番だそうです。残念でした。しかし、いままでお勧めしたことがない人に講習会を勧めることができたことは、自分の殻が一枚、また一枚と破れていいることを感じますね。うれしいです。魂的な自己解放の喜びです。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月9日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

平成28年9月9日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

****************************************

【9月25日(日) 新潟越南教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::庭いっぱい すがた見えずに 虫しぐれ

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”『新潮45』のメチャクチャな記事”を学ばせていただきます。2016年2016年9月18日の御文章です。
                 
【御教示】

 私も短期間だがジャーナリストとして生活していた経験があるから言わせてもらうが、こんな記事は、私の時代にはデスクの段階でボツになるに決まっている。「掲載に耐えない」と判断されるのだ。理由は「客観性」「中立性」がないからだ。そういう種類のものが一流の出版社が出す月刊雑誌に堂々と掲載されるということは、日本のジャーナリズムは相当質が低下したと考えざるを得ない。実に嘆かわしい現象だ。本欄の読者に助言申し上げるが、興味のある方はこの記事を読んでくださっても構わないが、「定価880円」を出して買う価値は決してない。立ち読みで十分であるし、その時間と労力ももったいない。他のもっと重要なこと、楽しいことに使われた方がいい。 

【学習】
  おっしゃる通りです。宗教の記事を書くと、信者が購入するので、その週は売り上げが上がる、とある記者の人に聞いたことがあります。そんなものでしょう。生長の家の発祥当時の昭和16年には、『「生長の家」を裁く』という本まで書いた人がいました。でもいつの間にか消えてしまいました。この本は、学生の頃、神田神保町の古本屋で見つけました。

【越後伝道記】
  9月13日は、Tさんという相愛会員さんのところへ行きました。入院していましたので、病院に行きました。この辺りを通るときには度々、行っています。お顔が明るく、握手をすると、力が入っています。理由をたずねると、9月25日の講習会に参加できるように、リハビリーに励んでいるそうです。「おお、すごい!」。聴くところによると、9月24日に退院して、ご家族で車で参加されるようです。講習会に行くと云うこと。すなわち総裁先生がTさんに力を授けているのだと思いました。講習会の素晴らしさです。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月8日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

平成28年9月8日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

****************************************

【9月25日(日) 新潟越南教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::チーチーチー 虫の闇から 聞こえ来る

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”『新潮45』のメチャクチャな記事”を学ばせていただきます。2016年2016年9月18日の御文章です。
                 
【御教示】
 政界にも人を送り込んだ「右翼教団」は、いつの間にか「エコ左翼宗教」となっていた。現総裁は、創始者の信者を追い出し、親兄弟をも排除し、「自分の宗教」を作りあげた。

 --こういう言い草は今、生長の家の運動に反対して嫌がらせを続けている“反対勢力”の主張そのものである。それをそのまま記事にするような人が、はたしてジャーナリストと言えるだろうか? きちんと教育されたジャーナリストならば、取材対象とした二者の間にもし争いがあるのだとしたら、その双方の意見をきちんと聞いてから、それぞれの主張を紹介し、自分の判断を述べるべきだ。にもかかわらず、記事を書いた藤倉氏は、一方の主張だけを延々と書きつらね、私たち教団側の主張については、公式発表の差し障りのないものだけを紹介し、あとは私を名指しして言いたい放題に批判している。いったい藤倉氏は、私に何か個人的な恨みでもあるのかと疑いたくなる。 

【学習】
  藤倉氏の取材の仕方そのものに問題点があるとしておられます。「きちんと教育されたジャーナリスト」という御言葉がありますが、藤倉氏は如何でしょうか?

【越後伝道記】
  9月18日は、魚沼に感謝訪問にいきました。雨でした。訪問して感謝するたびに、「もう少しがんばってみます」と言ってくれるのは本当にありがたいことです。
十日町市のHさんという元白鳩会支部長さんがいますが、近くの信徒さんが遠いので、ほとんどお出でにならないのです。一緒に活動していたMさんは、施設に入っているとのことでした。Hさんの家を訪ねました。留守でした。お届け物を玄関において帰ろうとすると、「おーい」ということが聞こえました。見ると、Hさんでした。「神は我を導き給う」でした。家に入らせていただき、色々と話しました。息子さんの調子がよくないということでした。受講券は、まだ来ていないので、お渡ししました。息子さんに運転してもらい、長岡の会場にいくことになりました。よかったです。お二人ゲットです。Hさんが、支部長さんがいる「なかつた屋に行きますか?」、というので、「行きますよ」というと、「サツマイモを届けて欲しい」といって袋にサツマイモをいれました。それをなかつた屋さんにお渡ししました。その後も何件か訪問しました。この魚沼地区は、今年から毎月のように見真会を行うようになって、まとまりができてきたのです。感謝です。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月7日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

平成28年9月7日唐松模様「”『新潮45』のメチャクチャな記事”に学ぶ。」

****************************************

【9月25日(日) 新潟越南教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::ススキ見て 虫の音ききつつ 濁り酒
(私はアルコールはもう10年以上飲んでいませんが、濁り酒が季語になっているので、使わせていただきました。)
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の唐松模様”『新潮45』のメチャクチャな記事”を学ばせていただきます。2016年2016年9月18日の御文章です。
                 
【御教示】
 こんな表題で本欄を書かねばならないことは誠に遺憾だが、メチャクチャを書かれて黙っていたら、その内容を認めたことになると考え、不本意ながらキーボードを叩いている。新潮社発行の『新潮45』が10月号で“いま宗教に「救い」はあるか”という特集を組み、その中でフリーライターの藤倉義郎という人物が“「反安倍」となった日本会議の母体「生長の家」”という題の記事を書いている。このタイトル自体はそれほど問題はないが、副題となっている次の2行の文章がデタラメなのだ。曰く-- 

【学習】
  不本意ながらということで書いておられます。しかし、ウィキペジアを読むと、「日本会議の母体」と考えられるような文章が掲載されていましたね。次の2行を見てみましょう。

【越後伝道記】
  9月14日は、第二会場の近くの観昭神社で聖経読誦を行い、かつ近くを伝道しました。相白合同でです。合計8人でした。やはり動くと楽しいですね。それから、夕方まで、I相愛会連合会長さん、M相愛会副連合会長さんと感謝訪問に行きました。見附のメイン会場の近くに相愛会員さんがおられるのですね。20分間くらい玄関で話しました。あとは動くのみです。必ず波とうねりがでてきます。明日も友人知人に、伝道です。講習会だからこそ、他人をお誘いする勇気がでます。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月6日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

平成28年9月6日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

****************************************

【9月25日(日) 新潟越南教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::天の川 スーと一瞬 流れ星
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の御著書『万物調和六章経』御教示を学ばせていただきます。15頁です。
                 
【御教示】
宇宙全体が神の自己実現であるのである。
それ故に、
宇宙全体に
神の生命と愛と智慧とが行きわたっているのである。

【学習】
  すごい御言葉です。神の御存在はすべてに行きわたっている。ここからここまでという制限はありません。孫悟空が仏様と勝負したとき、キント雲に乗って相当に遠くにまで飛んでいきました。そこに五本の柱が立っていました。そこに自分が来たしるしに、字を書いて、再び飛んで帰ってきました。しかし、その柱は何と、仏様の指だったのでした。「いだかれてあるとも知らず愚かにも我反抗す大いなる御手に」です。どこもかしこも、どこを向いても神さまばかりです。一切心配なしです。

【越後伝道記】
  相愛会の幹部の皆様と講習会推進について話し合っているとき、「祈りの力は絶大なものがある。自分の力ではなく、神さまのお力が働いている」とK相愛会長さんは言われました。Kさんは、お一人で100人近くの人を動員される方です。地元の方々への貢献度が極めて大きい方です。私が、「私も祈らせていただいていますよ」と言うと、彼は言いました。「一番祈っておられる方は、総裁先生ご夫妻様ではなかろうか、と思います」と。私はこの言葉に感動を致しました。素晴らしい御言葉でした。正にその通りであると思いました。
  今日、9/11は、三条へ講習会推進に行きました。三条グリーンスポーツセンターを今夏の小学生練成会で使わせていただきましたが、施設長ご夫妻がおられて、とても深切なのです。一昨日の夜、福島原発の後の記録映画(ハグ)を上映するというので、行きたいと思いましたが、柏崎からでしたので、夜七時からの上映時間に間に合わず断念しました。このご夫妻に受講券をお渡しして来ました。機会があれば、来てくれると思います。
 次に、加茂のTさんの家に行きましたがいらっしゃらないので、電話をすると、若い支部長さんと一緒に、あちこち推進に廻っていました。伝道の勢いが余りにもスゴイので、私は「愛の加茂軍団」?と呼んでいます。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月5日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

平成28年9月5日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

****************************************

【9月011日(日) 北見教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::カマキリや 道をふさいで 行かれんぜ
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の御著書『万物調和六章経』御教示を学ばせていただきます。97頁です。
                 
【御教示】
  さらに圧倒的な数の
 動植物や菌類の生命も、
 その同じ力によって
 生かされています。

【学習】
  微生物のことを考えると、「本当にすごいなあ」と感じます。『大自然讃歌』13頁です。

摂氏百度を超ゆる温泉の中、
零度をはるかに下回る永久凍土、
鉱山の強い酸性の廃水にも
極限微生物は繁栄せり…

 このように説かれています。
高井研さんのホームページで、「知られざる微生物の研究」というのがありました。
https://www.miraikan.jst.go.jp/sp/deep_science/special/new/people_03.html
引用します。
「いったい地下深く、どこまでが
生命の生きられる領域なのだろうか。
深海調査艇の開発に伴って、深海には2000mの深さにも 6000mの深さにも 
そして11000mの超深海においても 生命の存在が確認された。
では、海底下はどうだろう。
現在陸域では地下約4000mの深さまで
微生物の存在が発見されている。
例えば摂氏150℃、1000気圧のような高温高圧の、
太陽も届かない極限環境で
地球を食べて存在する知られざる生き物たち。
微生物学者高井研氏は、地殻内には特有の、
微生物たちの生態系があると主張する。
それに迫るには、もっと深く掘り調べるしかない。

 すごいことですね。地球は生命だらけです。『万物調和六章経』85頁には、次のように説かれています。
 「私の生きる環境は、
 地球は、
 宇宙は、
 すべて神の命の表現であります。」

 だからこそどこにも生命体が充ち満ちているということでありましょう。放射線物質を地下何千㍍の所に頑丈な容器に入れても、微生物でその容器が破壊されないという保障は無いのでありましょう。

【越後伝道記】
  白鳩会連合会より講習会推進の喜びメールが届いています。このようなメールを毎日読んでいると、伝道の意欲が湧いて来るようですね。一部をご紹介滲ます。
   
本日、直江津と糸魚川地区に於いて、講習会に向けて白鳩会中央部副会長のH本部講師よりご指導いただきました。ご参加の会員さんから感想をいただきましたのでご紹介致します****――      「講習会目標達成の支部長会議に参加させていただき心から感謝致します。H副会長の講話は素晴らしかったです。「自分が動いて初めて喜びがわいてくる事。また、真心の愛を出す事等々」沢山の使命を教えていただき、大変ありがとうございました。連合会長さんからお誘いいただき感謝申し上げます。残り二週間真心を持って動かせていただきます。感謝」  ――素晴らしいですね!! 
白鳩会新潟越南教区連合会

 コトバの宗教ですので、大いにプラスのコトバを活用していきたいと思います。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月4日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

平成28年9月4日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

****************************************

【9月011日(日) 北見教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::小雨降り 山の端霞み 秋の虹
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の御著書『万物調和六章経』御教示を学ばせていただきます。85,86頁です。
                 
【御教示】
  私の周囲のすべての生き物は、
 神さまの愛と知恵と命の顕現です。
 私の生きる環境は、
 地球は、
 宇宙は、すべて神の命の表現であります。
 それを知り、
 意識し、
 理解し、
 愛することができるから、
 人間は「神の子」と言われるのです。

【学習】
  この御教示から考えますと、地球を知ること、意識すること、理解すること、愛すること。これが神の子の証であるということでしょうか。さらに「インタープリテション」(自然解説)ができるように、優秀なインタープリターを目指す必要がありますね。これは、機関誌『生長の家』2016年9月号誌に詳しく書かれています。7月に清泉寮で、キープ協会の方から指導していただきました。光明化運動もさらに大変楽しいものになってきました。うれしいことです。私の郷里は四万十市でして、山や川や海に遊びに行くことが普通の生活でした。その時、五感を使っての自然散策は否応なしに喜びに変わります。

【越後伝道記】
  9月8日は、柏崎見真会に行きました。3人の支部長さんが来ておられました。3人ともまだ受講者目標達成にはもう少しで、というところでした。しかし、前回よりもそれぞれが目標数値を高く設定していました。さらに、すでに確定者は昨年実績を大きく上回っていました。やはり、自分なりに目標をあげて活動を開始すると、自分の中の神さまが動き始めて、前回を上回ることが分かりました。素晴らしいことです。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月3日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

平成28年9月3日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

****************************************

【9月011日(日) 北見教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::  野葡萄や 葉に見え隠れしつ 顔を出す
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の御著書『万物調和六章経』御教示を学ばせていただきます。52,53頁です。
                 
【御教示】
  だから神の子・人間は
 すべての真実存在に美しさを感じ、
 喜びを見出すのである。
 空の青と雲の白は、
 神の無限の美の現れである。
 輝く新緑と黒い木々の枝、
 若葉と森の新緑の
 コントラストを見よ。
 花々の鮮やかな色、
 微妙な色の移ろい、
 葉の緑の中で
 それらが生み出す対象の妙を見よ。

【学習】
すべての真実存在に美しさを感じる。これは神の子・人間の感性でありましょう。新緑、黒い木々の枝、若葉、森の新緑、花の鮮やかな色、色合いの微妙さ、緑の葉、「対象の妙」、素晴らしい自然界の美しさを表現しておられます。

【越後伝道記】
  9月8日、講習会推進を三条でおこなっていましたが、終わってから夕方加茂へ行きました。加茂で生まれ、加茂で育ち、加茂で会社を興し、加茂で旅立ったという、元栄える会会頭である中林力さんの通夜に参列するためでした。たくさんの人が出席していました。靴下のメーカーの社長、そして会長となっていました。先日、相愛会連合会長さんとご一緒にご自宅へ訊ねていった時は、戸が閉まっていました。その日の前夜に亡くなられたそうです。靴下製造に惚れ込み、良い点、美点だけを認めて生きていった人だそうです。練成会にもお出でになったことがあります。お寺や幼稚園や様々な行事や団体に貢献した人であったようです。お寺さんと社長である息子さんがお父様を讃嘆しておられました。光明思想を生きることは本当に素晴らしいことであると実感しました。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月2日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

平成28年9月2日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

****************************************

【9月011日(日) 北見教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::台風や 今日は左に 明日は右 
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の御著書『万物調和六章経』御教示を学ばせていただきます。104頁です。
                 
【御教示】
神さま、
私は花々の愛らしさ、
木々の美しさを
心に強く感じます。
体の外にあるこれらの植物を、
内部に強く、
美しく感じることができるのは、
私の命と植物の命が
本来一体である証拠です。

【学習】
  このように考えると、木を切ることすらためらわれます。昔、先輩にお聴きした話ですが、敷地と多摩保養所の建物を購入し、飛田給練成道場となったころのお話しです。一度、谷口雅春先生がお出でになり、二度目にお出でになったとき、以前あった木がなくなっていました。「あの木はどうしましたか」とのご質問に、故T元本部講師は、「切りました」と簡単に答えました。そうすると、谷口雅春先生は、非常に悲しそうなお顔をされたそうです。T講師は、谷口雅春先生の愛の深さに感動したと、話していたことを思い出します。その同じ愛を、現総裁先生は持っておられるのですね。そして、私たちもその愛を出してくるようにお教えくださっております。

【越後伝道記】
  先日は夜に30分間くらいジムへいきました。足を鍛えるためです。15分間ステーショナリーバイクを漕ぎました。100㍗、回転数一分間に50~60回転、15分間でした。それでもかなりの汗をかきます。かえる時に受付の女性に、「えっ、もう帰るんですか?」と言われてしまいました。「帰ってからまだやることがあるので今日は失礼します」と言って、退出しました。普段は、90分くらいはいるのです。講習会が終わるまで、体調管理は行いますが、それ以上は無理ですね。私は、スピードを上げて、他人と競争する予定はないのです。昨年の自分を越える。目標は、これだけです。
 「ハイキュー!!」というアニメを第三話まで見ました。排球(バレーボール)の高校生の生き方ですね。第四話からは講習会が終わってから見ます。娘が、お父さんが「ハイキュー!!」を見ているのを姉妹のラインに書き込むそうです。笑われてしまいました。セリフがいいですね。自分もいつの間にか高校生になっています。
①オレ、もう負けたくないです。
②最強の敵は、最強の味方だ。
③勝つ以外に選択肢はない。
④(力尽きて)停まった瞬間から、一歩前に出る力を持て。
⑤どんな壁でもぶち抜いてやる。
⑥まだ負けていないから。(こう言って、相手が強くて、たとえ負けと見えていても、最後まで絶対にあきらめない)
⑦勝利への執着(いいですね。執着というコトバは問題あり、ですが、絶対に以前の自分を越える、という決意、信念が何よりも必要です)

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年9月1日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

平成28年9月1日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

****************************************

【9月011日(日) 北見教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::秋雲や まだ暑けれど 風さやか 
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の御著書『万物調和六章経』御教示を学ばせていただきます。104頁です。
                 
【御教示】
神さま、
私は花々の愛らしさ、
木々の美しさを
心に強く感じます。
体の外にあるこれらの植物を、
内部に強く、
美しく感じることができるのは、
私の命と植物の命が
本来一体である証拠です。

【学習】
  植物の命と自己生命とが一体であるからこそ、花や葉、その姿を美しいと感じるのですね。何と素晴らしい世界ではないでしょうか。私は子どもの頃、庭にしゃがんで、植物をじっと見詰めて、その不思議さ、美しさ、可憐さに、何時間もいても飽きない子どもでした。「また庭にしゃがんでいるね」と近くの子どもから言われたことがありました。「ガウデイ」ではありませんが、自分の庭の植物や昆虫はその不思議さ、可憐さに見飽きることがなかったのです。友人がいなかったわけではなりません。近所の子供たちとよく遊びました。と同時に、自宅の庭の神秘に浸っていました。4歳の頃、私の家の庭にはホタルがたくさんいました。それが暗闇の中で、セメントの所でピカピカの光るホタルを手で取ろうとしても、どうしても獲れなかったことを覚えています。高知県の中村市という街中でしたが、その頃はあまり、田んぼでも農薬を使わない時代でしたので、街にまでホタルが飛び交っていましたね。

【越後伝道記】
  お若い支部長さんで、5人を目標にして、現在、5人の受講確定者ができたといって喜んでいました。「どなたをお誘いしたですか?」と問うと、「自分、母親、妹、妹の子ども、同じ支部の方と推進に行った時、若い人がおられたので、講習会参加をお願いすると、来てくれるとのことになりました」、とのことです。これで5人ですが、まず身内ですね。彼女を見ただけで生長の家の御教えが分かる、と雰囲気の人です。身内に御教えをお伝えするには、ご自分が御教えを行じる以外にないのでしょうね。素晴らしいのひと言です。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年8月31日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

平成28年8月31日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

****************************************

【9月011日(日) 北見教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::  スズムシの 鳴くは夜通し リンリンと
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の御著書『万物調和六章経』御教示を学ばせていただきます。95頁です。
                 
【御教示】
  私が何を命じなくても、
 精緻複雑なこの体が正常に機能しているのは、
 神様の無限の生命力のおかげです。
 私が普段、
 その神秘に気づかず、
 体の諸器官や
 臓器や
 組織が正しく働くことを
 「当たり前」と考えていたことを
 反省します。

【学習】
  本当にそうです。健康なときには健康が当たり前と思っていることがあります。しかし、一旦、バランスを崩して病気になったとき、初めて健康の有り難さ、そして御教示あるような思いになるものです。健康な時ほど、健康に、そして、神秘な生かす力、神様のお力に感謝することが大切なのでありましょうl。

【越後伝道記】
  9月4日は講習会運営委員会、運営委員の決起大会でした。私も講話と担当させていたただきました。参加者は、50名から60名くらいでしたが、大変に盛り上がりました。目標達成に向けて、勢いがでてきたようです。私は、感謝訪問と手紙で依頼する方法でこれからも顔晴っていく予定です。
  ある会社の社長さんですが、いつも30名以上の方々をお誘いして下さる方がおられます。今回は、色々と考えるところがあったようで、動きが止まっていました。しかし、総裁先生の御心をお伝えし、神様の運動にご協力いただきたいとお願いして、何度も足を運びました。すると、昨日から推進に動いてくれるようになったとお聴きしました。「至誠、神に通ず」、です。その話をお聞きして涙がでる思いでした。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年8月30日「”『万物調和六章経』”を学ぶ。」

平成28年8月30日「”『万物調和六章経』”を学ぶ。」

****************************************

【9月04日(日) 札幌教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::ヒューと 銀河をながめ 流れ星
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の御著書『万物調和六章経』御教示を学ばせていただきます。51頁です。
                 
【御教示】
驟雨の音、
雷の轟音、
木の裂ける音でさえ、
神の無限生命力の表現である。

【学習】
  私は、この御文章が大好きです。”「すべては一体」と実感する祈り”です。臨場感溢れる文言です。しかし、木が裂ける音を実際に聞いたことはありません。雷の轟音は聞いたことがあります。近くに落ちた時はすごいです。この雷の電力を有効活用できないものか、と総裁先生はかつてお書きになっておられました。余りにも電圧が高いので蓄積できないのだそうです。ですが、いつかはできる日が来るでしょうね。驟雨ですが、最近は驟雨は多いようです。異常気象ですからね。私は高知出身ですが、子どもの頃に、夏の夕立はよくありましたが、新潟では一度山の手で体験したくらいです。私の記憶では。

【越後伝道記】
  「念仏は、まことに浄土にうまるるたねにてやはんべるらん、また、地獄におつべき業にてやはんべるらん。総じてもって存知せざるなり。たとい、法然聖人にすかされまいらせて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからずそうろう。」
これは親鸞聖人の歎異抄の一節です。私は、20歳代には親鸞聖人に心酔していたことがあります。最近、講習会推進感謝訪問の車の中で、I相愛会連合会長さんと話をする機会を多く持てました。
 彼が住む糸魚川は親不知子不知が近くにあり、親鸞聖人の逸話が残っています。
「上越は、親鸞聖人が流された土地である関係か、生長の家でも信仰的な人が多いようです。夏の宇治での神官奉仕の時、同室の人と話し合いました。”生長の家の今夏の参院選に対する方針”についてです。「こんな時こそ、総裁先生を信じて行動するのが真の信仰者の生き方ではないでしょうか」と彼は言ったそうです。生長の家は理性主義ですので、当然のことながら真理をしっかりと把握した上ですが、さらに信仰者としての中心帰一の生き方を実践すべきでありましょう。来たる世界は、当然のことながら世界平和であり、理想の極楽郷です。
 生長の家に於きました、「生長の家大神ー総裁・副総裁ー御教え」という方程式は不滅です。総裁先生への中心帰一の信仰姿勢を堅持することこそ真の信仰者としての生き方であると思うのです。
 私は、I連合会長さんの話をお聞きした時、本当に善き人に出会ったと思いました。誠にも御神縁です。

 立ちすくみ如来のことですが、次は糸魚川の白鳩会員さんである、中村栄美子さんのご文章です。彼女からは「たちすくみ如来」のエピソードはお聴きしていましたが、ネットで見つけました。以下転載させていただきます。

  親鸞が承元一年・念仏弾圧によって、越後に流罪となったのは三十五歳の時でした。 京の都から越後へと送られた親鸞は、北陸街道を歩き、能生木浦から船に乗って居多ケ浜へ上陸したといわれています。 越後へと向かう道中、親鸞は数々の逸話を残しながら旅を続けました。 そんな逸話が親不知の"大雲寺"に語り継がれています。

  「立ちすくみ如来」(『糸魚川民話の旅』)

 昔、昔のこと。
 越後へ流されることになった親鸞は二人の弟子と、天下の難所、親不知にさしかかったのは三月のことだった。 その日は冷たい風が吹き、大波が押し寄せて、荒れる海に親鸞は呆然と立ち尽くしていたそうな。 この時、みのを着で笠をかぶった一人の漁師が突然現れ、親鸞に近づいて、「お坊様、シケでお困りの様子。私は立ちすくみと申す者、背負ってさしあげましょう」 といって背中を出し、親鸞と二人の弟子を安全な所まで届けると〝すうっ″と煙のように消えてしまったとさ。 それから親鸞は外波村の神主、大文字屋右近の戸をたたいて「旅の僧ですが、一晩泊めて下さらんか」 と頼むと、家の中から、「せっかくですが、お断りします」 とすげなくいわれたとさ。親鸞は野宿の覚悟を決め、軒下の石を枕に横になったが、風が冷たく体が冷えきって寝つかれんでおった。

 家の中では右近夫婦が、昼間、浜辺で旅の僧を背負って親不知の難所を渡った漁師の話をしておったとさ。 右近がなにげなく仏壇をみると、妻の佐野が信仰している如来様の腰から下がぬれ、足に砂がついて後ろ向きになっておられたとさ。
「もしや、旅の僧を背負って、あの難所を渡ったのは、この如来様だったのでは…」 右近は慌てて外へ出、石を枕にして横になっていた親鸞と弟子に「申し訳ないことを…」と謝り、家の中に招き入れたとさ。 そして夫婦は親鸞のありがたい教えに感服して弟子となり、如来様を本尊として「大雲寺」を開いたそうな。

 この如来様は〝立ちすくみ如来″といわれ大雲寺の本尊として大切にまつられているそうな。 
 親不知・外彼の大雲寺に伝わるお話です

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年8月29日「”唐松模様:核による先制攻撃(2)」を学ぶ。

平成28年8月29日「”唐松模様:核による先制攻撃(2)」を学ぶ。

****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::梨を食べ サクッとする味 幸せだ
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年8月18日(木)の御教示「核による先制攻撃(2)」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
  私が言いたいのは、この時点でアメリカが「核による先制攻撃」の選択肢を放棄する核戦略の転換を行ったとしても、中国や北朝鮮から日本が武力挑発を受ける危険性が有意に増大する可能性は少ないということだ。これはもちろん、そういう危険性が「絶対ない」という意味ではない。日米の信頼関係が破綻したり、中朝の指導者の国内統治力が大幅に減じたり、はたまた日本の力が及ばない事態の勃発で朝鮮半島で武力衝突が起こったりすれば、条件は大きく変わる。これらの“不測の事態”が起こることを今から考えて、万全の構えで国の安全を保障したいという「不安な気持」は理解できなくはない。しかし、それならば、防衛力や軍事技術のような“敵を認めて備える”努力を増大するのではなく、外交や親善交流を拡大して“敵として認めない”努力をもっと拡大すべきだと思う。なぜなら、国際関係は結局、人間の心が動かすものだからだ
(おわり)

【学習】
   三界唯心の理から説いておられます。人間の心が国際関係を動かす。私が学生時代に、Mさんという練修生の先輩から色々なことを教わりました。M先輩は、「歴史はさまざまな説があるが、生長の家では歴史は心が作る、と説いているが、本当にそうだなあ!」と言ったことをお思い出しました。敵を認めて備える、努力ではなく、外交や、親善交流を拡大することを促しておられます。かつて、ベトナム戦争の時に、谷口雅春先生の御文章を思い出します。「アメリカは爆弾を北ベトナムに落とすかわりに、食糧や有益な物を投下すれば、どんなにか北ベトナムの人々は喜ぶだろうに」という内容だったことを記憶しています。北風と太陽の童話がありました。世界を動かすのは、武力ではなく、愛ある行動ではないでしょうか。それには、真理を知る必要があり、大いに御教えを宣布する必要があります。御教えの宣布こそ、我が使命です。

【越後伝道記】
  9月1日は、相愛会で魚沼に推進に参りました。津南の相愛会員宅へもいきました。80歳を過ぎた奥様が足を怪我していました。それでも、お茶や自作のトマトや葡萄を出していただきました。ご主人は、○○学会を10年やっておられたそうですが、奥様の胃の手術を機縁に生長の家に入られたそうです。奥様が、「都会に住んでいた」というので、どこかをお聴きすると、東京でした。そこから話が始まりまして、40分間ほど、臨場感溢れるスピーチを聞きました。ソ連が攻撃したハルピンからの引き上げの凄まじい状況でした。余りのすさまじさに、ここでは内容を書けませんが、「戦争に負けてよかったんだよね。だから今ここで平和に暮らせる」と結論をいいました。「あの頃の苦しみから考えると、足が不自由くらいは何ともないね」とのことでしした。
 「野菜を作っていると、野菜の心がわかる」と。悟りの境涯です。こんな超田舎で、このようなすごい話を、しかも奥様からお聴きできるとは思いませんでした。相愛連合会長さんを長岡駅までお送りして今日の推進が終わりました。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年8月28日「”唐松模様:核による先制攻撃(2)」を学ぶ。

平成28年8月28日「”唐松模様:核による先制攻撃(2)」を学ぶ。

****************************************

【8月28日(日) 空知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区は9月25日(日)です。どなた様もどうぞおいで下さい。お問い合わせは、生長の家長岡教化部へお気軽にお電話下さい。 電話0258-32-8388】

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::山稜や その上の空 秋高し
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
 総裁先生の「唐松模様」2016年8月18日(木)の御教示「核による先制攻撃(2)」を学ばせていただきます。
                 
【御教示】
(つづき)
 私は結局、この問題は北朝鮮の現政権を“極悪”と見るのか、それとも“善”と言わないまでも“極悪ではない”(交渉の余地がある相手)と見るかの差ではないかと思う。前者の見方をすれば、どんな防衛上の努力を講じても、“北朝鮮の脅威”を払拭することはできない。だいたい北朝鮮は、核兵器など使わなくても、一部のイスラーム過激派のように、日本国内に戦闘員を潜入させて、銀座や大手町で自爆テロを起こすことは今でも可能だろう。しかし、後者と見るならば、彼らの外交目的は(他のどの国とも同様に)自国の安全保障と繁栄であるだろうから、その目的に資する条件を提示して交渉のテーブルに引き戻すことは可能だと思うし、そうすべきである。 
(つづく)

【学習】
  北朝鮮を極悪とみるか、極悪ではない、とみるかの違いが、外交手段の違いとなるとの御教示です。生長の家の御教えからいうと、後者と見るべきであり、北朝鮮の安全と繁栄の目的に資するために条件を提示して、交渉のテーブルに引き戻すべきであるとのことであります。

【越後伝道記】
  8月31日は、講習会の主会場近辺の伝道を相白合同で行いました。大変暑い日でした。近くの産土神社で『甘露の法雨』を読誦してから開始しました。そうすると参加者の皆様の思いがとても積極的になりました。有り難いことです。産土神社の御祭神の御徳のおかげでしょうか。今日も一日、終日、相愛会の推進に廻らせていただきました。有り難うございます。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »