« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

平成28年10月28日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6960


平成28年10月28日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::新米の 香り漂う お櫃から

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)11頁です。

【御教示】

【聞き手】 
 安倍晋三首相を、きちっと批判なさいました。

【総裁先生】
  安倍さんは、批判すべきです。首相ですから、批判してもいいんです。首相だから批判しちゃいけないと言ったら、全体主義になりますからね。あなただって、そのつもりでやっているんでしょう(笑)。首相だから批判する。権力を持っている人は公的に大きな責任があるから、批判されてもしょうがないです。だから私も批判されているでしょう、どこかで。

【学習】
  公的責任があるから批判すべきであるとのことです。もし、批判できないとするならば、それは全体主義となる、ということのようです。批判した時逮捕される。このことは、韓国に行った時、かつて、平壌からのがれてきた、生長の家の信徒さんからお聞きしたことがあります。これを全体主義というのでしょうね。戦前の日本も、そんな風潮があったのかも知れません。

【越後伝道記】
 10月28日は、大聖師谷口清超先生の8年祭でした。午前中に、御祭を行い、総裁先生の御言葉を拝聴しました。午後は、谷口清超先生の御事績を学ぶために、二時間の勉強をしました。一年に一日は、深く二代目総裁谷口清超先生に学ぶ一日にしたいと考えています。深き御恩を色々と思い出させていただきました。感謝合掌であります。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月27日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6956


Img_6962


Img_6958


平成28年10月27日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::手の平に じっと見詰めし 一位の実

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)11頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  参議院選挙前にあれだけはっきり政権批判されたので、生長の家への風当たりが強くなったということはありましたか。

【総裁先生】
  そんな厳しいこと、何か言いましたっけ。

【学習】
  総裁先生としては、普通に正しいことをきちんと述べられた、ということでしょうか。昨日、本屋で『通販生活』という雑誌を見ていると、なんとそのようなことが、堂々と書かれていました。こんなことを書いたら、売り上げが減るのではなかろうか、と思いましたが。ウィベディアで調べてみると、そういう種類の会社のようです。損得を省みずに、はっきりと正しいことを正しいと言うのは、生長の家だけではないのですね。

【越後伝道記】
  10月27日は、柏崎地区の見真会に行きました。会場はいつもの柏崎のエネルギーホールです。10人ほどお出でになっていました。生長の家の信仰者の皆様は、爽やかな笑顔がまぶしいですね。講習会のお礼が主です。それから、ご要望がありましたので、唯神実相、実相直視の話を必ず行うことにしました。
 帰りに自転車仲間と連絡を取りました。回転数を計測する計器が私の自転車にはついていないので、調べてもらうためでした。キャッツアイで、4千円ほどで入手できることがわかりましたので、それにすることにしました。生長の家の信徒さんではない、30歳代の自転車仲間です。とても深切です。この日に、彼は栃尾分岐へ登るのを50回を達成したと言っていました。夕方に電話が来ることになっていたのですが、なかなか来ないので、どうしてかな、と思っていると、八方台の帰りにパンクしたそうです。くらい山道を10㌔㌘ほどの自転車をかついで、栃尾分岐(森立モッタリ)の電灯が点いている所まで移動し、そこで修理したそうです。「すごい!」と思いました。私は、新しいチューブをもっていません。ほとんど無いのですが、としパンクしたときに応急処置ができるように、危機管理態勢を整備する必要がありますね。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月26日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6956


Img_6958


Img_6961


平成28年10月26日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::風吹けば 藤の実垂れて ブラブラと

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)10頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  そのようにやっている宗教団体もありますが。

【総裁先生】
  それをやったら憲法違反で、もはや民主主義ではありません。ただ、宗教的信念が本物ならば、人間の具体的な生き方になります。その意味では、宗教と政治をはっきり区別するのは、難しい面がある。「信念はあるが、生き方はそれとは違う」というのでは、信仰とは呼べません。ですから、「信じているなら、こうした生き方をしませんか」という話をしています。

【学習】
  信念と信仰とは違う、ということでしょうか。信仰でも私たちが教えていただいているのは、唯一絶対の善なる神への信仰です。その神様への信仰を深めるためには、神想観、聖典読誦、愛行、の三正行の実践です。常に総裁先生から三正行を実践して神様に波長を合わせて行動するように教わっています。愛行の中に、人々への真理の伝道と実践、さらに地球生命を救済する環境問題への解決があります。日々精進です。新潟越南の菩薩の皆様、今日も明るく楽しく、顔晴りましょう。今日(10/26)の私に与えられたご使命は、白鳩会の幹部の皆様への真理講話と魚沼の見真会です。

【越後伝道記】

ワクワクする「自然の恵みフェスタ2016」と講演会、
そして御教えの原点に帰る「谷口雅春大聖師御誕生日記念式典」

 新潟越南教区の菩薩の皆様、有り難うございます。
来たる11月は誠にも素晴らしい月です。その中で教化部会館に、ご家族、ご近所の方々をお連れして、沢山の方々にお集まりいただくのは、「自然の恵みフェスタ2016」です。
 この「フェスタ」は、自然の恵みに感謝するという、「神・自然・人間は本来一体である」との信仰をお祭の形にしたものです。
 工夫された手作りのクラフト製品、新鮮なオーガニック野菜、地球のため、発展途上国の人々のために低炭素生活をお勧めする自転車コーナー、何といってもうれしいのは、一口づつ食べられるノーミート料理や地元のご自慢の食べ物です。これらの収益の一部は、地球の裏側の食べることすらままならない人々の飢餓救済のために使われます。
 どうぞ、お誘い合わせの上、沢山の方々がご参加下さい。100名以上の方がお出でになっても良いように準備しています。ご家族連れで、生長の家でない人などは大歓迎です。私も今からワクワクしています。

  生長の家講演会は、久しぶりの開催です。今、原稿を書いているのは、妙高ですが、ここでも講演会が開かれます。この講演会は国際本部主導で行われます。組織会員・信徒の皆様がご自分だけでお出でになるのではなく、み教えを知らない方、講習会にお出でになった新しい人、講習会には行ったが、まだ生長の家の組織会員ではない人、ご家族さま、等々。講習会にお誘いする感じでお誘い下さい。講習会にお出でになった新人の二回目の真理の学習のためにという目的です。

  谷口雅春大聖師御誕生日記念式典は、総本山で行われます。おそらく、総裁先生のご挨拶は、インターネットのライブ配信で拝聴できるとは思いますが、未発表です。どうぞご期待下さい。このご誕生日に関してですが、私が20歳代の頃に、当時の原宿にありました生長の家本部で谷口雅春先生のご挨拶をお聞きしました。何とも言えない、荘厳な響きのお声です。未だに覚えていることは、「生長の家は久遠の昔から存在する」という御言葉でした。「本当だろうか?」と思いましたが、そのご解説が始まりました。
 それは、神様の世界、実相の世界にあった生長の家が、昭和五年三月一日に、機が熟してこの世に谷口雅春先生を通して鳴り出したのが、現実界の生長の家であるということでした。
 「そうか、生長の家は実相世界にあるのか!不滅の存在であったのか!それならば、この生長の家の光明化運動は不滅なのだな!!」という感動が私の魂の中に湧き起こりました。「不滅の生長の家の運動、その選使として生まさせていただいているのが自分であったのか!」という使命感と喜びが湧出しました。お父さん、お母さんが、私の肉体を与えてくださり、そして生長の家を信仰していた父母がその使命に導いてくれたのでした。お父さん、お母さん、有り難うございます、と感謝の心が湧いてきました。

  谷口雅春大聖師御誕生日は、実相世界にある生長の家を、この世に引き出して下さった第一代目総裁谷口雅春先生の御生誕日であると共に、菩薩であるあなた様がご使命を与えられことになった記念すべき日であるのです。神様からの聖使命が谷口雅春先生に天降らなければ、あなた様のご使命もありません。谷口雅春先生に深甚の感謝を献げることが、法燈を継承された二代目総裁谷口清超先生への感謝に繫がり、さらに、三代目総裁谷口雅宣先生への中心帰一の信仰姿勢を堅持することに繋がるのです。

 どうぞ、この日にこそ、創始者谷口雅春先生への感謝を深めつつ、人類光明化運動・国際平和信仰運動への決意を再確認いたしましょう。菩薩であるあなた様を心からご尊敬申し上げ、今、現に地上天国建設の聖使命を遂行しておられることに深く感謝申し上げます。
再拝

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月25日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6955


Img_6957


平成28年10月25日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::どんぐりに 目と鼻を描き 笑ってる

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)10頁です。

【御教示】

【聞き手】 
参院選前の「与党を支持しない」というのも、そうですね。

【総裁先生】
  今回は、とても具体的でした。「(投票までの)一週間にどうすべきか」ということでしたから。しかし、私たちは政治団体ではありません。考える材料は与えますが、具体的に決めるのは個々の信者さんなのです。民主主義ですから、「これこれこうしろ」というのでは、戦前の社会に戻ってしまいます。宗教団体が強制的に信者に対し、直接「○○党に入れなさい」というのは、これはまずい。

【学習】
  「新潟越南では、どうすべきか」を考えて、有効な方法を取りました。この教区では、毎月、総裁先生の唐松模様の御文章とフェイスブックの御文章を、全組織会員にお届けしています。自宅に届いてもまったく読んでいない人は、何とも言えませんが、ほとんどの人は総裁先生の御言葉をすぐに拝読することができる状態にあるのです。これは、他教区にはあまり例がないのかも知れません。何故そうするのか。それは総裁先生の御言葉は、宇宙の大神様の御言葉であり、世を照らす光であるからです。み光をすぐにお届けするのが私の第一のご使命であると思うからです。その信仰と信念の上での方法です。その成果はあったようです。

【越後伝道記】
早くゴールへ行かなければ!、これではいけない。みんなもういっているのに。早く、早く、と思っていると目が覚めた。ここはどこだろう?天女山ではないな。あたりを見回して長岡の自分の部屋だと分かった。そこでパソコンを開いてみた。午前2時過ぎだった。まだ僕は走っているようだ。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月24日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6937


Img_6938


平成28年10月24日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::秋雨や 陽光キラキラ 馬の背に

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)9頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  生長の家の教義という面では、人間同士が殺し合ったり、憎しみ合ったりするそうした戦争もまずい。

【総裁先生】
  まずいですね。もし、外国から軍隊がやってきたらどうするか、という問題はありますが。ただ、個々の政治問題でいちいち教団としてああだ、こうだ、とは言いません。「同じ信仰を持っている人は、この問題についてはこう考えるべきでは」と大枠については言おうと思っています。実際、言ってきましたが。

【学習】
  大枠が示されるのですね。さらに細かい個々の問題についてはその都度にお答えになる、ということでありましょう。また、外国から軍隊がやってきた場合、この問題の解決法はすでに示されているようです。

【越後伝道記】

 SNI自転車部員の坂野雅治さんから自転車練習の指導を受けました。この方法はおそらく脚に高回転を覚えさせるのではなかろうか、と思いました。ご参考まで。

【中内】
 今日は、天女山ヒルクライム、誠に有り難うございました。今回は、降りずに最後まで登れました。うれしいです。勿論、信号待ちはしましたが。40分49秒でしたので、来年は、40分を切れるように日々、努力したいと思います。一年間、がんばります。これからも、色々とアドバイスをお願いいたします。ヒルクライム終了後に観音平を目指しましたが、道を間違えて、引き返してきました。明日は、フェスタでクラフト研究、オーガニック菜園研究と音楽祭に参加して帰ります。有り難うございました。
2016年10月22日 21:14

【坂野さん】
中内教化部長、
こちらこそ、ありがとうございました。"足を着かずに登る"という目標の達成、おめでとうございます。
タイムも、凄く伸びましたね。今年はあと少しで40分が切れるところまできているので来年は35分が切れるかもしれませんね。頑張ってください。
私も、もう少ししたら自転車に乗れる環境が整うので、来年に向けて頑張ります。
明日、私は1529ベースとフェスタの見学と出来たら観音平に行きたいと思います。

【中内】
アドバイス。感謝です。観音平は私は、次回の楽しみにします。35分を目標にして、40分は絶対に切りたいです。では明日よろしくお願いします。

【坂野さん】
こちらこそ、宜しくお願いします。

【中内】
先ほど、長岡に戻りました。明日からトレーニングを再開します。1年後に、35分になるメニューを、教えて下さい。少しずつ進歩するように努力します。よろしくお願いします。

【坂野さん】
中内教化部長、ありがとうございます。ローラー台はお持ちですか?

【中内】
後ろに設置するのは持っています。自転車部コーナーにあったのと同じ感じのものです。
ほとんど使っていません。

【坂野さん】
おぉ、それは良い物をお持ちです。是非、それを活用して行きましょう。
初めは1日に1時間程度、それに乗ってみて下さい。
非常に退屈なので、テレビやビデオを見ながらで結構です。
ペダルの回転数をケイデンスと呼びます。
このケイデンスを1分間に100回転回すことを目指してみて下さい。
この時のギヤ比は始めは軽くて構いませんが軽すぎて回り過ぎるようならば1段ずつ重くしてみてください。
維持出来るか出来ないかくらいでの練習が最も効果が高いものになります。
100回転が苦しいようならば、80回転くらいから始めても大丈夫です。
また、1時間とるのが難しいようでしたら、30分くらいから始めても大丈夫です。
ペダルを回すときは、踏む時は力を入れずに重力に任せ、足を引き上げる時に、膝を持ち上げることを意識してみて下さい。
分かり易いのは、ビンディングシューズで足を固定してない場合、ペダルから足が離れるか離れないくらいです。
メニューとしては、開始20分   
ウォーミングアップ( 100回転を維持出来るかできないかのギヤから4段低いギヤから始め、5分毎に1段ずつ重くしていく。)
20-50分   メイントレーニング
100回転を維持出来るかできないかのギヤで、30分間維持。
50-60分  ダウン
ギヤを4段下げて楽に回す。
ケイデンスは全て100回転です。
これをやってみて、きつすぎて続かないようでしたら必ず仰って下さい。
難しい書き方をしましたが、一番始めは、ケイデンスを100回転を維持出来るか出来ないかのギヤを探して下さい。
フロントギヤはアウターで、リヤギヤは一番軽いギヤから始めて、5分ずつ1段ずつ重くしていく。
見つけたら、そこで30分間維持する。といった感じです。
始めから回らなかったら、フロントをインナーに入れて下さい。
尚、物凄く汗をかきますので、水分補給を十分にしながら、脱水症状や風邪を予防して下さい。
お互い頑張りましょう。

【中内】
お早うございます。アドバス、ありがとうございました。実践します。ところで私が持っているローラー台は、このタイプです。(写真送信)平べったいのが欲しいと、長岡の自転車屋フィンズの人に言ったところ、おぶないからといって、売ってくれませんでした。このタイプは、かなりタイヤが摩耗するのではないでしょうか。

【坂野さん】   
中内教化部長、ありがとうございます。
このタイプのローラー台は心肺機能の向上や持久力の強化に適しています。
転倒などの可能性が極端に減るので、比較的、安全にトレーニングができるので、中内教化部長にはうってつけのツールであると私も思います。
確かにタイヤは磨耗しますが、タイヤ代がかさむ心配はありません。
私はローラー台でタイヤを使い切ったことがありません。
難点は、タイヤドライブにタイヤを強く当て過ぎるとタイヤの粉塵が散らばるといったことでしょうか。

【中内】
アドバイス、誠に有り難うございました。では、顔晴らせていただきます。

(このような懇切丁寧な自転車指導は、私のような初心の者にとっては本当にありがたいです。目標に向かって日々、顔晴ります。このガンバリが、光明化運動に直結することを感じています。常に前と上を見ながら前進する。決して後ろを見ないようになります。神想観、聖典・『聖経』・『讃歌』の読誦、愛行、クラフト、オーガニック菜園、そして自転車トレーニング、推薦書籍の読書。仕事と家庭生活。おぉ!!やることがいっぱいあるね。)

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月23日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6922

平成28年10月23日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::陸稲や 幼き頃の 母の声

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)9頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  〔信者には強制しない〕
 日本会議も嫌いなのでしょう。

【総裁先生】
  でも、個人の趣味で憲法を変えてほしくないですよ。そもそも、現在の憲法が生まれるきっかけになったかつての戦争が、どう起きたのかということについて、日本全体がきちっと分析してこなかったというのが問題だと思います。戦争責任とか、あるいは天皇制とどういう関係だったのかとか。しかも、開戦前の日米関係については、良く論じられていますが、中国、そして韓国との関係はどうだったのかについては、ほとんど論議されていません。そちらの方が戦争として先行していたのに。学校でもちゃんと教わらないですしね。

【学習】
  大学の講義では、戦前の中国、韓国とのことを講義する教授がいましたので、講義を受けました。しかし、一般的ではなかったようです。先の戦争に関して、国民的総括がなされていないということでしょうか。

【越後伝道記】
  10月24日に、道路の信号がある横断歩道の所を歩いていました。すると、交差点の真ん中辺りに烏が飛び降りてきました。そして、クルミみたいなものをくわえて飛び上がりました。近くにいたご婦人がそれを見て言いました。「烏も命懸けだねえ。あれは、クルミを道路に落として、それを拾うために飛び降りたんだよ」と。烏が飛び立ったすぐ後を自動車が通りました。危機一髪でした。鳥も生きるためには、大変ですね。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月22日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6921

平成28年10月22日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::種採の 茄子を探して 川向こう

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)9頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  そうですよね。

【総裁先生】
  私も政治学をやりましたし、「違うことは違う」と言わざるをえません。現在の憲法で70年やってきて、みんな民主主義が好きなんですよ。おそらく、民主主義が嫌いな人が一部いて、政権の中枢で何かをやろうとしている。

【学習】
  私も政治学を学びましたが、興味がある人にとっては大変おもしろい学問です。憲法の講義も聴きましたね。色々と意見が言える。これは民主主義だからです。全体主義になると、何も言えなくなる。『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』を読んで特にそう思いましたね。やはり、読書、勉強はどうしても大切です。越南の皆様、大いに顔晴りましょう。読まねばならない本は沢山ありますよ。自分のためではなく、世界平和実現のためです。

【越後伝道記】
  10月23日は、フェスタの音楽祭を少し前に退場して、バスに乗った。小淵沢駅に着いたのは、夕方4:30分頃だった。私の予定の汽車は、5:30くらいなので一時間を待つことになる。それで、ちょうど4:35分くらいの汽車があったので、自由席の車輌に急いで飛び乗った。新宿駅までだった。日曜日の関係か、自由席の通路に人が沢山いて、2時間ほど、立っていた。あと10分くらいで八王子につきそうなとき、側にいたご年配の男性が後ろに倒れ込んだ。急病人のようだった。盛んに携帯電話を耳に持ってきていた。意識はあるが、目はうつろのようだった。私は、「車掌さんに病人だということを知らせて下さい」と大きな声で叫んだが、自由席の車輌の通路には人がいっぱいなので、誰も動きそうになかった。もう一回、叫んだ。「誰か、座席を空けてもらえませんか?」と。すると50歳前後の男性が、「私の席にどうぞ」と言って、席を空けてくれた。そして、「119番が一番いいんだ」と言って外部の消防署に電話してくれた。「そこはどこですか」と消防署の人は聞いているようだったが、移動しているのではっきりとどこだかわからない。側にいた、30歳くらいの女性がなにやら、電話をしている男性にアドバイスをしていた。八王子についたとき、外には係の人が制服で待っていた。うまく動いてくれる、日本のシステムに驚かされた。八王子で降りる女性二人が、病人の男性を連れて下車した。その男性が、「大事に至らずによかった」、と思った。みんなで良いことをした、という思いだった。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月21日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Dsc_0112


Dsc_0113


平成28年10月21日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::土地の実や 一つ拾いて 手の平に

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)9頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  「違う」という点で、最大のものは何でしょう。

【総裁先生】
  もう、「大日本帝国憲法の復元」という主張はしません、ということです。大日本帝国憲法のもとで、日本は、そして生長の家は戦争に入っていった。だから、どこかに問題があったはずなのですよ。雅春先生の時代では、「日本国憲法を導入した手続きが間違っていたから元に戻すんだ」という説明で、みんなが納得していた。しかし現法憲法については、雅春先生は国家の制度の問題としてはあまりはっきりとおっしゃっていません。一方で、「大日本帝国憲法の方がいい」ともおっしゃっているのは確かです。私たちは戦前の時代は知りませんが、大日本帝国憲法について制度として聞いたことはその逆ですから。

【学習】
  生長の家は、「大日本帝国憲法の復元」という主張はしない。この御言葉は大きいです。すでに70年経過です。当時、生まれた人も70歳です。学校では、民主主義の教育が現憲法を元にして、行われていますね。このような憲法に関する問題は、生政連の活動停止以来、あまり学んでいません。この辺りで、正しい認識をすべきときなのでありましょう。

【越後伝道記】
  10月22日   午前中は、天女山ヒルクライムでした。シニア部門で10名中、最下位でしたが、全体では、66名中58位でした。終わってからは、どういうわけか、無性に笑いたくなります。喜びがこみ上げてくる、という感じ。「お前、よくやった」と内なる神様が褒めてくれるように思います。

今回は、降りずに登れました。勿論、半分のところの交差点の信号では止まりました。私の年齢でも、努力すればできたことがうれしいです。自分でないみたいです。いつも一気に登っている、傾斜度平均6度、教化部から10㌔の八方台を思い描きながら、「ここは八方台、ここは八方台、できる、できる」と念じながら登りました。

神性表現の1形式です。3㌔過ぎた頃に、急に体が楽になったのは、どなたか祈ってくれていたのでしょうか。感謝です。茨城の72歳の男性が私をスイスイと追い抜いていきましたね。年齢ではなく訓練なのでしょう。彼の脚力は尋常でなかったようです。天女山ヒルクライムは、平均7度の坂道4,7キロですが、私の場合は、40分49秒でした。40分は切るつもりでしたので、少し残念ですが、来年のお楽しみです。
今回、何よりもうれしいのは、越南から選手が一人出場したことです。今朝も二人で、国際本部の近くまで走り、練習しました。自転車は楽しいです。

〔弱虫ペダル〕
ゴールをえぐり取れ!(色んな表現方法があるようですね。)

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月20日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Dsc_0109


平成28年10月20日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::椿の実 赤く光りて 葉の中に

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)7頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  しかしそのような安倍首相の背後には、かつての生長の家で学んだ仲間がいらっしゃる。であれば、それについても教団として、何かを言わなければならないと。

【総裁先生】
 そうですね。「彼らとは違う」と言わざるをえません。「今は違う」と。なぜ違うのか、ということも含めて。

【学習】
  この数ヶ月間は、目まぐるしいほどに状況が変わってきました。かつては、このようなめまぐるしさは、色々と経験してきたように思います。

【越後伝道記】
  10月21日朝は、午前6:30ころから天女山入り口まで登りました。約半分かな?八方台と比べると直線なので、かなりきついですね。一度、自転車から降りました。夕方も国際本部の入り口まで登りました。暗くなったので引き返しました。明日は記録よりも楽しんで走りたいです。

〔弱虫ペダル〕
ゴールをえぐり取れ!(色んな表現方法があるようですね。)

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月19日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6896


平成28年10月19日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::いのこずち はりついたなら 離れない
(弱虫ペダルの小野田坂道君のことを考えてましたね。坂を登るとき、坂道君は笑うんだよね。でも、あいつは。相手に貼り付いたら決して離れない。)光明化運動の選使には、無執着も大切ですが、これくらいの粘りも欲しいです。

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)7頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  「旧憲法の大きな問題」

それで今回、あえて踏み込んだ声明を出されたのですね。

【総裁先生】

 はい、私は「今回だけは、少し違うぞ」という気がしたのです。しかも、安倍さんには人気がある。人気があるというのは、とても危ないですよ。

【学習】
  総裁先生の直感です。純粋に神様に心を振り向けておられる方は、現象処理にしても、正確に、明確にアイデアが浮かんでくるのだと思います。実相を観ずれば、勝方便が湧出するとの仏教の言葉もあります。

【越後伝道記】
  10月13日(木)に糸魚川の蓮華温泉に登ったときのことでした。かなり暗くなってからホテルに入りました。食事を食べようとして見ると、トンカツが出されていました。「う~、これは連絡ミスだったな」と思いました。日帰りをする予定でしたが、なかなか思うように進めない。従って、ロッジに急に宿泊をお願いしました。その時に、肉は食べないことを言うのを忘れていましたね。その肉は持ち帰って、どうすべきかと考えましたが、結局、拝みながら肥料にしました。さて、やはりその食卓では、二組の御夫婦から、色々と質問を受けました。「なぜ、自転車で登ると?」などと。ここでやはり、生長の家という宗教団体に所属していうことが話に出さざるを得なくなるのですね。すごい、宣伝力です。もし、私が自転車に乗って、蓮華温泉ロッジまで、22キロを登ってこなければこんな質問や会話が向こうから来ることは決して無かったでしょうね。総裁先生がおっしゃることを素直に実践することはこんなにも、輝くような世界に変わってくるのだということを実感しました。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月18日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6829


Img_6828

平成28年10月18日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::立ち止まる こんな野原に 数珠玉が

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)7頁です。

【御教示】

【聞き手】 
 総裁は、安倍首相について「信用ができない」と、はっきりお書きになられています。だから、そのような首相が唱える「改憲」に対しても、異議を申さねばならないと思われたのでは。

【総裁先生】
 そういう話ではなくて、歴代内閣が禁じてきた集団的自衛権の行使を、憲法解釈の変更だけでやろうとしている訳でしょう。憲法は、単なる法律ではないのです。その憲法を、行政府の長が解釈で変えるということは明らかにまずい。こんなことが許されれば、また同じようなことを繰り返されかねません。政治家としてやっていいことと悪いことの区別が、安倍政権はできないのではないか。これでは、民主主義が危うくなるという危機感がありましたから。

【学習】
  私たちは、立法・司法・行政の三権分立のことを学校では学んできました。このことでしょうね。憲法が変わるのは別として、解釈で内容を変えるのは明らかにまずい、ということのようです。この辺りは、今後、国際本部から「憲法についてのまとめ」的なものが出される可能性があるのでしょうね。

【越後伝道記】
  10月20日は、「森の中のオフィス」へ移動しましたが、途中で千葉県でしたか、地震がありまして、新幹線が東京駅についたのが、5分間ほど遅れました。それで新宿からのJRの汽車にまさにタッチの差で乗り遅れました。従いまして、14:30発の汽車に、予定よりも30分間遅れて乗り込みました。その乗り継ぎがうまくいかずに、小淵沢で約2時間弱待ちました。すると、お一人、私の他に地元のご年配の女性がベンチで汽車を待っていました。やはり、都会とは違い、何かと話しかけて親しくなるものです。他に人がいない関係で色々と会話が進みました。やはり、私が輪行している自転車が気になるようでした。自転車論議が始まりました。その女性は75歳か80歳くらいでしょうか。お元気な動きでした。「生長の家で会議があってね、そのついでに天女山という山に登るんです」「へえー、生長の家っているの?自転車とはすごいねえ」こんな会話から、生長の家のことが素直に言えるようになったことが、自分自身とてもうれしいです。「私、腹筋がないの。それで腹筋をつけるにはどうしたらいいの?」などと、筋トレの話で盛り上がり、南大泉で握手で再会を祈りつつお別れしました。

【原発関係】
  柏崎の刈羽原発の国の審査はどこまで進んでいるのでしょうか?国の原発審査は主要12項目のうち10項目が終了しているとのことです。(内容は不明です。)さらに8月に柏崎刈羽原発が優先的に審査することに決まったそうです。(これはすでに終わっていると考えられます。)今年中に審査が終了して、再稼働の可能性が指摘されていたようです。

〔弱虫ベダル〕
壁ができたら、突破するだけだ!
今までおれ達は、一枚一枚、ぶち破ってきた。(これはさまざまな困難という壁ですね。)

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月17日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6825


Img_6833


平成28年10月17日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::懐かしき 土手を歩けば 相撲草

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)7頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  憲法の問題については、初代総裁が目指していた「明治憲法の復元」は、「現実的に難しい」と総裁は書かれておられます。その点では、生長の家は変わったと。

【総裁先生】
 いや、変わったというより、憲法については言わなくなったのです。憲法について雅春先生は、四冊以上の本を書いておられます。しかし、例の生政連が「活動停止」になり、憲法も政治のことだからと、特に言わなくなったのですね。これについては、生長の家でも内部的にきちっとしたまとめができていませんでした。しかし今回は、憲法についてまとめざるをえない状況になりました。安倍さんのおかげ、と言えばおかげですが(笑)。

【学習】
  これから、憲法についての御文章が出て来るということでしょうか。楽しみです。憲法三部作は私たちの学生当時は、よく読ませていただきました。当時は、聖典類のみならず、普及誌にもたくさん書いておられたように記憶しています。それから、『憲法改正の真実』という本を読んで見ましたが、専門家の会話ですが、よく理解できる内容です。講習会でその内容の一部を拝聴した記憶があります。

【越後伝道記】
  蓮華温泉から降りるとき、途中で地下水工事をしている男性数名にあいました。「こんにちわ」と、声をかけると、大きな声で「こんにちわ」と返ってきました。「あなたは昨日、自転車でこの坂を登っていたでしょ。みんなで”すごいな!”といっていたんだよ」「いや、大したことないですよ。ところで何の工事ですか?」「治水工事、地下水の流れを整備する工事ですよ」。などなど、山で仕事をしている工事の会社の人と話ができるとは思いもよりませんでした。自転車ヒルクライムはまさに、「むすび」の働きを促進するようです。

【弱虫ペダル】
無料のユーチューブで、最後に小野田坂道君がゴールするところまで見ました。まっすぐに一所懸命なのと、お互いにチームの勝利を目指しているところが感動を呼びます。ゴールのところで、思わず落涙してしまいました。単純ですね。 
みんなから、思いを託されて、あずけられて、護られて、ジャージをゴールに届ける!
ペダル、回れ!みんなのために。
【原発関係】
刈羽原発は、周囲30㌔内の市町村は、避難計画を立てましたが、交通渋滞やパニック、地震で道路が使えないことを想定していないようです。だから現実的な避難計画とは言えないという考えがあるようですね。私が住んでいるところ、教化部会館は30キロ圏内ですね。
福島原発事故では、30㌔をはるかに超えて、放射能が降り注ぎましたが、30㌔外の避難計画はまったくないよです。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月16日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6897


平成28年10月16日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::楠の実の つまめば香り 手の平に

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)7頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  しかし、現在の原発や環境破壊、物質主義といった問題についての見解は、もともとび生長の家の教義から由来していますね。

【総裁先生】
 そういう風に言っていただけるとありがたいのですが(笑)。ただ、そう思っていない人もいるということです。
 
【学習】
  聞き手の人が言っておられる通りですが、そう思っていない人がいるということも事実のようです。しかし、議論で説得することも大切ですが、私たちは何よりも信仰者として、「目前の人を愛せよ」との神のみ言葉を実践することが大切であると思います。智慧と愛、この両方が、光明化運動には必要であるでしょうね。

【越後伝道記】
  10月14日、蓮華温泉からの帰りですが、見晴らしの良いところに10台くらい自動車が停まっていました。60歳代の男性が、私に声をかけてきました。「自転車でどこまで登ったんですか?」「はい、蓮華温泉ロッジまでです」。こんな会話が昨日から続いています。その男性が言いました。「60歳で、庭師の仕事を定年でやめた。それから、あちこちと、自動車で遊びに行っている。一人モンになったからね。東北やら北海道やら、今度は九州に行きたいね」。「いいですね。でも何か仕事はしないのですか。今までのご経験が勿体ないでしょう。」「もう、その必要ないし。酒場でお酒を飲んでいて気がついたら病院だった。どこかで左の目をうって、失明したんだ。ギガンになったよ」「大変でしたね。でも右目が未だある。感謝していきましょうよ。所であなたは何歳ですか?」「私は、昭和23年3月生まれで、68歳にもなったよ」「未だ若いですよ。少なくとも私よりも」こんな会話が延々と続きました。彼は、刈羽だそうです。私は名前を言って、再会を願いました。自転車で山に登ると色々と、向こうから話しかけられますね。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月15日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6803


Img_6818


平成28年10月15日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::銀杏の 実は道に落つ ムワーとして

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)7頁です。

【御教示】

【聞き手】 
 なぜ安倍政権は危険か

それでも、現在の生長の家の路線に変化はない、と。

【総裁先生】
そうですが、私が生長の家を「変な方向」に持っていったと思っている人たちがいるようです。しかし実際は、清超先生の時代から生長の家は変わってきているのです。だけど、彼らはそれを認めたくない。六〇年安保、七〇年安保時の激しい運動の中で、雅春先生の方にしか向いていない人はたくさんいました。宗教だから、どうしても初代が偉い神様みたいに思われてしまう。そのため、二代目の清超先生は、ずいぶんいろいろな経験をされたと思います。

【学習】
  私は中三から谷口雅春先生の御著書を拝読しはじめ、ここに書かれておりますように、谷口雅春先生を神様みたいに思っていました。今でもそうですが。そうでないと、「人類光明化運動発進の宣言」にありますように、「友よ、助けよ。同志よ、吾に投ぜよ」と書かれていても、19歳の時に上京して、人類光明化運動に身を投ずるというところまでは行かなかったでしょう。しかし、聖典を読み進み、「生長の家大神ー総裁・副総裁ー御教え」の教義と法燈継承の真義を教えられ、法燈を御継承される方への中心帰一こそ、神の御心に適うとの認識に至りました。さらに、ここでは実相と現象との違いを峻別する必要があるように思います。雅春先生は、「私でさえも、法則を外せばたちまちそれが現れるのです」とも、「私自身も修行中のものである」ともお書きになっておられます。初めて拝読したときは、「本当だろうか」と思いましたが、実相と現象の違いを考えたとき、それもウソではないと理解できました。つまり、現象人間としての谷口雅春先生と、久遠不滅の谷口雅春先生とは違うといことでありましょう。さらに申し上げますと、『生命の實相』の開梧の章に説かれてありますように、物質無、現象なしの真理から申し上げますと、久遠のキリストのみ実在であり、「神よ、神よ、なぜ吾を見捨て給うや?」と神様に訴えたイエスは本来無かったのである、との認識に至ると思います。

【越後伝道記】

  かつて、T教化部長さんから、高地トレーニングのことを教えていただきました。10月13日の木曜休日に、糸魚川市の平岩駅(標高263㍍)から蓮華温泉ロッジ(標高1500㍍)までの自主練ですが、高地レーニングを行いました。22㌔です。楽しみながら登り、3時間45分かかりました。I相愛会連合会長さんが御夫婦で激励にきてくれました。飲み物をいただきました。御愛念に感動しました。蓮華温泉ロッジで待っていたのに、私がなかなか登ってこないので、降りてこられたそうです。また、ちょうど、前日に初冠雪でした。ラッキーでした。写真を撮ってくれた若い女性が、私のジャージをみて、「めんどくさいが世界を救う」って書いていますが、何ですか?、と質問します。これは生長の家というのです。と生長の家の宣伝をしました。自転車部リーダーのNさんから、「これを着用していると生長の家の宣伝ができる」、と教えていただいたのは本当でしたね。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月14日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6825


Img_6820


平成28年10月14日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::バッタかな? 青空過ぎり パタパタと

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)6頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  二代目の清超総裁は、すでに初代総裁について「一言一句、同じことを繰り返すことはない」とおっしゃっていたのですが。

【総裁先生】
そうです。でも、「それではいかん」と言う人もいるのです。宗教の世界では、そうなってしまいやすい。「教祖の言うことが正しい。二代目の言っていることは違う」と。今田は、「三代目はもっと違う」です。(笑)。私には直接言いませんが。そういう人たちは、だんだん辞めていきました。しかも今回は、「方針」ではっきり言ったので。「選挙の投票行動で示す」ということですから。それまで「どうしようかな」と思っていた人たちは、最終的に決断したのでしょうね。

【学習】
 新潟越南では、当時「本部方針」を全会員の方々にお伝えしました。それに先立ち、二年3ヶ月ほど前から、私が行く見真会などの会合には、すべて総裁先生のブログ『唐松模様』の前月の御文章を配布しながら、解説し、さらに一年3ヶ月ほど前から、全組織会員にお読みいただくため、機関紙『越路』に挟み込みました。これで、総裁先生の御文章、御心を1ヶ月遅れですが、拝読できるシステムを構築できました。総裁先生の御文章は神の御光ですので、それをお伝えするのが最善であるとの認識です。

【越後伝道記】
  先日、白鳩会総裁先生の、『恵味な日々』の「長岡に行って来ました」との御文章を、ご許可を頂きまして、機関紙『越路』に掲載させて戴きました。そこには原発反対の内容が明確に書かれています。私は、昨夜に投票をすませ、今日(10/16)は、隣接県長野の講習会に参らせて戴きました。帰りまして、21時過ぎのインターネットの速報を見ますと、何と、原発反対の県知事選候補者が、当選確実となっていました。この保守王国でまさかの当選だそうです。新潟は、福島原発での被災者を受け入れたことがありますので、その悲惨さをつぶさに知っているからではなかろうか、と思います。この選挙結果は、国のエネルギー政策に少なからず、影響を与えるであろうとの予測をNHKテレビでは言っていました。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月13日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6800


Img_6801


平成28年10月13日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【10月16日(日) 長野教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::これ食べて! ぷーんと薫る 今年米

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)6頁です。

【御教示】

【聞き手】 

  そういう方々は、今もいらっしゃるのですか。
【総裁先生】
 今もいます。

【学習】
  詳しくはよくわかりませんが、今もいるとのことです。もしそういう人達がおられましても私は、常に実相礼拝です。きっと素晴らしい完全なる実相が宿っておられるのですから。

【越後伝道記】
  中高生一日見真会は、午前中はラデッシュ(はつかダイコン)を植えました。牛乳パックをくりぬいてから土を入れ、種を蒔きました。私も少し植えました。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月12日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

平成28年10月12日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【10月16日(日) 長野教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::輪行や 落ち葉散るなり  秋の宿

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)6頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  そういう方々は、今もいらっしゃるのですか。
【総裁先生】
 今もいます。

【学習】
  それくらい偉大な雅春先生であるが故に、そういう人も出て来ますが、その雅春先生が、お選びになり、法燈を継承された方が、清超先生であり、清超先生が法燈を継承された方が、現総裁先生であることを考えると、深き神様の御心を思わずにはおられません。

【越後伝道記】
  中高生一日見真会ですが、「自然をじっと見つめる」、というのを行いました。その感想です。
①何種類もの木々が、互いに補い合って生きていることを感じた。
②しゃがんでいると土の匂いがした。
③ドングリから根が出ていた。これが大きな木になるのか、と思った。
④場所によって、川の音が違うことがわかった。
⑤寝転がったら蜘蛛の巣があった。その蜘蛛の巣に、虫が引っかかって、それを蜘蛛が糸で巻いた。自然の生態系を感じた。

その他に、音を絵で表現するということもしました。もう一つは、二つの目を木や葉につけて、相手の気持ちを述べることをしました。約一時間強、自然を身近に感じるようになりました。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月11日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_6673


平成28年10月11日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【10月16日(日) 長野教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::自転車や 夜のライトに 秋の雪 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)6頁です。

【御教示】

【聞き手】 
 なるほど。

【総裁先生】
  いろいろなことがありましてね。やはり、雅春先生は初代総裁ですから、先生が書かれたものは「神の声」だと思っている人がたくさんおられる。

【学習】
  普通、純粋な信徒さんはそう思いますね。しかし、時代の変遷が考え方の枠組みを変え、そして「教え方」が変わってくるということを教えられて、私も納得しました。

【越後伝道記】
  10月10日は、中高一日見真会がありました。参加者は男子高校二年生が一人でしたが、この一人のおかげで最後まで、プログラムを実施することができました。ありがとうございました。インタープリテイション(自然解説)の手法、自然体験プログラムをこなしました。運営委員は、5名でしたが、私以外は初めての体験です。自分を表現するものをもってきました。
①蜘蛛の糸…細いが耐久力があります。
②雑草…雑草のようにたくましいです。
②照葉樹…自分が光を受けるだけでなく、他に光りと恵みを与えています。
③ススキ…左右に揺らいでいるが、変わらない自分がある。これは高校二年生のコメントです。
④杉の葉…いろんな選択肢があって、それは色んな人を表しており、傷つきながらでも成長していく。
⑤椿の葉…厚みがある。雪にも雨にも耐えて、丈夫で長持ちする。
  みなさん、なかなかやりますね。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月10日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

平成28年10月10日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【10月16日(日) 長野教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::ハラハラと 銀杏夕陽に 輝けり 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)6頁です。

【御教示】

【聞き手】 
 初代の雅春総裁の時代を知っている方々は、変化に追いついていけないという事情もあるのでしょうか。
【総裁先生】
  やはり、宗教ですからね。もう(教祖を)丸ごと信じてしまう。「宗教は時代と共に変わってはいけない。かわるようなものは宗教ではない」という考えの人がいて。原理主義ですね。どこの宗教でも必ずありますが、そういう人たちは、変化を認めたくない。しかも、「生長の家政治連合」(生政連)については、解散ではなく「活動停止」という決定でした。「停止」なら、また動くこともあるというニュアンスでしょう。それに期待した人もいたのです。

【学習】
  教祖を丸ごと信じる。しかし、生長の家は理性主義ですので、理性で正しいと判断して初めて教祖を信じる。これが大切でありましょう。盲目的な信は、生長の家では取らないところです。
  「活動停止」のことは、聞いたことがありますね。時代の変化を認めると、自分が否定されたように思うのでしょうか。

【越後伝道記】
10月8日は、講習会感謝祭がありました。皆様に心から感謝いたしました。よく頑張って下さいました。有り難うございます。午後は、繁栄講座がありました。夜は、相愛会の幹部会でした。一日中、多用な時間を過ごさせて戴きました。有り難うございました。

 ところで、原発反対に関してしてですが。
①刈羽の原発事故が起きたらどうなるか。避難できるのか?これは事実上困難であるようです。
②原発周囲30㌔内の市町村は、避難計画を立てましたが、交通渋滞やパニック、地震で道路が使えないことを想定しておらず、現実的な避難計画とは言えないそうです。私の親戚は当時、福島市に住んでいましたが、自動車はあるが、ガソリンがないので動きが取れなかったと言っていました。想定外のことが多々起きるようです。
③福島事故では、30㌔をはるかに超えて、放射能が降り注ぎましたが、30㌔外の避難計画はまったくないとのことです。おそらく、原発事故が起きてみないと、そこまで考えられないのでしょうね。メルトダウンという言葉も福島の事故で初めて知りましたからね。放射能といっても目に見えないのですから、わからないのです。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月9日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

平成28年10月9日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【10月9日(日) 富山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::シトシトと すぐに乾くさ 秋時雨 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)6頁です。

【御教示】

【聞き手】 
教団としてかなりお考えになられての、「方針」の発表だった。

【総裁先生】
私たちとしてはね。前から、ずいぶん説明してきたつもりだったのですが。「良くわからなかった」という人も、たくさんいたのです。

【学習】
  理解するのに、少し時間がかかるようです。その時はわかったつもりで、時間の経過と共に、理解が薄らぐこともあるでしょう。書かれている本も厚い本ですから、一般の信徒の方々には難しいと思われたのかも知れません。

【越後伝道記】
10月7日は、上越での白鳩会熟年集いにださせていただきました。終わってから、原発反対のメッセージを出しているという人の話を聞きに行ってきました。刈羽原発が側にあるだけあって、なかなか詳しそうです。しかし、『次世代への決断』が私たちのベースになります。このことをまず確認しておきたいと思います。生長の家は原発反対です。次のようなことを聞きました。

①福島の現状は、避難者が多く、放射線量の高く、健康被害が報告されているそうです。
②福島第一原発事故から5年半経過しました。しかし、甚大な被害は残されたままだそうです。
③避難者数は8万8010人(福島県外に40,833人、県内に47,157人)
私の義母も、まだ仮設住宅住まいです。しかし、元の家は、現在修理中で、太陽光発電で、完全電化のようです。もちろん東北電力の電気は不要です。ZEBかな?
④福島市(福島第一原発から61㌔㍍)の放射線量は、0,125マイクロシーベルト毎時(上越市は0,051)だそうです。
⑤小児甲状腺癌の患者数は、175人(通常の確率の100倍以上)だそうです。すごい発症率ですね。時々聞きますが、これはどこからのデータでしょうか。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月8日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

平成28年10月8日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【10月9日(日) 富山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::散歩道 籠の林檎に 目が止まる 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)6頁です。

「変化について行けぬ人々」                 
【御教示】

【聞き手】 
そうなんですか。

【総裁先生】
はい。地方では生長の家の組織の幹部をやっている人が、自民党の役員を兼ねていたりすると、今回の「方針」が踏み絵になってしまう。それで、生長の家から離れてしまう人も出ました。

【学習】
  主義主張のレベルで生きるか、信仰のレベルで生きるかであろうと思われます。上記のことはあり得ることですね。

【越後伝道記】
10月6日は、八方台方面に久しぶりに登った。峠まで登り、栃尾まで下り、さらに引き返して峠まで登った。檄坂と いえど大したことはなし ただ一筋の 道を行くのみ
 初めて登ったときは、考えられなかったが、繰り返していくうちに、困難は克服できるようになることを教えてくれた。苦しいが楽しい。達成感。そして道でクライマーに会えること、挨拶をすることが楽しい。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月7日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

平成28年10月7日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【10月9日(日) 富山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::散歩道 籠の林檎に 目が止まる 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)5頁です。
                 
【御教示】
【聞き手】 
  教団内部でいろいろ葛藤があったとお聞きしています。
【総裁先生】
  今でも、あるんですよ。今回の発表で、「初めて生長の家の政治的立場が詳しくわかった」という人が教団の中で結構いましたし。

【学習】
  同じ生長の家信徒であっても、初代総裁の谷口雅春先生の御著書だけを拝読しているのでは、変化そのものが魂の中に入ってこないように思います。『次世代への決断』、『なぜ宗教は都会を離れるか?』などを拝読する。他に普及する。新潟越南では、今月から、この二つの御著書を、新潟越南の公的図書館に寄贈するように計画しています。また総裁先生のブログを日々繰り返し拝読する。私の「学ぶ」シリーズは、本当は自分の魂に植えつけるための求道の一形式です。国際本部指導のプロジェクト型組織などの実践項目をこなす、など。全体的に実践することによって、変化について行けるようになると、自分的には考えています。私自身の考えですが、ヒルクライムこそは、中内に於いては、総裁先生への中心帰一を行じる求道の一形式であると考えています。もちろん坂道を登るのは心肺に負担をかけるので、苦しい、しかしみんなと一緒に登るのは、実に楽しい、それはあらゆることに共通することではないでしょうか。

【越後伝道記】
  『樹木たちはこうかたる』という本を友人からいただきました。10頁には、木を植えることの素晴らしさが書かれていました。
『木を植えていると、予想もしなかったほど、人生が豊かになります。それは木全体の共同体が感謝の気持ちを発して、沢山の利子をつけて愛をシャワーのように私たちに注いでくれるからです。』
 相当古い話ですみませんが、工学博士のH氏を某練成道場に来ていただくために、鎌倉に何度か言ったことがあります。H氏は、植物に電極をつけて、言葉をかけました。「素晴らしいね。君は」というと、緩やかに電気が起こるのです。「殺すぞ」などというと、ものすごく驚いたように計器が動くのです。そのことを思い出しました。木も心がある。人間のような心ではないでしょうが、やはり心的なものがあるのでしょうね。著者であるドロシー・マクレーンさんの言葉を読んで、思い出しました。私もどこかに植樹をしたいですね。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月6日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

平成28年10月6日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【10月9日(日) 富山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::草の実や 草むら歩き 靴の側 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)5頁です。
                 
【御教示】
【聞き手】 
  ご自身も、「宗教は時代と環境によって変わる」とお書きになっておられます。

【総裁先生】
  生長の家が政治活動をしていた60年代から80年にかけての時代は冷戦で、「右か左か、どちらかにしろ。選ばないのはノンポリだ」と怒られましたから。当時、生長の家は自民党の側について、「左ではない」とはっきりさせていた。そのこと自体、間違いであったとは思いません。しかし、冷戦の相手がいなくなったのです。「右」の側は、戦う相手なんかいなくなったのではないかと思いますが。でも、「敵」を作って、まだ「やらなければならない」みたいな形でいまだに政治運動をやっている。人間とは、簡単に変わらないということなんでしょうか。

【学習】
  人間はなかなか変わらないところがあるようです。脳の老化とも関係があるのではないか、とも個人的には考えています。「昔はよかった」、ということを言い出すと、昔原理主義になっているようです。このことだけに限りませんが、強烈な印象が脳に刻まれている。それから抜け出せるのは、若い脳は柔軟性がありますから、それができるようです。そういう意味で、体全体を若くする体の運動が脳を活性化し、若くするようにも、自分的には思います。私はヒルクライムをやっていますが、その時だけではなく、毎日少しづつジムに通って体に刺激を与えています。それは脳の柔軟性につながるように思います。柔軟性、すなわち変化への適応性です。

【越後伝道記】
  『人生という旅』という小檜山博さんという作家の本を読み始めました。温かい温もりのある本ですね。8頁の「汽車賃」というのがあります。作者が多感な13歳の時の思い出です。他校との試合で自分だけ汽車に乗り遅れたとき、ポケットにお金がなくて、駅員さんがお金を貸してくれました。「これ往復ぶん。返してくれるのは急がなくてもいいからね、野球がんばれよ」と言われました。彼は、お金を受け取って頭を下げると、いきなり涙が足下へ滴り落ちました。お礼を言ったつもりでしたが、喉がふさがって声がでなかったという。それから53年経っています。その野球の試合で失策して、チームが負け、帰りの汽車の中でも泣き続け、家に帰っても布団の中で泣き続けたという。しかし、野球での悔しさは消えたが、濁川駅の駅員さんの笑顔は忘れない。このような内容でしたね。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月4日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

平成28年10月4日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【10月9日(日) 富山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::菊薫る 弥彦の庭に 落ち葉風

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)5頁です。
                 
【御教示】
【聞き手】 昨今、日本会議が盛んに論議されるようになっていますが、そこでは必ず生長の家が登場しています。日本会議を実際に動かしているのが生長の家の元信者られ占められているためですが、日本会議と生長の家とが同じようなイメージで見られてしまいかねませんね。

【谷口先生】  残念ながら、そうかもしれません。私たちの宣伝不足もあるでしょうね。

【学習】
紙でいえば、普及誌やそれに代わるもの、またはインターネットでの生長の家の紹介を信徒の皆様がなさるようになれば、宣伝が行き届くと思われます。何よりもみ教えの素晴らしさを知って、自信を持ってお伝えできる信徒さんが増えることが必要でありましょう。

【越後伝道記】
『雲の向こう、約束の場所』という不思議な動画を観ました。純愛の物語か、テロの物語か、本州と北海道が別々の国になった物語なのか、良く分からない内容でしたが、若者はこんなアニメを好むのでしょうか。夢のような物語でした。何で選んだかというと、3泊で100円だったからですね。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月3日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

平成28年10月3日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

****************************************

【10月9日(日) 富山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::ヒルクライム 稲架残れり あぜ道に

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
72頁です。
                 
【御教示】

私の肉体は物質ではなく、
あなたの愛の表現であります。
その肉体が、
私の意識によらずとも呼吸し、
心臓を動かし、
血液を通して
栄養を体内の隅々まで送り、
消化し、
異物を取り除き、
休息し、新しい細胞を生み出し、
古い細胞を掃除し、
老廃物を体外へ出してくれます。

【学習】
心臓の動き一つにしても
不思議です。
動くことそのことが不思議です。

下記は、赤ちゃんの心拍です。
   https://www.youtube.com/watch?v=muqgqwq2VRg
かなり昔に見たNHKの番組(「人体」)ですが、血液(まだ血液でない)の流れができつつある時、コブのようなものが伸縮している映像(CGだと思う)がありました。それが心臓の出来はじめだそうですね。

【越後伝道記】
  もう50年ほどまえの話で恐縮ですが、私が、19歳からお世話になった練成道場では、「我ら道場員は、谷口雅春先生と信徒とを繋ぐ奉仕員である」という言葉がかかげられていました。これは故T元本部講師の指導によるものです。谷口雅春先生は総裁先生ですので、この言葉は、現総裁先生と信徒とを繋ぐ奉仕員である、と私は考えています。現在の、新潟越南練成会も、神性開発は勿論のことですが、練成会でのスタッフの心得は、参加者が現総裁先生からのみ教えを学ぶことができるようにと配慮して、その運営に当たるようにしています。練成会が年6回以内になったことと、講習会があったことで、久しぶりに12月に行われます。しばらくやっていないと、練成会のやり方そのものを忘れるのですね。講習会が年一回の時は、頭の中にやることが入っていますので、自然とできるのですが、二年に一回パターンになると、キッチリと紙に書いて、検討し、かつ決定してから実践するという方式を採らざるを得ませんね。
 練成会ですが、クラフトは必ず入れています。オーガニック菜園は、教化部裏の駐車場でプランター菜園を行いましたので、担当者を決めて、それを紹介したいと思います。自転車の説明は、H青年会員が、今秋の天女山ヒルクライムに出場しますので、彼が担当でしょう。
 私は、昨日、今日と、糸魚川の向こうの、蓮華温泉まで平岩駅から登る予定でしたが、残念ながら、台風です。25㌔を標高1500㍍まで登るようです。結構、自転車で登っているようですね。蓮華温泉にはロッジがあって、自動車で行く人はそこに泊まるようです。また、自然の露天風呂が500円で入れるようですので、登山の皆様はそれも楽しみのようです。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月3日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

Img_6595

Img_6603


平成28年10月3日「”『万物調和六章経』”に学ぶ。」

****************************************

【10月9日(日) 富山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::菊薫る 風に吹かれて 通勤す  

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/
※本部のポスチングジョイに投稿しましょう。私は、俳句と短歌のコーナーで、光明越後人という名前で投稿しています。
****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
72頁です。
                 
【御教示】

私の肉体は物質ではなく、
あなたの愛の表現であります。
その肉体が、
私の意識によらずとも呼吸し、
心臓を動かし、
血液を通して
栄養を体内の隅々まで送り、
消化し、
異物を取り除き、
休息し、新しい細胞を生み出し、
古い細胞を掃除し、
老廃物を体外へ出してくれます。

【学習】
心臓の動き一つにしても
不思議です。
動くことそのことが不思議です。

下記は、赤ちゃんの心拍です。
   https://www.youtube.com/watch?v=muqgqwq2VRg
かなり昔に見たNHKの番組(「人体」)ですが、血液(まだ血液でない)の流れができつつある時、コブのようなものが伸縮している映像(CGだと思う)がありました。それが心臓の出来はじめだそうですね。

【越後伝道記】
10月4日は、久しぶりに八方台方面に登りました。午後5時になるともう日没なのですね。昨年は、暗闇の中を登っていたことを思い出します。ことしは、そこまではやりません。5時を過ぎ、日没になるとジムへ行くようにしています。山に登らなくても、ジムで鍛えていますと、次第に脚力と心拍が強くなってきます。無理せずに、しかも休まずに、トレーニングをと念じています。相手は、昨年の自分であり、他人ではない、ということははっきりしています。
 
生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月2日「”『大自然讃歌』”に学ぶ。」

Img_6618


Img_6623


Img_6595


Img_6599


平成28年10月2日「”『大自然讃歌』”に学ぶ。」

****************************************

【10月9日(日) 富山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::寝転べば 空に泳ぐは 鰯雲   

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
45頁です。
                 
【御教示】
即ち、
欲望は自己の”神の子”なる本性を知らざる迷いより生ず。
汝らは神の子なり、仏子なり。
”生命の炎”自在に統御し、
自己の内なる神の目的に活用せよ。
しかして、
内部理想の実現に邁進せよ。

【学習】

 かつては、犬を連れて歩く飼い主のたとえがありました。シェパードに引っ張られていく姿です。あるべきなのは、犬に引っ張られるのではなく、犬を引っ張る飼い主の関係です。犬とは欲望のたとえです。その点、スポーツはよいですね。肉体の苦しみを押してでも、目標を達成するために、欲望を制御する。そこで本当の自分を出す訓練ができるのでしょうね。普通の生活をしている人と比べて、ジムでトレーニングをやっている人は、仕事の面でも、人生の面でも、「折れない心」を持ち続けられるとデータでは出ているそうです。分かる気がしますね。

【越後伝道記】
10月2日は、午後からお休みをいただいて、久しぶりに恒例の10月度「世界平和祈願八方台ヒルクライム」を行いました。もうお一人、日曜日なら来れるという方がおられましたので、日程をその人に合わせましたが、急用でお出でになれませんでした。次回のお楽しみです。いつものように、峠の栃尾レクレーション公園で一休み。この水場には、秋はたくさんの水鳥たちが遊ぶのです。自転車部員で『大自然讃歌』の読誦。それから、八方台へ登りまして、景色を楽しみ、下山しました。ジムでトレーニングをするのと、ヒルクライムの実施とは楽しさが大分違いますね。たぶん、一緒に走るからでしょう。この時期、鶯の声はもう聞こえませんでした。

※『ハイキュー』からです。
 壁にぶち当たった時は、これを乗り越えるチャンスだ!

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月1日「『大自然讃歌』”に学ぶ。」

Img900


Img_6623


平成28年10月1日「『大自然讃歌』”に学ぶ。」

****************************************

【10月2日(日) 東京第二教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::秋の山 燃える炎の 上着着て   

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
25頁です。
                 
【御教示】

生物相食む姿見ゆるは、
神の創造と汝らの信念整合せざる結果なり。
「生かし合い」の心汝らの内に拡がり、
汝らの生活に反映さるるとき、
生物界にも「生かし合い」の姿拡大せん。

【学習】

 こういうこともあるのでしょうね。私は、毎月、妙高へ行っていますが、猿被害の話を聞かないことはないくらいです。ですが、先日、よく聖経をあげ、『大自然讃歌』を読誦しておられる信徒さんが、「今年は猿に畑を荒らされないんですよ」と聞きました。その後のことは知りませんが、体験第一号です。魚沼の信徒さんのところへ行くと、余りにも猿が来て柿の実を採って食べるので、「樹を切り倒しました」、と言っていました。猿も食糧難ですので、食物の仕入れが大変なんですよね。戦後に都会の人が、満員の汽車に乗って食糧を買いに田舎に言っていた映画を思い出します。

【越後伝道記】
  久しぶりに絵手紙を描きました。講習会推進で描く余裕がなくなるのは、まだ魂が成熟していない証拠でしょうね。また、母親が生きている頃は、母親へ送る絵手紙を描いていましたが、喜んでくれる人がいなくなると、描く意欲が減少するものですね。本部の絵手紙展に出す締め切りが月末ですので、何とか勇気を振り絞って描きました。どちらかというと友情ですね。「愛用の万年筆で梨を描く」という絵手紙です。使用した絵の具は顔彩です。

生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »