« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

平成28年11月30日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑬」

Photo_2


平成28年11月30日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑬」

****************************************

【12月4日(日) 大分教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::キラキラと 朝陽喜び 露時雨

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】

 これらの讃歌は、人間にとって自然界がどれだけ貴重で素晴らしい存在であるかを、御教えにもとづいて讃美し讃嘆する内容です。聖経『甘露の法雨』も『天使の言葉』も、そういう視点からは教えを説いていないので、地球温暖化と気候変動が起こっている現在、これらの讃歌の役割はますます重要になっています。そういう自由詩を私に書かせ、またその経本を生長の家に発行させる役割を果たしたのが、一見“背教的”な“敵対行為”を行った人物だったのです。 

【学習】
  2つの『讃歌』は、「人間にとって自然界がどれだけ貴重で素晴らしい存在であるかを、御教えに基づいて讃美し讃嘆する内容である」とのことです。『甘露の法雨』は神について説かれ、『大自然讃歌』は、自然界の実相について説かれ、『観世音菩薩讃歌』は人間について説かれています。今後、2つの讃歌の存在は実に重要になってくるとの御言葉です。その自由詩を書かせ、その経本を生長の家に発行させる役割を果たしたのが、一見背教的な敵対行為を行った人物であるとのことです。まさに、敵はいなかった、背教的人物は本当は協力者だったということになります。
 また、『甘露の法雨』の続編は、『天使の言葉』ですので、時間があれば両方拝読すると良いのでしょう。『続々甘露の法雨』は、病気治癒について説かれているようですが、人生に処する秘訣として拝読すると、別の意味で素晴らし真理を拝受することができると思います。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→次の文章で正しいものを1つ選んで下さい。
46頁6行目~47頁3行目まで。

①相手国に対して、報復の脅しをかけることを「拒否的抑止」という。
②自国の防御を固めることを、「懲罰的抑止」という。
③抑止とは、相手国に対して報復の脅しをかけたり、自国の防御を固めたりすることによって相手に攻撃を思い止まらせ、自国への攻撃を未然に防ぐことである。

【越後伝道記】
  11月29日は、新潟越南教区の青年会員であるY君が、SNI自転車部にめでたく入部しました。青年会の動きはとても素晴らしいことです。
 オーガニック菜園の活動に関しては、越南の皆様は、ほとんどといって良いほどに、自分の家で野菜を作っていますが、インターネットをしている人が少ないですので、これからゆっくりと増えていくという状態です。
 クラフトに関しては、練成会で毎回、クラフトの時間をとっていましたが、練成会が少なくなったので、何か別の行事にくっつけて何らかの形で活動を続けていきたいと思います。
 ともかく、継続がより良きものを生み出します。今、私自身が継続しているのは、身体のトレーニングですが、かなり日常生活が楽になります。自転車、オーガニック菜園、クラフトも毎月、教化部で行っていますと、1年後くらいから、ジワッと信徒さんが動き始めてくれるのです。そういう意味で、少しづつですが、始めたいと思います。倦まず弛まず、が神の道です。大好きなこの言葉は、故吉田國太郎元本部講師の著書『常楽への道』に載っていました。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月29日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑫」

Jinnbutu


平成28年11月29日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑫」

****************************************

【12月4日(日) 大分教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::築山の 濡れ地にぴたり 冬モミジ

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】

 私は、そのような彼の行為が事前に予測できたので、その頃、何とかしなければいけないと思い、2つの聖経から引用しつつ、2つの新しい自由詩をブログ上で発表したのでした。それらが約1年後に『大自然讃歌』と『観世音菩薩讃歌』の経本になりました。今では皆さんも、この2つの讃歌に親しんで下さっていると思いますが、その当時、社会事業団の訴訟がなければ、また、そういう一見“背教的”な人物がいなければ、私は経本を書こうなど夢想もしていませんでした。だから、この2つの讃歌は、この世に生まれることはなかったでしょう。が、この人物とその訴訟のおかげで、これら2つは世に出ることになったのであります。 

【学習】
  総裁先生は、当時、社会事業団の訴訟がなければ、そういう一見”背教的”な人物がいなければ、2つの経本を書こうという気にはなれなかったとのことです。その訴訟の御陰で、2つの経本が生まれたのです。日々、『讃歌』を拝読させていただいております。その方に心から感謝したいと思います。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→安倍政権の誕生と行動の背後にあり、物心両面で安倍政権を支えている右翼団体の組織の名前は何というのでしょうか?
下記より1つ選んで下さい。43頁11行目~46頁5行目まで。

①大和会議
②日米会議
③日本会議
④日本を守る会

【越後伝道記】
  今日の会議の時のミニ講話の中で、縦糸と横糸の話をしました。縦糸がしっかりと通っていなければ、横糸だけでは反物は織れません。縦糸は組織であり、横糸はプロジェクト型組織や練成会などです。私は石川県に赴任していた頃、織物業の工場を見学したことがあります。「すごい!」のひと言ですね。そこには、やはりしっかりと縦糸が通っているのでした。縦糸だけでは、織物はできませんが、横糸は模様であり、縦糸はかなめですね。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月28日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑪」

Photo_2


平成28年11月28日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑪」

****************************************

【12月4日(日) 大分教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::狐火や 寒き峠に 赤々と

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】

 さて、これらはやや昔の話でありますが、私たちの運動の中で最近も同じような解釈が可能な出来事がありました。 

 昨日行なわれた2つの御祭では、私たちはそれぞれ『大自然讃歌』と『観世音菩薩讃歌』を読誦しました。これらの2つの讃歌は、今から5年ほど前に私が書かせていただいたものですが、当時は、生長の家の重要な経典である聖経『甘露の法雨』と『天使の言葉』が、版元の日本教文社から発行できなくなる恐れが生じていたのです。これは当時の社会事業団理事長が、出版差し止めをやろうとした。この人物は、もともとは生長の家の本部理事まで務めた人ですが、私たちの運動の方向に反対して、聖経の版権を別の出版社に譲ってしまった。私たちの立場から見れば、これは一種の“背教的行為”です。 

【学習】
  『大自然讃歌』と『観世音菩薩讃歌』が生まれることになった原因を述べておられます。つまり、聖経『甘露の法雨』と『天使の言葉』が出版差し止めをされそうになったことがあるとのことです。それは生長の家の立場から言うと一種の背信的行為であったのですが、それがかえって、新たに2つの『讃歌』を生み出す結果になったとのことです。考えてみると生長の家の運動の支持者であったことになります。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→安倍政権は「何」をことさらに強調するのでしょうか?
下記より1つ選んで下さい。42頁14行目~43頁10行目まで。

①調整力
②跳躍力
③抑止力
④攻撃力

【越後伝道記】
  今日は、受験勉強会を行いました。10:00~15:50までです。ちょっと中途半端な終わる時間ですが、電車の関係です。地方講師の試験は終わったのですが、1年間を通じて、国際本部から出されているテーマを勉強します。今日の参加者は4人です。すっかりご学友になりました。①物質無と繁栄について、②国際平和信仰運動と宗教行の形式について、それから、③東日本大震災の意味について、など。3つでしたね。最初、解説して、輪読します。それからそれぞれ意見と感想を言い合います。最後に私が再び、まとめを行います。途中で、記述を行いながら発表することもあります。真理の勉強は本当に楽しいです。国際本部では、BBCというのを月に約一時間行っているそうです。求道は本当に素晴らしいことです。深く求道したものだけ、深く相手に伝えることができるからです。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月27日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑩」

Photo


平成28年11月27日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑩」

****************************************

【12月4日(日) 大分教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::仕事終え 自転車乗れど 暮早し   

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】

 谷口清超先生に教えを伝えた上等兵は、伝えたあとは教えを棄ててしまい、生長の家の「雑誌を破って尻を拭く」などという背教的な行為をしていた挙句、肺病が悪化して死んでしまった。しかし、この背教的離反者がいなかったならば、清超先生は生長の家の第二代総裁にはならなかったかもしれない。このことを考えると、一見“悪”だと思われる行為であっても、あるいは、そういう“悪人”がいるように見えても、その背後には、より大きな善が現れる重要な契機が潜んでいたことが分かるのであります。そして、先生がおっしゃる通り、本当の意味での“背教者”など存在しないことが納得されるのです。これは釈尊に対する提婆達多や、イエスに対するイスカリオテのユダの関係にも言えることでしょう。 

【学習】
  一見、悪だと思われる行為であっても、悪人がいるように見えても、その背後には、「より大きな善が現れる重要な契機が潜んでいた」ことが分かる、とのことです。本当の意味では背教者は存在しない。釈尊に対するダイバダッタ、イエスに対するイスカリオテのユダ、それらの人たちは背教者のように見えても、大きな役目を果たした協力者・支持者であると考えられます。そう考えてみますと、敵はない。仁者敵なしです。どんなことも恐れる必要はないことになります。うれしい限りです。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→1014年7月1日、安倍内閣は集団的自衛権の行使を合憲とする憲法解釈を閣議決定しましたが、その日の記者会見で、日本を取り巻く安全保障環境がいっそう厳しさを増していると力説しましたが、具体例を上げました。間違っているのはどれでしょうか?
下記より1つ選んで下さい。41頁17行目~4213行目まで。

①北朝鮮が核兵器や弾道ミサイルの開発を進めている。
②中国が軍事力を増強させ、東シナ海や南シナ海で積極的な海洋進出を図っている。
③台湾との関係が悪化している。
④「イラク・レバントのイスラム国」の国際テロ組織の活動が活発化している。

【越後伝道記】
  長岡のフードバンクを調べていました。新潟市のようなものは内容ですが、関係している施設が見つかりました。

ながおか市民協働センター
〒940-0062 長岡市大手通1-4-10 シティホールプラザアオーレ長岡 西棟3階
開館:午前8時~午後10時(12月29日~1月3日除く)
TEL:0258-39-2020  FAX:0258-39-2900 メールアドレス:kyodo-c@ao-re.jp
Copyright© ながおか市民協働センター

 それから、子ども食堂もないのですが、「ごはんプロジェクト」というのを「国立丘陵公園」で12月3日に、行うそうです。勉強に行ければうれしいです。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月26日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑨」

Photo_2


平成28年11月26日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑨」

****************************************

【12月4日(日) 大分教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::ガリガリと 熊手かき寄す 落ち葉かな  

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】
この後、少しページを飛ばして、49ページから読みます-- 

<かつて私に『生命の實相』を貸してくれた兵隊も、一時的には健康を取りもどした。がしかし何らかの機会に、健康を第一として、その方便としてのみ本を見るようになったらしい彼は、 

「お前、まだ生長の家なんかやっているのか。俺は、このごろあの雑誌で尻をふいとるよ」

 というようにまでなってしまった。こうしてひどく痔を悪化させ、肺病も末期になって死んでしまったのである。私は彼の言葉を想い出すと、いつもこの背教的恩人が“皮肉な詩人”であったという気がして、悲しくなるのである。 

 当時の私は、まだ『生命の實相』を愛読中の一声聞(しょうもん)の徒にすぎなかったのだ。私は当時彼を救うなどという考えをいささかも起こしてはおらず、かえって先輩である彼のこの背教的行為で打ちのめされ、うろたえたものだ。しかしどうしても『生命の實相』を投げすてる気にはなれず、いつの間にか彼とは別の道を進んでしまったのである。>(同書、pp.49-50) 

【学習】
  「背教的恩人」とのご表現です。どんなマイナスに見える姿も本当はマイナスではなく、プラスに転じる一歩に過ぎない。そのことを教えて下さっています。「背教者はいない」。本当にそう思います。神の愛に間違いがある筈はない。これが実相直視の信仰です。それを信じ切る、真に生き抜くときに現象的にも光明の世界が実現することは、論を待ちません。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】
設問→ヒットラー率いるナチスが議会で成立させたのは、「全権委任法」でした。それに匹敵する日本の法律は何という法律でしたか?
下記より選んで下さい。39頁1行目~40頁7行目まで。

①民族総動員法
②大和魂総動員法
③国家総動員法

【越後伝道記】
  妙高の友人宅では寒いので暖炉でした。暖炉の薪は家全体を温かくする力があるそうです。ガスや灯油の比ではないようです。また、クラフトしてつくったという首巻をいただきました。友人は、コーラスグループのお世話をしており、93歳の女性指揮者が、手編みで編んだものだそうです。服一枚温かくなるとのことです、妙高から長岡への帰路、これを首に巻きましたが、確かに温かいです。幅3センチほどです。両サイドの先の部分に穴をあけており、片方の先を通すようになっています。生活の智慧ですね。大変よいものをいただきました。感謝です。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月25日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑧」

Photo


平成28年11月25日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑧」

****************************************

【12月4日(日) 大分教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::納豆や 糸をひくなり 音もなく

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】

<思えば一冊の真理の書物が、どれだけ多くの人々を救ったか分からない。しかし、その書物を用意してくれた人々が、必ずどこかにいたのである。私自身、かつて陸軍病院に入院中、ベッドの上で一冊の『生命の實相』をとり出し、それによみふけっていた兵隊から、その本を借りてよみ出したことがきっかけで、生長の家にふれたのだ。

「ちょっとそれを貸して見せて下さい」

 という私の願望は、決して「真理を求める」といった大袈裟なものではなく、ちょっと小説でも借りて読んでいようかといった、軽い気持ちであった。ところが、その本をよんでみて、私はその時以来『生命の實相』のとりことなった。 

 私はこうして真理の大愛に捕捉されたのである。当時の私には決して求道し探求したいといった思いはなかった。又、その本をかしてくれた兵隊も、私を「救ってやる」などという気配は微塵も見せず、かえって私に貸すのがいかにもおしそうであった。 

 こうして、彼は後になって死に、私は助かったのである。彼は最後に背教者となっていた。がしかし私は、彼によって、彼を通して、この大法を得たのである。このことの意味を、私はいつも考え続けている。「背教者」の意味をである……ある人は、ベンチの上に捨てられていた一冊の信仰の誌をみつけ、それで救われていった。その時、ベンチに、誰かがそれを捨てたのだ。一体、本当に「捨てる」とか「背教する」ということがありうるのだろうか。そんなものはナイのである。 

 ナイけれども、あたかもあるように見える。そのような現象の奥にある神の大愛が、私達を救いとって放そうとしない。捨てる人は、たしかに「捨てる」という意識をもったのであろう。しかし、本当は「伝道した」ことになる。教えに背いた人も、本当は背いていないにちがいないので、ただ一時、そのように表現し、その表現が、自分自身を胡魔化(ごまか)してしまう。彼は、夢を見るのである。 

 このようにして、夢の中にいる人々に対して、その夢をやぶるために、様々な方便が使われる。それは必ずしも、真理の説法でなくてもよいし、バケツの水をブッかけるといった類いの行為でもよい。だが、その行為の奥には、明らかに大いなる「愛」が働きかけているのである。この愛こそが本物であり、それによって、人々は限りなく尊く美しく生長して行くのである。>(同書、pp.44-46) 

【学習】
  少し長いですが、引用させていただきました。背教者はいない、との真理です。逆縁のように見えてもすべては神縁であると考えられます。反対をしているように見えている人でも、協力者です。このことを、自分に置き換えて見ると、すべては感謝に変化するように思われます。この深い真理の御言葉を、繰り返し拝読したいと思います。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→ドイツの憲法は、なぜ戦後59回も改正が行われたのでしょうか?
下記より選んで下さい。37頁11行目~38頁15行目まで。

①時代の変化が激しいから。
②日本での法律レベルの内容が、ドイツでは憲法で規定されているから。
③ドイツ人は、気が変わりやすいから。

【越後伝道記】
 11/27午前中は妙高での地区見真会でした。主として、先祖供養を行ってから、真理講話、座談会を行いました。参加者の一人ですが、ご主人が癌になり、先祖供養を熱心にしていると、亡くなったご主人のお兄さんが、夢に現れました。そして、「『甘露の法雨』を読むよ」といったそうです。その後、ご主人は病院で診察してもらうと、癌が消滅していたそうです。ですから、この白鳩さんは、「先祖供養は本当に功徳がある」、と言っていました。妙高地区は、来年は、この見真会と、できれば地方講師・光明実践委員研修会をライブで参加できるようになりたいと思います。来月から三月までは雪ですが、生まず弛まず進みます。妙高に毎月通い始めて、約二年です。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月24日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑦」

281126


平成28年11月24日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑦」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::風ビュウビュウ ダイコン干して オオ寒い

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】
  清超先生が書かれた『真実を求めて』というご本には、この不思議で、大変重要な縁をつくった上等兵の役割について深い真理が説かれているので、このご文章を引用しながら、説明させていただきたいのであります。43ページから始まる「方便説法」という章を読みます-

【学習】
  「深い真理」すなわちご縁、ムスビについて説かれています。ここに書かれているご説明は、誠にも深淵なる真理です。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→立憲主義と民主主義を組み合わせた言葉は何と言いますか?下記より選んで下さい。36頁10行目~37頁10行目まで。

①憲法主義
②民族主義
③立憲民主主義

【越後伝道記】
次の文章は、機関紙『越路』12月号に掲載予定の挨拶文です。

「いつでも、どこでも、誰にでも、普及誌で愛行を!」

 新潟越南教区の菩薩の皆様、有り難うございます。
「自然の恵みフェスタ」、「生長の家講演会」のご協力、誠に有り難うございました。「自然の恵みフェスタ」では、71名の皆様が大いに楽しんで下さいました。昨年も同様のことが行われましたが、昨年よりも10名ほど多くなっております。また、ご近所や一般の方々が、9名来て下さいました。売れ残った柿やジャガイモを、町内会長さんをはじめ17軒にお配りしました。地域とご一緒に教勢が発展して行く新潟越南教区の生長の家です。皆様のご協力のおかげです。

 生長の家講演会も盛大に行われました。澤田伸史本部講師の講話の法宴に、参加者は酔うほどに感動しました。久保田道代本部講師補の講話では、底抜けに明るく、本当に楽しい2時間を過ごせました。大槻健晴教化部長の講話では、熟達した講話内容に、参加者は、「こんないい話を自分だけで聞くのはもったいない」と言っていました。森田美穂本部講師補の講演会では、会場のあちこちで終始、感動のすすり泣きが続いていました。素晴らしい企画を、国際本部が行ってくれたました。総裁先生の御愛念であると思い、心から感謝申し上げます。

 さて、12月は、今年の締めくくりであり、来年度に向けての準備の月です。今年一年間でできたこと、課題として残ったことなど、色々とあると思いますが、来年に向けてのさらなる飛躍のための力を蓄えながら、日々三正行を実践して参りましょう。
 生長の家講演会にお出でになったある講師の方にお聞きしたのですが、外出する時は、いつも普及誌を持参しており、「いつでも、どこでも、誰にでも」を合い言葉に、率先して伝道しておられるとのことでした。まずは、真理をお伝えすることです。そうすれば、自分の中が空っぽになり、無我の心境になります。そこに真理を入れると、砂地が水を吸い込むように、真理が自分の魂の中にしみこみ、溶け込んでくるのです。それと同時に、霊的喜びが湧出して参ります。
 
 菩薩である皆様、光り輝く講習会が開催された今年一年間、本当に有り難うございました。心より、感謝申し上げます。
 皆様、どうぞ、良いお年をお迎え下さい!再拝

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月23日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑥」

Photo


平成28年11月23日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑥」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::田舎来て ああ懐かしき 火消し壺

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】
 ですから、『生命の實相』がお二人を結んだようでありますが、その『生命の實相』を上等兵が清超先生に貸すことがなかったならば、清超先生はその後も『生命の實相』を読まれなかったかもしれない。そうなると第二代の生長の家総裁は別の人になっていた可能性もあるのです。すると、私などは存在しないから、勿論この場所に立つこともないのであります。つまり、生長の家が今日存続していたかどうかは、この上等兵の判断一つにかかっていた--そう言えるような重要な“ムスビ”の役割を果たした人がいたのであります。 

【学習】
  生長の家の存続が、田中上等兵が、『生命の實相』を清超先生に貸すかどうかにかかっていた、とのご見解です。それを重要なムスビの役割であるとしておられます。そういう人物が私たちにも存在するのでありましょう。ここで大切なことは、どこまでもムスビをされた恩義のある人についていくのではなく、御教えの流れの根源である生長の家大神さまに従っていく。さらに御教えを説かれる総裁先生に中心帰一するということでありましょう。直接の御教えの伝道者、伝達者には当然のことながらご恩がありますが、御教えを最初にお伝え下さり、さらにその中心的伝道の重責を受け継がれた総裁先生の御存在は極めて重要であります。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』 で答えを探そう!】
設問→近代成文法に於いて、三権分立や二院制などが作られたのは、何を防ぐためだったのでしょうか?下記より選んで下さい。35頁7行目~36頁9行目まで。

(         )を防ぐためである。
①一人の支配
②貴族の支配
③多数者の専制

【越後伝道記】
  今朝(11/26)、自分のブログを開いてみました。何と、「検索フレーズランキング」というとことに、第一位が「私は神の子完全円満」というのだけが書かれていました。「何と!」です。「調子良いなあ~」という感じですね。

検索フレーズランキング
1位:私は神の子完全円満

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月22日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑤」

Img_7741


平成28年11月22日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑤」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::わが宿も 雪ちらつきて 冬構え 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】
谷口清超先生は、もともと荒地清超というお名前で、谷口家には婿養子として入籍されました。それは昭和21年(1946年)のことですが、それに先立って、まず清超先生が生長の家を初めて知られたのは、戦中の島根県浜田市の陸軍病院でした。先生はそこで結核を病んでおられたけれども、上官に当たる同室の上等兵が読んでいた『生命の實相』を興味半分で借りて読んだところ、その内容にぐんぐん惹かれて手放せなくなり、ついに健康を回復されたのでした。これによって生長の家を知った清超先生は、戦後になって、『生長の家』誌で募集していた翻訳係に応募し、採用されたので上京し、谷口恵美子先生にお会いすることになるのです。 

【学習】
  本当にご神縁という他ないと思います。神様の運動ですので、素晴らしい道が開けたのだと思います。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』 で答えを探そう!】
設問→空欄を埋めて下さい。34頁7行目~35頁6行目まで。

①立憲主義は、(   )の基本です。
②つまり「民主主義」とは、国民全体を一人が支配する「君主制」や、少数者が支配する「貴族制」あるいは「寡頭制」ではなく、(   )が支配することです。
③近代国家の民主制は、代表者が議会に於いて国家としての意思決定を行いますが、これを(   )といいます。

【越後伝道記】
  今日(11/25)は、長岡地区の見真会でした。そこで、私は四つの世界の四つの解決方法について述べました。物質の世界に住んでいるので、病院に行ったり、働いたりする物質的努力が必要であること。心の世界に住んでいるので、『日時計日記』書いたり、言葉の創化力を駆使して、心を明るくする行動が必要であること。霊の世界に住んでいるので、先祖供養が必要であること。最後に、実相の世界に住んでいるので、神想観が不可欠であること、などです。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月21日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。④」

Photo


平成28年11月21日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。④」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩:: 麦蒔きや 雪無き冬を 思いけり

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】
 生長の家創始者であり初代総裁の谷口雅春先生と、二代目の清超先生とを結びつけたものは、1冊の『生命の實相』という御本でした。これは有名な話なので、ここに集まられた多くの方はすでにご存じでしょう。ただ、今日の私の話は、インターネットを介して日本全国、いや世界にも放映されているので、まだ知らない人も聴いてくださっているでしょう。清超先生の御本から引用しつつ話すことにいたします。 

【学習】
  このお話は、谷口清超先生が御講話の中で度々、お話しになられたことを記憶しております。浜田市の病院で、御教えに触れたのでした。その後、松江市の病院に移られます。そこで、当時、城東地区にあった生長の家の誌友会にご参加しておられます。誌友の方が、「どこから来たのですか?」との質問に対して、「○○病院から来た」ことを話されたそうです。当時の、城東地区の信徒さんたちは、伝道の使命感に燃えていたようです。その魂に触れられたのではなかろうか、と思います。私が現存するその建物に行きました時は、○○教の事務所となっていました。その宗教は、谷口雅春先生が御修行された宗教です。それをお聞きして、深い神縁を感じさせていただきました。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』 で答えを探そう!】

 設問→安倍首相は、憲法改正は、衆議院・参議院両院の議員の何パーセントで、改正 可能にするべきだ、と考えていますか?また現行は何パーセント以上ですか?
 回答→28頁1行目~31頁5行目までをお読み下さい。答えがあります。

【越後伝道記】
  11月24日は、久しぶりの休日でした。有り難いことです。午前中は、本を読んだり、パソコンを使ったりでした。午後は、SNIオーガニック菜園部の活動?ではありませんが、庭木の剪定と柿の採取をしました。夾竹桃は、すごく勢いがあって、今年も花が咲き続けていました。今年は雪が多いのではないか、と言われていますので、夾竹桃が伸びすぎているところを剪定しました。お隣さんの近くに植わっている樹木も上の方は、お隣の車庫の上にまで伸びていましたので、剪定しました。結構な量の枝が集まりましたが、これが二酸化炭素のカタマリであるとは、思いもよりませんね。柿の木に登りはしませんでしたが、長い枝きりハサミを使って、柿をとりました。久しぶりの作業です。来年は、教化部の裏にある駐車場を畑にして、みんなで作業して、野菜やスイカなどができればうれしいな、と考えています。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月20日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。③」

Photo_10


平成28年11月20日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。③」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::糸を引く 藁の包みを 開くかな 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】

 今日はこのように、雅春先生と清超先生が「生長の家総裁」という共通項で“ムスビ合わされた”日でありますので、お二人が結ばれる契機となった出来事について、さらには、お二人が出会う“仲介役”となった人物の存在の意味について、改めて考えてみたいのであります。 

【学習】
  創始者谷口雅春先生と第二代目総裁先生との「ムスビ」について説かれています。結ばれる契機は、触媒のような出来事または、人物でありましょう。私たちにとっても、さまざまな契機があると考えられます。その「意味」をお説きになろうとしておられます。
私の場合は、どうでしょうか。父が肺結核であった関係で、治したい一心で母親が、生長の家に触れたようです。それ故に、自宅には無数の聖典がありました。それを私が中学3年生に拝読したことがこの道に入らせていただく序章となりました。父母が、御教えに触れるムスの働きをしてくださいました。心から感謝しております。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』 で答えを探そう!】

 設問①→世界に数多くの宗教があるのは、どうしてでしょうか?
 設問②→生長の家が説く「万教帰一」と立憲主義が目指す「宗教の共存」とは両立する でしょうか?
 回答→24頁11行目~27頁1行目までをお読み下さい。答えがあります。

【越後伝道記】
  去る11月19日、森の中のオフィスでの会議で、さまざまに変化する情勢の中で、御教えをお伝えすることの重要性と使命感を強く感じました。総裁先生の御言葉を拝聴している時、中心帰一の信仰姿勢の堅持と使命感は当然のことながら、もっともっと勉強してお役に立たせていただきたいと思いました。神様の作られた実相世界をこの世に実現することは、並大抵の努力ではできないでしょう。しかし、それは楽行道であり、うれしく楽しい道です。新潟越南の皆様、ご一緒に進んで参りましょう。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月19日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。②」

Photo_9


(ススキと長岡で見たスーパームーンです。68年前に、この月が来て、私を地上に送り出してくれました。そしてこの夜、東北まで雲が垂れ込めていたのですが、一瞬の雲の切れ間にスーパームーンが出現してくれました。近くの公園で、撮影まで粘りました。)

平成28年11月19日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。②」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::木の下は 落ち葉集めて 堆肥かな 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】
 皆さん、本日は谷口雅春大聖師御生誕記念式典にお集まりくださり、誠にありがとうございます。ご参集いただいた方の中には、昨日からの龍宮住吉霊宮の大祭と本宮の大祭にもご参加くださった方も多いと思います。心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

 先ほど祝詞を奏上させていただきましたが、その中にもあったように、今日のこの日は、生長の家創始者、谷口雅春先生のお誕生日であるだけでなく、第二代総裁の谷口清超先生が生長の家総裁の法燈を継承された記念すべき日でもあり、二重の意味でおめでたい記念日です。皆さん、おめでとうございます。 

【学習】
  「祝詞」の内容は配信されませんでしたので、分かりませんが、ほぼ同じ時刻に長岡教化部で行われた御祭で小職が奏上させていただいた内容はほぼ同じであるかもしれません。まだ、雅春先生が、東京におられたころ、谷口雅春先生のお誕生日記念日に、参加させていただいたことがありますが、私は、神様の御心を人類に伝える喇叭である、との御言葉のあとで、その喇叭の誕生日に大勢の方々が、お祝いに来て下さって、有り難うございます、と感謝の御言葉があったように記憶しております。「喇叭の誕生日」という御言葉で、会場の皆様は大きな拍手と笑顔と喜びの声がどよめいたように思います。代々、喇叭またはメインスピーカーとなられる総裁先生は法燈継承されて、時代に即した御教えをお説き下さる、という生長の家の素晴らしい仕組みです。深甚の感謝の思いあるのみです。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』 で答えを探そう!】

 設問→「信教の自由」とは何でしょうか?
 回答→20頁3行目~21頁9行目までに回答があります。

【越後伝道記】
  パソコンのマウスの動きが悪いので、分解してこびりついたゴミを取り除くと、よく動くようになりました。SNIクラフト倶楽部教わったクラフト精神ですね。何ごとも自分でやるようにチャレンジすることですかね。分解して、掃除し、元に戻そうとすると、部品がパラパラと落ちまして、それを、「こうかな?、ああかな?」と何度も試行錯誤をくり返しながら、約15分間やっていると、知恵の輪で遊んでいるようにですが、元に戻りました。昔は、というよりも、学生で買い替えるお金がないころは、何ごともこうやっていましたね。某練成道場で、ボイラ係をやっていた頃に、冷房の冷却装置のタービンが回らなくなり、皆さんが暑くて困るので、素人でもできるかな、と夜遅くまで何度もチャレンジしていたことがありありましたが、あの時はできませんでした。当然です。できるわけがありません。次の日、業者が来て修理してくれました。高度な修理技術は、勉強しなければできないことも学習しました。
 今回、ブックレットで、憲法のことを学ぶことになりました。考えてみると、私は法学部出身でしたね。学生の頃からは、憲法関係の谷口雅春先生の御著書四冊を繰り返し繰り返し拝読していました。生学連の友人から、「この四冊を覚えるくらい読まないとけないよ」と言われたからです。当時は、理論武装という言葉がありました。武装とは物騒ですが、理論的にしっかりと学び、かつ説明できるようになりたいです。新潟越南の幹部・信徒さんとご一緒に、少しでも学ばせていただきたいと思います。貫かれる基本精神は、実相世界の地上実現であり、総本山では、時代に即して、祭祀の重点が、鎮護国家から世界平和へ移行しています。世界を平和にすることこそ、日本の本当の鎮護国家になるのではないでしょうか。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月18日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。①」

Photo_4



平成28年11月18日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。①」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::山茶花や 雪呼ぶ花と 誰か言う 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】

 今日は午前10時から、長崎県西海市にある生長の家総本山出龍宮顕斎殿において「谷口雅春大聖師御生誕日記念式典」が行われた。前日には、午前中に「第36回龍宮住吉霊宮秋季大祭」、午後には「第39回龍宮住吉本宮秋季大祭」が執り行われたが、それに続くもので、近隣の教区から信徒・幹部約250人が参列した。私は祝詞を奏上したほか、式典の最後に概略以下のような挨拶を述べた: 

【学習】
  新潟越南教区では、教化部会館で午前9:40から御祭を行いました。そして、三人の神官と参加者約10名で聖経『甘露の法雨』を読誦して、心の準備をして、総裁先生のご挨拶をお待ちしておりました。そして、拝聴し、最後に光明思念を歌って終わりました。その後会場を移動して、、約35分間ほど、谷口雅春先生、谷口清超先生、現総裁先生への法燈継承を寿ぎ、そしてその意義と中心帰一の信仰姿勢を堅持する内容の講話をさせていただきました。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』 の学習コーナー】
 設問→「立憲主義の基礎」となる生長の家的用語は何でしょうか?

 回答→15頁8行目~20頁2行目までに回答があります。

【越後伝道記】
  「愛念は通じる」、ということを教えられたような気がします。先日の森の中のオフィスでの会議で、再会できることを期待していた人がいました。その人に、ある長生き健康法をお伝えするためでした。念じ続けていましたが、余りにも多くの人と時間がなかった関係で、残念ながら、会えなかったのです。「まあ、いいか」と思って、バスで小淵沢駅に新潟越南の皆様とご一緒に行きました。すると、何とその人がお出でになったのです。「なぜ?」とお聞きすると、「間違ってバスに乗った」のだそうです。「そういうこともあるんだ」と神様のお導きに深く感謝をいたしました。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月17日「”安倍政治を語る”に学ぶ。(終)」

Photo_2





平成28年11月17日「”安倍政治を語る”に学ぶ。(終)」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::かりがねや 声に驚き そら仰ぐ

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)17頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  まして解釈改憲は。

【総裁先生】
  憲法ですからね。それは、決してやってはいけません(終)。

【学習】
  人気があるということは、大変なことです。本人や周囲の人々が何でもできそうに思ってしまうからです。良いことはやるべきでしょうが、よろしくないこと。または法で規制されていることや法的にやるべきでないことは、為すべきではありません。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』 の学習コーナー】
 設問→「天皇を補弼する」という意味はなんでしょうか?

 回答→12頁10行目に答えがあります。

【越後伝道記】
11/23(10:00~12:00) 三条での生長の家講演会でした。講師は、森田美穂本部講師補です。会場では、感動ですすり泣く声が聞こえていました。男性7名(新人1名)、女性10名でした。素晴らしい、のひと言に尽きます。
 また、午後2:00からは魚沼での生長の家講演会でした。女性9名。そのうちまったくの新人2名でした。支部長さんが近所の人を誘ったそうです。その人から、「いい話を聞かせてもらいました」とお礼を言われました。終始、感動のすすり泣きが会場のあちこちから聞こえていました。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月16日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_7660


Img_7620


平成28年11月16日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::通勤路 ゆらゆら揺れる 秋桜

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)16頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  このままいくと、改憲論議も進んでいくでしょうね。

【総裁先生】
  改憲論議自体は、やったらいいと思いますよ。そのなかで、大日本帝国憲法がどこでどう間違ったか、という話が出てくればいい。あとは国民が選択するだけでですから。そういう透明性のある形で論議するのは、いいと思います。でも、どこかの専門家グループが草案作って、勝手にワーッと採決するのはまずい。

【学習】
  そのためには、どうも私たちがよく勉強しておかなければならない、ということのようです。その関係で、ブックレット『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』は、私たちの論議の基礎になると思います。そういう意味で、私は、新潟越南の信徒の皆様とご一緒に学習を開始しました。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』 の学習コーナー】
 設問→立憲主義の特長を2つあげなさい。

 回答→9頁でご確認下さい。

【越後伝道記】
   11/22は、谷口雅春大聖師のご誕生日記念式典でした。9:40より御祭を厳粛に行ったのち、10:40分頃からの総裁先生のライブ配信を拝聴しました。どのような姿の奥にも神の愛を知ることを教えていただきました。その後、約45分間、会場を変えて、小職が三代にわたる法燈継承について講話を致しました。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月15日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_7611


Img_7609


平成28年11月15日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::柿紅葉 手にしてアッと 目を見張る

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)16頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  現在、日本会議に象徴される非常に偏狭な国家主義が、ますます強まっている気がします。

【総裁先生】
  今、言ったことと関連しますが、私たちは「結び」という言葉を使っています。違ったものが一緒に合わさることによって、新しい価値が生まれる。それが「結び」の働きで、結婚もそうです。しかし、そういう考え方がだんだん弱くなってしまってる。英国が、欧州連合(AU)から分かれたのもその一例ですね。結んだはずのものが、分かれていく。他の政治的な変化もその方向に動いている。異質のものを斥け、自分たちだけで理想社会ができるみたいな考え方が出ている。それは、自然界から見たら全然事実とは違うのです。
 しかし、世相としてはそういう方向に動いているから、私たちとしては、そうでない文化を作りたい。だから今回、あなたのような人からちゃんとインタビューを受けて(笑)。理解してもらうことは大切なんです。

【学習】
  結びの反対のことが起きている時は、さらに結びを強調して、新しい価値を生み出すことが必要なのでしょうね。伝道も結びですね。今日(11/22)、夕刻でしたが、裏の駐車場のプランター菜園を見に行きました。そこで、お隣の方お二人にお会いして話が盛り上がりました。それは、フェスタのことです。「先日は、近所の人を誘ってお邪魔しましたよ」と。うれしいですね。「この駐車場を畑にして、スイカを作りたいんです。小学生練成で食べたいんです」などと言うと、カラスの防御法など色々と教えてくれました。これは、ご近所との結びですね。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』 の学習コーナー】
 設問→「立憲主義は、国民の基本的人権を権力から守りますか?」
 設問→立憲主義の基礎は私たちの言葉でいうと何という表現でしょうか?

 回答→P8~9頁   よく読んでみてください。このような視点があるのですね。驚きました。

【越後伝道記】
   11/20午後の妙高での生長の家講演会会場は白銀館でした。お世話くださった白鳩支部長さんは、数十年間、冬季を除いて、白鳩誌友会を継続してきた人です。また、透析を31年間、元気に続けておられる人もいました。誰よりも顔色が良かったです。現代の医学では、その人の寿命の長さまで透析をしたまま長生きできるようです。但し、自己管理をキッチリと行うことが条件であるとのことです。食事なども完璧な自己管理を要求されるようです。すごいことです。この自己管理能力が、数十年の白鳩誌友会の継続となっているのでしょうね。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月14日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_7608


Img_7614


平成28年11月14日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::神の留守 されど出雲は 神ばかり

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)16頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  「結び」の意味
 日本国憲法を「占領憲法」であるとか。

【総裁先生】
  そう。しかし、「そういうメンタリティは正しくないよ」というメッセージを、私たちは広めていきたい。一見、「悪」に見えるけれども、違うのではないか。「よく考えてみてください。あなたが敵と思っている人は何かを教えてくれていませんか。あなたの先生かもしれませんよ」と。そういう視点が重要だと思いますね。自然界なんかもそんなところがあるでしょう。「天敵」というものは、本当は味方かもしれない。例えば、種の個体数をコントロールしてくれているし。

【学習】
  敵はない、ということのようです。今日(11/22)は、谷口雅春先生の御生誕記念日で、総裁先生のライブ配信がありました。教化部では、式典を行い、その後に、ライブ配信を拝聴しました。その中で、テロリズムであれ、背教者であれ、それを乗り越えて出てこようとする神様の大愛を知る必要があること。決して信仰が揺るがないこと。現象に惑わされないこと。そして、明るく、神の御心を現す運動を行って行くこと、など。お教えいただきました。私は、震えるような感動を覚えました。生長の家の運動は、神様の運動だから、必ず成功し発展する以外にない、と確信しました。

【『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』の学習コーナー】
質問「なぜ、このブックレットは発刊されたのでしょうか?」
回答→P6~7頁「はじめに」に答えがあります。

【越後伝道記】
  11/21は午後1時からの糸魚川見真会がありました。7人が参加しました。参加者の一人である若い会員さんは、大きなお役を引き受けて使命感が高まってきているようです。昨日の、柏崎の生長の家講演会にも最前列で聴講していました。「森の中のオフィス」の開所記念の童話部門で佳作となったり、数か月前の白鳩誌に掲載されたり、色々とご活躍中です。この白鳩さんは、講習会推進で気持ちが消極的になってきたとき、連合会から連日のように配信される、「講習会喜びメール」に勇気づけられて推進したとお聞きしています。糸魚川に、約2年間、毎月のように来させていただいていますが、神様の宝探しのようなものです。この地区から、地方講師が誕生するのも遅くない、と思われます。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月13日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_7602


Img_7603

平成28年11月13日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::雪山や スノー・シュー履き 人は行く

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)15頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  価値観の転換がないと、この先の地球は危ういし、戦争や飢餓が繰り返されるかもしれません。そうした価値観の転換の先駆けが、生長の家のおやりになっていることなんでしょうか。

【総裁先生】
  そうなってくれるといいのですが。宗教の考え方には、世の中には「善」と「悪」が対立してるという見方がけっこうある。しかしそれを徹底させると、結局殺し合いになる。ちょっと専門的な話になりますが、私たちは、「本当の世界には悪はない」と考えます。「悪」はない。「悪」というのは、人間が心で作っている。そういう考え方をしないで、原理主義の人はすぐに「悪」を作りたがる。

【学習】
  善悪二元論の結末が戦争になる、ということになると、世界の宗教のみならず、自分自身の心に戦争の原因がある危険性がありますね。だからこそ、禅宗「無門関」に「不思善不思悪」の公案があるのでありましょう。

【越後伝道記】
  11月20日午前は、柏崎の生長の家講演会でした。大槻本部講師が担当していただきました。ユーモアに溢れた、初心者向けの講演でした。参加者は12名で、初めて来た人が大変喜んでくれました。感謝です。会場は、エネルギーホールでした。
午後は、妙高の生長の家講演会でした。白銀館で開催しました。8名の参加でした。初めての人はいませんでしたが、「こんないい話はみんなに聞かせたい」と座談会の時に発表がありました。妙高に新しい風が吹いてきました。ここは、青山学院大学のマラソン部の人たちが合宿するホテルです。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月12日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_7414


Img_7397


平成28年11月12日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::渋柿や 日差しに吊す 家の軒(ノキ)

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)14頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  そうした「愛国心」とは別に、日本には何ができるんでしょうか。

【総裁先生】
  日本は米国追随をやっていますが、その米国は斜陽になってきましたから、やはり選択肢として、米国的な生き方とは違うものを示せると思うのです。日本は国土の約七割が森林なんですよ。しかも、幸いなことにまだ破壊がそれほど深刻ではない。日本は伝統的に、自然と共に生きていくことに価値観があると考えています。和歌も短歌も宗教も。
 ですから、「経済成長が最大の善」みたいな価値観は、もうやめないといけない。そう訴える考えは、外国にもあるんですね。しかし、それがなかなか日本では主流に育たない。その伝統を、形にしたらいいと思うんです。

【学習】
  私の子どもの頃は、大人に混じって、山に杉の苗を植えたりしました。杉の木の下草を刈りにいったこともあります。それだけ、自然が豊かであり、自然の中で生きることを悦びがあるんですね。私の郷里に四万十川があります。中村の鉄橋から上流を見る景色は、子どもの頃、中学生高校生の時代、その景色の美しさを堪能しました。

【越後伝道記】
  去る11月6日には、新潟越南教区での「自然の恵みフェスタ2016」を開催しましたが、終わってから翌日の7日、ジャガイモと柿が残りましたので、ビニール袋に入れて、町内の方々に配布しました。思いがけないプレゼントに、皆様は大変喜んでくれました。袋は18袋でしたが、最後に町内会長さんに2袋を頂いてもらいましたので、17軒を訪問しました。普及誌の配布の時は、なかなか笑顔が出にくいようですが、食べ物の場合は、とても喜んでいただけました。今回は、町内の人が8名来てくれました。食堂で、30分間ほど、お茶を飲み、団欒していました。「こんなことがないと、この建物に入れないよね」などと言っていました。他に、十日町の元郵便局長さんが絵を見に来ていましたので、地元の方々との一体感が感じられました。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月11日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_7415


Img_7417


平成28年11月11日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月27日(日) 山口教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::ダイコンや 土の中から 雪柱

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)14頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  『偏狭な愛国心』
 その安倍首相や日本会議は、やたらと「愛国心」を強調します。しかも、そうした「愛国心」は自分たちと違う考えの側を「反日」呼ばわりしますね。非常に、偏狭な気がします。

【総裁先生】
  私たちは、海外によく行くようになりましたね。そうすると、「自分はやはり日本人だな」と自覚します。そういう意味では、グローバリゼーションは「愛国者」を育てる。しかし、それが偏狭になるのは、おそらく無知からでしょう。世界のことを、あまり知らないのでは。

【学習】
  「意識の拡大」の問題もありますね。地球に国境はない、ということです。国境は人間が作ったものです。NHKの特別番組で観たのですが、事故でなくなった、イスラエルの宇宙飛行士がつけてきた日記が奇跡的に解読されていました。それには、イスラエルの国威発揚を考えていたのが、何度も地球を周回しているうちに意識が変わります。「どうか、この地球のすべての人々が幸せになりますように」という祈りをしている自分に変貌します。彼は、その変化に自ら驚くのでした。私たちが毎日行っている「世界平和の祈り」と共通する思いでしょうか。

【越後伝道記】
   11月13日、上毛高原駅に行った時のことです。ホームに輪行バッグに自転車を入れて、ホームで列車がくるのを座って待っている20歳代の男性に出会いました。声をかけてみました。「どこかに走りに行かれるのですか」とお聞きしました。榛名山へヒルクライムに行って来た帰りであるとのことです。「そうですかあ」というところから話が始まりました。長岡へ帰るところだそうです。「私は川崎町ですが」、というと、彼は「長岡駅の近く」であるとのことでした。榛名山は、20度くらいではないかと思えるようなすごい傾斜もあるとのことでした。それから、二日間の「雪国観光パス」や「えちごツーデーパス」という安価な切符もあるとのことでした。色々と会話が弾みました。長岡の自転車屋であるフィンズで自転車を購入したとのことです。「私もそうです」などと話しました。教化部の裏山である八方台へもよく登るとのことでした。お互いに名前を名乗り、自転車で再会できればいいね、と言って別れました。自転車ヒルクライムに於ける「ムスビ」ですね。榛名山ヒルクライムを調べてみると、「第4回 榛名山ヒルクライム in 高崎が2016年5月21日と22日に開催。榛名湖を目指す 全長16.1km、最大斜度14%のヒルクライムレースです。5000人が榛名山を駆け上がります!」とありましたが。すごいです。可能ならば、一度行きたいと思いますがね。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月10日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_7413


Img_7398

平成28年11月10日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月13日(日) 神奈川教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::熱気球  ふわりと上に  飛んで来た

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)14頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  それだけ、初代総裁の影響力は強いのでしょうが、現在の生長の家は「物質主義からの決別」を掲げて環境を重視し、本部を東京から山梨に移しました。太陽光発電にも取り組んでおられますが、あり意味では、掲げた理念を口先だけではなく、ここまで形にしている宗教は珍しいのでは。

【総裁先生】
  ありがとうございます。でも、そうしないと危ないのですよ。そういう危機感を、私たちは持っています。世界の気候がどんどんおかしくなっているでしょう。人口ばかり増え、生物多様性が失われて資源も減少を続けています。尖閣諸島の問題も騒がれていますが、領土問題と見るから変なことになるのです。やはりこの問題は、海底資源の獲得競争が本質ですから。
 しかし、なぜ資源の獲得競争をしないといけないのか。そういうところから考えていけば、やはり今必要なのは軍備じゃないのですよ。軍備じゃなくて、われわれの自己中心的で物質主義的なライフスタイルを変えないといけない。私たちは、そのように考えています。ところが安倍首相は、軍備さえ増やせばいいんだと思っている。しかも、「切れ目のない防衛」と言っている。そんなことしたら、ますます危ないですよ。

【学習】
  尖閣諸島の問題は、海底資源の獲得競争であるとは。やはり、環境、資源、平和の問題は三つどもえであり、連動しているのですね。

【越後伝道記】
  先日、市営体育館のジムに行った時のことです。私は、左右の手の握力が平均よりも弱いので、どうすれば強くなれるかをインストラクターのおじさんに聞きました。握力が弱いと、ヒルクライムで山を降るとき、ブレーキをかけるのに苦労するからです。その方は言いました。「握力は、手を拡げる幅が広いとき、握る力が強くなる。だから拡げる練習をするとよい」と。なるほどでした。執着を放って、一切に無執着であるとき、掴む力も強くなる。これは悟りを言っているのかな、と感じました。手を広げれば、無限が掌中にある。これは真理です。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月9日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Dsc_0026_2




Dsc_0027_2



平成28年11月9日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月13日(日) 神奈川教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::山芋や 紅葉したる 葉はいずこ?

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)14頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  名簿とかも、持っていかれたということですか。

【総裁先生】
  持ってますね。本部の中枢にいながら、反対する団体に行った元信徒もいますから、この間の選挙のときも、生長の家の教化部が全国五十九ヵ所にありますが、全部にファクスがいきましたから。「今の教団の方針が、谷口雅春先生の教えと違う」みたいな内容です。でも、心配しないでください。こういう問題は、いずれなくなりますから(笑)。

【学習】
 言葉は創造力がありますので、「こういう問題は、いずれなくなりますから(笑)。」との御言葉の通り、いずれなくなると思います。私たちの運動に於いて、第一に大切なことは、三正行「神想観、聖典・聖経・讃歌等の読誦、愛行」であり、これが総裁先生への中心帰一を生きることになります。そして、国際本部の方針に従って、光明化運動を展開することですね。毎日がとても楽しいですよ。

【越後伝道記】
  「自然の恵みフェスタ」では、子ども食堂に関しては、あまりうまくいきませんでした。内容を紙に書いて、ノーミート料理コーナーの壁に張り出す程度でした。でも、第一歩を踏み出せました。うれしいです。先日、生長の家講演会の講師をお願いした時の話によりますと、ご自分が地元の子ども食堂などへの食品の発送に、月一回のボランティアを実行しておられるとのことでした。大変素晴らしいことです。長岡では、直接に子ども食堂を設置しても、難しいようですので、少しでも何らかの形でご奉仕ができれば、と考えています。新潟県でも子ども食堂は、新潟市に一つありましたね。    https://www.facebook.com/%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%8C%E3%81%9F%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E9%A3%9F%E5%A0%82%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%8C%E3%81%9F%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A1%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-904545549639453/

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

中内英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月8日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Dsc_0025


平成28年11月8日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月13日(日) 神奈川教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::ミソサザイ 鳴きて告げるは 雪初め

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)14頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  信徒さんの混乱とか、あるのでしょうか。

【総裁先生】
  ありますね。彼らは、今の教団の信徒を自分たちの側に連れていくという戦術を採用している。

【学習】
  この戦術も限界があるように思いますね。信徒の皆様お一人お一人が、神の御心を生きる、という純粋な信仰者になっていくとき、それらに波長が合わなくなるようになります。それは、「どうも自分には合わない」と魂で感じる筈です。そして、中心帰一の真理を生きる。日本国に於いては天皇様の御恩に感謝し、ご家庭に於いては、ご主人を立て、またご両親に感謝し、会社に於いては社長を立て、生長の家に於いては、総裁先生に中心帰一する。この生き方こそ、戦術から波長をそらせる秘訣ではないでしょうか。

【越後伝道記】
  11月4日は、魚沼へ野菜をいただきにいきました。Mさんの所へ行き、お留守であると思い、野菜だけを車に積んで、帰りました。途中で、電話すると、家の中でチャイムが聞こえなかったそうです。まだ、持っていくものがあるとのことでしたので、引き返していただきました。庭に3㍍くらいの柿の木があり、それは3㍍くらいで切っていました。そこには、猿がたくさん柿を食べに来るので切ったのだそうです。でもその木は枝がでて、たくさん柿の実がなっていました。Mさんは驚いていました。その柿も、フェスタに出させていただきました。売り上げは、国連のWFP飢餓基金に送る善意のフェスタです。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月6日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Dsc_0022


Dsc_0023





平成28年11月6日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月11日(日) 神奈川教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::ビューと風 いずれ芽が出る  枯木立

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)13頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  その人たちが、いつの間にか日本の最高権力者の背後にしっかり居座ってしまいました。

【総裁先生】
  どうしてそうなったか、知りません。私から言わせれば、「もう出ていったらいいだろう。勝手にやれ」という感じなんですね。でも、辞めた元信徒が別の団体を作り、ときどき違う集会を催して、それに生長の家の信徒を引っ張っていく、というようなことが、今でも起きています。

【学習】
  別の団体を作って、何かをやったとしても、それは光明化運動の破壊とはなっても、光明化運動の主体者となることはできないでしょう。そのような人と波長を合わすのは、やはり、自己の心の中に、不平、不満があってそれが波長を合わせることになるのではないでしょうか。また、自分の心の中に、「自分の方が正しい」、という思い上がりがあるときに、それは心の中に別派を立てることになりますから、次第に行動も離れていくように思います。常に宇宙の大神様の御心をお伝えする総裁先生の御心に波長を合わせる謙虚な心、感謝の心を持続して行きたいと思います。

【越後伝道記】
  最近、純粋無雑の信仰がとても大切ではなかろうかと思うようになりました。純粋だけでは力を発揮できないと思いますが、人生や光明化運動を貫くものは純粋な信仰であることが大切でありましょう。19歳で某練成道場に入らせていただいたとき、先輩のMさんから、『常楽への道』という吉田國太郎氏の著書を薦められたことがあります。その中に、純粋であること、無雑であることが説かれています。名文なので何度も読ませいていただきました。故T元本部講師が、「東京へ来た頃、ワシは、吉田講師の追っかけをやっていたよ」と言っていました。私は、吉田講師には残念ながらお会いしたことはありません。K先輩からお聞きしたところによりますと、練成会で、講話が終わったら、玄関で練成会員のみんなでお見送りしたと、言っていました。宗教的天才というのでしょうか。録音テープを入手して聴いてみると、本当にすごい、という感じでした。『常楽への道』が復刻されたとき、両国の講堂での講習会だったでしょうか、谷口雅春先生が、「ボクも先生と言いたくなるような人でした」と言っておられたことを思い出します。その本の中に、信仰者にとっては、純粋無雑な信仰が大切であることが書かれています。そして、「谷口雅春先生の御心を吾が心とならしめ給え」との祈りを常に行っていると書かれています。私も吉田講師に学び、「総裁谷口雅宣先生の御心を吾が心とならしめ給え」と祈るようにしています。真の弟子、真の信仰者として生きたいと心から願っています。自転車でヒルクライムをするのも、クラフトを行うのも、オーガニック菜園を行うのも、私にとりましては、総裁先生の御心を知って、真に生きるためです。総裁先生がブログをお書きになっておられるのを拝読して、私もマネをさせていただきました。もう、8年を超えました。そうすることにより、総裁先生の御心の万分の一の理解に近づいたように思います。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月5日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Dsc_0024

平成28年11月5日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::飯屋から 香り漂い 茸飯

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)13頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  でも、やはり内部にいながら隠してやったらまずい。

【総裁先生】
  本人たちはそれでいいと思っているのでしょうが、それはちょっと違うのでは。普通、信仰者は信仰を隠さない。隠すということは、自身の裏切りみたいなものでしょう。出ていくのは構いませんが、教団と他の団体を掛け持ちするのは誠実でない。

【学習】
  信仰とは、信じ仰ぐということですので、純粋さを必要とします。自分を裏切ると、自分で自分を処罰する、自己処罰の観念が生じる恐れがあります。

【越後伝道記】
 2016年11月4日  自転車部の坂野雅治さんからアドバイスをいただきましたので、自転車に乗っている方のご参考のために、掲載させていただきます。私はとっても参考になりました。

《中内》
 今日、初めてペダルを一時間、回しました。前はアウターで、後ろは、大きいのから4つめでした。ケイデンスが、100にはなかなかあがらず、終始、85~87くらいでした。踏み込みが弱いのだと思います。

《坂野雅治さん》
 ありがとうございます。初めてで、その結果は中々です。暫くは踏み込みは考えずに、100回転を回すことに重点をおいて、トレーニングを続けてみて下さい。
このトレーニングの目的は、

1、 自転車に乗ることに慣れる
2、 ペダルを回す技術の習得
3、 心肺機能、基礎体力の向上

 の以上3点です。
主に今は土台を作るためのトレーニングをしていると考えて下さい。

 とはいえ、踏み込みが弱いと感じたことは悪いことではありません。考えられるのは、筋力の衰えですね。なので、筋力トレーニングをするのも良いでしょう。
 腕立て、腹筋、背筋、スクワットを1日20〜30回を目安にされると良いと思います。
特に腹筋とスクワットですね。但し、正しい姿勢で行わないと腰痛の原因となりますので気を付けて下さい。筋肉痛にならなかったら、毎日続けても大丈夫ですが、筋肉痛になったら、丸2日間は筋力トレーニングをしないで下さい。超回復で筋力を向上させます。

 筋力トレーニングは、自転車に乗る前やジョギング、ウォーキング、水泳などの有酸素運動の前に行うと、最も効果が現れます。
でも、一気に全部やると疲れ切ってしまうので、自分のペースで休養を入れながら程々に
行って下さい。有酸素運動は毎日続けると効果が高いですが、1週間に最低1度は休養して下さい。
 疲労している時は、怪我のリスクが高い割にトレーニング効果が殆ど期待できません。
ローマの道は1日にしてならずの言葉どおり、一足跳びの向上は望めないものです。
千里の道も一歩から。頑張って下さい。

《中内》
アドバイス、有り難うございました。日課に組み込めるようにして、少しずつやってみます。感謝合掌です。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月4日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Dsc_0133


平成28年11月4日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::柿の実や 枝を残すは 渋柿か

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)13頁です。

【御教示】

【聞き手】 
ご本人たちは、現在も信徒としての資格はあるのですか。

【総裁先生】
  生長の家の信徒の資格は、「生長の家聖使命会」に入会し、月四百円を払えばいいんです。現在、払っているかわかりませんが、生長の家はすごくゆるい信仰団体で、自由と言えば、自由なんです。

【学習】
  11月3日の毎日新聞に日本会議の記事が出ていたようですが、記事の中に、今の生長の家は、日本会議や日青協とは、無関係で、環境保護や脱原発を掲げる と書いているものの、よく読まない人は、図が掲示されていますので、この図を見て、生長の家が日本会議と一体であると勘違いする人が出て来るかも知れません。視覚に訴えることは文字以上に大きいようです。

【越後伝道記】

無料で観れるのは、8日までですので、急いで観てください。私はこの90分を、ローラー台でペタルを回しながら、観ました。

■環境問題を追うドキュメンタリー作品を期間限定で公開
 ナショナル ジオグラフィック チャンネルでは、アカデミー賞俳優レオナルド・ディカプリオが環境問題を追うドキュメンタリー作品「地球が壊れる前に(原題:Before The Flood)」日本語字幕版を、10月30日から放送開始した。NIKKEI STYLEでもその全編を11月8日(火)14時まで期間限定で無料配信する(スマホ等での閲覧の場合は別途、通信料金が発生するケースがあります)。
昨日、三条グリーンスポーツ・センターで映画を観たとき、教えてもらったのが、上記の動画でした。あと、4日間は無料ですね。皆様、どうぞ。

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO08898510Y6A021C1000000?channel=DF260120166525

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月3日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_7086


Img_7085


Img_7088


Img_7089


Img_7090


平成28年11月3日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::畑仕事 おろぬき大根 握りしめ

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)11頁です。

【御教示】

【聞き手】 
 日本会議事務総長の椛島有三(カバシマユウゾウ)さんも、昔に辞められたのですか。

【総裁先生】
  私は椛島さんと話をしたことがないのですが、椛島さんは、宗教の名前を隠しながら別働隊みたいな組織を作り、活動するという方法を採用し、今でもやっていますね。「××教」とか言わないで、「平和の△△の集い」などと名乗り、知らないで入ってきた人たちを引きずり込む。そのいう方式を1970年代には生長の家でもやっていました。しかし2代目の清超先生は、それが大嫌いだったんですね。ウソつきだからと。「ちゃんと名前を出してやれ」って。「人が来ないなら、それでいいじゃないか」とも。ただその方式が、基本的に日本会議のやり方なんです。椛島さんは生長の家の信徒の時から、誰が命じたのか知りませんが、その役割をずっとやっていたようです。

【学習】
  新潟越南でも、生長の家の名前を出すと、宗教だからということで、断られたことが何度かありますね。その時は、生長の家を出して、貸してくれる所を探します。その方がこそこそしなくて、良いと思うからです。生長の家とは実相大宇宙のことですから、その名前を表現しない限り、生長の家の運動にはならないからです。素晴らしい御教えですので、堂々と名前を出すことが神様の御心に適うと思うからです。

【越後伝道記】
  今日は、休日を利用して、「ザ・トゥル-・コスト」という映画を見に行きました。社会派の映画ですので、娯楽ではありません。三条グリーン・スポーツ・センターからのお誘いでした。終わってからミーチングを行いましたが、皆様、大変意識が高いことに気がつきました。参加者は、少数でしたが、有意義な映画鑑賞でした。『肥満と飢餓』という本がありますが、その本の衣類バージョンのように思いました。知らないことは迷いであると言われていますが、まさにその通りです。
 帰りは、5時くらいになりましたが、ピカ・ゴロゴロという光と音で、冬将軍の到来を感じました。マイナス40℃摂氏くらいの寒気団が上空を流れると、電位差が生じて、カミナリが鳴る筈です。

《ハイキュー》排球=バレー・ボールのことです。高校生アニメは良いですね。いつの間にか、はまってしまいました。光明化運動の伝道姿勢に相通じるものを感じるからです。
①停まっている閑はない!
②試合に負けて、帰り、会食をする。その時、みんな、食事を前にして、「いただきます!」と手を合わせていました。作者は、素晴らしい人ですね。
③ピンチ・サーバーが、失敗した時、ここで、悔しさと自分の無力さを知るチャンスがあることが、絶対にあいつを強くする。
④その一本に、試合の流れとプライドを全部乗せて打つ!
⑤仲間が守っている。信じて飛ぶことだけだよね。
⑥ここに来ると、100%信じて飛べることがすごい!!
⑦勝とうとしなきゃ、勝てない!勝てるって確信が持てなくても、周りの連中に、絶対無理だって言われても、おれ達だけは、それを言ったらだめだろう!
⑧反省は、終わってから。まだ終わってない。まだ負けてない!
⑨こいつら本気だ!

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月2日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Dsc_0115


Dsc_0114

(糸魚川の生長の家講演会会場です。)

平成28年11月2日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::けむり茸 踏みし足下 そこに火か?

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)11頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  そうなんですか。

【総裁先生】
 幹部として定年まで在籍し、ごっそり退職金をもらいながら、陰では教団の中で違うことをしていました。そんなのは、宗教でも信仰でもなくて、自分の野望を実現するために生長の家を利用しただけなのです。もっとも伊藤哲夫さんのように、政治活動が停止になってすぐ辞めた方もいらっしゃいます。その方が、はっきりしていて潔いと思います。

【学習】
  そのようなことがあったとは信じられませんが、事実そうだったのでありましょう。現象界は、人間の念の具象化の世界ですから、色々と生起するようですね。伊藤哲夫さんについては、「潔い」と評価しておられます。

【越後伝道記】
   11/1、私の自転車には、ケイデンス、回転数を計測する計器がありませんでしたので、アマゾンで一番安いのを購入して取りつけました。というより、自転車仲間の若いSさんが、仕事が終わってから、教化部に来て、とりつけてくれました。1時間半はかかりましたね。有り難うございました。昨年の春でしたか、八方台へ行く交差点の所で、側を走っていたSさんから、「○○のヒルクライムに出ませんか?」と言われたことが最初の出会いでした。八方台へ行く途中で出会った時、輪行の時の車輪の外し方を、その場で教えてくれたり、森立峠で出会ったり、色々と出会うことが多かった方です。30歳前半の方でしょうか。自転車のおかげで、友人ができました。今年の冬は、スノー・シューの手ほどきをしてもらう予定です。スノー・シューは、昨年の冬に、妙高のOさんの所へ行ったとき、スノー・シューを勧められたことがきっかけです。Sさんは冬にこのスノー・シューで脚の訓練をしているそうです。自転車で使う筋肉と同じところを使うので、自転車屋から勧められたそうです。私は、新潟越南に来て、あらゆる面で力が復活しつつあるように感じています。新潟越南教区の皆様に心から感謝しております。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年11月1日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Dsc_0117


Dsc_0119


Dsc_0118


Dsc_0120


平成28年11月1日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::風は吹き 雨降りしきり 火が恋し

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)11頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  総裁は、「時代や環境の変化とともに宗教運動も変わらなければならない」とお書きになっています。しかし、日本会議にいるような元信徒は、変化を認めないということなのでしょうか。

【総裁先生】
 そう思います。もう一つ言えるのは、「スリーパー・セル」(自身の本当の意図を隠し、組織の中で活動する集団)という言葉がありますが、生長の家の幹部として活動しながら、日本会議にいたり、私たちが反対する団体に加わっている人がいたのです。
 しかしそうした行為は、宗教の「信仰」とは相容れないと思うんですね。現在の教団の方針に逆らいながら、自分の生活のため、仕事のため、将来の退職金のために、面従腹背していた人たちがいたのです。今回、多くは辞めていきましたが。

【学習】
  この辺りの、詳しい情報は、越南には届いていませんが、おそらくそうなのでしょう。
このスリーパー・セルですが、私的に考えますと、思いと行動の不一致ですので、神想観をしなければならないと自分では思っているが、なかなか行動が伴わない、というのも、個人的スリーパー・セルと考えられなくはないので、真に、思いと行動が一致した信仰者になりたいとつくづく思った次第です。

【越後伝道記】
   11月1日は、地震の防災訓練でした。雨の中を逃げる訓練でした。避難地は栖吉小学校でした。この小学校は、11年前の地震の時、現在のK生教会会長さんが、この小学校の校長先生をしておられたとのことです。また、刈羽の原発が事故になったら、避難地は、何と阿賀です。これは福島の方へ行く方向ですね。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月31日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Img_7069


Img_7068


平成28年10月31日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::風呂の中 柚子の香りに 包まれて

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)11頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  《面従腹背で組織内に》
 今の生長の家の若い信徒さんは、どうなのでしょう。

【総裁先生】
  政治活動を停止したのは、三十年以上前ですから。若い人の中には全然知らなかったという人が多いと思います。今回のことで、ようやく昔の政治運動時代のことを知ったのでは。私自身、政治活動が停止になった時には、生長の家の中にはいなかったんですよ。かつては教団の関係団体で働いていたし、その前は『産経新聞』にいました。だから、反対派の人たちは、”外人部隊”がいきなり生長の家に来て、乗っ取ったと思ったかも知れませんね(笑)。

【学習】
  青年会の若い人や相愛会の壮年世代は、戦後教育をうけており、政治活動の時代を知りません。ピンと来ない人が多いようです。歴史の変遷に従って、教えの説き方も変わり、救いの世界も広く展開してきます。今は、運動として新たに運動が展開しているのは、クラフト、オーガニック菜園、自転車利用など、低炭素生活者の養成です。倫理的生活を具体的に生きる生き方を弘めることです。

【越後伝道記】
  10月31日は、受験勉強会をしました。10:00~16:00です。受験勉強と言うよりも、国際本部から提示されている、36のテーマについてじっくりと学びます。この方式は、一年間行っています。「正に受験」と言うときには、別枠で受験体制に入ります。基本教義から、応用的な教義まで偏りなく学びます。また、昇格受験勉強をしませんと、法燈継承の真義や、総裁先生の御著書を読み込む機会を失うことになります。この学習法は実に重要であると、自分的には考えています。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月30日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

Dsc_0122


Dsc_0113


平成28年10月30日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::オリーブや 実は紫の 装いで

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)11頁です。

【御教示】

【聞き手】 
 生長の家が1983年に政治活動を停止した際、それに従う信徒は多数派だったのでしょうか。それとも、従来の路線に固執する信徒が多かったのでしょうか。

【総裁先生】
  感覚的に言えば、後者が少数でしょうね。ただ、当時は生長の家の若者がずいぶん燃えて政治活動をしていた時代で、優秀な人材がいたのです。ですから数は少なくても、当時の少数精鋭みたいな感じの人たちがまだ、影響力をもっているのだろうと思います。

【学習】
  当時のことを色々と思い出します。しかし、時代が移り変わり、代々、総裁先生も法燈を継承されて来ました。歴史の移り変わりを感じます。現象界は変化することは間違いないです。環境、と世界の情勢も変化しました。それに従って、救い方、説き方も変わってきます。勿論、変わらない中心の真理は当然のことながら、存在します。

【越後伝道記】
10月30日午前中、糸魚川地区での生長の家講演会でした。21名でした。初めての人も数名きました。Kさんという熟年の白鳩さんは、何と5名も勧誘しました。I相愛会連合会長さんが顔晴って、誘ったようです。青年が3名も来ていました。講師は、澤田伸史本部講師でした。素晴らしい講話でした。日本海が見える景色が良いところです。
  また、午後は直江津での生長の家講演会でした。24名の参加者でした。新人が4,5名来ました。うれしいです。澤田伸史本部講師の講話に皆様は、魅了されました。推進してくださった皆さま、有り難うございました。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年10月29日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

14656306_1140064849410782_294298040


Img_7055


平成28年10月29日「”安倍政治を語る”に学ぶ。」

****************************************

【11月6日(日) 熊本教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::ハロウィンや 笑っているよ 眼と口が

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の神の子の皆様、有り難うございます。
機関誌『生長の家』(2016年10月号)11頁です。

【御教示】

【聞き手】 
  そうなんですか。

【総裁先生】
  よく、知らないですけど。インターネットでは、けっこう酷いことを言われているみたいですよ。私は読みませんが。

【学習】
  私も読んでいません。また次第に日々多用となっておりまして、開いて読む時間がありません。また、日時計主義の生活を実践していると、波長が合わなくなるように思います。

【越後伝道記】
 10月29日は、初めての「生長の家講演会」でした。国際本部より、久保田道代本部講師補にきていただき、感動的な内容で、参加者の皆様は大変、喜んで拝聴しました。午前は、長岡会場でして、18名でした。午後は、柿崎会場で、13名の参加者でした。自然の恵みである肉体に感謝するという話がありましたが、本当にそうだ、と思いました。鹿に作物を食べられた話とか、唯神実相、唯心所現、万教帰一の真理の説明やら、人間神の子の真理の展開、環境問題まで、幅広く感動的に話していただきました。「すばらしい」のひと言に尽きる、と思いました。

 生長の家大神の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »