« 平成28年12月10日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑨」 | トップページ | 平成28年12月12日「宗教はなぜ都会を離れるか?」に学ぶ。」 »

平成28年12月11日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。(終)」

Photo


平成28年12月11日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。(終)」

****************************************

【12月11日(日) 岡山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::吹雪けども 凛として立つ 冬木立 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年10月28日 (金)「 ”もの作り”で創造的人生を」を学ばせていただきます。

【御教示】
 それでは皆さん、谷口清超大聖師が説かれた「物を大切にする心」を深く理解し、その教えにもとづいて自ら手足を動かして実践することで、“創造的人生”をそれぞれの立場で生き、表現の喜びを味わいつつ、光明化運動を新しい段階に引き上げていこうではありませんか。清超先生の八年祭に当たり、所感を申し述べました。ご清聴、ありがとうございました。 

【学習】
 この最終段落では重要なことが説かれています。そして、私たちに、新たな使命・ミッションをお示しになっておられます。それは、「光明化運動を新しい段階に引き上げる」ことです。そういう意味で、私にとっては、自転車も一つの「行」です。オーガニック菜園も「行」です。クラフトも、「行」です。光明化運動は、知信行のうちの行の段階に入っていると考えられます。
 「生長の家大神ー総裁・副総裁ー御教え」という御教えから考えましても、新しい段階に引き上げることが神の御心にかなう、ということでありましょう。
①「物を大切にする心」を深く理解する。
②自ら手足を動かして実践する。
③創造的人生をそれぞれの立場で生きる。
④表現の喜びを味わう。
⑤光明化運動を新しい段階に引き上げる。
 この5つの「行」の実践です。さあ、新潟越南教区の信徒の皆様、素晴らしい御使命の実現にご一緒に進んで参りましょう。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→アメリカ憲法で、緊急時に大統領に与えられている権限は何でしょうか?
58頁12行目~59頁9行目

①議会の招集
②立法権
③行政権

設問→自民党草案では、緊急事態の際には、内閣が立法府(議会)の権限を無視することを可能にするという点で、(   )独裁に繋がる危険なものだと言えます。
(  )の中に何が入るのでしょうか?
58頁12行目~59頁9行目

①議会
②裁判所
③内閣

【越後伝道記】
  今日は、久しぶりに行事らしい行事が無い日でしたので、相愛会の幹部の方々とゆっくり今後の光明化運動の進め方など話し合いました。よかったです。その中で人作りのことが話題の一つに登りました。
 米百俵の小林虎三郎は、人作りを実践した人であるようです。吉田松陰も松下村塾で人作りを実践しました。今、光明化運動は新しい段階に来ています。その中で、やはり人作り、幹部教育、地方講師の育成など、人作りが重要です。教区の発展も、教団の発展も、それを担うのは「人」です。故T元本部講師は、「100年の計」といって、練修生制度を作るなどして、教育に力を入れていました。それは、総裁先生への中心帰一の信仰姿勢、教義の把握の仕方、などなど、信仰と伝道に必要なことを教えてくれました。私自身は、地方講師を作ること、昇格試験の学習など、少しづつですがやらせていただいています。知信行の基本に帰り、まず、聖典等の徹底拝読、そして信仰、行ずることを実践していきたいと思います。
次は長岡の小林虎三郎の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=kn7I1ViPLVE

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

|

« 平成28年12月10日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑨」 | トップページ | 平成28年12月12日「宗教はなぜ都会を離れるか?」に学ぶ。」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

【知信行】を実践すれば、そこには自ずから【證】が顕れてまいります。それをしっかりと見据え、賞賛し、周囲に繋げていく。ここが肝要かと思っています。誠に有難うございました。

庵主様へ コメントをありがとうございました。確かにそうですね。雪は如何でしょうか。その後、かなり降ったのではないでしょうか。今年の冬は、スノー・シューで歩いてみたいと思っています。

投稿: 庵主 | 2016年12月11日 (日) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成28年12月10日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑨」 | トップページ | 平成28年12月12日「宗教はなぜ都会を離れるか?」に学ぶ。」 »