« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

平成28年12月31日「『衝撃から理解へ』に学ぶ⑥」

Pieeo


平成28年12月31日「『衝撃から理解へ』に学ぶ⑥」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
②『愛国と信仰の構造』
③『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
④『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::除夜の鐘 聞きつつ歩む 神社かな

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「新タイプのテロリスト」のところです。28頁91行目~28頁15行目
 
【御教示】
(前略)
メラーリ氏ら心理学者が言うには、自爆テロの実行者を作るには、三ステップが必要だそうだ。①目的に賛同する人ー若い、女よりは男ーを見つけ、少人数のグループに分ける。②その目的を宗教的、または政治的理由で正当化し、使命実行が如何に英雄的であり、自己犠牲がいかに尊いかを洗脳する。③そのグループの構成員全員に、何をどうするかの”誓い”を立てさせる。この段階まで行けば、構成員は心理学的に”誓い”から引き返すことは非常に難しくなるそうだ。だから、問題の本質は宗教ではなく、グループ心理学だという。(後略)

【学習】
  テルアビブ大学の心理学者、アリエル・メラーリ氏の説です。②は、インターネットにより、メディアが繰り返し繰り返し、リアルな映像と音声を通じて、「イスラーム社会が西洋社会から攻撃を受けている」というイメージを送ることがそれに当たる、とのことです。イスラーム社会全体と、インターネットを含むメディアの状況が関係していると。ここでは、貧困がテロを生む、という仮設は通用しないようです。このことを考えると、もっと実相世界からの情報、明るい日時計主義の情報、感謝と喜びの情報を様々な面で、社会に対して流し続けることが必要ではないでしょうか。

【越後伝道記】
  今年一年間、愛読していただき、誠に有り難うございました。心より感謝いたします。時々、「読んでいますよ」と言ってくださる人に出会うことがあります。この投稿で、3437回目となります。ニフティさんに心から感謝致します。ブログとは、航海日誌からきた言葉だそうです。それで、投稿は、いつの間にか忙しさを理由に1ヶ月ほど忘れることがあるようです。ですから、私は日課にしたのです。「神・自然・人間の大調和」をテーマにして書き続け、総裁への中心帰一の信仰姿勢を生涯堅持します。バランスの面で、神、自然の次の「人間」は、練成道場で25年間研究した?分野だったのですが、これが運動に生かされることを、今後の課題として、少しでも人類光明化運動・国際平和信仰運動に貢献させていただくことができれば幸いです。谷口雅春先生がかつてある聖典に「我を黙せしめば石叫ばん」という御言葉を覚えています。どこにいても真理を言わずにはおられない、伝えずにはおられない、というのが伝道者の獅子吼する姿ではないか、と思います。今年一年間、本当に有り難うございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

弱ペダです。ある種の衝撃を受けますね。光明化運動の使命遂行と重なります。
待ってて!今泉くん、鳴子くん!
脚がちぎれるまで回せ!倒れても進め!
まわせ!まわせ!

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月30日「『衝撃から理解へ』に学ぶ⑤」

Photo


平成28年12月30日「『衝撃から理解へ』に学ぶ⑤」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
②『愛国と信仰の構造』
③『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
④『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::ヒタヒタと 正月近し 日記買う

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「テロの動機とは?」のところです。22頁9行目~25頁10行目
 
【御教示】
24頁15行目

私は、「狂信的信仰への逃避」というよりは、「失われかけたイスラム教徒としてのアイデンティティーの回復」という表現の方が、事実に近いと感じる。ロンドンのテロ実行犯のように、その土地で生まれ生活してきた若者にとっては、父祖の国の文化と生れた土地
の文化との差が大きければ大きいほど、アイデンティティーの危機が深刻化する傾向がある。これは、第二次世界大戦後に、アメリカ在住の日系人が経験したことと似ているのではないかと想像する。この種の心理的葛藤の中から選ばれる選択肢は、戦争を背景としている場合は両極端とならざるを得ない。つまり、どちらか一方を採り、他方は完全に否定しなければならない。彼らは、自己の一方の傾向を完全に否定する(自殺する)ことにより、完全なるイスラム教としてのアイデンティティーを獲得することができる、と信じたのではないか。そして「殉教者は天国に生れる」というイスラームの教えは、彼らの心理を完全に代弁していたのである。

【学習】
  アイデンティティーの危機とは何ということでありましょうか。人は、自己の精神的満足のためには、肉体をも抹殺する。それは肉体以上の力を感じますが、そこまで実行するまでに、何か救済の方法はなかったのだろうか、と思います。「殉教者は天国に生まれる」という教義はその真偽を確認した人がいるのでしょうか。それはかなり疑わしいことではないかと思います。霊界通信によると、自殺をした人の霊界における状況は悲劇であると伝えられています。神が生死を支配し給うのには関わらず、人間が自ら生死を支配する。それ自体が神に対する冒涜ではなかろうか、と思うのです。

【越後伝道記】
  『日本会議 戦前回帰への情念』(山崎雅弘著)を読了しました。244頁「本当の愛国者ならば…」の言葉に著者の愛国心を感じました。203頁10行目から、谷口雅春先生の御文章が紹介されています。この本はブックレット『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』で紹介されていたものですが、総裁先生が、より一層の勉強を強調しておられた意味がよく理解できました。私は知らないことだらけです。日本の本当の繁栄のために、世界平和のために、来年度はやらなくてはならないことが余りにも多いです。来年は、ともかく「読む」ことを重視したいと思います。

「実写版弱虫ペダル7」です。実写版、いいですよ。皆さんには関係ないかも知れませんがね…。
https://www.youtube.com/watch?v=wMBDvOmC3Nc

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月29日「『衝撃から理解へ』に学ぶ④」

Photo_2


平成28年12月29日「『衝撃から理解へ』に学ぶ④」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
②『愛国と信仰の構造』
③『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
④『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::年の暮  仕事を終えて 粛々と

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「原理主義者の聖典解釈」のところです。19頁3行目~22頁8行目
 
【御教示】
22頁1行目

 先に引用した章句は、ムハンマドが異教徒との戦いと征服によって勢力を拡大していった初期の状況下に啓示された言葉である。そういう千年以上も前のアラビア半島の特殊な状況を二十一世紀の現代にそのまま当てはめ、聖典の字義通りの解釈によってテロは戦争を正当化するのが、いわゆる「原理主義的」な立場である。『コーラン』には、戦争中に受けた激烈な調子の啓示がこのほかにも数多くあるから、それを現代に字義通りに当てはめようとする原理主義的態度をとる限り、イスラム教は”好戦的”だと警戒される状態は続いていくほかはないだろう。私は、原理主義を超えたイスラームの登場と発展を切に願うものである。

【学習】
  三界唯心の理から考えても、モグラ叩きのようにやって成功することは難しいでしょう。病気の時に応急措置として病院にいくことは必要でありましても、精神生活、または実生活の仕方を変えない限り、再び病気になると考えられます。「食事の神示」を三食ごとに唱えてから食事をさせていただくようになって数年が経ちました。その中では「赦し」の実践が強調されています。そういう意味で、赦しの心がないかぎり、かつての十字軍の時のように、報復に対して報復が繰り返されます。そこには世界の平和はありません。生長のみ教えを世界に宣布することによってのみ、世界平和は来ると確信します。宇治でおこなっている霊牌による先祖供養でも、イスラムのご先祖の御霊が悟りに到達するようになれば、霊界から世界平和の運動が起こってくるのではないでしょうか。総裁先生が説かれる世界平和への道は、本当に理にかなっており、正しい方法をお教えくださっています。あとは、実践あるのみです。

【越後伝道記】
  白鳩ジョイメールに、越南の門脇日佐子さんの体験談が掲載されていましたので、転載させていただきます。
゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜
◇主人への不満
 母親教室では「夫婦仲良く」と言われますが、小さい男の子を二人かかえ、料理上手な主人の希望どおりには食事の手間をかけられず、家のことは何も手伝ってくれない主
人への不満がどうしても消えませんでした。1988年3月私は交通事故にあいましたが支部長さんから「よくなるしかないね」という言葉がストンと心に入り、その年の4月母親教室のリーダーを引き受けました。「私の主人は世界一、主人は神の子実相円満」と心の中で繰り返し、神想観をし、聖経をあげ、毎月霊牌を書いて先祖供養を続けました。この頃は、新潟県小千谷市に引っ越していました。ある時「ご主人が門脇さんと結婚できたということは、ご主人は前世で良いことをしたんだよ」と言われ、私は素直にそうだ主人はいい人だと納得しました。
◇主人に心合わせ長男を応援
 長男が中学に入学し、私はそれまでと同じように「勉強はやったの?テストは大丈夫?」と長男に言っていると、主人から「中学生になれば昔で言えば大人なのだから、もう勉強
しなさいとは一切言わないでくれ。勉強するもしないのも決めるのは本人だ。それがいやなら考え方が違うから別れてくれ」とまで言われましたが、その時の私は主人に従おうと、
ただ長男の神の子の姿のみを思い描き、何か言いたい時は本人には言わず、お風呂場に行って「長男は神の子実相円満、なんでもできます強い子良い子」と自分に言い続け、応援することができました。

◇『日時計日記』に書くしあわせ
 おかげで主人が言ったように、長男は自分のことは自分で決めて前へ進んでいます。小さい時からマウンテンバイクのレースに出ていたのですが、高校3年と大学1年の時には、
マウンテンバイクの世界戦にジュニアの日本代表に選ばれて出場しました。大学では教育学部を卒業したのですが、自転車のほうを選び、埼玉で元気に自転車の仕事をやっています。そして私は今も毎日「長男は神の子実相円満」と心でとなえ、『日時計日記』に「長男はすばらしい神の子さんで、人のお役に立たせていただいております。ありがとうございます。」と書き続けています。ありがとうございます。
゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜

※神想観のことで、谷口雅春先生の懐かしい御文章が見つかりましたので、ご紹介します。
昭和37年9月号の『理想世界』誌の「11日のことば」です。「長慶の慧稜和尚は、悟りを開きたいと思って座禅に座禅をかさね、座布団の破れること二十枚に及んだという。それほど彼は座ったのである。諸君も、もっともっと、座布団が百枚位破れる位に神想観して座り抜くほどの熱心がなければならぬ。……」と。神想観だけでは信仰のバランスが崩れますので、実践は多少の困難が伴うかも知れませんが、世界観が変わるのは間違いありませんね。せめて一年間に一日くらい、風邪を引いて休んだと思って、神想観三昧の一日を過ごすのもムダではないでしょう。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月28日「『衝撃から理解へ』に学ぶ③」

Photo


平成28年12月28日「『衝撃から理解へ』に学ぶ③」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
②『愛国と信仰の構造』
③『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
④『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::朝起きて 風そうそうと 年歩む

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「ロンドンのテロ」のところです。14頁1行目~19頁2行目
 
【御教示】
18頁12行目
私はもちろん、テロリストに同情するものではない。彼らは自分たちの掲げる政治目標のために、無関係の人を大量に殺し、世界に恐怖と醸成することを狙っている。それをもし、”神”の名に於いて実行しうると信じるならば、それは神を冒涜する盲進以外の何ものでもない。しかし、彼らに目的を達成させないためには、武力による鎮圧だけでは不十分である。イスラーム諸国の国民の心から憎しみや反感を取り去る努力が、もっと真剣に大々的に展開されるべきと考える。

【学習】
  三界唯心の理から考えても、モグラ叩きのようにやって成功することは難しいでしょう。病気の時に応急措置として病院にいくことは必要でありましても、精神生活、または実生活の仕方を変えない限り、再び病気になると考えられます。「食事の神示」を三食ごとに唱えてから食事をさせていただくようになって数年が経ちました。その中では「赦し」の実践が強調されています。そういう意味で、赦しの心がないかぎり、かつての十字軍の時のように、報復に対して報復が繰り返されます。そこには世界の平和はありません。生長のみ教えを世界に宣布することによってのみ、世界平和は来ると確信します。宇治でおこなっている霊牌による先祖供養でも、イスラムのご先祖の御霊が悟りに到達するようになれば、霊界から世界平和の運動が起こってくるのではないでしょうか。総裁先生が説かれる世界平和への道は、本当に理にかなっており、正しい方法をお教えくださっています。あとは、実践あるのみです。

【越後伝道記】
  白鳩ジョイメールに、越南の白鳩さんの体験談が掲載されていましたので、転載させていただきます。

今日は、冬至ですね。今週と来週にかけて、新潟越南教区、地区連合会長の門脇日佐子さんの体験をお届けいたします。
゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜
◇育児に疲れて
私は埼玉県浦和市で結婚生活を始め、男の子3人に恵まれました。しかし家事育児がヘタな私には、すべてが大変でした。特に長男が幼稚園に入園するまで、長男と次男を相手に、毎日育児に追われている時が一番辛い時でした。育児はもちろん、掃除洗濯をきちんとし、夕食は栄養面を考えて少なくとも2時間かけて作らなくてはいけない、などといつもピリピリしていました。ちょうどその頃、長男の3才児健診があり、最後に保健婦さん
との面談があったのですが、保健婦さんから「なにか大変なことや辛いことはありませんか?」と言葉をかけて下さっただけで、理由もなく涙がでて泣いてしまいました。

◇母親教室へ参加して笑顔に
そんな時に同じマンションの方から生長の家の教区大会に誘われ、そして母親教室に参加するようになりました。母親教室でのお話は素晴らしく、私の心が真理の話で満たされていく喜びを感じました。まわりの方が私をほめて下さり、久しぶりに笑っている自分に気づきました。私は家に帰ると、鏡の前で笑う練習を何度もやりました。育児に疲れはてていた私もおかげでだんだん笑えるようになりました。

◇すばらしい神の子さん!
長男は入園するまで、絵を描くことがヘタでしたが、私が明るくなると、絵を描くことが楽しくてたまらないようで、何か一つ気に入ったものをみつけると、自分が満足できるまで書き続けました。ドラゴンボールの絵は、半年以上経っても同じポーズの絵を描き続
けました。字はまだ書けませんでしたが、私は気になりませんでした。それはまわりの方が「神の子さんだから、時期がきたらちゃんと字が書けるようになるから大丈夫!」と私を励まして下さり、私も「すばらしい神の子さん」と子どものことを思えるようになって
きたからでした。すると小学校に入学して、担任の先生と隣の席の女の子が教えて下さって、字を覚えることが出来ました。「母親教室でお母さんが勉強するとお子さんはラッキーな子どもになりますよ」と講師の方が言われていましたが、ほんとにそうだなと思いま
す。 小学1年の秋には、長男が書いた“にわとり”の絵が選ばれて、公民館に貼られました。とってもエネルギッシュな“にわとり”の絵が、館長さんにもほめてもらい、ほんとに嬉しかったことでした。

゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜
※『生命の實相』第31巻、布表紙版(宗教戯曲篇上)を読み終えました。『生命の實相』は、中三から読み始めましたが、どれくらい読んだか分かりません。これは信仰の基礎体力をつけるためのものです。しかし、競技で勝つためには基礎体力だけでは勝てません。技術力が必要です。総裁先生の御著書や関連書籍を読み込むことによって初めて、現代社会に対して伝道する実力が養成されます。基礎体力をつけるために、私が目指している方法は、基本聖典の1000冊読破です。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月27日「『衝撃から理解へ』に学ぶ②」

Photo


平成28年12月27日「『衝撃から理解へ』に学ぶ②」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
②『愛国と信仰の構造』
③『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
④『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::日時計の 日記果つるや 嗚呼うれし

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「はしがき」のところです。1頁1行目~4頁終
 
【御教示】
5頁8行目
  そんな”素人”に何が言えるかと疑う読者がいるかもしれない。が、その一方で、私は宗教の素人でもない。宗教学者ではないが、生長の家という宗教の教えを伝える立場にある伝道者である。この教えの中に「万教帰一」という言葉がある。これは、すべての宗教の真髄は共通しているという考え方で、古くはヒンズー教の伝統の中にあり、近くはキリスト教内部で生まれた「宗教多元主義」(rekiigious pluralism)と共通しており、さらには現代のインドネシアのイスラームの一部にもある。宗教学は、どちらかというと各宗教の特長や違いを強調しがちであり、観念的になりやすい。だが、信仰者の立場からの他宗教との「共通点の認識」は現実世界に直接的に影響する。現に、この逆である他宗教との「相違点の認識」が9、11以降の世界情勢を動かしている重大要素と言えるだろう。つまり、信仰者が他宗教との”違い”を見つめることは、宗教間に争いを生む原因となるのである。”共通点”を見出し、それを認め合うことによってのみ宗教間の共存が可能となる、と私は考える。そういう観点から見れば、現代の日本で始まった宗教運動が、長い伝統をもつ世界宗教と共通点を見出そうとする努力は、大いに意味があると思うのである。

【学習】
  万教帰一と御教えでは云うのですが、共通点の認識ということは、何と素晴らしいことでしょうか。逆に、相違点を強調することによって、世界の負の歴史が展開されている。何と恐ろしいことではないでしょうか。宗教間の共存が可能となるのは、共通点の認識であるという。今後、万教帰一を深く学習することになります。万教帰一を世界に宣布すること、これが現代を生きる生長の家信徒の偉大なる使命であると思います。これこそ、世界平和を持ち来す神様からのアイデアです。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】(終)

設問→次のうち、正しい文章を○で囲め。
74頁5行目~76頁4行目

①生長の家は、立憲民主主義を支持します。
②立憲民主主義とは、憲法に基づいた、民族主義を意味します。
③民主主義は肉体民主主義を表現しているので、生長の家では支持しない。
④一人ひとりの主体的で自由な選択が、”神の子”の良心の表現となることによって、資本主義が善き社会の実現につながることを目指しています。

(*のところに4文字入れて下さい。)
⑤正しい信仰を凡ての人々が何らかの形で持つようになり、その傾向が全国的に拡がって行って初めて神の国に近づいた国家が現実のものとなり、そこには当然(****)の姿が各所に具体化してくるのである。
⑥国民一人一人が神意を第一とした生き方をして、神の子の良心に基づいた意見表明や投票を民主的ルールに則って行うことによって、(****)の独裁の道を防ぐことができます。(*のところに4文字を入れて下さい。)
⑦権力の濫用を防ぎ、基本的人権を守るための(****)は、一人ひとりがかけがいのない絶対価値を持つことを説く”人間・神の子”の教えを政治の場に反映させるために、必要不可欠の思想であり、制度です。

【越後伝道記】
  12/27午後の柏崎見真会が終わってから、夕方に糸魚川にお見舞いに行きました。130軒~140軒が延焼した糸魚川の大火です。心よりお見舞い申し上げます。毎月約2年間、見真会を行っている観音堂とお隣の神社は無事でした。駐車場を挟んで右側の家は無くなりました。観音堂の前に道路があり、8㍍くらいはありますが、その前の家並みはすべて延焼していました。誠にもお気の毒です。この辺りに、普及誌愛行や伝道をしていなかったことが悔やまれます。ビルの壁からの垂れ幕は、がんばろう糸魚川!!負けるな糸魚川!!です。観音堂の押し入れには、いつも実相軸を置いてあったそうです。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月26日「『衝撃から理解へ』に学ぶ。」

S_1


平成28年12月26日「『衝撃から理解へ』に学ぶ。」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
②『愛国と信仰の構造』
③『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
④『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::温め酒 トクトクトクと 杯へ

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「はしがき」のところです。1頁1行目~4頁終
 
【御教示】
5頁8行目
  そんな”素人”に何が言えるかと疑う読者がいるかもしれない。が、その一方で、私は宗教の素人でもない。宗教学者ではないが、生長の家という宗教の教えを伝える立場にある伝道者である。この教えの中に「万教帰一」という言葉がある。これは、すべての宗教の真髄は共通しているという考え方で、古くはヒンズー教の伝統の中にあり、近くはキリスト教内部で生まれた「宗教多元主義」(rekiigious pluralism)と共通しており、ああには現代のインドネシアのイスラームの一部にもある。宗教学は、どちらかというと各宗教の特長や違いを強調しがちであり、観念的になりやすい。だが、信仰者の立場からの他宗教との「共通点の認識」は現実世界に直接的に影響する。現に、この逆である他宗教との「相違点の認識」が9、11以降の世界情勢を動かしている重大要素と言えるだろう。つまり、信仰者が他宗教との”違い”を見つめることは、宗教間に争いを生む原因となるのである。”共通点”を見出し、それを認め合うことによってのみ宗教間の共存が可能となる、と私は考える。そういう観点から見れば、現代の日本で始まった宗教運動が、長い伝統をもつ世界宗教と共通点を見出そうとする努力は、大いに意味があると思うのである。

【学習】
  万教帰一と普通言うのですが、共通点の認識ということは、何と素晴らしいことでしょうか。逆に、相違点を強調することによって、世界の負の歴史が展開されている。何と恐ろしいことではないでしょうか。宗教間の共存が可能となるのは、共通点の認識であるという。今後、このことに向かって学習することになります。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】(終)

設問→次のうち、正しい文章を○で囲め。
74頁5行目~76頁4行目

①生長の家は、立憲民主主義を支持します。
②立憲民主主義とは、憲法に基づいた、民族主義を意味します。
③民主主義は肉体民主主義を表現しているので、生長の家では支持しない。
④一人ひとりの主体的で自由な選択が、”神の子”の良心の表現となることによって、資本主義が善き社会の実現につながることを目指しています。

(*のところに4文字入れて下さい。)
⑤正しい信仰を凡ての人々が何らかの形で持つようになり、その傾向が全国的に拡がって行って初めて神の国に近づいた国家が現実のものとなり、そこには当然(****)の姿が各所に具体化してくるのである。
⑥国民一人一人が神意を第一とした生き方をして、神の子の良心に基づいた意見表明や投票を民主的ルールに則って行うことによって、(****)の独裁の道を防ぐことができます。(*のところに4文字を入れて下さい。)
⑦権力の濫用を防ぎ、基本的人権を守るための(****)は、一人ひとりがかけがいのない絶対価値を持つことを説く”人間・神の子”の教えを政治の場に反映させるために、必要不可欠の思想であり、制度です。

【越後伝道記】
  12/27午後の柏崎見真会が終わってから、夕方に糸魚川にお見舞いに行きました。130軒~140軒が延焼した糸魚川の大火です。心よりお見舞い申し上げます。毎月約2年間、見真会を行っている観音堂とお隣の神社は無事でした。駐車場を挟んで右側の家は無くなりました。観音堂の前に道路があり、8,㍍くらいはありますが、その前の家並みはすべて延焼していました。誠にもお気の毒です。この辺りに、普及誌愛行や伝道をしていなかったことが悔やまれます。垂れ幕は、がんばろう糸魚川!!負けるな糸魚川!!です。観音堂の押し入れには、いつも実相軸を置いてあったそうです。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月25日「『ちょっと私的に考える⑦』に学ぶ。」

Photo


Photo_3


Photo_4


平成28年12月25日「『ちょっと私的に考える⑦』に学ぶ。」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::ほかほかと 湯気立ち上る 冬の川 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「ブンチョウ」のところです。227頁1行目~248頁終
 
【御教示】
234頁12行目
 私は最初、これは何かの間違いかと思った。そして、もう一度、その鳥の方に手を伸ばしてみたが、やはり明らかな敵意を見せて、鳥は私に噛みついた。私の中の「親心」はしだいに来て、やがて「怒り」が湧いてきた。それは、「弱い雛の時から毎日餌やりをして、ここまで育ててきた親である人間サマに、いったい何の恨みがあって噛みつくのか。この恩知らずの鳥め!」ーーという思いである。
(中略)
「鳥は人間と同じではない」という単純な事実を、その時忘れてしまっていた。

236頁7行目
私は、「ブンチョウの親」という自分の立場に捕らわれていたから、この鳥を「恩知らずの悪い鳥」と考えていたのだが、鳥の立場から見ると、その同じ”悪い態度”は、子を護る親の英雄的な”善い態度”であったのだ。

239頁2行目
もっと簡単に言えば、手乗りになったブンチョウは、子育てができないか、できたとしても下手なのだ。だからその本では、「鳥が抱卵を始めたら、餌をあげる以外は、できるだけ静かに放っておく」ことを勧めている。

243頁4行目
しかし、「子孫を殖やせない」ということは、生物界一般では失敗以外の何ものでもないだろう。このような失敗の主たる原因は、「手乗り」という行動を生み出したものである。「手乗り」と言えば聞こえがいいが、これはあくまでも人間本位の呼び方である。鳥の立場から考えれば、それは「親を履き違える」という一種の錯誤であり、それも重大な種類の過ちであるから、鳥の他の行動にも深刻な影響を与えるようだ。

【学習】
  手乗り文鳥が手に乗るというのは、本来の性質ではないようですね。自然を人間の力で変えると、それなりの結果が顕れるということでありましょう。肉食であれ、牛や豚は食べられるために生まれて来たのではないのですから、文鳥の子育て不能の状態が顕れたように、観世音菩薩の現れとして、狂牛病や鳥インフルエンザなど色々の疾病が顕れてきて、本来の自然界の実相が顕れる契機となるのかも知れません。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→聖経『天使の言葉』には、「億兆の御霊も、悉く唯一神霊の反映な」りと説かれていますが、唯一神霊の反映(うつし)とは、人間だけですか?それとも「すべての生命」もその範疇の中に入るのでしょうか?

①人間だけである。
②人間も含めて、人間以外のすべての生命も範疇に入る。
③自然界の生物のみである。

【越後伝道記】
  次の文章は、小学生一泊見真会で、M地方講師(生教会会長)が先導する際に、自作し唱えた言葉です。ご参考までに掲載します。

キャンドルサービスにおける火の神の唱える言葉
(キャンドルサービス開会宣言の後)
キャンドルサービスの意義説明
 キャンドルサービスは儀式ですので、絶対私語は慎み厳粛に行います。もし違反者があると、そのとたん儀式の意味がなくなってしまいます。儀式では、先導者の言葉を、できるだけ理解していく気持で、また、日頃を反省してみたり、これからの「真の人間としての生きざま」を考えてみたりする機会としてほしいと思います。それでは天使入場してください。
(天使入場して、神様のロウソクに点灯した後)
火の神の開会の言葉
 今、天使によって運ばれてきた、この小さな火は、この集いの輪に、ほのかな明るさ与えたことと思います。火は遠い昔から私たちに生きることの喜びや勇気を与えてくれたものです。火は自らを焼きつくしながら光と熱とを私たちに与えてくれます。火は私たちの生命ともいえるものです。このことは、数千年の昔から私たち祖先が火を守って、ある時は獣や外敵から身を守ったり、物をつくることを教えたり、明るくすることを考えたりしてきました。私たちは、光を与える炎のように世界のすべてに明るさと希望を与えることを、共に誓いたいと思います。それでは分火します。
(分火した後)
火の司の終わり言葉
 そのともし火を右手で高く上げてください。「綺麗ですね」ここに集う人たちが、今このような素晴らしい綺麗な輪を作り上げ、友情と団結のちぎりを結んだことを意味していることだと思います。どうかこの輪をいつまでも忘れないでほしいと思います。
 それでは、そのともし火を自分の目の高さにしてください。そして、そのともし火の中に、もう一度小さい時のことを思い出しながら、お父さん、お母さんを思い出してください。この世の中で、一番あなた方のことを心配してくれているのはお父さん、お母さんです。あなた方が小さい時に熱を出して病気になった時、一晩中寝ずに看病してくださったのもお父さん、お母さんです。この熱がなかなか下がらず病院へ連れて行く途中「どうか神様、この子の熱を下げてください」と手を合わせ、祈りつづけたのもお父さん、お母さんです。「旅行に行こう」と思っても、「私は行きたくないよ」と言って、そのお金であなた方の好きな着物や洋服など買ってくださったのもお父さんであり、お母さんです。また、食べたいものがあっても、自分は食べたふりをして、幼いあなたの口に運んでくれました。また、食べ物がのどにつまらないように小さくして、あなたの口に運んでくれたのもお父さんであり、お母さんです。
 こうした言葉でしか親の恩が表現できませんが、こうした両親の愛によって、私たちはすくすくと立派に成長できたのだと思います。どうか、今学んでいることを、これからの生活の中で生かしていってください。
 生長の家大神様から谷口雅春先生が神示を受け、二代目総裁谷口清超先生に受け継がれ、現在は三代目総裁谷口雅宣先生へ法燈が継承されています。初代総裁谷口雅春先生の人類光明化運動発進の宣言を拝読します。
人類光明化運動発進の宣言
 自分はいま生長の火をかざして人類の前に起つ。起たざるを得なくなったのである。友を助けよ。同士よ吾に投ぜよ。人類は今危機に瀕している。生活苦が色々の形で押し寄せて人類は將に波にさらわれて覆没しようとしている小舟の如き観はないか。自分は幾度も躊躇した。起つことを躊躇した。自分は中心者として増上慢のそしりを受けることを恐れていたのだった。一求道者としていつまでも謙遜でいたかった。併し今は謙遜でありたいと云うことが自分にとっては安易を貪る一つの誘惑と感じられる。自分はこの誘惑に打ち克って人類を救わねばならない。自分の有っている限りの火で人類を救わねばならない。自分の火は小さくとも人類の行くべき道を照らさずにはおかないだろう。この火は天井から天降った生長の火である。火だ!自分に触れよ。自分は必ず触れる者に火を点ずる。生長の火を彼に移す。自分は今覚悟して起ち上がった。見よ!自分の身体が燃え尽くすまで、蝋燭のようにみずからを焼きつつ人類の行くべき道を照射する。 
火の神の閉会の言葉
 キャンドルサービスの間、私たちを見守ってくれた炎は今静かに消えてゆこうとしています。炎は、私たちの胸にいっそう激しく青春の情熱と仲間意識を残してくれたことと思います。青春は、時には、辛くさびしく、また時には悲しく、涙することもあるでしょう。しかし、このキャンドルサービスで得た限りない感動と明るく躍動する仲間たちとの絆を思いおこせば、また明日からの力強い勇気も湧いてくると思います。
 ここにキャンドルサービスを閉じるにあたり、皆様の健康と発展を祈りながら、最後に、皆さんと共に私たちに感動を与えてくれた全てのものに、感謝と敬意の拍手を贈ろうではありませんか。
 それでは、最後に皆様で「神とともに生くる歌」を歌います。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (1)

平成28年12月24日「『ちょっと私的に考える⑥』に学ぶ。」

Photo_2


平成28年12月24日「『ちょっと私的に考える⑥』に学ぶ。」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::夜更けて 雪シンシンと 山眠る 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「半身半疑」のところです。189頁1行目~223頁終
その中の、214頁5行目~215頁5行目です。
 
【御教示】
(前略)
つまり、これまで自分の中にありながら気づかなかった新たな性格や能力が、異性との(困難を伴うこともある)関係の中で開発されてくる。二人の間のギブ・アンド・テイクを通して、お互いが変わっていくのである。こうして何回かの試練を通して、二人はより豊かな個性と能力を開発しながら、その二人でなければ表現できない「全体性」を、この人生に於いて実現していくのである。
 このような長期にわたる安定的な関係を最も有効に実現できるのは、現代の社会制度にあっては「結婚」以外にない。したがって、恋愛関係は結婚を目標に行うことが最も合理的だということになる。また、このような二人の関係は、肉体関係を含みながらもそれをはるかに超えたものであるため、相手をお互いに「魂の半身」と呼ぶのである。これは、相手がいないと自分が半分だという意味ではなく、相手はこの人生に於いて自分の全体性を実現させてくれるかけがいのない伴侶(パートナー)だという意味である。
 そういう相手を得られた人は、半身半疑の思いを去り、そのパートナーに対し機会ある毎に感謝の思いを表現したいものである。

【学習】
  最後の一行の御文章が実行項目です。ギブアンドテイクを通してお互いが変わる。変わって行かざるを得ないことになります。そうしないと、関係が崩れるからです。この際、子どもがいると、「子は鎹(かすがい)」というように、忍耐力が発揮されますが、子どもがいない時は、離婚することもあるようです。しかし、結婚生活や喜びであり、大調和のうちに、自己の人生のすべてを、神をこの世に実現するために捧げたいものです。御教えは、夫婦互いに拝み合いの生活を送るように教えています。その夫婦円満大調和から善き人生の創造と素晴らしい繁栄が顕れます。ムスビの働きによって、より一層素晴らしい、お互いの個性が開発されることになるようです。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→聖経『天使の言葉』の一節です。下記から語句を選んで、空欄を埋めて下さい。
72頁2行目~73頁3行目

汝らの先ず悟らざるべからざる(  )は、
『我』の本体がすべて(  )なることなり。
汝ら億兆の個霊も、
悉くこれ唯一神霊の(  )なることを知れ。
喩えば此処に一個の物体の周囲に百万の(  )をおきて
これに相対せしむれば一個もまた百万の姿を現ぜん。
斯くの如く汝らの(  )も
甲乙相分れ、
丙丁互に相異る姿を現ずるとも
悉くこれ(   )の反映にしてすべて一つなれば
これを汝ら互に(  )なりと云う。
すべての生命を互いに兄弟なりと知り、
すべての生命を互いに(  )なりと知り、
分かち難くすべての生命が(  )なることを知り、
神をすべての生命の(   )なりと知れば、
汝らの内おのずから(   )の心湧き起こらん。

一体、個霊(みたま)、兄弟、真理、反映(うつし)、愛と讃嘆の心、神、鏡、唯一神霊、姉妹、父、

【越後伝道記】
  生長の家の日時計主義の実践をする限り、人生は、または所属する団体は、護られ、繁栄せざるを得ないように思います。囲碁の定石のようなものでしょうか。徳積、三正行(神想観、聖典等の読誦、愛行)、愛深い、赦しの生活、エシカルな生活、倫理的生活者、先祖供養、祝福の祈り、誌友会でのお世話活動、基本と応用、聖使命会、伝道と愛他行、などなど定番のものです。御教えはさまざまな方法を教えて下さっています。知ること、信じること、後は、実践あるのみです。そして、結果が顕れる。そして御教えの正しさが証明されます。大切なことは、中心を見失わないことです。自分はこう思う、という考え方はいつの間にか、心の中で別派活動となってしまいます。総裁先生の御心を吾が心として、常に中心を見失わないことが、光明化運動を推進する上での最重要項目です。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月24日「『ちょっと私的に考える⑥』に学ぶ。」

Photo


平成28年12月24日「『ちょっと私的に考える⑥』に学ぶ。」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::夜更けて 雪シンシンと 山眠る 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「半身半疑」のところです。189頁1行目~223頁終
その中の、214頁5行目~215頁5行目です。
 
【御教示】
(前略)
つまり、これまで自分の中にありながら気づかなかった新たな性格や能力が、異性との(困難を伴うこともある)関係の中で開発されてくる。二人の間のギブ・アンド・テイクを通して、お互いが変わっていくのである。こうして何回かの試練を通して、二人はより豊かな個性と能力を開発しながら、その二人でなければ表現できない「全体性」を、この人生に於いて実現していくのである。
 このような長期にわたる安定的な関係を最も有効に実現できるのは、現代の社会制度にあっては「結婚」以外にない。したがって、恋愛関係は結婚を目標に行うことが最も合理的だということになる。また、このような二人の関係は、肉体関係を含みながらもそれをはるかに超えたものであるため、相手をお互いに「魂の半身」と呼ぶのである。これは、相手がいないと自分が半分だという意味ではなく、相手はこの人生に於いて自分の全体性を実現させてくれるかけがいのない伴侶(パートナー)だという意味である。
 そういう相手を得られた人は、半身半疑の思いを去り、そのパートナーに対し機会ある毎に感謝の思いを表現したいものである。

【学習】
  最後の一行の御文章が実行項目です。ギブアンドテイクを通してお互いが変わる。変わって行かざるを得ないことになります。そうしないと、関係が崩れるからです。この際、子どもがいると、「子は鎹(かすがい)」というように、忍耐力が発揮されますが、子どもがいない時は、離婚することもあるようです。しかし、結婚生活や喜びであり、大調和のうちに、自己の人生のすべてを、神をこの世に実現するために捧げたいものです。御教えは、夫婦互いに拝み合いの生活を送るように教えています。その夫婦円満大調和から善き人生の創造と素晴らしい繁栄が顕れます。ムスビの働きによって、より一層素晴らしい、お互いの個性が開発されることになるようです。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→聖経『天使の言葉』の一節です。下記から語句を選んで、空欄を埋めて下さい。
72頁2行目~73頁3行目

汝らの先ず悟らざるべからざる(  )は、
『我』の本体がすべて(  )なることなり。
汝ら億兆の個霊も、
悉くこれ唯一神霊の(  )なることを知れ。
喩えば此処に一個の物体の周囲に百万の(  )をおきて
これに相対せしむれば一個もまた百万の姿を現ぜん。
斯くの如く汝らの(  )も
甲乙相分れ、
丙丁互に相異る姿を現ずるとも
悉くこれ(   )の反映にしてすべて一つなれば
これを汝ら互に(  )なりと云う。
すべての生命を互いに兄弟なりと知り、
すべての生命を互いに(  )なりと知り、
分かち難くすべての生命が(  )なることを知り、
神をすべての生命の(   )なりと知れば、
汝らの内おのずから(   )の心湧き起こらん。

一体、個霊(みたま)、兄弟、真理、反映(うつし)、愛と讃嘆の心、神、鏡、唯一神霊、姉妹、父、

【越後伝道記】
  生長の家の日時計主義の実践をする限り、人生は、または所属する団体は、護られ、繁栄せざるを得ないように思います。囲碁の定石のようなものでしょうか。徳積、三正行(神想観、聖典等の読誦、愛行)、愛深い、赦しの生活、エシカルな生活、倫理的生活者、先祖供養、祝福の祈り、誌友会でのお世話活動、基本と応用、聖使命会、伝道と愛他行、などなど定番のものです。御教えはさまざまな方法を教えて下さっています。知ること、信じること、後は、実践あるのみです。そして、結果が顕れる。そして御教えの正しさが証明されます。大切なことは、中心を見失わないことです。自分はこう思う、という考え方はいつの間にか、心の中で別派活動となってしまいます。総裁先生の御心を吾が心として、常に中心を見失わないことが、光明化運動を推進する上での最重要項目です。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月23日「『ちょっと私的に考える⑤』に学ぶ。」

Photo


平成28年12月23日「『ちょっと私的に考える⑤』に学ぶ。」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::越の野は キラキラ光る 冬銀河

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「石油より太陽を!」のところです。1363頁1行目~185頁終
その中の、177頁9行目~178頁1行目です。
 
【御教示】
(前略)
  とにかく、有限の石油資源を他の人と奪い合うのではなく、また、電力生産の過程で温暖化ガスを生み出すこともなく、すぐ目の上にありながら利用されてこなかった太陽エネルギーを使い、さらに得られた余剰電力は人様に利用してもらえるのである。そのような設備が自家用車1台分の代金で入手できるのだから、手をこまねいている必要はないーこう考えて私は妻に相談した。
(後略)

【学習】
  平成10年6月半ばころには、すでに太陽光発電を開始しておられます。現在は、生長の家では、メガソーラーを建設しています。地上資源の最たるものです。思い切って設置した時、その家の運命は開かれるようです。私の義母の家は、福島原発の事故のために5カ年間、仮設住宅に住んでいましたが、自宅に帰りました。さらに敷地内にソーラーパネルを設置して、オール電化として、東北電力に頼らない生活をしているようです。しかも売電ができるので、収入があるようです。太陽さん、ありがとう、です。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→次の文章の中で、正しいものを選んで、(  )に入れて下さい。
70頁13行目~72頁1行目

※すべての生命が神において(    )である。
①敵味方
②同一の細胞
③兄弟姉妹

※生長の家の”人間・神の子”の教えでは、自己利益のみを考えるのではなく、他の人の利益を思い、さらに人間だけでなく、他のすべての(  ①   )のことを考えた(  ②   )を行うことが大切だと考えます。

①霊魂、 被造物、 生物、 天体  
②経済活動や生活実践、 光明化運動、 投票行動や意見表明

【越後伝道記】

”新しい文明”の基礎づくりは、喜びの自己変革から

 新潟越南教区の菩薩の皆さま、新年明けましておめでとうございます。
昨年、12月22日の糸魚川の大火は、誠にも心が傷む出来事でした。一日も早い復興をお祈り申し上げます。
 さて、今年は、「”新しい文明”の基礎を作るための3カ年計画」の初年度です。”新しい文明”とは、人間の幸福と自然界の発展とが両立するような生き方であり、そんな生き方を支え、拡大する力となる信仰、哲学、科学技術、政治、経済の全体をいう」と教えられております。

 実践項目として、三つあります。一つは「ノーミート、低炭素の食生活」です。12月23日、24日と小学生一泊見真会が行われましたが、ケーキ作りは豆乳で作った生クリームを使用しました。温室で作った苺は使用せず、ルレクチェ、ミカン、林檎を乗せました。お昼のカレー・ライスは、長岡産の米粉で作ったカレーを使用しました。お肉を使用しません。野菜もできるだけ、信徒様からのものを中心にして地産地消を目指しています。昨年は、教化部駐車場でプランター菜園も行いました。
  渋柿の実もたくさん生りましたので、70個ほど皮をむいて干しています。それを少しずついただいています。

 二つ目は、「省資源、低炭素の生活法」です。職員さんの中には、2年前に自家用車を手放し、自宅から最寄りの駅まで、1㌔ほどですが、徒歩で通い、電車に乗り継ぎ、さらにバスで教化部近くまで移動し、出勤しています。自転車を使用する人は、まだまだこれからと行った所ですが、練成会や見真会では、自転車をお勧めするプログラムが組まれています。

 三つ目は、「自然重視、低炭素の表現活動」です。さまざまな物を安易に購入せずに手作りする。または、捨てずに再利用する。物を大切にする心と活用法の実践です。新潟越南練成会では、約1時間、クラフトの時間を持つようになって、1年以上経ちました。ある時、『万物調和六章経』のケース作りを行いましたが、私は、自分で作ったケースを使用しています。最初は昨年の小学生練成会で、倉庫にあった竹の切れっ端で竹とんぼを作成しました。それからさまざまな物作りに挑戦しています。
 12月の小学生一泊見真会では、ペットボトルで作った風力発電器でLEDのミニ電球を点灯させました。

  根本は、「唯神実相、唯心所現、万教帰一」ですが、そこから現代の変化に即応して、総裁先生によって、新たに説かれる御教えに従って生活しておりますと、この1,2年間で私の考え方や生活法などもずいぶんと変化してきました。生活すること自体に喜びが湧いてきました。長岡は地方都市ですが、かなりまだ自然が残っているところです。
 ムスビの働きを重視しながら、上記三点を意識しつつ、実生活に実践することが、倫理的生活であり、運動方針を実行することに当たります。
 さらに、神想観、聖典等の読誦、愛行・伝道の実践、すなわち三正行によって、今年はさらに大いに徳を積ませていただき、人類光明化運動・国際平和信仰運動の新しい段階に進んで参りましょう。愛深く生きること。愛深い生活、これらの生き方が多くの人々を引きつけます。伝道はここからです。さらに「神・自然・人間の大調和」を念頭に於いて、ご一緒に協働いたしましょう。
                                   再拝

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::越の野は キラキラ光る 冬銀河

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「石油より太陽を!」のところです。1363頁1行目~185頁終
その中の、177頁9行目~178頁1行目です。
 
【御教示】
(前略)
  とにかく、有限の石油資源を他の人と奪い合うのではなく、また、電力生産の過程で温暖化ガスを生み出すこともなく、すぐ目の上にありながら利用されてこなかった太陽エネルギーを使い、さらに得られた余剰電力は人様に利用してもらえるのである。そのような設備が自家用車1台分の代金で入手できるのだから、手をこまねいている必要はないーこう考えて私は妻に相談した。
(後略)

【学習】
  平成10年6月半ばころには、すでに太陽光発電を開始しておられます。現在は、生長の家では、メガソーラーを建設しています。地上資源の最たるものです。思い切って設置した時、その家の運命は開かれるようです。私の義母の家は、福島原発の事故のために5カ年間、仮設住宅に住んでいましたが、自宅に帰りました。さらに敷地内にソーラーパネルを設置して、オール電化として、東北電力に頼らない生活をしているようです。しかも売電ができるので、収入があるようです。太陽さん、ありがとう、です。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→次の文章の中で、正しいものを選んで、(  )に入れて下さい。
70頁13行目~72頁1行目

※すべての生命が神において(    )である。
①敵味方
②同一の細胞
③兄弟姉妹

※生長の家の”人間・神の子”の教えでは、自己利益のみを考えるのではなく、他の人の利益を思い、さらに人間だけでなく、他のすべての(  ①   )のことを考えた(  ②   )を行うことが大切だと考えます。

①霊魂、 被造物、 生物、 天体  
②経済活動や生活実践、 光明化運動、 投票行動や意見表明

【越後伝道記】

”新しい文明”の基礎づくりは、喜びの自己変革から

 新潟越南教区の菩薩の皆さま、新年明けましておめでとうございます。
昨年、12月22日の糸魚川の大火は、誠にも心が傷む出来事でした。一日も早い復興をお祈り申し上げます。
 さて、今年は、「”新しい文明”の基礎を作るための3カ年計画」の初年度です。”新しい文明”とは、人間の幸福と自然界の発展とが両立するような生き方であり、そんな生き方を支え、拡大する力となる信仰、哲学、科学技術、政治、経済の全体をいう」と教えられております。

 実践項目として、三つあります。一つは「ノーミート、低炭素の食生活」です。12月23日、24日と小学生一泊見真会が行われましたが、ケーキ作りは豆乳で作った生クリームを使用しました。温室で作った苺は使用せず、ルレクチェ、ミカン、林檎を乗せました。お昼のカレー・ライスは、長岡産の米粉で作ったカレーを使用しました。お肉を使用しません。野菜もできるだけ、信徒様からのものを中心にして地産地消を目指しています。昨年は、教化部駐車場でプランター菜園も行いました。
  渋柿の実もたくさん生りましたので、70個ほど皮をむいて干しています。それを少しずついただいています。

 二つ目は、「省資源、低炭素の生活法」です。職員さんの中には、2年前に自家用車を手放し、自宅から最寄りの駅まで、1㌔ほどですが、徒歩で通い、電車に乗り継ぎ、さらにバスで教化部近くまで移動し、出勤しています。自転車を使用する人は、まだまだこれからと行った所ですが、練成会や見真会では、自転車をお勧めするプログラムが組まれています。

 三つ目は、「自然重視、低炭素の表現活動」です。さまざまな物を安易に購入せずに手作りする。または、捨てずに再利用する。物を大切にする心と活用法の実践です。新潟越南練成会では、約1時間、クラフトの時間を持つようになって、1年以上経ちました。ある時、『万物調和六章経』のケース作りを行いましたが、私は、自分で作ったケースを使用しています。最初は昨年の小学生練成会で、倉庫にあった竹の切れっ端で竹とんぼを作成しました。それからさまざまな物作りに挑戦しています。
 12月の小学生一泊見真会では、ペットボトルで作った風力発電器でLEDのミニ電球を点灯させました。

  根本は、「唯神実相、唯心所現、万教帰一」ですが、そこから現代の変化に即応して、総裁先生によって、新たに説かれる御教えに従って生活しておりますと、この1,2年間で私の考え方や生活法などもずいぶんと変化してきました。生活すること自体に喜びが湧いてきました。長岡は地方都市ですが、かなりまだ自然が残っているところです。
 ムスビの働きを重視しながら、上記三点を意識しつつ、実生活に実践することが、倫理的生活であり、運動方針を実行することに当たります。
 さらに、神想観、聖典等の読誦、愛行・伝道の実践、すなわち三正行によって、今年はさらに大いに徳を積ませていただき、人類光明化運動・国際平和信仰運動の新しい段階に進んで参りましょう。愛深く生きること。愛深い生活、これらの生き方が多くの人々を引きつけます。伝道はここからです。さらに「神・自然・人間の大調和」を念頭に於いて、ご一緒に協働いたしましょう。
                                   再拝

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月22日「『ちょっと私的に考える④』に学ぶ。」

Photo_4


平成28年12月22日「『ちょっと私的に考える④』に学ぶ。」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::冬至湯や 香りほのぼの 身を包む

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「右足の怪」のところです。133頁1行目~159頁終

その中の、150頁13行目~です。
 
【御教示】
(前略)通風は昔は「王侯貴族の病気」と言われた点だ。つまり、私は美食をしていないはずだったからである。特に哺乳動物の肉は食べないようにしていたし、酒の量など無視できる程度だと自負していた。また、脂っこいもの、甘いものを避けるようになってから、かなり年月がたっていた。このような食生活の変更は、四十歳になって誕生月検診を受けるようになってから段階的に行ってきた。当初の検診では、中性脂肪の量が正常値を越えていたため、「高脂血症」と書かれたこともあったが、ここ数年ではそういうこともなくなっていた。
(後略)

【学習】
  痛風が起きる人がありますが、王侯貴族の病気と言われたそうです。私の親戚で痛風になる人がありましたが、そのために、ほとんど美食、ビールなども飲まずに、70歳を超えても一週間に二回は武道を稽古して、汗をかいています。すると、顔はツヤツヤとして驚くほど健康なのです。すごいなあ、と思います。食生活の変更も食事時間の変更も大切であろうと思います。私は、以前、15年間、高脂血症になっていたことがあります。ですが、食事をする時間を、早くしました。すると、本当にその時から、高脂血症の数値が正常になったのです。身体は正直です。心と身体を訓練することが、どうも長生きをして、光明化運動に貢献させていただくのには必要であるようですね。酒やタバコ、そして美食の食欲を取るのか、それ以上に、素食と質素な生活をして、神様のお仕事をさせていただくことを選ぶかは、自分が選ぶことです。私は総裁先生にお仕えできる時代に生まれて来て本当に良かったとつくづく思います。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→選挙権には、権利としての面ともう一つ別の面があります。もう一つとは、良くも悪くも社会全体に関わる働きがあります。それではもう一つの側面とは何でしょうか?一つだけ、選んでくさい。
69頁13行目~70頁12行目

①経済的な側面
②国防としての側面
③宗教的な側面
④民主主義的な側面
⑤公務としての側面
⑥歴史的な側面
⑦万教帰一的な側面

【越後伝道記】
  12月23日は、小学生一泊見真会が午後1時より始まりました。参加者は、男子3名です。運営委員の大人の皆さんは、総勢20名ほどです。小学生が少ないと思うか、この小学生さんによって、行事が成り立っている。有り難いと思うかは、観方、考え方です。私は、有り難いと思っています。午後のケーキ作りでは子供たちもですが、大人の皆さまも熱心に作っていました。夜は、キャンドルサービス(聖火授与式)です。生教会会長のMさんが初めて行います。今日は、とても暖かい一日でした。夕飯は、ノーミート料理のカレーでした。本当に美味しいノー・ミート・カレーができるようになりました。うれしいです。
 それから、糸魚川の大火ですが、18:00頃、鎮火の報告を受けました。よかったです。例年はこんな風は吹かないのに、とI 相愛会連合会長さんが言っていました。I さんは、20㌔㍍ほど離れた親不知にお住まいがあります。私は3年前、郷里の高知から長岡にかえる時、大風のために汽車が遅れて、真冬に糸魚川の駅で夜を明かしたことがあります。風が吹くと安全運転のために電車が停まるようですね。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月21日「『ちょっと私的に考える③』に学ぶ。」

Photo_2


平成28年12月21日「『ちょっと私的に考える③』に学ぶ。」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::かいつぶり 水に潜って すいすいと

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
「ノストラダムスよ、さようなら」のところです。99頁1行目~130頁終

その中の、104頁「メタフィジカルヒーリングと予言」です。
 
【御教示】
(前略)では、谷口雅春先生が「現象界における人類の滅亡」をこの時点で「1999年」と予言されたのかと考えると、そのような解釈はどうも疑わしい。なぜなら、谷口雅春先生の予言についての考え方は、「予言は必ず当たる」というものではなく、むしろ「予言は修正されるためにある」と表現できるものだからだ。
(後略)

【学習】
  予言という言葉ではなく、人相、手相、風水、などというものもあります。名前や生まれた日によって、運命を予言します。しかし、それも絶対的ではないのです。普通の生活を続けている人は当たる場合があるのですが、徳を積む人、心を明るくする人、そのような人には、当たらなくなります。なぜならば、運命は想念の集積、すなわち、身口意の三業の有り様によるからです。一人の業が善業に変わるのみならず、多くの人々の潜在意識や御先祖の意識が明るく、正しく、強いものに変わる。その時、如何なる予言があろうとも、人類の運命は変わると考えられます。だからこそ、人類光明化運動・国際平和信仰運動は進展するのです。私は光明化運動は神様が始められ、神様が御指導くださっているので、必ず発展すると信じ、そしてその信念の元に日々努力を継続している信仰者の一人です。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→次の中で、日本で有限なものに×を、ほぼ無限なものに○、豊富にあるものに△をつけてください。ただし、二酸化炭素排出により地球温暖化に影響を与えるものもあるがここでは問題としない。
67頁7行目~69頁12行目

①生物資源(バイオマス)
②太陽光
③金鉱
④海洋エネルギー
⑤水資源
⑥地熱
⑦石炭
⑧波力
⑨風力
⑩石油
⑪メタンハイドレート

【越後伝道記】

インターネット、MSNの毎日新聞ニュースからです。糸魚川の大火についての御言葉があられたようです。誠にも有り難いことであります。

天皇誕生日の一般参賀 皇居訪問者数が平成最多
 天皇陛下は23日、83歳の誕生日を迎えられた。皇居では一般参賀があり、陛下は午前中に3回、宮殿のベランダに立ち、集まった人々の祝意に手を振って応え、「来年が明るく、また穏やかな年となることを念じ、皆さんの健康と幸せを祈ります」とおことばを述べた。宮内庁によると、午前だけで約3万3000人が皇居を訪れ、平成に入って最多だった2009年の3万560人を上回った。
 陛下はおことばで、22日に新潟県糸魚川市で起きた大規模火災にも触れ「多くの人が寒さの中、避難を余儀なくされており、健康に障りのないことを願っています」と話した。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月20日「『ちょっと私的に考える②』に学ぶ。」

Photo


平成28年12月20日「『ちょっと私的に考える②』に学ぶ。」

****************************************

【1月15  日(日) 沖縄教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::ばらばらと あられたばしる  松の木に

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。

35頁1行目~95頁終 
【御教示】
ここは、「青年イエスの謎」の章となっています。38頁にはイエスの青年時代のことの描写がされています。
(前略)イエスについても、このような少年期から青年時代初期の記録が残されていれば、奇説の類が唱えられる可能性は生じなかっただろうが、不思議なことに、イエスの行状の”公式記録”である新約聖書には、12歳から30歳ごろまでの記録が見事に欠落している。このことは、イエスの誕生をめぐる聖書の詳しい描写ー母マリアの処女懐胎、明るい星の出現、天使による羊飼いへのお告げ、東方の賢人の来訪等ーと対比させてみると、いかにも不自然に思われてくる。また、四つの福音書の大半が、イエスの伝道開始以後のわずか数年間の描写に費やされていることを考えると、伝道開始前のイエスの言動についてほとんど描かれていないことの不思議さが際立って感じられる。
(後略)

【学習】
  私自身は、聖書、とりわけイエスの人生について考えたことはありませんでした。『生命の實相』を拝読して、山上の垂訓や旧約聖書の天地創造の物語を知り、谷口雅春先生の御文章によって、キリストの教えに触れたのでした。その中で、歴史的な事実としてのイセス伝の探求は考えてもみませんでした。しかし、これらの研究が、自分の悟りのためにではなく、万教帰一の御教えを宣布するために、知識として必要であることを、総裁先生の御文章によって、教えていただきました。そう考えてみますと、とても興味深い探求となってきました。
 イスラームに関しては、『衝撃から理解へ』の御著書とその時のご紹介された本を読むことによって、はじめてイスラームに触れました。今後も色々と、ご紹介される本を読んで参りたいと思います。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→次の内容で正しいものを選んでください。
65頁10行目~67頁6行目

(問)日本会議が中国への敵意を露わにし、それに歩調を合わせるように安倍首相が中国への強硬姿勢を表明する際に、その根柢には何があるのでしょうか。
①民族意識、②地下資源・海底資源、③地上資源

(問)尖閣周辺の原油埋蔵量は、経済産業省石油審議会が1994年い試算したところによると、何バレルでしょうか?
①32,6億バレル、②53,1億バレル、③300億バレル

【越後伝道記】
  ちょっと長いですが、下記のように日本カトリック司教団がメッセージをだしていますので、ご紹介します。原発撤廃です。   http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/cbcj/161111.htm
                                                                                  
│日本カトリック司教団メッセージ「原子力発電の撤廃を」                             │
│日本カトリック司教団メッセージ                                                   │
│地球という共通の家に暮らすすべての人へ                                           │
│原子力発電の撤廃を
                                                              │
│-福島原子力発電所事故から5年半後の日本カトリック教会からの提言-               │
│はじめに                                                                         │
│ 2011年3月11日の東日本大震災と巨大津波によって発生した東京電力福島第一原子力    │
│発電所の事故から8か月後の2011年11月8日、宮城県仙台市において日本カトリック司     │
│教団は、カトリック教会の立場から原子力発電の危険と廃止を訴えるため、司教団メッセー│
│ジ「いますぐ原発の廃止を ~福島第一原子力発電所事故という悲劇的な災害を前にして」│
│を日本に住むすべての人に向けて発表しました。福島の事故の甚大な被害を目の当たりにし、│
│地震が多発し、大規模な津波被害の可能性もある日本においては、すべての原子力発電所を│
│すぐにも廃止すべきだと判断したからです。                                         │
│ 被災した住民のかたがたは、今も経済的・社会的・精神的な苦境に立たされています。事│
│故の収束の見通しも立っていません。そして、従来から指摘されているとおり、放射性廃棄│
│物の根本的な処理方法は、いまだ確立されていません。にもかかわらず日本政府は、震災後│
│稼働が停止していた48基の原子炉を、安全が確認されたとするものから再稼働し始めてい │
│ます。さらには、中断していた新原子力発電所建設計画の再開へと動き始め、原発輸出に向│
│けた動きも加速しています。                                                       │
│ 一国の司教団が、世界に向けてメッセージを発するのはきわめて異例のことかもしれませ│
│ん。しかし、福島原発事故から5年半が経過し、日本がこのような事態に陥ってしまった中│
│で日本司教団は、原子力発電の危険を世界のすべての人に知らせ、その撤廃を呼びかけるほ│
│かはないと考えるに至ったのです。                                                 │
│1. なぜ日本司教団は呼びかけるのか                                                │
│ 日本は核エネルギーによってもたらされたさまざまな惨禍を経験してきた国です。1945 │
│年、広島と長崎において初めて実戦で用いられた原子爆弾は、市街地に投下され、数多くの│
│非戦闘員市民をも無差別に殺傷しました。生存者は、いまも放射線障害に苦しんでいます。

│ 原爆投下からわずか9年後の1954年、ビキニ環礁で行われた米国の水爆実験によって、  │
│第五福竜丸をはじめとする多くの日本漁船の乗組員が被曝しました。また、1999年に起き │
│た東海村JCO臨界事故では、国内で初めて事故被曝による死者が出ました。そして2011    │
│年、福島原子力発電所事故が起こりました。                                         │
│ こうした経験をへた日本には、世界各地の核被害者と連帯し、唯一の戦争被爆国として率│
│先して核兵器廃絶を世界に訴え、あらゆる核問題の解決を世界に呼びかける特別な責任があ│
│る――、日本司教団はそう考えています。                                           │
│2. 5年半をへて分かったことと学んだこと                                          │
│ 日本司教団は2011年のメッセージにおいて、福島原子力発電所事故後の状況を憂慮して、│
│わたしたちがなすべきことについて、以下のように述べました。                       │
│ 神の被造物であるすべてのいのちと自然を守り、子孫に、より安全で安心できる環      │
│境をわたす責任を果たすために、人間の限界をわきまえる英知によって、科学技術を過信せ│
│ず原子力発電の「安全神話」の虚偽を見抜くこと。                                   │
│ エネルギー不足やCO2(二酸化炭素)削減の課題については考えなくてはならない       │
│が、利益や効率を優先する経済至上主義にではなく、何よりも人間の尊いいのち、美しい自│
│然を守る立場に立つこと。                                                         │
│ プルトニウムをはじめとする放射性廃棄物を多量に生みだし、その危険な廃棄物の      │
│保管責任といった負の遺産を将来世代に負わせることを、倫理的な問題として捉えなおすこ│
│と。                                                                             │
│ 原子力発電に代わるものとして期待される再生可能エネルギーとエネルギー消費の      │
│削減について研究し、そこから福音の精神に基づく単純質素な生活様式を選び直し、「清貧」│
│の生き方を新たに模索すること。                                                   │

                                                                                │
│ そして、わたしたち日本司教団は、先のメッセージを発表してから5年半の間、事故か  │
│ら何を学ぶべきかをさらに考え続け、以下についての認識も新たにしました。           │
│ 地球上ではほとんど起こらない核分裂を人工的に起こして取り出す核エネルギーは、    │
│生命体を維持するエネルギーや、燃焼などによって取り出される通常のエネルギーなどに比│
│べ、桁違いに強大であること。                                                     │
│ 核分裂によって生じた原子核は不安定であり、それを安定させる技術(放射性廃棄      │
│物処理技術)を人類はいまだ獲得してはいないこと。                                 │
│ ひとたび原子力発電所で過酷事故が起これば、市民生活が根底から破壊されること。    │
│また放射能による環境被害の影響は、国境も世代も超えて広がること。                 │

                                                                                │
│ また、原子力発電撤廃の前に立ちふさがる、大きな力の存在についても学びました。経済│
│的発展こそが人間を幸福にするのだと声高に繰り返し、世界をそうした偏重した方向へと押│
│しやろうとする、魔力のような見えないこの力こそ、原子力発電との決別の決意を打ち砕こ│
│うとしているのだと、深く知るに至りました。                                       │
│3.原子力発電を推進する国家の姿勢                                                │
│ 日本は、1955年から国策として原子力発電を推進してきました。そして、福島の悲惨な │
│事故を経験した後も、その政策を変えてはいません。
                                │
│ 事故後の2011年9月、当時の政府はそれまでの積極的な原子力推進からいったん政策を  │
│転換し、2030年代での原子力発電稼働ゼロという目標を掲げました。定期検査に入って停 │
│止した原子炉は再稼働されることなく、2012年には国内すべての原子炉が停止し、「原子 │
│力発電ゼロ」の状態が続きました。この間、電力は安定供給されていました。
          │
│ しかし、政策は再度見直され、2014年に政府は、原子力発電を「依存度を可能なかぎり │
│低減する」としながらも、「重要なベースロード電源」の一つと位置づけ、事故後作られた│
│新しい規制基準に従って、再稼働へと舵を切り直しました。
                          │
│ 加えて政府は、もはや実現不可能と言わざるをえない核燃料サイクル計画を今なお推し進│
│め、莫大な資金を投じ続けています。原子力発電所や福島の除染現場で働く労働者の被曝問│
│題に真摯に向き合うことを避け、原発事故はあたかも克服されたかのように避難指示の解除│
│を進め、原発の輸出も積極的に推進しています。これらの政策の背後にあるのは、相変わら│
│ず巨大な力を握る、政官財が一体となった原子力発電推進勢力です。経済的な発展ばかりを│
│執拗に追い求めるこの力に抗して、原子力発電の撤廃へと社会の歩みを転換することは容易│
│ではありません。                                                                 │
│4.キリスト教信仰の視点から                                                      │
│ 折しも2015年5月、教皇フランシスコの回勅『ラウダート・シ――ともに暮らす家を    │
│大切に』が公布されました。環境問題に関する最新の科学的研究成果を踏まえて教皇は、エ│
│コロジカルな倫理、将来世代への責任倫理、環境的正義についての考察を行い、気候変動や│
│水不足問題、生物多様性の喪失危機、エコロジカルな債務など、現在の環境危機のさまざま│
│の様相を見つめ、警鐘を鳴らしています。
                                          │
│ 原子力発電の撤廃については未だ慎重な姿勢ではあるものの、さまざまな環境被害の中に、│
│核エネルギー利用の影響を挙げています(回勅『ラウダート・シ』184)。また、核技術を│
│含めた科学技術の発展が人類に大きな権力を与えはしても、それを行使することができるの│
│は知識と経済力を持つ一部の人たちに限られ、彼らの支配力はますます強大化し、しかも、│
│そうした権力が賢明に使用される保証はないと訴えてもいます(同104)。              │
│ こうした状況を克服するため、人間は神の似姿として、共通善にかなった自然との正しい│
│かかわりへと立ち戻らなければならないと、わたしたちは考えます。人間は本来、自分自身│
│との関係、他者との関係、大地(自然環境)との関係、そして神との関係において調和があ│
│ってこそ、平和で幸福に生きることができるのです。                                 │
│ 教皇が『ラウダート・シ』の中で勧める「総合的なエコロジー」「エコロジカルな回心」│
│は、2011年の司教団メッセージで述べた「清貧」にも通じるものです。
                │
│ わたしたちは、消費生活を見直し、人間の尊厳を大切にし、神・社会・自然との関係を深│
│める、新たな暮らし方を考えていかなければなりません。神の被造物である自然環境を保全│
│し、すべてのいのちを保護する責任は、地球上のすべての人が連帯して担っていくべきこと│
│です。
                                                                          │
│ 環境危機に直面して現代を生きるわたしたちは、美しい宇宙を創造された三位一体の神と│
│の交わりを深め、内面から被造物と和解し、ともに神の創造のわざにあずかり、その完成に│
│尽力するよう招かれているのです。                                                 │
│5.国際的な連帯の呼びかけ                                                        │
│ 原子力発電の危険性は地球規模です。いったん事故が起これば、放射能汚染は国境を越え│
│て広がります。発電所はテロ攻撃の標的となりうる危険も抱えています。さらに原子力発電│
│の技術は、ウラン採掘、ウラン精製、使用済み燃料の再処理、廃棄物の処分などの諸段階に│
│おいて、グローバルなシステムの上に成り立っています。また、軍事的動機から開発され、│
│軍事目的に転用される可能性を構造的にはらんでいるので、安全保障の問題と切り離して考│
│えることもできません。したがって、原子力発電の撤廃は、国際的な連帯がなければ実現困│
│難な課題なのです。                                                               │
│ わたしたち日本司教団は、地球という共通の家に暮らすすべてのかたがたに、原子力発電│
│の撤廃のため、手をたずさえ、立ち上がり、連帯しましょうと呼びかけたいのです。そのた│
│めにも、まずは世界中のカトリック教会に向けて協力と連帯を求めます。それによって、宗│
│教も民族も国家も超えた、地球規模の連帯の礎を築きたいのです。
                    │
│ とくに各国の司教団には、原子力発電の危険性を理解し、その是非について福音的立場か│
│ら議論してくださるよう求めます。すでに隣国である韓国の司教団は、福島原発事故から2│
│年後の2013年に『核技術と教会の教え―核発電についての韓国カトリック教会の省察』   │
│を発行し、原子力発電に反対する立場を明らかにしています。これに続いて、自国に原子力│
│発電所がある、あるいは近隣国の原子力発電所から被害を受ける可能性がある国の司教団は、│
│日本の事故から学んで、起こりうる被害を想定し、積極的に発言してくださるよう望みます。│
│                                                                                 │
│おわりに                                                                         │
│ イエス・キリストは、「互いに愛し合いなさい」(ヨハネ13・34)と、すべての人に呼び│
│かけています。この呼びかけは、人類共通の家である地球を将来にわたって守る責任と義務│
│についても問いかけているのではないでしょうか。
                                  │
│ 原子力発電の是非についてはさまざまな立場がありますが、人類が核エネルギーを手にし│
│た結果もたらされた害悪を認め、原子力発電の是非を将来世代をも含めたすべての人間の尊│
│厳を守るという一点から判断しなければならないと、わたしたちは考えます。そして、すで│
│に核エネルギーを利用している国々が選択すべき道は、原子力発電の撤廃を決定し、再生可│
│能エネルギーの利用拡大を推進していくことです。そのために、低消費、エネルギー節約、│
│環境負荷の軽減などの研究と実践を促進し、環境問題に取り組む人々との連帯を深め、ネッ│
│トワークを構築していく必要があります。                                           │
│ わたしたちは今一度立ち止まり、人類社会の目指すべき発展とは何か、真の豊かさとは何│
│かを問い直さなければなりません。それは、発展からの後退ではなく、新たな豊かさに向け│
│ての前進であるはずです。地球家族であるわたしたち皆で手を取り合って、地球環境を保全│
│する責任を自覚し、それぞれができることを行いつつ、惜しむことなく協力していきましょ│
│う。                                                                             │

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月19日「『ちょっと私的に考える』に学ぶ。」

Photo_2


平成28年12月19日「『ちょっと私的に考える』に学ぶ。」

****************************************

【1月15  日(日)  沖縄教区習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::ウオーウオー 夜陰に混じり 狼の目 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。

3頁1行目~3頁6行目 
【御教示】
(前略)
  青森県にキリストの墓があるー数年前、初めてこの話を聞いた時、私はその意味を理解するのに数秒かかった。キリスト教の聖書の舞台である中東と日本の青森県とは、距離的にも文化的にもあまりにも隔たっていると考えていたので、その二つを頭の中で一緒に並べてみることなど、私はそれまで一度もしたことがなかったからだ。それはまるで、「聖徳太子の墓がオーストラリアにある」というのと同じに聞こえた。
(後略)

【学習】
  ここから御文章は始まっています。この御著書は今は絶版ではないでしょうか。この五本には、「半身半疑」187頁もありまして、信徒必読の書です。古書で入手できると思います。下記から通販で購入できます。  https://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4915759059/ref=tmm_hrd_used_olp_sr?ie=UTF8&condition=used&qid=&sr=
 村おこしのために村長さんが言い出したことのようですが、実は私も行ったことがあります。谷口雅春先生が明窓浄机に書いておられたからです。懐かしいです。石川県の橋立も登場します。歴史的事実としては虚偽なのですが、お墓の立て札に、キリストは若い頃、日本に来て神道を学んだ。その神をユダヤに於いて説いた。しかし、迫害にあって、弟が処刑された。その弟の耳を形見に持ってきた。基督は日本に、シベリア経由で逃げてきて、この戸来村で長寿を保って亡くなった。そんな感じでしたか。戸来とはヘブライから来ているということになっているそうですね。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→次の内容で正しいならば○(2)を、間違っているなら、×(2)を付けて下さい。
64頁13行目~65頁9行目

①地球温暖化の原因は、石油・石炭・天然ガスなどの化石燃料を主とした地下資源に依存した生活を送っていることが原因である。
②循環型の地上資源の利用に切り替えるには、個人の信念とライフスタイルの変革よりも、政治を変えることに主軸をおくことが重要である。
③地下資源利用から地上資源の利用への変革は、一人一人が神の子としての正しい行動をして下から積み上げることによってのみ、可能となる。
④従来型の経済発展と軍備拡大を進める安倍政権はの方向は、現象処理としては必要不可欠である。

【越後伝道記】
   『限界費用ゼロ社会』(ジェレミー・レフキン著)の171頁20行目に、興味深い方法が書かれています。それは、ハンガー・バンケットというのだそうです。参加者を、実際の世界と同じ割合で、高所得者層、中所得者層、低所得者層にくじ引きで分け、その層の典型的な食事を摂取して、世界は不平等であることを学ぶオックスファム(オックスフォード飢餓救済委員会)の体験型ワークショップです。これは、谷口純子がご紹介されている10のテーブルのような形式だと思いますが、体験してみると、実感として分かるのではないでしょうか。いつかやってみたいですね。

フェイスブックが行った安倍政権の支持率が掲載されていたので見て下さい。新聞とかなり違うね。
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/773.html

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月18日「『”森の中”へ行く』に学ぶ。」

Photo


平成28年12月18日「『”森の中”へ行く』に学ぶ。」

※新潟県糸魚川市の商店街で火事があり、数棟が全焼し、今(12/22、16:10現在)も燃え広がっています。消火活動は難航し、周辺の273世帯に避難勧告が出されています。信徒様宅3軒の家は、類焼を免れています。しかし、いつも使用させていただいている大町公民館のすぐ側まで火が近づいているようです。すみやかなる鎮火を祈っています。

****************************************

【1月15  日(日)  沖縄教区習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::凍雲や 頭上にピカッと 稲光 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。

55頁81行目~56頁6行目 
【御教示】
(前略)「物が豊かにあることが、人の幸せである」ーーそう考えてひたすら働いてきた人類であったが、物の獲得は人間の欲望を募らせ、心の飢餓感を増すばかりであるということに、最近多くの人が気づくようになってきた。そして、人間が求めてきた幸せは、物や金銭の中にはなく、すでに眼の前に与えられている豊かさに気づくことから得られる。--そういうテーマの本や雑誌が売れるようになっている。
 そんな”豊かさ”を得るための近道は、自然との触れ合いである。木がそこにあるだけで、花が咲いてるだけで、私たちは心の安らぎや安心を得るし、鳥や虫などの動物たちからも多くの恩恵を受けている。が、多くの人はそんなことは”当たり前”すぎて、あるいは頭では知っていても、実際に感じようとしてはこなかったのではないか。
(後略)

【学習】
 谷口純子先生の御文章です。私も木や花や虫も興味があります。生命力を感じます。美しさを思います。豊かさとは何か?、それは心が豊かでないと、幸せには思えないし、物質的に豊かなように見えても、本当は満足しないでしょう。
   『人生という旅』(小檜山博著)という本があります。貧しい時代の北海道ですが、心暖まる話がたくさん掲載されていました。8頁~11頁に「汽車賃」というのがあります。13歳のころ、著者は北海道の山奥の雄柏中学校1年生でした。中学全員で35人の中学校。他校のと試合をするために電車に乗るのですが、彼一人のり遅れました。母親から電車賃をもらうのを忘れていました。濁川駅で、40歳くらいの駅員さんに事情を話しているうちに、息が切れてひどい動悸がしてきました。話し終わらないうちに、声が詰まり、目の奥が熱くふくれてきました。駅員さんは、しゃべっている途中で腕時計に目をやると、奥へ引っ込み、すぐ戻ってきました。そして、自分の財布から出したお金を差し出しました。「これ往復の汽車賃ぶん。返してくれるの急がなくてもいいからな。野球がんばれよ」と笑顔で言いました。小檜山君は、おかねを受け取って頭を下げると、いきなり涙が足下に滴り落ちました。お礼をいったつもりでしたが、喉がふさがって声がでませんでした。野球の試合は、5回の表まで、四対三で勝っていましたが、守りの時、相手のチームが二死で、走者二塁三塁、打者が打ったゴロを三塁手がとって投げてよこした球を、一塁手の小檜山君が後ろに反らしてしまいました。それで2点を入れられて逆転され、敗北しました。小檜山君はつらくて、汽車の中でも泣き続け、家に帰って布団へ入ってからも情けなくて泣き続けました。しかし、それから53年がたちました。野球で失策した悔しさは消えましたが、濁川の駅員さんの笑顔は忘れられないとのことです。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→次の内容で正しいならば○を、間違っているなら、×(2ヵ所)を付けて下さい。
64頁4行目~12行目

①アメリカのニュース雑誌『TIME』が2015年9月7日号で伝えた記事です。
②シリアでは206年~2011年にかけて広大な地域がひどい洪水に見舞われました。
③気象学者によると、その洪水は気候変動が原因でした。
④それにより、200万人もの人が都市部へと押し寄せました。
⑤それにより社会不安が発生し、キリスト教内部の対立も加わって、ついに内戦になりました。
⑥シリアの内戦が原因となり、大量の移民・難民がヨーロッパへ流れ込みました。
⑦難民の受け入れをめぐって、EU(欧州連合)の内部に亀裂が生じました。
⑧その亀裂が原因で、イギリスがEU離脱への動きへと発展しています。
⑨シリアの内戦は、気候変動が原因です。

【越後伝道記】
  12月21日は、午前中は、白鳩会の会議の時にミニ講話をさせていただきました。支部長の使命と使命感の内容です。かなり昔、先輩から聞いた話ですが、ある幹部が、谷口雅春先生にご質問をしました。「幹部にとって何が一番大切でしょうか?」と。先生は、しばらく考えておられて、そして答えられました。「それは使命感だね」と。そうです。私たちの運動には、使命感が必要ですね。能力も大切ですが、使命感です。我、神を選びしにあらず、神、我を選び給うなり、です。フランスのジャンヌ・ダルクは、普通の少女でしたが、フランスを助けるために、神が自分を選び給うたえd、と信じることができたので、力を発揮することができました。使命感は無限力を発揮させるのです。
 午後は、「天皇誕生日を祝う講話」を行いました。参加者は、6名でした。天皇様の御言葉の動画を拝聴して、大御心を学んだり、「大和の国の神示」を総裁先生がどのようにお説きになっているか、その内容とか、ブックレット『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政権ではいけないのか?)の内容について、とか色々とお話ししました。2時間があっという間に過ぎました。
 その後は、来年度の日程の最終調整を行いました。日々、感謝です。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月17日「『新しいページ』に学ぶ。」

平成28年12月17日「『新しいページ』に学ぶ。」

****************************************

【 月  日(日)   教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::燦々と 陽は照りつつも 冬の雲

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
143頁10行目~144頁2行目 
【御教示】
(前略)
 そんなあるとき、私は天来のひらめきのように、その疑問に対する答えを見出した。それは、「男性と女性を同じ線上で比べる必要はない」ということだった。男性の基準に女性を合わせようとするから、無理があるのだ。そちらもそれぞれに比べられない特性があり、女性にある、例えば「優しさ」や「細やかな愛情」「行き届いた心遣い」などには、表面には表れにくいから見落とされがちだが、いずれも素晴らしい能力であり、男性の「力強さ」や「大胆さ」などの利点に勝るとも劣ることはないと認めることができた。この発見は、私にとってとてもうれしいことだった。
(後略)

【学習】
  陰陽はどちらも重要な役目があるようです。太陽が尊いか、水の星地球の方が尊いか、それは両方が尊いと言えます。両方がないと生命は成長しないからです。生長の家の教えは、男尊女尊です。両方を尊ぶところに、ムスビの新価値が創造されます。家庭は夫婦拝み合いの生活こそ、善い子どもが成長し、家庭が、会社が繁栄します。それは生長の家の運動に於いても然り、です。
 別の観方からすると、智慧と愛です。智恵ガ勝ちすぎると、冷たい感じがして、生命が萎縮します。愛だけでも智慧である秩序が無いと、生命はうまく成長できません。智慧と愛のバランスです。知と行とのバランスです。繁栄の法則に乗るとき、如何なる時代でも成長することができる筈です。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→アメリカの退役軍人らが書いた『国家安全保障と気候変動の脅威』という報告書は、地球温暖化が進むと大規模な民族移動が起き、国境の緊張が高まり、疫病が拡大し、食糧と水をめぐる紛争が増加する。そのためにアメリカ軍が直接介入する機会が増える恐れがある、と指摘されている。それに対して、総裁谷口雅宣先生はどのようにご意見を表明しておられますか?正しいものに○、間違っているものに×を付けて下さい。63頁7行目~64頁3行目

①どんな強力な軍隊でもっても、地球温暖化は防止できない。
②隣国を仮想的国に見立てて軍備を増強するという考え方は、理に適っている。
③地球温暖化は、国の安全保障とは無関係である。

【越後伝道記】
  12月19日は、糸魚川の見真会に行きました。繰り返しの努力です。少しづつ参加者の魂が成長しておられるのを感じます。感謝です。血液は常に新鮮かつ健全な状態であれば、必ず骨や肉を作ってくれます。しかし、血液は流れていなければ、それは不可能となります。運動とは、初めに対面ありき、ではないかと思います。お互いの信頼関係ができて初めて、インターネットが功を奏すると思います。インターネットには虚偽の情報が混ざっていることもあります。それ故に、全面的にそれを信じることは如何なものかと思います。書籍にしても、○○制の肯定の本と否定の本の数は拮抗するようです。活字だからといって、信じるのはおかしいように思います。老子の言葉に、「文明の才子は文明に倒る」というのがありますが、頭脳の働きに重点を置きすぎると、その点では正しくても、倒れる方向に向いていることに気がつかないこともあるやも知れません。知と信と行と果と証のバランスが大切であるように思います。
 『食品の裏側』という本を読了しました。安倍司さんという人の著書です。凄まじい添加物の世界が告発されています。その中で、手作りで食事を作ることの大切さを表現されています。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月16日「『”森の中”へ行く』に学ぶ。」

Photo_2


平成28年12月16日「『”森の中”へ行く』に学ぶ。」

****************************************

【 月  日(日)   教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::火鉢には 焼き芋匂い 火箸刺す

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
96頁3行目~11行目 
【御教示】
(前略)信仰というものは、現実の生活に生かされてこそ、意義があるのです。心の救いが得られたなら、自ずと生活に変化が表れてくるはずです。谷口雅春先生が創始されたのは、”人類光明化運動”であり、私たちは”地上天国建設運動”をしているのです。そして、「生長の家とは大宇宙のことである」「人間の本質は神の子である」と教えていただいています。それでは、その神の子が肉体を持って生まれてきたのは何のためか?それはこの世界に神を、神の国を表現するために生まれて来tのである。ですから、私たちは、ただ神の子の実相を知って心を満足させるだけではなく、それをこの現象世界に具体的に表現し、伝えていかなければならない。(後略)

【学習】
  この世に、神を実現するために私たちは生まれて来た。何という荘厳な事実でありましょうか。神の子であると知ることは喜びです。しかし、その神の子を、実践する、さらにお伝えすることはより一層の喜びです。
 私は、かつて、故F元本部講師の講話を聞いたことがあります。広島ですが、K講師という人の講演会にいったのです。K講師が言いました。「この鼻が自分だと思っている人はいますか。鼻を指して、私、私と言うでしょう。この胸が自分だと思っている人はいますか?。自分の胸を指して、私、私と言うでしょう。では、全部ひっくるめて自分だと思う人はいますか?。その話を聞いて、F講師は、「そうだ」と思いました。しかし、K講師は続けます。「これは自分ではないのです。自分の鼻であり、自分の胸であり、自分の身体です。身体ですから、「空だ!」といつも言うのです。「では本当の自分は、鼻でもなく、胸でもなく、身体でもない。自分は別の所にいるのです。別のところ、すなわち実相世界にいるところの神の子が自分です」と。私もこの話を聞いて、自分は神の子であり、実相世界に生きているという気持ちになりました。その神の子が現象世界に、神を現すのが人生です。そう考えると喜び以外に何物もありません。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→国連安全保障理事会では2007年4月17日、地球温暖化が国際紛争の諸要因を悪化させる可能性について公開討論会が開かれました。地球温暖化が国際紛争の可能性を高めるケースとして、次の4項目が挙げられていました。括弧内に語句を選らんで入れなさい。
62頁10行目~63頁7行目

①温暖化で海面が上昇して領土が減少する国が出てくると、(   )との間で、国境紛争が激化する可能性がある。
②異常気象で農産物が不作になると、(   )が急増して一国の民族構成に変化が起こり、政情が不安定になる。
③エネルギー輸入元の変更や水系が変化して、(   )が起こる可能性がある。
④飲料水、耕作地、漁獲量が(    )することで、国際関係が不安定になる。

増加、紛争、周辺国、移民、減少、旅行客、友好関係、核を持っている国、

【越後伝道記】
  12/18、年末の大祓式が行われました。約30人くらいの方が集まってくださいました。有り難うございました。終わりまして、年末大掃除でした。一年間のホコリを落としました。すっきりとして、来年度はさらに素晴らしい新潟越南教区が展開して参ります。挨拶で、唯神実相、人間神の子、実相直視の素晴らしさをお話しさせていただきました。真理を説かせていただける幸福を感じます。真理をお伝えする。真理を獅子吼する。それが伝道です。佛の使命は説法です。知ることだけで満足する生き方は、霊的利己主義者に陥る危険性がありますね。行仏、活仏として生きていきたいものです。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月15日「『平和のレシピ』に学ぶ。」

平成28年12月15日「『平和のレシピ』に学ぶ。」

****************************************

【12月18日(日) 和歌山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::雲間から キラリと光る 冬桜

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
99頁12行目~100頁4行目 
【御教示】
(前略)また、表面の心では結婚を望んでいても、深層の心で様々な条件や障害をつくっている場合もある。親から離れて自立することを恐れたり、居心地のいい環境を変えたくないとの思いが潜んでいるかもしれない。
 とにかく、自分の心をよく見つめ、そんな”自作の障害”があれば払いのけ、自信に満ちた曇りのない心を磨くことで、あたたの魅力は倍増する。その時、あなたは結婚の”適齢期”を迎えたと言えるだろう。

【学習】
  適齢期は自分の心の中にある、ということでありましょう。そう考えますと、少し安心ですね。この「適齢期はいつ?」という項目では、さまざまな御考察がなされています。独身の人の必読の御文章です。
 私の知人(Aさんという女性)で、なかなか結婚しない人がいました。身体は大変健康は人でした。その人に結婚を申し込んだ人がいましたが、その男性は、子どもさんを生んでからなくなった奥様がおられました。彼は、こんど再婚するときは、健康的な人がよい、と思っていました。すると、彼の願い通り、Aさんに巡り会えて、幸福な再婚をすることができました。しかし、先妻が亡くなったところに嫁ぐときには、しっかりと先妻のご供養を行う必要があります。Aさんは、先祖供養をしっかりと実践したのでした。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→次の文章のカッコに入る正しい語句を選んでください。
62頁3行目~9行目

これまで見てきたように、安倍政権は隣国を一種の”仮想敵国”と見立てた上で、もっぱら(    )の増強に基づく安全保障を追求しています。

①経済力
②軍事力
③体力

【越後伝道記】
  今日(12/14)は、魚沼地区の見真会がありました。この地区は、この見真会ができるまでは、なかなか一ヵ所に集まることが無かったようです。半年ほど、魚沼の信徒様宅で地方講師受験勉強会を行ったこともありました。それが、見真会で皆さまが集まるようになると、組織的にも少しづつ、組織の神経が伸びてくるようになったようです。見真会の前か、後で組織の会議を持つようになったそうです。
 見真会の後で、雪がかなり降ってきました。やはり豪雪地帯です。今年は普通に豪雪になりそうです。雪の中をゆっくりと運転して帰りましたので、かなり時間がかかりました。魚沼の雪、これが日本一美味しいコシヒカリを生み出しているようです。

  「グローバリゼーション」への“疲弊”が問題化しています。日本でも地方での経済は破綻しているところがあります。そんななかで、もうひとつの価値観「ローカリゼーション」を提唱し続けてきたのが、世界的なオピニオンリーダーで、ドキュメンタリー映画『幸せの経済学』監督のヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんだそうです。持続可能な社会に向けて、私たちはどう踏み出すべきなのか、うかがったという映画があるそうです。
 それを、白鳩会総裁先生がシェアしておられました。三条グリーン・スポーツ・センターに問い合わせましたら、上映できるとのことでした。5人くらいのひとが集まれば、上映してくれるそうです。新潟越南教区の皆さま、鑑賞したい方は、ご連絡ください。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月14日「『次世代への決断』に学ぶ。」

Neko

平成28年12月14日「『次世代への決断』に学ぶ。」

****************************************

【12月18日(日) 和歌山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::枯れ草に シンシン積もる 夜の雪

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
172頁9行目~14行目 
【御教示】
  (前略)ですから、皆さまも総本山に来て「ここは聖地だ」と言わないでください。正しくは「聖地のようだ」と言ってください(笑)。これならより正しい表現ですね。「聖地みたいである」でもいいです。こういう表現ならどんどん使ってください。まるで冗談のように聞こえるかもしれませんが、実はこの問題は宗教的には大変重要である。「聖地」というのは実相世界であるということを、谷口雅春先生は先ほど紹介した『信仰の科学』の中でしっかり説かれています。(後略) 

【学習】
  聖地が現象界にあると思うと、パレスチナ問題のような、聖地の奪い合いがおこることがあります。「生長の家の”聖地”は実相世界」という小見出しに書かれている御文章です。『甘露の法雨』に「物質に神の国を追い求むる者は 夢を追うて走る者にして 永遠に神の国を建つる事能わず」と説かれています。もう一つ考えますと、地下資源に神の国を追い求める者もまた、神の国を得ることはできない、と考えられます。物質の多さや、ブランド品や、便利さに神の国を追い求めても、結果的には地球温暖化をもたらして、不便この上なき世界を現出する。人類のこのような生き方は本当ではない、と考えられます。現在の、生長の家の「行」法は、三正行、『日時計日記』の日記記載にくわえて、エシカルな生活、倫理的生活、自転車による低酸素移動法、オーガニック菜園による、地産地消の低炭素食生活、そしてクラフトによる手作りの生活を目指しています。完全にそれを実現することはできなくても、その考え方を基準として、生活のさまざまな面で一歩でも進む。少しでも近づけるように選択する、ということを努力していきたいと思います。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→生長の家が目指す「立憲民主主義と平和」は、何を基盤にしているでしょうか?
正しいものを選んで下さい。
62頁1行目~62頁2行目

①肉体民主主義
②神の子の良心
③外国人の良心

【越後伝道記】
  今日(12/13)は、上越地区の見真会がありました。テキパキとした準備の仕方、そして後片付けの様子、素晴らしいです。人数が多いこともありますが、ともかく熱心です。信仰者集団です。それもそのはず、ここはかつて、親鸞聖人様が京都から流されてきて、浄土真宗をお伝え下さったところだからです。立ちすくみ観音のことはご存じだと思います。これも、時間があれば、台本を書いて、演劇風に表現してはどうかと思っています。見真会が終わってから、SNI自転車部員のYさんと一緒に、今後の上越地区の練習方法について話し合いました。感謝合掌です。合掌三昧ですね。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月13日「『生長の家ってどんな教え?』に学ぶ。」

Photo_2
(この絵は、レシートに描いています。)

平成28年12月13日「『生長の家ってどんな教え?』に学ぶ。」

****************************************

【12月18日(日) 和歌山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::花の精  ポインセチアの 赤き葉に

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
127頁10行目~14行目  「なぜ神の子が病気や争いを心に描くのか」の項目です。
【御教示】
 (前略)だから、質問にもあるように、私たちは「病気」や「争い」を心に描いてしまう可能性をもちながら、そうでないものを描く選択をすることによって、この世に「善」が実現することになる。善を実現するためには、人間のような肉体をもったものが必要であるということです。だから、我々が「人間らしく生きる」ということは、「欲望のままに行動する」ということではないんです。(後略)

【学習】
  肉体の感情のままに怒ったり、喜んだりすることは本来の人間の姿ではないとの御教示です。自由の中で、真理を実践することにより「善」が現れるとのことです。以前、御指導をさせていただいた方で、乳がんになった人がいました。ご主人と一日一回は、言葉のバトルを繰り返していたそうです。ご主人が個人の会社の社長さんで、この奥様が経理担当でした。ご主人はお金の使い方が放漫であり、奥様は締まり屋でした。気がつくと、乳がんになり、切除手術の宣告を受けました。個人指導の時に、奥様に「ご主人を拝んで、言葉を柔らかく、和顔愛語讃嘆で生活してはどうか、と提案をいたしました。今までの生活をするのも、礼拝の生活をするのも自由です。彼女は毎月、練成会を受けながら半年が過ぎました。顔の表情がとてもやわらかくなりました。でも、手術をしたそうです。しかし、そこにはがん細胞はもう無くなっていました。人間には自由が与えられていますが、怒るも自由、拝むのも自由です。拝んだときに、神の子の善なる世界が湧出します。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→現行の日本国憲法では、他国からの侵略などの緊急事態に於いて、はたして対応できますか。正しいものを選んで下さい。
50頁7行目~61頁2行目

①可能である。
②不可能である。
③何とも言えない。

【越後伝道記】
  今日(12/12)は、10:00~15:50まで、地方講師受験勉強会がありました。4人の方のご参加でした。内容は、生長の家の御教えに関して、伝道のための基礎力養成講座みたいなものです。①希望実現の方法について、②個人指導のあり方について、③現代社会に於ける生長の家の使命ー新しい文明の構築にむけて、の内容でした。共に学ぶことによって、真理の情報を共有します。それが連帯感となり、総裁先生への中心帰一の信仰姿勢を醸成することになると考えています。さすがに講習会の前は、休会としましたが、今年一年間、やり続けました。お互いによくがんばってくれました。感謝です。私も、受講して下さる人がいてくれるので、元気が出ます。来年は、レジュメを書いての発表形式になります。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月12日「宗教はなぜ都会を離れるか?」に学ぶ。」

Photo


平成28年12月12日「宗教はなぜ都会を離れるか?」に学ぶ。」

****************************************

【12月18日(日) 和歌山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::ポカポカと 恵み空から 日向ぼこ  

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
134頁
【御教示】
  観世音菩薩とは”神の子”の別名
 それでは、2番目の謎解きに移りましょう。その謎とは、「人間は神の子である」という真理と、「生長の家の本尊は観世音菩薩である」という教えには、どんな関係があるかということでした。これは、最初の謎が解ければ案外、分かりやすくなったでしょう?私たちの本性は皆「神の子」ですから、虚心になってその声を聴くことができれば、それは”観世音菩薩の教え”として感じられるということです。先ほど、午前中の最初の方の体験談でも話されましたが、我々が誰かと対立関係にあり、「相手と自分は違う」「立場が違う」「利害関係が対立する」というように排除し合っている場合、問題はこじれ続けます。しかし、心が一転して相手の身になって考えたり、別の観点から物事を見るようになると問題は解決に向かう。そして、これまで自分と対立していた相手が、逆に”観世音菩薩の教え”を説いていたと感じるようになる。我々はよく、そういう体験を実人生においてするのです。それは、「人間は神の子である」ということと、これまで申し上げたような複雑な関係において、同じ意味である。”観世音菩薩の教え”とは結局、我々の本性が語る教えであるーー簡単にいうと、そういうことです。(後略)

【学習】
  浄心行実修の時に、相手を歯車として拝むという文言を入れることがあります。相手が盤面の裏にある時計の歯車であるとすると、歯車が左回りに回って、自分に反対をいう人こそ、時計である自分を右回りに、正しく回らせる神様のお働きであるということになります。または砥石の喩えをすることもあります。刀を研ぐときに、最初は荒い砥石で、それから少しなめらかな砥石で、つぎはさらになめらかな砥石で研ぎます。
 また、臥薪嘗胆という言葉があります。復讐の意味があるようですので、生長の家的ではありませんが、堪え忍んで、実力を磨く、これに尽きる、ということでありましょう。練習、稽古、学習、それらに費やした時間が自分に結果をもたらす。これは、オリンピックなどのスポーツをみればよく分かります。絶えず、1㍉でも前に進むこと。亀は必ずウサギに勝つことになっているからです。ウサギは今までの自分、亀は今の自分です。
 憲法のことでも、ともかく勉強をし続けることが大切ですね。私も遅ればせながら、勉強することにしました。ブックレットに掲載されている参考図書にもできれば目を通したいと思います。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→自民党草案は、内閣に独裁的な権限をきわめて緩やかな要件で与えるような緊急事態条項を定めていますが、そのような国は他に存在しますか?正しいものを選んで下さい。
59頁9行目~60頁6行目

①フランスの発動要件は厳格です。
②韓国の発動要件は緩やかです。
③国家の緊急事態に、行政府に立法権を与えること、必要不可欠であるとする国は多くある。

【越後伝道記】
  今日(12/11)は午前中に、生命学園研修会がありました。「生命の教育について」の講話は、河内千明・生教会副会長の迫力ある講話がありました。「幸せを運ぶ教育」の講話は、小職でした。それから、松永澄子・柿崎生命学園園長によって、生命学園の実習でした。枯葉と枯れた木の実を描きました。割り箸で墨を使って描きました。あと、満田剛・新潟越南教区生教会会長が座長になっての座談会があり、まとめの講話を行ってその後、終了しました。定期的に生命学園の意義を再確認することはとても素晴らしいことです。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月11日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。(終)」

Photo


平成28年12月11日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。(終)」

****************************************

【12月11日(日) 岡山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::吹雪けども 凛として立つ 冬木立 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年10月28日 (金)「 ”もの作り”で創造的人生を」を学ばせていただきます。

【御教示】
 それでは皆さん、谷口清超大聖師が説かれた「物を大切にする心」を深く理解し、その教えにもとづいて自ら手足を動かして実践することで、“創造的人生”をそれぞれの立場で生き、表現の喜びを味わいつつ、光明化運動を新しい段階に引き上げていこうではありませんか。清超先生の八年祭に当たり、所感を申し述べました。ご清聴、ありがとうございました。 

【学習】
 この最終段落では重要なことが説かれています。そして、私たちに、新たな使命・ミッションをお示しになっておられます。それは、「光明化運動を新しい段階に引き上げる」ことです。そういう意味で、私にとっては、自転車も一つの「行」です。オーガニック菜園も「行」です。クラフトも、「行」です。光明化運動は、知信行のうちの行の段階に入っていると考えられます。
 「生長の家大神ー総裁・副総裁ー御教え」という御教えから考えましても、新しい段階に引き上げることが神の御心にかなう、ということでありましょう。
①「物を大切にする心」を深く理解する。
②自ら手足を動かして実践する。
③創造的人生をそれぞれの立場で生きる。
④表現の喜びを味わう。
⑤光明化運動を新しい段階に引き上げる。
 この5つの「行」の実践です。さあ、新潟越南教区の信徒の皆様、素晴らしい御使命の実現にご一緒に進んで参りましょう。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→アメリカ憲法で、緊急時に大統領に与えられている権限は何でしょうか?
58頁12行目~59頁9行目

①議会の招集
②立法権
③行政権

設問→自民党草案では、緊急事態の際には、内閣が立法府(議会)の権限を無視することを可能にするという点で、(   )独裁に繋がる危険なものだと言えます。
(  )の中に何が入るのでしょうか?
58頁12行目~59頁9行目

①議会
②裁判所
③内閣

【越後伝道記】
  今日は、久しぶりに行事らしい行事が無い日でしたので、相愛会の幹部の方々とゆっくり今後の光明化運動の進め方など話し合いました。よかったです。その中で人作りのことが話題の一つに登りました。
 米百俵の小林虎三郎は、人作りを実践した人であるようです。吉田松陰も松下村塾で人作りを実践しました。今、光明化運動は新しい段階に来ています。その中で、やはり人作り、幹部教育、地方講師の育成など、人作りが重要です。教区の発展も、教団の発展も、それを担うのは「人」です。故T元本部講師は、「100年の計」といって、練修生制度を作るなどして、教育に力を入れていました。それは、総裁先生への中心帰一の信仰姿勢、教義の把握の仕方、などなど、信仰と伝道に必要なことを教えてくれました。私自身は、地方講師を作ること、昇格試験の学習など、少しづつですがやらせていただいています。知信行の基本に帰り、まず、聖典等の徹底拝読、そして信仰、行ずることを実践していきたいと思います。
次は長岡の小林虎三郎の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=kn7I1ViPLVE

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (1)

平成28年12月10日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑨」

Photo


Kinomi


平成28年12月10日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑨」

****************************************

【12月11日(日) 岡山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::熊の道 鈴を鳴らせば 小雨降る

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年10月28日 (金)「 ”もの作り”で創造的人生を」を学ばせていただきます。

【御教示】
 最後に、谷口清超先生の『創造的人生のために』から、人間が本来もっている創造性を表現することが、私たちの喜びであることを説かれた箇所を朗読いたします-- 

「人は何かを作り出すことが好きだ。子供は泥をこねて、色んな動物をこしらえ、家や山を作って遊ぶ。大人になると本物の家を作り、橋を作り、車を作り、芝居や小説を作る人も出て来る。遂には人殺しの犯人をさがし出す名探偵ポワロが作られたりするのである。

 それを読んだり見たりするのは、自分が犯人になりたいからではなく、色々の筋書きを作ったり、想像したりして、楽しみたいからであろう。一般の人々は温かい家庭を作り、よい子供を育てたいと思う。これもまた人々の中に“創造する力”がみちあふれている証拠だ。その“力”を現わしたいと思うのである。そして現わし出す時、限りない喜びが湧き上がる。つまり、“創造的人生”を送ることによって、人々は大いに楽しむことが出来ると言えるであろう。」(同書、pp. 1-2) 

【学習】
  創造性を表現する喜びが説かれています。力を現したいと思う。現し出すとき、「限りない喜び」がわき上がる。この喜びは、無上のものですね。だからこそ、「創造的人生」を送る。そして人生を楽しむことができる、ということのようです。日々、努力を繰り返して少しずつ進んで行く。そして新しい舞台で演じる。素晴らしいことです。
 私は、片岡珠子さんの絵が大好きです。元気がもらえるからです。彼女は、画家を目指して修行していたころ、日本画のサークルに入っていたそうです。サークルの作風に沿って描いていたときは、賞をもらっていましたが、自分の絵を描こうとし始めたとき、賞がもらえなくなりました。それで落胆していましたが、小林古径という大御所の日本画家からアドバイスをもらいました。「絵画展に展示して、”上手だ”、と思われる絵を描くのではなく、たくさん他の人の絵があっても、すぐ片岡珠子さんの絵だと分かる絵を描きなさい。あなたは、今の描き方でよい。しかし、それをズーと続けなさい。そうすると、広いところへ出ますよ」と。その「継続する」、という行為が素晴らしいと思います。継続は力です。それ以外に、物事を成就する方法は見当たりません。継続することができること自体が、力がある、という証拠でもあります。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→第4ポイントです。自民党草案にある第99条「緊急事態宣言」は、緊急事態宣言中にも、「基本的人権」は保障されますか?。正しいものを2つ選びなさい。
56頁14行目~58頁11行目

①尊重するに留まる。
②基本的人権は完全に保障される。
③保障されない。

ご参考
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2016030100008.html

【越後伝道記】
  直感という言葉があります。しかし潜在意識が清まっていないと、判断を間違ってしまう場合もあります。無我になることや、総裁先生の御教示にありますように、三正行に徹して、神様の御心に一致して行動すること。これが基本にあって初めて、直感がぴたりと当たるということになるように思います。我執や欲望が根柢にある人の直感は、当たるようでいて、そのままの心ではありませんので、最終的にはよくないように思います。いわゆる悪智慧の方でしょうか。
 実相世界の基本構図の第一は、中心帰一ですので、生長の家の人類光明化運動・国際平和信仰運動に於いては、総裁先生の御心に中心帰一することが、神の御心に適うと考えられます。中心帰一と陰陽調和が発展のためには必要不可欠ですね。
  神・自然・人間の大調和を現象界に実現する。これが大目標です。その場合、自然を大切にするかどうか、は人間の心ですので、人間を射止める必要があります。「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」です。将を射止めるには、まずその馬を射止めるべきです。この場合は、馬に当たる人間の魂を捉える必要がありますので、時間がかかることですが、人間の魂の救いに、尽力することがどうしても必要になります。本当の自分を大切にする人間になって初めて、自己と同一視する自然界を大切にするようになると考えられます。
 私は、かつて飛田給練成道場で、25年間お世話になりました。それは人間の魂の救済を教えていただきました。だからこそ、自然を大切にし、神・自然・人間の大調和を目指す現在の生長の家の運動がよく理解できると考えています。人は、己の如く、隣人を観、己のごとく自然界を観るようにできています。
 読者の皆様、今年一年間、本当に有り難うございました。まだ少し早いですが、心から感謝させていただきます。来年1月5日は、私の古巣である飛田給練成道場で講話をさせていただけることになりました。新しい時代に、新しい御使命をいただきました。育てていただいた故T元本部講師から、徹底した総裁先生への中心帰一の信仰姿勢を教えていただきました。今回は、自分的には、その原点回帰になると思います。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月9日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑧」

Photo


平成28年12月9日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑧」

****************************************

【12月11日(日) 岡山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::闇の中 ポッと明るい 雪ホタル 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年10月28日 (金)「 ”もの作り”で創造的人生を」を学ばせていただきます。

【御教示】
 何でも新しいものを買って、それが古くなれば廃棄し、さらに新しいものを買う。また、自分の手足を使って物事をするよりも、お金を払って誰かに物事を効率的に処理してもらう--というライフスタイルが、地球温暖化や環境破壊の原因になっていることは、皆さんもすでにご存じです。ですから、私たちがプロジェクト型組織を作って推進しようとしている活動--自転車通勤、クラフト製作、食材のオーガニック栽培などは、時代の流れに反する非効率で、苦しい活動だと考える人がいるかもしれません。しかし、実際にPBSの活動をしている皆さんはお分かりと思いますが、これらの活動は、私たちが都会生活の中で忘れていた“自然との一体感”を回復し、私たち一人一人の創造性を高める活動なのであります。 

【学習】
  自転車通勤は何とか続いています。今朝は自転車のチェーンが風で倒れた関係で、外れたままでした。気がつくのが遅かったのです。それで徒歩でした。これも二酸化炭素削減です。脚は強くなります。クラフト製作は、何でも手作りのつもりで、まずは修理などはできると思います。自転車部の投稿に、自転車のパンク修理をご自分でなさったことが出ていましたが、それも素晴らしいと思います。自転車乗りは、パンク修理の道具を、自転車に乗せていますね。私もいずれそのようになると思います。オーガニック菜園は、やってみると大変楽しいです。美味しいし、生命の息吹を感じます。知信行という言葉があります。知るだけですと、脳随が空転する嫌いがあります。行じることによって、本当の「信」に至ります。このような実生活により、自然との一体感を快復します。確かに創造性が高まりますね。要するに進歩します。進歩は喜びです。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→第3ポイントです。自民党草案にある第99条「緊急事態宣言」は、緊急事態宣言中に、「地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる」となっていますが、首相の意に沿わない自治体の長に対して、「辞任の指示」を出すことは可能でしょうか?56頁7行目~13行目

①できる。
②できない。
③ケースバイケースである。

【越後伝道記】
  光明化運動には、先祖供養が不可欠であることを思いました。毎日、御先祖に『甘露の法雨』や『観世音菩薩讃歌』を読誦していると、御先祖が生長の家の信徒になってくれるのではないでしょうか。私たちが、仕事や実生活をやりくりしながら、光明化運動ができるのも、やはり霊界の御先祖の強いお導きを感じます。目に見えない力こそ、大切です。今日(12/9)は、白鳩会熟年の集いがありました。ご参加になっておられる方々は皆、熱心な信仰者であり、先祖供養をしておられる信徒さんばかりです。

  生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月8日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑦」

S_1_2


平成28年12月8日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑦」

****************************************

【12月11日(日) 岡山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::土の上 枯葉ハラハラ 春新芽

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年10月28日 (金)「 ”もの作り”で創造的人生を」を学ばせていただきます。

【御教示】
 このようにして谷口清超先生は、物を単なる物質とは考えずに、「どんな小さいものでも“神の愛”と“人の真心”のカタマリである」と感じて大切に使い、古いものでも新しい環境に活かして使われた。その御心と教えを私たちは今日、運動の中で大いに実践しようとしているのであります。何のことだかお分かりですね? ついこの間、この“森の中のオフィス”では「自然の恵みフェスタ2016」という催しが行われました。その中では、手づくりの工芸品であるクラフトの展示販売が行われました。そこに出品されたクラフトの数は、昨年よりずいぶん増えました。また、出品してくださった人の数も増えています。さらには、「SNIクラフト倶楽部」という組織が全国的にも結成されつつあります。そして、そのような動きに参加される生長の家信徒の数も増え、それぞれの教区でクラフト製作が行われるようになってきました。 

【学習】
  クラフトに関してのご教示です。清超先生が、「どんな小さなものでも、神の愛と人の真心のカタマリである」、との御言葉です。清超先生の御心を運動の中で大いに実践していくようになっております。これは具体的にはクラフトのようです。昨日、オフィスに行った時にも昼休みだけ開店しているクラフト店がありました。木でできたコースターを2つ購入して来ました。人気があるそうです。越南でも、練成会のたび毎に、1時間、クラフトの時間を作っています。12月の練成会では、印刷屋さんからいただいた残りの厚紙がありまして、それで鍋敷きを作りました。とても楽しいものですね。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→自民党草案にある第99条「緊急事態宣言」は、緊急事態宣言中に、予算に関わる国会のチェックを受けることなく、国会審議を待たずに、内閣が単独で財政措置を取ることができるとなっていますか、できないとなっていますか?55頁13行目~56頁6行目

①できる。
②できない。
③ケースバイケースである。

【越後伝道記】
  12月7日、二人の子供たちを連れて、森の中のオフィス見学に行きました。職員の皆様だけのオフィスは、とても静かでした。いつも会議等でたくさんの人がいる時だけに着ている関係で、「こう言う静かな雰囲気も良いなあ」、と思いました。戸外の見学は晴れ渡っていましたが、寒い中を、丁寧にご案内していただきまして、誠に有り難うございました。一人の子どもは、「よく省エネ、創エネができているので、すごいなあ!」と言っていました。後、残りの二人を連れて行くのは、来春ですね。子供たちに生長の家の運動を体験させる親としての「行」を遅まきながらの実践です。

  生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月7日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑥」

Photo_2


平成28年12月7日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑥」

****************************************

【12月11日(日) 岡山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::ちょい薄い 温室育ちの 冬いちご

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年10月28日 (金)「 ”もの作り”で創造的人生を」を学ばせていただきます。

【御教示】
 次の写真は、どこかで一度紹介したことがあると思いますが、平成9年(1997)に発刊された『創造的人生のために』という御著書の表紙カバーです。この本のカバーの袖の裏に は、こんな短い説明があります-- 

 「カバー写真の塑像・谷口雅宣氏の中学生時代の作品」 

 向かって左側が私の“作品”で、粘土で作ったハニワの頭を焼いたものです。右側は、プロのこけし職人の作品で、ずっと新しいもので多分、25年くらい後の作品です。古いものと新しいもの、粘土の塑像と木製のこけし、また頭だけのものと全身を表現したものなど、一見異質のものですが、その2つを組み合わせて写真にすると、何とも言えない暖かい人間性と、相互の信頼感を表現するような作品になっています。清超先生が、これを「創造的人生のために」というタイトルの表現に使われているという点も、私たちは学ぶべきことだと思います。「創造とは、古いものを破壊したり、捨て去ることではない」。「新旧の組み合わせで新しい価値が生まれる」「相互のプラス面を引き出せ」……などです。私たちが今、強調している“ムスビの働き”の素晴らしい例が、この一枚の写真にあると考えます。 

【学習】
  古いものと新しいもののコントラストです。では、創造とは何か?、
①それは、古いものを破壊したり、捨て去ることではない。
②新旧の組み合わせで新しい価値が生まれる。
③相互のプラス面を引き出す。
このようであります。さらにこのお写真は、ムスビの働きの素晴らしい一例としてご紹介しておられます。では、私たちも、さまざまな意味でのコラボレーションを試みて参りましょう。そこに新価値が創造されると思います。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→自民党草案にある第99条「緊急事態宣言」は、緊急事態宣言中に、内閣は法律と同一の効力のある制令を制定することができますか?例えば、刑事訴訟法にある逮捕要件の変更も内閣の判断だけでできるようになりますか?回答を下記より選んで下さい。55頁9行目~12行目

①できない。
②できる。
③できたり、できなかったりする。

【越後伝道記】
  信徒様から教化部に、「合掌三昧」という谷口雅春先生の御揮毫の書をいただいたのですが、しばらくそのままにしておきました。それを、今日(12/5)、練成会が終わってから、大拝殿にかけていただきました。うれしいです。私は、高校時代に、『生命の實相』第8巻の万教帰一篇にある、「礼拝三昧禅」の章が大好きで、何度拝読したのかわかりません。その境涯を示した御揮毫をこれから日々、拝見することができるとは何と幸運なことでありましょうか。感謝限りなし、であります。
 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月6日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑤」

Photo


平成28年12月6日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。⑤」

****************************************

【12月11日(日) 岡山教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::枇杷の花 咲きて路傍に 香り過ぐ 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年10月28日 (金)「 ”もの作り”で創造的人生を」を学ばせていただきます。

【御教示】
  次の写真は、この御著書の前の年(1985年)に発行された『人は天窓から入る』という本の表紙カバーです。「はしがき」にあるその説明文を読みます-- 

 「カバー写真は私宅の2階で、息子の残して行った人形を床の上において写したものである。“天窓から入る”というイメージが出たかどうかは少々疑問だが……」 

 補足しますと、この「息子」というのは私のことで、この人形はお腹かどこかを押すと「ギャハハハハ……」と笑い声を出す仕掛けが組み込まれているジョーク・トーイです。先生がこれを撮影された当時は、私は結婚して、東京・世田谷区の駒沢大学の近くに住んでいたのです。不要となったので置いていったジョーク・トーイに目をつけられて、先生はそれを聖典の表紙写真として蘇らせてくださいました。この写真の構図は、ちょうど私たちが天井を見上げると、そこにある天窓からヒゲ面のオジサンが顔を突っ込んで、あいさつしている--そんな感じがします。これは「人間は物質や肉体ではなく、天から降ってきた神の子である」というメッセージをユーモアをもって伝えているのではないでしょうか? 

【学習】
  「人は天窓から入る」という聖典の題名を、私自身は、初めて見たとき驚きました。「なぜ、天窓から?」と思ったからです。しかし、その御解釈が書かれています。「人間は物質や肉体ではなく、天から降ってきた神の子である」というメッセージをユーモアをもって伝えているのではないだろうか、と。
 人間は霊的存在である。そのことによって、私たちは、物質世界に縛られない、自由自在の自覚を得ると考えられます。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→自民党草案にある第99条「緊急事態宣言」の効果はどれくらいでしょうか?下記から選んで下さい。55頁1行目~8行目

①大したことはない。
②強大である。
③どちらとも言えない。

【越後伝道記】
  今日(12/4)は、新潟越南練成会で30分間、SNI自転車部員の長谷川郁夫さんが倫理的生活者、自転車利用、低炭素生活法の講話をしました。天女山、八方台ヒルクライムの説明、ママチャリ生活の説明などなど、画像を使っての講話を聞いて、初めて見る世界に練成会参加者の皆さんは目を見張りました。登場した自転車は私の通勤用のママチャリです。雨の日は、雨合羽を着ますのでそれを着ました。ヘルメットは通勤用に使っていたものです。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月5日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。④」

S_1

平成28年12月5日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。④」

****************************************

【12月4日(日) 大分教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::隙間風 ピューと一吹き 木枯らしが

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年10月28日 (金)「 ”もの作り”で創造的人生を」を学ばせていただきます。

【御教示】
 
 「さてこの本のカバーの写真は、私が北海道へ行った時、朝港町で撮ったもので、直接豊かさをあらわしたものではなく、古びたポンコツ車の残骸である。いささかのアイロニーをもって、こんなものを使うことにした」 

【学習】
  アイロニーとは、何でしょうか?「デジタル大辞泉」で調べました。
《「イロニー」とも》
1 皮肉。あてこすり。
2 反語。逆説。
3 修辞学で、反語法。
4 ソクラテスの問答法。無知を装いながら、知者を自認する相手と問答を重ね、かえって相手が無知であることをあらわにし、その知識が見せかけのものでしかなかったことを悟らせる。
 
  総裁先生の御文章にあるように、物質的豊かさは本当の豊かさではない、ことを清超先生はお教えくださっているのだと思います。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→自民党草案では、「緊急事態とは何か」という定義を明確に定めていますか?
以下の番号を選んでください。53頁12行目~54頁13行目

①明確に定めている。
②明確に定めていない。
③どちらとも言えない。

【越後伝道記】
   現在、練成会ですが、練成会員の話によると、鳥インフルエンザが発見され、関川村では31万羽のニワトリ、柿崎では23万羽が殺処分されたそうです。白い防護服を来た人たちが家の近くを歩いていた、と柿崎区から来られた人が話していました。私は鶏肉は食べませんが、温暖化防止の観点からも、慈悲心の発露からも、肉食ではなく、ノーミート料理の美味しさをお伝えする必要がありますね。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月4日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。③」

Photo


平成28年12月4日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。③」

****************************************

【12月4日(日) 大分教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::外套に 雪積もりつつ 吾が家に 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年10月28日 (金)「 ”もの作り”で創造的人生を」を学ばせていただきます。

【御教示】
 
清超先生は、このお考えを写真の中にも表現されているのですが、そういう例を2~3点紹介しましょう: 
 
これは昭和61年(1986)に発行された『豊かな人生を作ろう』という御著書の表紙カバーです。廃車になった車が積み上げられている写真ですが、それを使って「豊かな人生を作ろう」と仰っているのですから、この写真の例は、何でも安易に廃棄してしまう今の社会は本当は「豊かではない」ということを、暗に指摘されているのです。「はしがき」には、こう書いておられます-- 

【学習】
  私が中学生の頃、新幹線が開通しました。その頃の会話ですが、「アメリカでは自動車を道ばたに棄てているそうだ。何というお金持ちの国だろうか。一人で一台の自動車を持っているそうだね。日本もそのようになりたいもんだね」と。今考えると、ムダに廃車するような生き方が豊かな生き方だと錯覚していたんでしょうね。なにしろ、お金がない時代でしたから。私は、中学校までは、よく川でエビを獲ったり、ウナギを獲ったりしました。(勿論、現在は釣りはしません。)それが夕飯のおかずになると、母親はとても喜んでくれたことを思い出します。物質的に豊かであることは、それはそれでよいのですが、本当の豊かさは、たとえ、少なくても家族で仲よく食事ができることや、明るい未来を語り合い、正しく美しく生きること。これが本当の幸せの姿なのでしょうね。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→自民党草案の「緊急事態条項」は「内閣独裁権条項」であるとして警鐘を鳴らしている憲法学者は誰でしょうか?53頁1行目~11行目

①樋口陽一氏 ②木村草太氏 ③小林節氏

【越後伝道記】
  『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を十分に読み込み、そしてどこからでも説明できるようにならなければならない、と思いますが、生政連の活動停止から、私の脳随もこの部分はながらく停止状態だったようです。その間、練成会に打ち込み、そして、教化活動に専念し、といった感じでしたね。でも、学生時代にもどった気持ちで、少しずつ学び、かつ本部方針を遂行して参りたいと思います。この本に出ている憲法学者の皆様のユーチューブがありました。それにしましても、時間が欲しいですね。
   https://www.youtube.com/watch?v=ZsfTh6OBkO8

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月3日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。②」

S_1


S_1_2


S_1_3


S_1_4

平成28年12月3日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。②」

****************************************

【12月4日(日) 大分教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::金色の 銀杏ヒラヒラ 足元に

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年10月28日 (金)「 ”もの作り”で創造的人生を」を学ばせていただきます。

【御教示】
  皆さん、本日は谷口清超大聖師八年祭にご参列いただき、ありがとうございます。谷口清超先生は、ちょうど8年前のこの日に89歳で昇天されました。 

 私は昨年の清超先生の七年祭で、昭和50年5月号の『生長の家』誌から引用して、先生が「物を大切にせよ」と教えられたという話をしました。また先生は、そう教えられただけでなく、ご自身の実際生活の中でも、その通りに生きられました。その教えをわかりやすく説かれた言葉を昨年七年祭で紹介しましたが、今回も繰り返してお伝えしましょう--「物はどんな小さいものでも“神の愛”と“人の真心”のカタマリである」というのが、それです。 

【学習】
  「物を大切にする」。このことをご実践されていたのが清超先生でした。知信行です。物はどんな小さなものでも、神の愛と人の真心のカタマリである。そう思える時、そまつにすることはできませんね。紙くずのようにみえるものでも、絵を描いたりすることができます。ある女性画家は、どんな小さな紙でも棄てるに棄てられず、絵を描いていたそうです。生かして使うことが神の愛を行ずることに通じるように思います。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→次は「”心の法則”と”平和への道”の神示」の御文章の一節です。カッコの中に何が入りますか。下記より選んで下さい。49頁12目~52頁1行目まで。
乱を忘れざる者はついに(  )に遭う。
①平和 ②乱 ③大調和

【越後伝道記】
  身体を鍛えるのにも、科学的な知識が必要であるそうです。筋を十分に伸ばすストレッチ体操、筋肉力を強めるトレーニング、心肺能力を高める有酸素運動、この3つが必要であると、昨日トレーニングジムへ行ったときに教えていただきました。優秀なコーチにつくのか、自己流で修行するのかで、その後の能力や技術の成長に大きな影響を与えるようです。信仰も同じです。良き友や先達に恵まれた時、これほど幸運なことはありません。生長の家では、総裁先生という正師に恵まれており、私たちをお導きくださっています。今、新たに説かれる御教えを実践させていただくことにより、私はここまで来ることができました。誠に有り難いことです。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月2日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。①」

Photo

平成28年12月2日唐松模様「“もの作り”で創造的人生を」に学ぶ。①」

****************************************

【12月4日(日) 大分教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::玄関に  外套ブラリ 夜を越せり

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年10月28日 (金)「 ”もの作り”で創造的人生を」を学ばせていただきます。

【御教示】
 今日は午前10時から、山梨県北杜市大泉町の生長の家国際本部“森の中のオフィス”のイベントホールで「谷口清超大聖師八年祭」が執り行われた。私は祭壇に掲げられた谷口清超先生の遺影の前に玉串を奉げ、御祭の最後に概略、次のような挨拶を述べた--

【学習】
  谷口清超大聖師八年祭の時、ご挨拶を述べておられます。新潟越南教区でも、生長の家長岡教化部に於きましてライブ配信にて参列させていただき、御言葉を拝聴いたしました。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→文芸評論家の小川榮太郞氏は、安倍政権に関して、強くあり続けるポイントは何であると言っていますか?。下記より選んで下さい。48頁9行目~49頁11行目まで。

①経済力
②支持率
③政治力

【越後伝道記】
  レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』を読了しました。考えてみれば、子どもの頃には当然のように感じていたことだと思いました。彼女が書いた『沈黙の春』はまだ途中ですが、この本で、殺虫剤散布や農薬散布がある程度止まったそうです。私が中学生頃が一番酷くて、田んぼに棲んでいた小魚や虫はまったくいなくなったようです。お米や野菜を完全収穫するための農薬使用です。それからは、緩和されてきたと、農業をやっていた友人が言っていました。しかし、現在の農業によって排出する二酸化炭素は世界の40%と言われていますので、農薬とは別の角度からの問題提起です。SNIオーガニック菜園部の今後の活動が期待されますね。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成28年12月1日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑭」

S_1

平成28年12月1日唐松模様「背教者はいない」に学ぶ。⑭」

****************************************

【12月4日(日) 大分教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【新潟越南教区の講習会9月25日(日)は、822名のご参加でした。ご参加されました皆様、ご協力してくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

【お勧めの本】
①『愛国と信仰の構造』
②『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
③『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』
④誌友会のためのブックレットシリーズ3『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)

光明越後人の詩::湯豆腐や グツグツと煮て 湯気香る

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
唐松模様(2016年11月22日(火)「”背教者”はいない」を学ばせていただきます。

【御教示】

 しかし、この行為が、御教えの多様な展開と今日的状況への対応を可能にしてくれたのです。それを思えば、私には今、それが--清超先生のお言葉を借りれば--「現象の奥にある神の大愛」のように感ぜられるのであります。これら両讃歌は、今では日本語のみならず、英語、ポルトガル語、中国語、韓国語、ドイツ語、スペイン語にも翻訳されて、世界中の生長の家信徒が読誦し、また信徒以外の人々にも伝わりつつあります。 

【学習】
  「現象の奥にある神の大愛」、このお言葉に、総裁先生の謙虚な神様への信仰心を学ばせていただくことができると思います。何ごとも全力で取り組む。エシカルなご生活、そして強力な御指導。それらを学ばせていただき、そして御教えをお伝えさせていただきたいと思います。先日、教化部の周囲の町内の方々約50軒を訪問した時のことです。「自然の恵みフェスタ」を開催して、残った柿とジャガイモをお配りしているときの会話ですが、「収益は国際飢餓基金に送るのですよ」という言葉に対して、町内の人が「生長の家は良いことをしているんですねえ」と感慨深げに言われた言葉が脳裏に残っています。ともかく、「良いことをしよう。悪いことをするな」という仏教の教え、「諸悪莫作、衆善奉行」こそ、伝道の秘訣でありましょう。すべてを善意に受け取る。現象の奥に、さらにその奥に、神様の大愛を感じる。これこそ、信仰の真髄でありましょう。

【 『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』を読んで答えを探そう!】

設問→次の文章の中で(   )に当てはまる言葉を選んで下さい。
47頁4行目~48頁8行目まで。

「抑止力」が効果を発揮するには、相手国との(    )も必要不可欠なのです。

①上下関係
②信頼関係
③商売関係

【越後伝道記】
  私は握力の強さが、現時点ではどうも平均よりも弱いようです。そこで、市民体育館のジムの指導員にお聞きすると、「拡げる力が握る力に変わる」と教えられました。そこで、時々、手を広げるトレーニングを始めました。すると、今日、握力計を握ってみると、何と、両手の握力が強くなっているのです。なるほど、です。その男性と話していると、彼が自転車をやっていることが分かりました。行くお店もフィンズという自転車専門店でした。彼は、ヒルクライムはしないそうですが、輪行して、遠くに出かけることがあるそうです。ムスビの喜びですね。今日は木曜休日でしたが、快い一日でした。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢
れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »