« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

平成29年2月20日「”唐松模様”に学ぶ」(代替事実はウソ?)①

平成29年2月20日「”唐松模様”に学ぶ」(代替事実はウソ?)①

****************************************

【3月5 日(日) 福島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::ポンポンと 微かに聞こえ 梅開く

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2017年2月20日 (月)の「唐松模様」(代替事実はウソ?)を学ばせていただきます。

【御文章】

「代替事実」という言葉が流行っているそうだ。といっても、日本のことではなく、主としてアメリカでである。だから、もっと正確に言えば、英語の「alternative facts」という言葉が流行っているのである。理由はたぶん、従来のアメリカ政治の常識を覆すトランプ新政権の性格を、よく表しているからだろう。 

【学習】
  この論文の最後あたりに、アメリカのマスコミの健全さを述べておられます。マスコミは正しいことは正しいと言うべきなのでしょうね。昔はペンは剣よりも強し、という言葉がありました。しかし、それはかなりの勇気がいったと思います。特に全体主義の世界に於いてです。

【人間の救い】
 今までの、人の救いの総括ですが、実相を観ること、先祖供養、流産児供養、伝道の徳積、などなど。やはり基本となる宗教行をしっかりと行っていることがポイントのようです。また、よき指導者によって、適切な指導を受けてこられたのは、本当にラッキーだと思いますね。私はこのコーナーでは、どのようにして人間は救われていくのか、また、その人達が現在の生長の家の運動により一層、協力していただけるように工夫して行きたいと思っています。まず、生命の實相の自性円満を自覚し、それによって己が救われ、次に家庭が、そして地球世界を救済し、世界平和を実現しようとする偉大なる神の子が誕生することを願っています。

【越後伝道記】
  2月27日、朝9時前に新幹線に乗って、東京へ行き、羽田空港から長崎へ行きました。総本山へ到着して、明日は春季記念日です。明日は総裁先生からどのようなお話があるのか大変楽しみです。ご同行が3人おられますので、ワイワイガヤガヤと楽しい旅です。このような素晴らしい信徒様方とご一緒に行けるのは本当に教化部長冥利に尽きると思いました。明日は授賞者の皆さまを撮影させていただき、また梅の花を撮影する予定です。機上から富士山が見えました。少しですが撮しました。カードリーダーを持ってきていませんので、長岡に帰ってからフェイスブックに掲載します。長崎は晴です。長岡とはずいぶん違います。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月19日「”恵味な日々”に学ぶ」(憲法について)(終)

平成29年2月19日「”恵味な日々”に学ぶ」(憲法について)(終)

****************************************

【3月5 日(日) 福島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::新幹線 早いと景色 分からずに どこへ行っても 同じ場所なり

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年1月24日 (火)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「憲法について」(終)

憲法について知ることは、視野が広がると共に、過去の歴史から学び、理想主義に向かって進もうとしてきた人類の歩みが理解でき、希望が湧いてきます。
 なお、憲法について詳しく知りたい方のために、以前にご紹介した、「『憲法改正』の真実」「1945年のクリスマス」に加え「憲法の条件」大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)をお勧めします。
 
【学習】
  憲法の勉強の利点ですが、①視野が広がる。②過去の歴史から学ぶ。③理想主義に向かって進もうとしてきた人類の歩みを理解できる。④希望が湧いてくる。という点だそうです。この視点を私たちも持ちたいと思います。また、ご紹介されている本は、私は一応、全部読みましたが、新潟越南の信徒の皆さま、如何でしょうか。ご多用とは思いますが、信徒間の情報の共有という意味で、谷口純子先生がご紹介されている本は読破することが望ましいです。

【人間の救い】
『無限の可能性がある』182にはF市のT子さんといいう人の体験談がでています。夫婦不調和、夫の暴力と不倫と娘さんの非行という状態から起ち上がった体験です。実際の体験談をお聞きするとすごかったのではないでしょうか。娘さんは非行の末に自殺未遂を繰り返していた。最後に、自殺しようとした時、母親は「一緒に死のう」と言ったが、その前に、「ゆには練成会を受けてから死のう」と提案した。練成会では、人間の不死不滅、完全円満な神の子であるという教えを受けた。明るい感謝と笑いを取り戻した。4年間別居していた夫にわびに言った。夫は糖尿病から肝臓癌になっていた。夫と和解してから夫は亡くなった。夫が、セコムの会社の人の夢枕に立って、「頼んだ仕事を早くやってほしい」と言ったそうだ。T子さんは、ご主人の愛に感謝した。T子さんは、白鳩会の地区連会長をしておられるとのことだった。当時のゆには練成会は、Sさんという教化力のある講師さんが活躍しておられたように思います。糖尿病は、自分の欲望に負けて栄養分を体外に流してしまう心が身体に表れたのである、と御教示されています。

【越後伝道記】
  2月26日は、石川教区の第400回の練成会に行かせていただきました。なつかしい人たちがたくさん来ておられました。また、橋本教化部長の時代に、能登光明道場を改築し、太陽光発電を作り、教化部会館では、薪ストーブと玄関や事務室を新しくして、国際本部や茨城県教化部のように、同じフロアーで業務ができるようになっていました。素晴らしい改革と進歩だと思わせていただきました。大きな仕事をされたのだと大きな感銘を受けました。私が勤務していたのは、12年前ですが、10年半教化活動をさせていただきました。懐かしい限りです。同時代に活躍された信徒さんたちは、すでに70歳定年で退任しておられる人が多いようです。橋本教化部長の繁栄の流れを引き継ぎ、さらに発展させるにはどのようにすればよいのか、4月からの課題です。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月18日「”恵味な日々”に学ぶ」(憲法について)②

平成29年2月18日「”恵味な日々”に学ぶ」(憲法について)②

****************************************

【3月5 日(日) 福島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::コート着て 余所の庭見て 梅寒し 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年 月 日 ( )の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「憲法について」②
 「白鳩」の憲法Q&Aコーナーは、憲法に対する考え方の基本になることを、わかりやすく皆さんで話し合っていただくために設けました。
 是非、誌友会等で活発な意見交換をされ、考えを深めていただき、多くの方にもお伝えいただきたいと思います。
 1月号は、Q(質問)が「憲法って、何のためにあるの?」です。
 それに対するA(答え)は「国家権力を制限して、国民の人権を保障するためにあります」
 その後、答えについて詳しい説明があります。
 2月号は、Qが「立憲主義って、どういうこと?」
      Aは「憲法によって、国家権力を制限しながら国を運営する考え方です」
 いずれも、52ページに掲載されています。
 ブックレットと共にこのページもご活用いただき、知らない方にはこのコーナーをお知らせいただければと思います。
 
【学習】
「白鳩」誌の憲法Q&Aコーナーは、憲法に対する考え方の基本を「話し合う」ためであるとのことです。「いのちの環」「日時計24」だけしか購読していない人は、読まないことになる危険性があります。是非ともこの機会に三誌を購読をしていただきたいと思います。
①誌友会等で活溌な意見交換
②考えを深める。
③多くの方にお伝えする。
なすべきことは、この3つです。「ブックレット③」と「白鳩」誌の活用をしましょう。憲法は何のためにあるのか?→国家権力を制限して、国民の権利を保障するためにある。立憲主義の意味は何か?→憲法によって、国家権力を制限しながら国を運営する考え方である。
 この2つを頭に入れておきましょう。その裏付けがあるのですが、それは歴史の勉強が必要です。ともかく、ご指導のままに、素直に学び、かつ国民投票に備えたいと思います。

【人間の救いのポイント】
『無限の可能性がある』178頁には、鹿児島の田之上サチさんといいう人の体験談がでています。子宮癌末期の宣告だったが転移が無く、少しの手術で治った体験です。神想観や先祖供養は当然ですが、娘さんが生まれて2ヶ月後に,ご主人が亡くなっておられる。そのご主人の供養が十分でなかったようです。①家族がどのような生活をするか。②家族がどのような生活態度や人生観で長年くらしてきたか。③そのような人生体験全般に対する反省と信仰深化が極めて大切である、と説かれています。病気に対して、医者にかかるか、かからぬかという選択の問題ではない、とも説かれています。

【越後伝道記】
NHKのBSで放映された「アナザーストーリーズ」という日本国憲法の成立についての番組を録画で見ました。当然のことながら、男女同権を憲法に盛り込んだベアテ・シロタさんが出て来ました。男女同権思想、基本的人権の保障、生長の家のみ教えの法律的用語です。男女同権は、男尊女尊の考え方、基本的人権は、人間神の子の絶対価値の本質、です。です。彼女の必死の努力の線上に現在の白鳩会の発展もあるのかも知れませんね。彼女が15歳までの10年間住んでいたのが,何と当時の、生長の家本部があった同じ町内であったのも神縁なのでしょうね。『1945年のクリスマス』を読んでから動画を見るとさらに感動します。それから、憲法研究会の「七人の侍」の物語、最後に大島が50~60日間、日本から切り離されて、その間に、日本から独立しなければならない、ということになったそうです。それで当時1万人ほど?の島民は、まず憲法を作ることに着手したそうです。その内容の骨子が、ほとんど現在の日本国憲法に酷似している、との事実です。NHKは憲法改正の是非は主張していませんでしたが、「大島暫定憲法」を持ち出してきたところに、NHKの主張があるように思いました。NHKははっきりと云う事はできませんが、要するに、自民党の憲法草案への反対意見でしょうね。 

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月17日「”恵味な日々”に学ぶ」(憲法について)①

平成29年2月17日「”恵味な日々”に学ぶ」(憲法について)①

****************************************

【3月5 日(日) 福島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::木の芽風 雪のこりつつ そよそよと

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年1月24日 (火)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「憲法について」①

 昨年11月「“人間・神の子”は立憲主義の基礎」というブックレットが、作られました。
 安倍政権は憲法改正を政治日程に入れ、本格的な動きを始めています。
 普及誌「白鳩」では、今年の1月号から、「ゼロから学ぶ憲法Q&A」というコーナーを設けました。
 憲法が多くの人にとって、身近なものではなく、また現在の憲法は、日本が戦争に敗れ、無条件降伏した時、アメリカにより理想的な国家をめざして作られたものです。
 当時の日本は、自分たちの手で憲法を作ることができず、アメリカから示されたものを修正して、現在の日本国憲法が制定されました。
 そのため、憲法とは何なのか、どんな役割があるのか、そして私たちの生活とどのようにかかわるのかという、国民として知る必要のあることを、私たちは自分の問題としてこれまで考えてこなかったのではないかと思います。
 憲法改正時には、国民投票が行われることになっています。
 その時、私たちは主権者として答えが出せるようにしておくことは必要です。
 
【学習】
  憲法に関して、白鳩会総裁先生が、私たちを正しくお導きくださっております。ご紹介された書籍はできるだけ読んでみましょう。私は一応購入して読んでいますが、理解がすすみます。国民投票が行われるということですので、私たちは、準備し、周囲の皆さまに本当のことをお伝えできるようになろうではありませんか。

【人間の救い】
『無限の可能性がある』156頁には、愛知県の小杉武子さんといいう人の体験談がでています。老人性痴呆症のおばあちゃんをお世話した体験です。与えられるマイナスの人生から、与えるプラスの人生に転換した体験談です。

【越後伝道記】
  日本弁護士連合会が、2017/02/17に出した「日本国憲法に緊急事態条項(国家緊急権)を創設することに反対する意見書」という長文の意見書を読みました。31頁です。ほぼ、ブックレット③の内容と同じです。私自身、昨年の8月から、昔の感覚が蘇ってきたようです。脳の活性化です。ピンチはチャンスです。これ以外にありません。今日は(2/26)は、石川教区へ出講に行くところです。この文章は、新幹線の中でパソコンをうっています。練成会は今回で400回だそうですね。継続は力です。私がかつて赴任させていただいた時、最初に担当させたいたいだのが、第100回目でしたので、あれから300回行ったようです。石川の練成会は、故F元本部講師が、本当の信徒を作りたいと念願して七尾に練成会を始めたのが最初のようです。当時は、十分に真理が浸透しているとは言い難い時代だったようです。その時代の壁を打破しようと、ひたすら真理を説き続けて、F元教化部長は、全国的に有名になりました。その後も、自分が救われた喜びを伝えていかれました。個人的にも色々と教えていただき、お世話になった記憶があります。長島選手が選手をやめるとき、「巨人軍は永遠です」といったのを覚えていますが、現代では、「生長の家の人類光明化運動・国際平和信仰運動は永遠です」と言いたいです。神様の運動に,停滞はあり得ない。もしそのように見えるならば、自分の心が停滞しているだけです。なぜならば「三界は唯心の所現」だからです。
 
生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月16日(木)新潟越南教区機関紙『越路』平成29年3月号掲載予定文章

Otoko

平成29年2月16日(木)新潟越南教区機関紙『越路』平成29年3月号掲載予定文章

【四年間、たいへんお世話になりました。新潟越南教区のさらなる教勢発展を祈ります】

 神の子の皆様、菩薩の皆さま、私は今月3月で新潟越南教区での任務を終わりまして、石川教区に異動させていただきます。四年間、本当にお世話になりました。皆さまの暖かい御愛念をいただきまして、素晴らしい活動ができましたことを心から感謝申し上げます。 初めの頃、魚沼の田んぼで田植えを行わせていただいたことや、竹の子を掘りに行ったことや、皆さまとの素晴らしい思い出があります。自然豊かな越南でした。

 自然の恵みフェスタ、音楽祭、絵手紙展、ヒルクライムなどなど。楽しいことがいっぱいでした。講習会は二回、総裁先生ご夫妻様をお迎えして、開催させていただきました。推進を通して、信徒の皆さまとの同志愛、連帯感、協働意識が深まったと思います。これは私にとって大きな宝です。皆さまのさらなるご幸福、ご繁栄、教勢発展をいのらせていただきます。

 プロジェクト型組織で、SNI自転車部のお仲間も、私を含めて6名になりました。八方台に登ったことがとても楽しかったです。また、長岡市市民体育館のジムでのトレーニングで、青年会員の皆さまの光明化運動に於ける連帯感が強まったように思います。楽しかったですね。登坂の時、休憩してコーヒーを飲みながら教義のことや光明化運動のことを話し合ったことがよい思い出です。

 善き幹部、善き信徒の皆さま、善き職員に恵まれて本当に幸福な四年間でした。個人的にも,私は大変健康になりました。若い頃の体力が蘇ってきたようです。エシカル・コンシューマーとして、倫理的生活者として、自転車で通勤し、雪が降る時は徒歩で行き、家庭菜園にも挑戦し、練成会ごとにクラフトを行って手を使って喜びを感じる。とても素晴らしい時間をいただきました。
 
  昨年の講習会で、なかなか動いて下さらなかった元幹部の方のところへ何度も何度も訪問して、前回の二倍近く、バス二台で参加して下さったのには、越後の侍の真心を見た思いがしました。信頼できる同志に出会った喜びがありました。この体験は、私の人生の宝となりました。
 
 また、教区内の7ヵ所をほぼ毎月、見真会を開催させていただいたことは何よりもうれしいことでした。信徒の皆さまと毎月、対面で真理をお伝えできることは素晴らしいことです。総裁先生の御心をお伝えすることをモットウにして、全身全霊で行動させていただきました。見真会では先祖供養などを行いまして、ご先祖様にもお喜びいただきました。霊界からのご先祖様の喜びが、教区全体を活性化していったのではなかろうか、と思います。長岡、三条、魚沼、柏崎、直江津、糸魚川、妙高の7ヵ所で毎月お世話になりました。有り難うございました。楽しい4年間を過ごさせていただきました。この見真会を通じて各地の信徒様が大変まとまってきたように思います。また、組織が活性化して来たように見受けられます。
 
 また、総裁先生の『唐松模様』やフェイスブックの真理の御言葉を教区機関紙『越路』に折り込んで、いち早く拝読していただけるようになりました。そして、インターネットを行っていない人も読めるようになりました。総裁先生への中心帰一の信仰姿勢を堅持しつつ、新潟越南教区は、今後も大いに進歩発展していただきたいと存じます。
 皆さま、どうぞ、お元気で、お過ごし下さい。益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。再拝
 

| | コメント (0)

平成29年2月15日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の(終)

平成29年2月15日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の(終)

****************************************

【3月5 日(日) 福島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::夕刻や 明るき街の 余寒かな

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月18日 (木)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「国際教修会3」

 このような大調和した生命が生き生きと活動する世界に生きていることを、常に忘れず、全てのものの恩恵に感謝して、生活していきたいと思います。
 唯一絶対の神への信仰が強力なコトバの力となり、またコトバの力の表現として新しい文明の構築につながる生活の実践を以下のようにまとめました。
 
1、 唯一絶対の神への信仰を深めるために三正行を実践する
2、 日時計主義で生活する
3、 『全ては神において一体』を生活に表現するために、むすびの働きを意識して生活する
4、 自他一体の愛の実践として、肉食を控える
5、 地産地消、家庭菜園、手作りなどを実践する。
6、 地球温暖化を促進しない生活を心がける。
 
 このような生活をしつつ、一人でも多くの人に生長の家を伝えていくことにより、平和な世界の実現に、皆さまとともに歩んで参りたいと思います。
 これで、私の話を終わらせていただきます。
 ご清聴ありがとうございました。
(おわり)
 
【学習】
  新しい文明構築につながる生活実践を6つ、ご指導くださっております。1、は神想観、聖典・聖経・讃歌・等の読誦、愛行です。ニューバージョンの生長の家信徒行持要目のような感じになりましょうか。私は、生長の家信徒行持要目は、約50年間、未だに唱えています。2,は「日時計主義で生きる」ことの実践は、『日時計日記』の毎日記載ですね。3,はあらゆる御縁を神縁として、ムスビとして感謝していく。来年にペアーで行う教区ですが、ある教区の講習会の推進で、一緒に行うことになってから、元気が出て、前回を上回ったということを聞きました。私も決起大会の講演でお手伝いさせていただいた教区ですが、ムスビの働きの素晴らしさを感じます。フェイスブックでの、「友だち」もおそらくムスビの働きではなかろうか、と思います。4,はクリアーです。但し、知らず知らずのうちに、肉が入っている商品がありますので、気を付けたいです。また、生物多様性募金で知ったのですが、インドネシアの熱帯雨林を燃やして、椰子の木を植えて、その椰子でヤシ油を作り、そのヤシ油を日本が大量に輸入し、お菓子や洗剤に入っていることをしりました。知らずして犯す罪の部類かも知れません。洗剤、お菓子類は気を付けたいです。5,は家庭菜園、クラフトですね。努力します。6,は移動手段を特に考えたいと思います。ご指導、ありがとうございました。

【救いの話】
『無限の可能性がある』152頁には、青森市の村川セツ子さんといいう人の体験談がでています。骨粗鬆が治った体験談です。肉体的に治癒されたとは書かれていませんが、祈り合いの神想観のあとで、自由に座ったり字が書けるようになって普通の生活ができるようになったようです。骨密度は大切です。60歳から70歳までの女性に多いようですが、これも訓練で,自転車に乗ったり、適度な運動をしていると、身体自身が、骨粗鬆になる訳にはいかないと判断して、骨粗鬆の状態を改善するようです。私はちなみに、先日調べると普通の人よりも20%骨密度が高かったようです。これは、自転車の御陰です。

【越後伝道記】
  Tさんという人から、フェイスブックで友だち申請が来たので、調べてみると,オーガニック菜園部に入っている方でした。私が「いいね」を押したことが元で申請したようです。その人の画像をみると、後ろに青年会誌友会10人を目指そう、とありましたので、どこかの青年会に所属しているようでした。さらに、もしやと思って、知り合いの人に確認してみると、私が結婚式に参加させていただいた人のご主人だと分かりました。ムスビですね。Tさんは、バスの運転手をしているそうです。ロードバイクを乗っている人は、車道から歩道へ,自在に移動するチャリダーがいるので、これは違反ですが、バスが急ブレーキをかけて、乗客に怪我をさせることがあるそうです。自転車に乗るのでも、マナーには気を付ける必要があるようですね。それにしても、ムスビの素晴らしさを痛感しました。今後、総裁先生のご指導に従い、徹底してムスビを行じて行きたいと思います。そこから、めざましい教勢発展になると思います。
 
生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月14日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の⑥

平成29年2月14日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の⑥

****************************************

【3月5 日(日) 福島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::道の辺に 惜しくも残る 斑雪(はだれゆき)

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月18日 (木)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「国際教修会3」

  神は唯一の存在なれど
  かくの如く多種、多様、無限豊穣を生み出し給う。
  地球の自然は個にして全、全にして個の姿を如実に現し吾らに神の無限相を顕示せり。
  森は一つ生命(いのち)の塊と見ゆれども、近寄りて見れば無数の生物種棲む多様な  る生命共存の場、相互向上の舞台なり。
  生物種互いに与え合い、支え合い、共に競いつつ厳しい中にも動きと変化に富む美し  き調和到るところに充満せり。
  個々の生物神の無限を表現する如く周囲へ広がり、高みを目指し、深みを極めんとし、  大距離を移動し、形態を変化(へんげ)し他種を模倣しつつ独自性を現したり。
  これら生態系はすべての生命の共栄圏にして、個性保ちつつ無数に集まり地球の表面  を覆い尽くせり。
  これまさに有限の中に無限現れ無限の中に有限同居する姿なり。
  神のアイデアと創造はかくの如く汲めども尽きず、数うれば限りなし。
 
【学習】
  この『大自然讃歌』は永遠に読誦されていくのでありましょう。私はこの『大自然讃歌』の御文章がが大好きです。「ダーウィンが来た」という興味あるNHKの番組がありますが、それらを見ていると、この『大自然讃歌』と共通するものがあるように思うのです。この番組は、眼で見る『大自然讃歌』かもしれませんね。

【救いの話】
『無限の可能性がある』141頁には、鹿児島の松元紀子さんといいう人の体験談がでています。姑さんの介護の体験談です。姑さんが苦しそうなので、先祖供養をすると楽になったそうです。白鳩会支部長、地方講師としても活躍しておられます。徹底した徳積、これ以外に私のすることはありませんね。

【越後伝道記】
  『生命の實相』布表紙携帯版第33巻を読了しました。随喜篇です。全40巻読誦は覚えているので、○○回目でしょうか。高校生時代の一回を加えると増えます。把握は?これからですね。「読書百篇、意自ずから通ず」、と言われているように、読書家になって、もっと読むことが必要ですね。104頁の「神を愛するようになれる秘訣」というのがありまして、納得しました。皆さま、どうぞ、40巻ある頭注版の『生命の實相』をお読み下さい。
  2月23日は、4月から新任地の石川へ借家探しに行きました。誰でもそうであるように、私は、どこにいても、全力を尽くして、総裁先生の御心をお伝えし、布教に当たる、というスタンスです。でも、体力的には、若い時のようにはいきません。だからこそ、身体を鍛えていく必要があると思います。私の尊敬する先輩で現役でがんばっておられる方は、現在85歳です。すごいと思います。見習いたいと思います。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月13日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の⑤

Hiraki


平成29年2月13日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の⑤

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::梅蕾や ポンと咲くなり 春の朝 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月18日 (木)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「国際教修会3」

 そのようにして、国際平和信仰運動が1993年に始まり今年で23年になります。その間、様々なことがありましたが、国際運動として、今日のような国際教修会が2003年から始まりました。そして、人類が直面する喫緊の課題である、地球環境問題を解決するために、2000年には生長の家の環境方針が発表されました。
 2013年には、東京原宿から、ここ山梨県の北杜市の〝森の中のオフィス〟に移転して、さらなる進展を期して、運動を進めています。オフィスが移転して新たに始められたことは、皆さんよく御存じであると思いますが、国際運動としては毎月一回、各国の指導者がテレビ会議を行い情報交換をし、重要な問題を話し合うことをしています。
 〝自然と共に伸びる運動〟を私たちは今行っていますが、地球と世界の現状を見て、何をすればいいのかを真摯に問い、私たちは運動を進めています。
 今の世界は、物質主義、経済優先、効率優先で、物質的に豊かになった半面、世界は格差が生まれ、人と人とのつながりは希薄になり、社会は分断しています。物質偏重の偏った文明をバランスよくさせるためには、全ては一体であることを生活のあらゆる面で表現していかなくてはなりません。
 「大自然讃歌」の3ページから9ページ一行目までを読ませていただきます。
 
【学習】
  各国の指導者がテレビ会議を行って情報交換を行い,重要な問題を話し合う、ようです。技術の発達が意識を変え、そして次の文化、文明に移行させていく。心が形を作ります。その心は、技術革新の手段を駆使することにより、変化して行きます。3つのプロジェクト型組織の活動は、フェイスブックを行うことが前提となっています。それは何故でしょうか。技術革新とその活用が、結果的に、すべては一体であるとの世界を行じることになるからでありましょうか。私たちもスカイプなどを使って、テレビ会議、テレビ勉強会を行いたいものです。

【救いの話】
『無限の可能性がある』141頁には、丸亀市の田窪和夫さんといいう人の体験談がでています。会社経営の話です。家電の販売店がうまくいかないところから成功に至る体験です。宇治の練成会に通ったこと。神想観や仏壇を購入しての先祖供養を行った。300万円ほどの納税通知書をいただき、支払えることの喜びを噛みしめた。経営には浮沈がある。その中で、一所懸命に働き、魂を向上させていくところに人生の素晴らしさがある。

【越後伝道記】
  『憲法の条件』(大澤真幸、木村草太著)を読了しました。法律用語が沢山入っているので、なかなか大変でしたが、大分慣れて来ました。
85頁…表現の自由が「優越的地位」があると表現されているが、民主主義や自己実現の基礎となるからである。
118頁…賛成、反対の意見をいうためには、ある程度の勉強が必要である。
119頁…ほとんどのブログは誰にも読まれていないし…
184頁…中国とケンカをする場合に備えて、アメリカともうちょっと仲よくしたいと考えている。集団的自衛権は、中国に対してケンカを売るようなもの。
192頁…政権が他者と向き合うことが必要である。
198頁…日本的な空気の中では、受け入れるということが、その人の存在を認めることになっている。
220頁…類型的にある人々を劣った人間だと決めつけてはいけない。
222頁…人間を類型化してしまうことは、人間を記号の体系にあてはめることである。
265頁…国家緊急権は、法の外、憲法の外にあるのですから、非常に危険です。
266頁…日本人の間で国家緊急権についての議論が盛り上がらないのは、ほとんどの人が憲法が何の為にあるのか,何を目指しているのか、まったく考えたことがないからだと思う。
284頁…(木村草太氏は)この対談を通じて、最後には公共の理念が勝り、苦境を乗り越えることができると確信した。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月12日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の④

Photo


平成29年2月12日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の④

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::梅の香や 駅構内も 流れ来る 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月18日 (木)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「国際教修会3」

 3、「国際運動」として、各国の運動を統一的、組織的に立案し実行していくための各種の方策が講じられていること
 
 簡単に言うと、そういう目的の運動を各国がバラバラに行うのではなく、世界の色々な人の知恵を借りながら協力し、組織的に行っていく枠組みが示されている。具体的には、運動方針徹底の場には、海外からも多くの代表が来られているので、意見交換や意識統一が行われるというわけです。「人類光明化運動」として出発した当初は、どのように平和を実現していくかははっきりしていなかったし、当時は戦争の時代でした。その時代よりは少しは具体的に、方法論その他種々の仕組みが出来上がりつつあるのが今の段階だということです。
 
【学習】
  より具体的に、全世界的に足並みをそろえるようになってきています。昨年の国際教修会でもブラジルやアメリカなどからお出でになった参加者と一緒に同一テーマで学びました。来年からはペアで講習会を行うようになっていますので、様々な面で二教区が意見交換を行いながら進んで行く。ムスビの中に進歩があると思います。先日、会社の広告の中に、「桃太郎の成功の要因は、出会いだった」という言葉と共に犬、猿、雉などの絵がありました。仲が悪そうな仲間でも、桃太郎というリーダーの元で団結して、鬼を胎児する。生長の家でいうムスビですね。ペアーで講習会というのは、さまざまな人的ムスビを可能にして、教勢は大いに発展していくと思います。

【救いの話】

『無限の可能性がある』139頁には、北海道の小川泰信さんといいう人の体験談がでています。炭鉱の事故に出会ったが、助かったという体験です。怪我をして休んだので、事故から直接には影響を受けませんでした。そういう内容です。ムダはない、ということです。

【越後伝道記】
  癌の治療に関してですが、小林久隆さんという医学者がアメリカで研究している方法で、転移している癌も治せるとの発表をしていると聞いて、インターネットで調べてみると、近赤外線というものを使っての方法のようです。わが家では遠赤外線は、暖房でよく使っており、焼き芋を焼くこともありますね。医学の進歩はとうとうここまで到達したようです。しかし、まだ一般化していません。C型肝炎でも、友人がそれにかかっていたのですが、治療法が確立されたということで、快癒して仕事に就いています。病気と心の関係があると思いますが、今までの病気が医学的に克服されても、新型の病気が発生することも考えられます。信仰者にとっては、病気の有無にかかわらず、心の健康化が大切であるようです。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月11日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の③

Photo_2


平成29年2月11日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の③

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::老梅や 香り今年も  馥郁と

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月18日 (木)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「国際教修会3」
2、その「世界平和」とは、政治力、あるいは核の抑止力によってもたらされる平和ではなく、唯一絶対の神への「信仰」によってもたらされる平和であることを明示したこと
 
 普通「平和運動」というと政治運動の一種であって、昔から行われている〝力のバランス〟による国際政治に反対して勧められたものがある。また、「平和維持」に力点を置くと、最近は核兵器ができたので〝核の抑止力〟を重視した政策もある。我々が担当するのは、政治や経済ではなく、私たちは「唯一絶対の神への信仰」を担当するのです。「被造物の中に敵と味方をつくって、敵をやっつける」というような中途半端な神様を私たちは信仰していない。このような神への信仰によって聖戦が行われます。私たちはお互いを神の子として認め合う信仰のもとに平和を実現するのが目的です。それが国際平和信仰運動の考え方です。
 
【学習】
  生長の家でいうところの、世界平和とは、信仰的な世界平和です。一般的には政治運動の一種だが、生長に家はそうではない。核の抑止力ともちがう。唯一絶対の神への信仰に基づくものである。非対称性の原理したがって、敵味方に分かれて争い、相手をやっつけての平和ではない。それ故に,聖戦をみとめない。なぜならば、神の世界には戦いはないからだ。神の子同士が拝み合うのが世界平和の姿である。

【救いの話】
『無限の可能性がある』128頁には、のり子さんといいう人の体験談がでています。
ご主人がサラ金に手をだし、離婚届に印鑑を押して出ていった。当時、三人の子供が居た。そのような中で、み教えに触れた。そしてご主人を恨むことなく、子供をりっぱに育てた。宇治の生存永代供養というのを申し込んだら、ご主人の居場所がわかり、再合を果たした。聖使命の什一会員に入り、誌友会、母親教室などに通った。感謝の生活が何よりも大切だという体験です。

【越後伝道記】
  私は、捨てるような紙切れに、時々絵を描いていますが、色づけするだけで、楽しいものです。線だけのものもありますが、色が塗られると生き生きとしてきます。上手に描こうとしないことが大切なのでしょうね。知人に、色エンピツで絵を描く人がいますが、なかなか味わいがあるのです。森の中のオフィスでの展覧会に出していただきたいような作品が沢山ありますが、荷造りなどが大変であるようです。先日のフェスタで展示したところ、十日町の元郵便局長であり、友人であるという方が見に来ました。そして、十日町で展示して、宣伝したいと行っていました。いのちがこもっている作品は、どれを取ってもステキですね。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月10日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の②

S_1_7


平成29年2月10日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の②

****************************************

【3月5 日(日) 福島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::梅月夜 香りは招き そぞろ行く

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月18日 (木)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「国際教修会3」

 1993年、谷口雅春先生生誕100年の年に、生長の家の運動は、時代に即応した運動に向かうために、「人類光明化運動」から、「国際平和信仰運動」となりました。この2つの運動は、目的と精神において、何ら変わるものではありませんが、もし違いがあるとすれば、3点だと示されています。
 
 1、生長の家が現代において目指すものは「世界平和」であることを明確にしたこと
 その理由として、人類光明化運動の「光明化」という言葉は一種文学的な表現で、「美しい」けれど、具体的にどういう状態かというとはっきりしない。しかし、「国際平和」という言葉は、明らかに国と国の間に紛争や戦争がない状態、さらにはお互いが協力し共存して繁栄する状態を意味することもあり、運動の目的が「国家間の平和」であることが明確になったと説明されてあります。

【学習】
  人類光明化運動から国際平和信仰運動への移行。私はちょうどこの頃、台湾の仕事をさせていただいていましたので、その意味が身を以て理解することができました。運動も目的が国家間の平和であるとのことです。他の誰もできなかったことを、生長の家が行うのです。世界平和に照準を合わせます。

【救いの話】
『妻と夫の愛について』15頁には、茨城県の高子さんといいう人の体験談がでています。
夫婦仲が悪くなった後で、ご主人が浮気をして、そのことで悩みました。三人の男の子がいて、離婚ができませんでした。生長の家の会合に出席し、真剣にお話を聞きました。『甘露の法雨』をあげました。ご主人が帰って眠ってから、枕元で「素晴らしい夫」を心に描いて祈りました。愛人のハンカチをご主人が持って帰ると、きれいに手で洗いました。ある夜のことでした。今まで2年間も口をきいてくれなかったご主人が、「高子、ごめんね」と言って仲直りしたのでした。悪夢が過ぎ去りました。こんな内容ですが、実に巧みに,心の動きを表現しておられます。

【越後伝道記】
  数日前、東山のキー場近くで、スノーシュー(西洋かんじき)で脚力増強トレーニングをしました。雪国は、冬場は自転車に乗れませんので、ジムでのトレーニングか、ローラーか、もう一つは、自転車で使う筋肉を鍛えるというスノーシューです。スノーシューでの歩きは、自然との一体感があります。汗もかきます。越南SNI自転車部のトレーニングの一つにしたいところです。今日、骨密度を測定しましたら、普通の人より20パーセント高い数値がでました。母親が90歳まで自転車に乗っており、90歳で転びましたが骨折はありませんでした。自転車は知らず知らずのうちに骨密度を高めるのかも知れませんね。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月9日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の①

S_1_3


平成29年2月9日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会3の①

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::春の水 流れうきうき サラサラと

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月18日 (木)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「国際教修会3」

 生長の家は、「人類光明化運動」を1930年から行ってきました。その間に日本は、第二次世界大戦、敗戦を経験しました。終戦後の世界は、アメリカとソ連という左右の超大国が対立する冷戦の時代であり、生長の家はアメリカ側に立ち、自由主義の世界を支持しました。日本においては、共産主義勢力から日本を護るために、日本民族の意識の啓蒙に大いに努めました。
 雅春先生が亡くなられたのが、1985年です。戦争の時代を生きられ、その時代に必要なことを生涯かけて貫かれました。先生の死の4年後に、ベルリンの壁が崩壊し、ソ連も崩壊しました。核兵器による恐怖のバランスの中で、一触即発の状態だった時代は終わり、世界に平和が訪れると、多くの人が期待しました。けれども世界は冷戦によって抑圧されていた民族主義が台頭し、世界各地で紛争がおこりました。更に冷戦時代の過当な競争の結果として、地球環境の悪化が大きな問題と意識されるようになりました。科学技術の進歩は国際化を促進し、インターネットの普及により情報が地球を行き交うようになりました。
 そんな地球社会の変化をうけて、生長の家の運動は新たな方向に進むことになりました。

【学習】
1930年が人類光明化運動元年です。窮すれば通ず。「国乱れて忠臣あり、家貧しゅうして孝子出ず」、です。非常の時の故に、光が求められて、生長の家が発進しています。そのご、二局対立の時代に、共産勢力から護るために、日本的意識が啓蒙されました。当時の共産主義のやり方は、革命ですから、暴力的です。東南アジアにしても、多くの人の生命が失われました。
谷口雅春先生は、「その時代に必要なこと」を生涯をかけて貫かれた、という御言葉の中に、草創期の光明化運動の時代がわかります。また、地球社会の変化によって、生長の家が新たな運動の方向を進むことになった外的環境変化を見事に御表現されています。この段落を、私たちは、十分に理解をしましょう。
①ベルリンの壁の崩壊
②ソ連の崩壊
③民族主義の台頭による世界各地の紛争の勃発
④地球環境の悪化
⑤科学技術の進歩と国際化
⑥インターネットの普及による地球規模的情報化
 これ以上に色々とあると思いますが、おおよそ網羅していると思います。それ故に、現代の生長の家運動の動きです。

【救いの話】
『無限の可能性がある』123頁では、佐賀県の看護士、Kさんの体験談がでています。
乳房にしこりができて、全摘出の可能性があると言われたこと。夫婦で摩擦があったが、それ以上に、子供の頃に暴力をふるったり、包丁を突きつける父親を憎んでいた。練成会で父親を赦し,感謝した。さらに彼女は愛行もしている。3ヶ月後に病院に行くと、腫瘍は消滅していた。見事な体験です。病状が変わる前に、心が変わっています。三界唯心です。

【越後伝道記】
  谷口清超先生の御著書で、「人の救い」について学ばせていただいていますが、取りも直さず、個人指導の仕方の勉強であることに気がつきました。どんな個人指導でもできる地方講師の養成、これが教勢発展のためには必須です。それから現在の地方講師・光明実践委員研修会は、本部テーマは当然ですが、『白鳩』誌、『いのちの環』誌のテーマ別学習、それにもう一つ、『日時計24』誌をテキストとしての発表、をくわえる必要性を感じました。青年が育つようにするためです。これは次の教区での小職の修行科目です。地方講師を育てるのは、当然のことながら、徹底した、総裁先生への中心帰一の信仰姿勢の堅持を身につけること。さらに、本部方針を実践し、縦横無尽に説法し、伝道できるようになること。今後も色々とやらなければならないことが多いです。「吾、新潟越南の教勢発展の柱とならむ!。吾、新潟越南の教勢発展の礎とならむ!。吾、新潟越南の教勢発展の要とならむ!」。ここに赴任させていただき、近くの産土神社である川崎神社へ四年間、毎日、お詣りさせていただきました。祈る内容は、この事のみです。勿論、今までお世話になった生長の家本部練成道場、教区も併せて祈らせていただいています。感謝合掌です。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月8日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の(終)

Photo_3


平成29年2月8日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の(終)

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::ワクワクと 香り漂い 梅祭

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月17日 (水)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「国際教修会2」
ところが生長の家は、教義と云っても生長の家独特の教義がないのであります。ないと言うとおかしいけれども、生長の家は仏教の話もする、お釈迦様は斯う云うように被仰ったと言って、仏教は斯う云うものであると言って話もする。またキリスト教は斯う云うものである。耶蘇はこう被仰ったと言って話もする。また金光教の教祖は斯う言われた、天理教祖は斯う言われた、日本の『古事記』には斯う書いてある、老子には斯う云う事が書いてある、孔子は斯う被仰ったと云う風に、色々の教を一つにして説いて、相手に随って自由無礙に方便自在の説教をしているのでありますから、一定の生長の家の教えと云い教義と云うたらどんなものだと言われると困るのでありまして、生長の家独特の教義と云うようなものがないのであります。
 『信仰による平和の道』158ページ
 
  これらの先生のお言葉から生長の家は、宗派を超える教えとして出発したことが分かります。(終わり)
 
【学習】
  万教帰一の教え、コアになる真髄は変わらない、との生長の家のみ教えは本当に素晴らしいと思います。だからこそ、生長の家独特の教義がない、それが特長であるとも言えるのですね。総裁先生の御心を,大いに学び、かつお伝えして参りたいと,思います。昨日2月17日は、三条の見真会が終わりました。教区内7ヵ所をほぼ毎月、見真会を行い、総裁先生の御心をお伝えして参りました。微力ながらこの御使命を果たさせていただきましたことを心から感謝申し上げます。

【救いの話】
『無限の可能性がある』115頁では、Jさんの体験談がでています。県名は書かれていません。Jさんは白鳩会の幹部だったのですが、娘さんが不倫の子供を宿しました。しかし、その子を産み、使命を遂行しながら素晴らしい人生を歩んだという内容です。どんな時にも明るい希望はあるのですね。ぜひ、拝読して下さい。

【越後伝道記】
  「ペイ・フォワード」という映画をDVDで観ました。二回目ですね。一度観たのを忘れていました。最後に、友人を助けようとした少年が刺されて死んでしまう。助けた者が死ぬとは理不尽なので、谷口雅春先生の戯曲篇「キリスト」のように死なない方がよい、と思いましたね。少年の母は、自分の放浪の母を赦したのでした。また、トレバー少年と暴力を揮う父親との関係、母の恋人であり教師であるシモネット先生が15歳頃に父親に角材でなぐられ、ガソリンで大やけどを負う。何とも凄まじいです。アメリカの家庭内暴力の問題、私見ですがこれは、何百年前からの奴隷制度からの怨念なども国全体に影響を与えているのではなかろうか、とまで考えてしまいました。トレバー少年が、3人の人に善意を渡す、という提案が、社会運動にまで発展しているという物語でした。あきらめないこと。赦すこと。色々と考えさせられる問題を提起していました。

 今日(2/18)は、信徒の方が約1ヶ月間、ご入院していたのですが、一昨日退院なさいましたので、手作りのお菓子をもって、快気祝いに参上しました。本当によかったです。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月7日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の⑧

Photo_2


平成29年2月7日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の⑧

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::蓮華草 ようやく草見ゆ 雪解けて
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月17日 (水)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。

【御文章】
「国際教修会2」
  このような暗い時代に、人々の悩みを解決するために、自分は此の事業を立ち上げたのだと宣言されました。
 そして、日時計主義の生活を提唱され、言語の再現力、言葉の創造力の応用を勧められました。
 生長の家は、宗教ではなく教化団体だったのですが、1939年(昭和14年)、日本に宗教団体法という法律が制定されて、文部省の見解によると、生長の家は「教化団体」というよりは「宗教団体」であるということになりました。
 その辺のいきさつについて、総本山落慶記念に出された「神の真義とその理解」(日本教分社刊)に書かれてありますが、『信仰による平和の道』の158ページに引用されています。
   
【学習】
  私も毎日、『日時計日記』を書いていますが、これは三正行での、光明思想の言葉の実践、身句意をすべて網羅し実践するやり方であろう、と思います。『日時計日記』記載運動とでもいうようなものです。立教の時代を考えますと、形にとらわれる訳ではありませんが、この毎日記載こそ、谷口雅春先生立教のご精神を、自分個人に於いて日々生きる,行じ続ける最大の荘厳なる行法ではなかろうか、と思います。「夢疑うことなかれ」です。「たかが、日記と言うことなかれ」、です。「立教の使命を生きる」!。これが『日時計日記』であると自分的には考えています。

【救いの話】
『無限の可能性がある』103頁では、渡辺廣光さん(仮名)の体験談が出ています。
会社に不満があり、その会社を出て、新会社を作ったが、軌道に乗らず,元の会社のの社長から「戻ってくる」ように言われて、元の会社で活躍しているという内容です。弟さんが本部練成道場の短期練成会を受講して、『生命の實相』第一巻を薦められたそうです。貪るように読んだ後で、事態は急展開します。『生命の實相』は、教文社発行のものを読んでください。私が今読んでいるのは、日本教文社発行の布表紙携帯版33巻随喜篇です。
「笑えばすべてがよくなる!」。この言葉を弟さんから教えてもらいました。これが決め手ですね。さあ、皆さん、まずは大きな声で笑いましょう。

【越後伝道記】
  廃品利用ではありませんが、お店のレシートの裏の白い部分に絵を描いて、このウェブサイトに貼り付けています。絵手紙ではないので、他人に出すようなものではありませんが、何とかエシカル・コンシューマーとしての思いを満足させています。捨てるのは確かに勿体ないのですが、「どうすればいいの?」というところでしょうか。絵は、ノートの空き部分に貼り付けています。一応、描いてみると捨てよう、という思いにはなかなかなりませんね。吉本元本部講師が、何十年間?も毎日絵を描いていたとお聞きしたことがあります。総裁先生からお教えいただいた絵を何らかの形で継続したいと思います。ウェブサイトと自転車は何とか継続しています。今年の課題はクラフトとオーガニック菜園です。他には、個人指導の実践と憲法の学習あたりでしょうか。やらなければならないことが多すぎるくらいです。4月には転勤させていただきますが、そこでも自宅菜園、教化部でのプランター菜園ができるとうれしいです。先日、南フランスの小学校でのオーガニック菜園の取り組みの動画をみましたが、農薬や化学肥料の人体への影響は,恐るべき事だということが分かりました。また、現代のグローバル化した化学農法は、世界の二酸化炭素排出の40パーセントと言われていますので、少しでもエシカルな生活を進めていく必要があるようです。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月6日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の⑦

Photo

(三条グリーン・スポーツ・センターの冬です。)

平成29年2月6日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の⑦

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::梅一輪 テレビで見たよ 越後まだ
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月17日 (水)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】
「国際教修会2」
   自分のかざす火は人類の福音の火、生長の火である。自分は此の火によって人類が如何にせば幸福になり得るかを示そうとするのだ。如何にせば境遇の桎梏から脱け出し得るか、如何にせば運命を支配し得るか、如何にせば一切の病気を征服し得るか、また、如何にせば貧困の真因を絶滅し得るか、如何にせば家庭苦の悩みより脱し得るか・・・・・・等々。
 今人類の悩みは多い。人類は阿鼻地獄のように苦しみもがきあせっている。あらゆる苦難を癒やす救いと薬を求めている。しかし彼らは悩みに目がくらんでいはしないか。方向を過っていはしないか。探しても見出されない方向に救いを求めていはしないか。自分は今彼らの行手を照す火を有って立つ。
        (同、295ページ)
   
【学習】
  この御文章は、高校三年の時に拝読して、私自身、生涯をみ教えの宣布に献げさせていただこうと決意しました。上記の御文章の前に、「友よ,助けよ。同志よ吾に投ぜよ」というところがあります。友とは誰のことか、と何度も自問自答しました。そして、友とは他ならない、中内のことではなかろうか、と考えた時、居ても立ってもおられなくなりました。さらに、「同志」と呼びかけておられる谷口雅春先生の壮絶な思いを考える時、谷口雅春先生に投じることは、取りも直さず神様に自分を投じることだ、との結論に行き着きました。そして、私は、故T元本部講師を慕い、19歳の時、生長の家本部練成道場の練修生に応募させていただきました。あの時から、今年4月末日で丸50年が経過します。しかし、さらに獅子奮迅の思いで、神様の運動に献げ、総裁谷口雅宣先生に中心帰一して、この時代にこそ教勢を発展させることによって、御恩返しをさせていただきたいと日々念願している者の一人です。「人類光明化運動発進の宣言」は、新潟越南教区の『光明越南』に掲載しています。

【救い】

『無限の可能性がある』96頁では、大森さん(仮名)の体験談が出ています。ものすごい息子さんの家庭内暴力が解決した体験です。ある宗教に入っていたので、仏壇も位牌も焼かれていたようです。さらに3人の流産児があり、供養しました。神想観、先祖供養、愛行を始め、ようやくこの問題は解決したのでした。ぜひ、お読みになって下さい。

【越後伝道記】
  今日、2月17日は、三条の見真会でした。私の任期中では、今日で最後です。3年以上ですか、毎月開催しました。心から感謝致します。御陰で、少しばかり徳積ができたように思います。皆さまの御陰です。会場で講話している自分の写真を見ると、とてもうれしそうな顔をしていますね。今日は雨でした。越後も春一番が吹いたとの報道がありました。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月5日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の⑥

Photo


平成29年2月5日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の⑥

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【光明越後人の詩】::香り漏れ そぞろ歩きで 梅探す
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月17日 (水)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】
「国際教修会2」
  蛇に睨まれた蛙は恐怖のために動けなくなって蛇にのまれる。
 国が国を恐れるとき莫大な軍費を要する。
 就職試験に臨んで恐怖心を起こす青年はその就職に失敗する。
 入学試験に臨んで恐怖する学生はその入学に失敗する。
 恐怖が自己の境遇を支配すること斯くの如く甚だしい。
 更にそれが自己の病気や健康に影響するに至っては云うまでもないのである。
 此の恐るべき恐怖心を人生より駆逐するべき道を示さんとするのが「生長の家」の念願の一つである。
 『信仰による平和の道』294ページ
 その次に「『生長の家』出現の精神とその事業」という御文章です。
   
【学習】
  恐怖心があらゆる問題を起こすと考えられます。「”心の法則”と”平和への道”の神示」に説かれている通りです。(ブックレット③50頁)政府が軍備を増強するためにはどうすればよいか?。それは、他国が攻撃をしていると強調することにより、国民は恐怖心が起こり、軍備拡張を支持するようになります。『”人間・神の子”は立憲主義の基礎 なぜ安倍政治ではいけないのか?』には、見事に真理と時事問題を解き明かしています。政治も健康も受験なども同じ原理で動くと云う事です。

【人の救い】
  『無限の可能性がある』85頁では、中村礼子さんの体験談が出ています。不登校の子供の問題とご自分の乳がんの問題を解決した事例です。養子のご主人を拝んだことや、中心帰一を行じ、すべてに感謝する生活に転じたこと。そして白鳩支部長となり、地方講師となって、陰徳を積む生活に転じたことなど、成功事例には必ず基本的な項目のクリアーが伴っています。

【越後伝道記】
  2月15日、糸魚川の見真会です。今日が糸魚川での最後の見真会でした。1年半、毎月開催しました。「楽しかった!」という感想や、「続けることができるとは思っていなかった」という感想がありました。糸魚川は、糸のような魚が昔は川を登っていたようです。組織もしっかりとしてきました。とてもうれしいです。新潟越南に派遣していただいたこと。本当にうれしかったです。この教区の益々の発展を祈っています。ご派遣下さいました総裁谷口雅宣先生に心から感謝申し上げます。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

以上

| | コメント (0)

平成29年2月4日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の⑤

S_1_4


S_1_5


S_1_6


平成29年2月4日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の⑤

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ

【光明越後人の詩】::梅の香や スウーと息を 吸い尽くす
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月17日 (水)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】
「国際教修会2」
  生長の家は1930年に、谷口雅春先生と輝子先生、お二人で始められました。当初から教化団体生長の家として出発し、宗教を作るとか、宗教を始めるというようなお考えはありませんでした。人類の心を光明化しようという目的で始められました。ですから、教化団体生長の家という名前で、人類光明化運動が始まりました。
 生長の家が始まったころの日本や世界は、どういう状況だったかということも『信仰による平和の道』の291ページから書かれています。
 1927年(昭和2年)に、日本は中国に派兵しています。1928年には関東軍による満州の武力占領がおこなわれていきました。
 1929年、立教の前年ですが、ニューヨークのウオール街で起きた株価暴落がきっかけとなって、「世界大恐慌」に突入していきました。谷口雅春先生はそんな時代に「生長の家」誌を出版しようと決意されました。日本は「昭和恐慌」といわれる経済的大混乱に陥っていて、国内経済は3割くらい縮小し、世の中には失業者があふれ、中国大陸では戦争が始まっていました。今想像するだけでも、大変な時代です。
 「生長の家」創刊号の「巻頭の言葉」には、このように書かれています。
   
【学習】
  『信仰による平和の道』を買えない方は、アマゾンで注文すると入手できます。経済が3割縮小とは、ものすごい状態だったのでしょうね。東北の女性の悲劇などを知って、日本国憲法に男女平等の思想を入れたのは、ベアテ・シロタ・ゴードンさんでした。この時代に、谷口雅春先生が日時計主義を打ち出すとは、神様の運動でなければできないでしょう。その使命感を私たちは,常に心に把持したいと思います。

【人の救い】
個人指導の心得の基本は神の愛の実践です。白鳩会中央部から、しろはとジョイメールNO.326が届いていました。「許しと感謝で幸せな日々(上)」です。人間は必ず救われることになっているし、すでに救われ済みなのですよね。

2017/02/15 11:00
今週、来週と二週にわたって、大阪教区の白鳩会員さん、比嘉繁子さんの信仰体験をお届けいたします。
゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜
◇突然、夫が家出私は50年前に結婚しました。結婚当初から夫の両親、妹二人との同居でしたが、皆、理解ある人ばかりで毎日楽しい日々を送っていました。ところが、次男が1歳の頃、夫に女の人が出来、夫は家を出てゆきました。実家の父に「お前の家はお前の心次第でどうにでもなるものだ。どんな事があっても、主人を信じて唯感謝して生きなさい」と言われ、葛藤はありましたが、私は父のこの愛深い言葉に従いました。きっと主人は10年もしたら帰って来ると信じて待ちましたが、10年経っても帰って来ませんで
した。次の10年も帰って来ませんでした。
◇巡り会い
その間に当時、中学一年生だった次男が、悪性骨肉腫になり余命半年から一年と言われました。あまりにも突然の事で、私はその現実を受け止めることが出来ず半狂乱になりました。そんな時に生長の家にめぐり逢えたのです。幸いにも近所の商店に置かれていた普及誌を手にすることが出来、生長の家の講師の方に愛深く指導して頂きました。そして"人間神の子病ナシ"のみ教えを信じて、真心の先祖供養を行い、お蔭さまで次男の骨肉腫は
すっかり完治致しました。本当に有り難い事でした。きっと次男は私の心を病気という形で現して浄化してくれたのだと思います。

◇ただ信じ愛し感謝して
 主人が家を出てから30年後、心筋梗塞で病院に運ばれたと連絡があり、すぐに駆けつけましたが、主人はもう冷たくなっていました。私は「長い間ありがとうございました。やっと私だけの主人になって帰って来て下さいましたね。お疲れ様でした。」と語りかけました。主人はとても穏やかな顔でにっこり笑っているようでした。生長の家にふれ、真理を学び、人を赦すこと、正しく愛することを学んでおりましたので、自分の落ち度を深く反省し、相手の女性には、主人を大事にして頂いた事への感謝の心だけで一度もその
人に対して悪い気持ちなど持ったことがありませんでした。今も毎日その方に祝福の祈りをしております。(次週に続きます。)
゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜
①信仰とは堪え忍んで待つこと。
②赦しの大切さ。
③先祖供養の重要性
④愛するとは実相を見続けること。
色々と学ぶべきポイントがありますね。(中内)

【越後伝道記】
  昨日、2月14日、上越での見真会に行って来ました。上越では今日が最後の見真会だと思うと、講話をガンバリました。皆さまのおかげで約4年間、ほぼ毎月開催させていただきました。皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。ご縁をいただきましたことを、神様に、総裁先生に、地元の信徒の皆さまに心より感謝いたします。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年2月3日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の④

Photo


平成29年2月3日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の④

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::雪の中 まだ見ぬ花よ 冬菫 
生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月17日 (水)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】
「国際教修会2」

 そして総裁は『信仰による平和の道』でこのように結ばれています。
 「宗教というものはそれぞれの発祥の地における地域的、文化的、時代的な特殊の要請にしたがって登場し、成立するものであるが、それが真理を説き、時代の変遷にもかかわらず発展していくべきものならば、それは成立当初のローカル色や特殊性から脱却し、普遍的な真理を前面に打ち出すとともに、伝播地においては、逆にその土地のローカル色や特殊性を吸収し、応用するだけの〝幅〟や〝柔軟性〟をもたねばならないことが分かるだろう。」
   
【学習】
   「伝播地において」といいうのがキーワードのようです。私たちは、常に上記の内容のお言葉を学ばせていただいていますので、「当然である」と思うのですが、過去に拝読した聖典だけが頭の中に残っている場合は、原理主義に陥り易いようです。

【人の救い】
  『無限の可能性がある』という谷口清超先生の御著書80頁~84頁には、山口県の速司紀代子さんの体験談がでています。逆子や出産時の問題があったが、無事だった。5人の子供に恵まれたが、すくすくと育った。それは、彼女は愛他行を熱心に行っていた。地方講師となり、白鳩会地区連会長となって、菩薩行の徳積みを行っている結果であるとのことです。徳積は本当に大切ですね。報いがない徳積こそ、本当の功徳です。

【越後伝道記】
 自転車仲間の若者のSさんに東山でのスノーシューの写真を送りました。すると、次のようなコメントが返ってきました。
『 カッコいいです!牧場の所ですね、冬の空気はきれいなので景色も遠くまで見えるのでこれからいっぱい登りましょう!。私も来週あたりに行ってみようかと思っています。』
 こんな会話が地元の若者とできるとは、本当にうれしいです。ムスビです。大いに地球での作業服である肉体をメンテナンスして、光明化運動の貢献させていただきたいと思います。使命感について、私は日蓮の開目抄の言葉が大好きです。「我日本の柱とならむ。我日本の眼目とならむ。我日本の大船とならむ」です。この三つの誓願を立てたのは、建長5年4月28日の立教開宗の時のようです。
  今日、2月13日は、個人指導の日でしたので、午前中にお一人お出でになりました。1時間30分ほどかけて、色々とお聞きし、指導させていただき、祈り、讃嘆し、激励して終わりました。実相独在、現象なし、現象は心の影、それが自分自身にはっきりさせてから、個人指導の当たることにしています。原点回帰です。33歳頃から始めた、「一人ひとりをていねいに救う」個人指導を復活する予定です。一人ひとりを救っていく以外に、堅実な教勢発展の道は無い、と思います。人の救いと自然界の救い。さらに現在は、憲法問題など、総裁先生の御心学び、多くの人々にお伝えしなければならない時期がきています。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年2月2日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の③

Photo_2


平成29年2月2日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の③

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::雪残る 庭もほんわか 温かし

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月17日 (水)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】
「国際教修会2」
 『生命の実相』頭注版第33巻、53ページには、谷口雅春先生はこのように説かれています。
 
 悟りという生々流動のいのちというもの、こいつは捉えることも形式化することもできないのですけれども、仮に、形式を駆使してそこに表現されるのであります。悟りは形に表現された時、すでに形にはまってくる第一歩があるのです。だからその表現形式が宗教だと思うとまちがいが起こるのです。形というものを通して表現されて生命がわかるというようになるので、悟りそのものは表現形式の奥の奥に形を超えてあるのであります。ですから生命を表現するには常に形をこしらえなければならず、また同時に常に形を破ってゆかなければならないのであります。生長の家それ自身の中にもやはりそれがあります。前にはこう説明してあるかと思うと、次には全然別のような説明の仕方がしてある。説明の仕方は形ですから、不断に変化しなければならないのです。みずから変化しない宗教は形骸化して他の宗教にとって代わられるのであります。昔からの宗教にも、新興宗教の出現や、宗教改革というものの中に、それがあるのであります。みずから宗教改革しながら進んで行く宗教であってこそ永遠に生きることができるのです。いっぺんこの形と定めて表現しても始終その形で固定してくると、またその次にその形を破らなければどうしても説明に堕し、形式に堕して生命を伝えることができないのであります。
   
【学習】
 本当にたまたま昨夜、『生命の實相』布表紙33巻の53頁を拝読したところでした。その後の、56頁ですが、八には次のように喩えられています。
「(前略)宗教に限らず、人間でも同じ事です。人間でも、この人体を拵えている細胞という一つ一つの形が次から次にと破壊されて新細胞によって置き換えられる事に依って吾々は生きていると云うことになるのであります。吾々の肉体が生きている為に、新しき細胞が古き細胞にとって代られているのは、毎日顔を洗うたび毎にでも古い細胞は垢になって剥落し新しい顔の皮膚となって新陳代謝していると云う事でも誰でも知っている通りであります。生長の家の教えが出現したのもそのためでありまして、教えの真髄をなしている内容の今までの宗教も同じであります。
 内容は永劫変らざる、釈迦の昔から変わらざる久遠いのちの真理そのものでありますが、その永劫変わらざる久遠いのちの真理が表現される場合には、その時代に相応しい扮装(イデタチ)をしなければその時代を生かす事ができないのです。(後略)
  現代の環境問題に対応するために、教えは変わらないのですが、教え方が変わってくるのです。自在に変化して,他を生かす千手観音様のような生き方こそ生長の家のみ教えです。

【人の救い】
越南の加茂のFさん(白鳩支部長)が会員研修会(2/12)で体験談をしました。お米屋を営んでいるのですが、嫁ぎ先の姑さんが生長の家に熱心だったので、生長の家に導かれました。流産したことがあり、落ち込んでいました。流産児は高級霊だと指導をうけたそうです。それで気持ちを持ち直しました。その後、また子供が宿りまして、「どうしてもほしい」という執着の心がなくて、感謝しながら出産を迎えました。そして素晴らしい子供が生まれました。今日は、子供のバレンタインデーのチョコレートを作っていたので、顔にチョコ付いているかも知れませんが…、と言っていました。子供ができて、幸福な人生です。生長の家のみ教えの御陰ですと感謝されました。
 この研修会には、まもなく支部を分蘖して、新しい支部を立ち上げる予定の、Sさんも参加していました。新支部の分蘖とはうれしい限りです。

【越後伝道記】
  会員研修会で50分間動画が見ました。現在の生長の家の運動、環境問題、「”人間・神の子”は立憲主義の基礎 なぜ安倍政治ではいけないのか?」の説明など、とても分かりやすい内容でした。文章で読むのと同時に、説明講話やその動画などがあると、理解がさらに進むと思います。
 
生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年2月1日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の②

Photo


平成29年2月1日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の②

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::雪山を 歩けば風は  春隣 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月17日 (水)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】
「国際教修会2」

 「これは宇宙に満つる霊(たましい)の振動であり、生命の活動であります。(中略)「想念の波」を起すと云うことであります。(中略)宇宙に満つる大生命の波動が想念即ちコトバであって、それがやがて形の世界にあらわれて来るのであります。だから事物の本質とは何であるかと云うと、此のコトバでありまして、形ではないのであります。」
  
【学習】
  コトバとは、「宇宙に満つる大生命の波動」であるとのことです。素晴らしいことであります。事物の本質はコトバであると。目に見えないものが本質であって、目に見えるものは、逆に本質の影である。これらの、実相と現象の違いを決して見誤ってはならないのです。霊的本質こそ、コトバです。そして、どこまでも真理は真理です。このコトバからあらゆる聖典や真理運動は発しています。

【人の救い】
谷口清超先生著『無限の可能性がある』45~49頁には、北海道の小針奈美子さんの体験談が掲載されています。娘さんに執着していると、娘さんは家をでて、善くない女性との付き合いから金銭問題が生じた。個人指導を受けると、流産児2人がいることが分かった。その供養と、神想観と聖経読誦で無事解決した体験です。さらに、ご主人も仕事を失ったが、「行」をしていると無事に新しい職業が得られたという体験です。ポイントは、流産児供養、先祖供養、などですね。

【越後伝道記】
 都市に人口が集中する現代では、自然と都会のバランスを取り戻すために、自然と直接に触れ合い、本来自他一体の自覚を深め、欲望を適切に制御することが必要とされています。そういう意味で、時々山に行くのはベターであるようです。雪が積もり、葉のない冬木立から小鳥の声が聞こえてくる。どこに、?と探しても分かりません。そういうことをすること自体が、自然に触れている自分の大きな喜びであることを知りました。新潟越南教区に来させていただいて、4年ですが、自然との触れ合いを、子供のころに体験した思いを、再体験することができました。うれしいです。そして何よりもうれしいことは、み教えの把握をより一層、深めさせていただいたことです。総裁先生は、実相把握の方法論に於いて、具体的に、分かりやすくご指導くださっております。自転車やオーガニック菜園、クラフトなど、実に初めてのことが多いのですが、いつも適切なコーチがそばに居ることを発見し、それを行うことができました。これほど、輝かしい人生をいただいて、本当に私は幸福です。幸運です。中内家のご先祖様、両親から地上に於ける生をいただき、み教えの拝受したこと。何よりも、感謝です。また、現総裁先生への中心帰一の道を開いてくださったのは、故T元本部講師でした。どのようなコーチに付くかどうかがが、運命の分かれ道です。今後とも全身全霊で、自分のもてる力を生長の家の教勢発展のために、献げさせていただきたいと思います。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月31日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の①

S_1

平成29年1月31日「”恵味な日々”に学ぶ」国際教修会2の①

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::冬ほのか 真紅の薔薇に  目パチパチ

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月17日 (水)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】
「国際教修会2」

 また『宗教はなぜ都会を離れるか?』の中に、2012年の生長の家代表者会議で総裁がコトバの力について話されたことが掲載されています。この代表者会議では、『生命の実相』や『聖経』が自由に発行できないことについて、参加者に説明されました。次のように書かれています。「カタカナで書かれたコトバは心の中の波動みたいなものです。そのコトバから、身、口、意の表現が行われ、その結果として書物ができる。「生命の実相」や「聖経」が自由に発行できないことを大きな問題と思っているかもしれませんが、宗教上の教えで一番重要なのは何かと言えば、その書物のもとになったところの「コトバ」である。コトバさえしっかり把握していれば、結果としての「書物」は、身・口・意の表現を通していずれ出てくるので、それほど心配することはなく、大切なのは我々の信仰心、神への思い、確信、悟りなどコトバを明らかに把握することである」といわれました。
 谷口雅春先生の『新版 真理四巻青年編』から「コトバ」について、次のように、引用されています。

【学習】
  私は,この時、総裁先生の御言葉に感動いたしました。コトバが元であるから、『生命の實相』や聖経『甘露の法雨』が印刷されなくても、それ以上の表現ができる方が出現する。書物が元ではなく、書物の元になる、「久遠を流るるいのち」、悟りこそ根源的存在である、何も心配する事はない、と教区の方々に話していた矢先でした。やはり、「コトバ」の把握がキッチリとできている限り、大丈夫なのですね。神想観、聖典等の拝読、愛行、などなど、常に総裁先生のご指導に中心帰一して信仰道を菩薩道を、新潟越南教区の皆さまとご一緒に真摯に邁進して行きたいと思います。

【人の救い】
谷口清超先生著『無限の可能性がある』39~45頁には、札幌市の橘洋子さんの体験談が掲載されています。息子さんが中学校へ行かなくなり、高校進学もしようとしなくなった。家を出て友人の家から通学していたのです。担任の先生と息子が不和になった時、母親の洋子さんは、①先生と息子が和解している姿を神想観で祈った。②先生の家の先祖供養をするために、教化部の先祖供養祭に通った。その結果、息子さんは高校進学ができて、サッカーに打ち込んでいるとのことです。素晴らしい体験です。問題解決にはポイントがあるようですね。

【越後伝道記】
  スノーシューで、東山という冬の雪山を歩いていると、不思議な感覚に襲われる。ふとここは、霊界のようだなあ、と考えてしまいます。神想観で目をとじると雑念が湧いてくるように、雪一色の道を歩いていると、不思議にさまざまな思いが湧いてきます。白い雪以外はほとんどないからでしょうね。雪に対する思いは、昨年の冬の暴風雪のようなもの、誌友会や行事に支障をもたらすもの、寒いもの。そんなマイナスなイメージしか持っていなかったようです。しかし、スノーシューで、葉の落ちた雑木林とただ雪のみの山を歩いていると、自然界に包み込まれたような、不思議な感覚になります。自分は自然の一部である。自然界に包まれて,生かされている。こんな感覚になるのです。少なくともプラスイメージです。ここ数日前から,自然界から受けているメッセージです。緑の山の中を自転車でヒルクライムするのとは、また違った感覚です。雪山よ、ありがとう。心から感謝します。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月30日「”恵味な日々”に学ぶ⑧」

平成29年1月30日「”恵味な日々”に学ぶ⑧」

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
②『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
③『愛国と信仰の構造』
④『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑤『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::寒月や 雪降り積もり 冷え冷えと 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月13日 (土)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】

「国際教修会1」
 仏説以外は仏教に非ずという、原理主義的な考え方では、今日の仏教はなかったということがいえます。これはキリスト教も同じです。
 生長の家の場合を考えてみますと、もしかしたら多くの方は生長の家の教えはすでに完成している、「生命の実相40巻」の中に、全てがあると思っている方があるかもしれません。けれども、「日々の祈り」が書かれ「大自然讃歌」「観世音菩薩讃歌」が出されたのは、どういうことでしょう。総裁がよく言われるように「生命の実相」や「聖経」に、自然と人間について書かれていないわけではありません。けれども、それらが書かれた時代は現在のように環境問題が人間の生存を脅かすほど深刻ではありませんでした。それよりは病苦や生活苦が人々にとって大きな問題であったため、自然と人間の関係について強調されなかったということです。ですから「生命の実相」や「聖経」をよく読んでいた私たちは、自然と人間との関係についてあまり意識することがありませんでした。それを補うために新しい祈りや讃歌が出されたのです。いつも言われるように、宗教は時代の制約下にあるし、そうでなければ人々の要求に応えられず、時代から取り残されていくと云う事です。(おわり)

【学習】
 仏教そのものが原理主義を脱しているようです。『生命の實相』40巻には基本が説かれていますが、み教えは時代の変遷に従って、さまざまに説かれていきます。時代応現です。だからこそ、自然界が窮地に陥っている時、当然のことながら、「久遠を流るるいのち」は総裁谷口雅宣先生を通して、「日々の祈り」、「大自然讃歌」、「観世音菩薩讃歌」などとなって説かれて行くのです。本当の作者は、宇宙の大神様であると拝察申し上げます。私は、これらの『讃歌』を拝読する時、なぜか喜びが湧いてきます。現代を生き抜く神の智慧と愛を教えて下さるからです。「生長の家大神ー総裁・副総裁ーみ教え」の神意天降りの経路は誠にも素晴らしい、と感動いたします。決して、宗教が、信仰がマンネリ化しない方式です。

【人の救い】
谷口清超先生著『あなたは輝く』64頁~66頁には、食肉ハム販売をしている東京都の井上千恵子さんという人の体験談が掲載されています。娘さんが恋愛関係になった青年と家出をし、除籍通知が届きました。失望しましたが、先祖供養を行い、神想観をし、夫婦調和していると、娘は「自分の子供だ」という執着心が取れました。その後、親子は大調和して、素晴らしい結婚になったという話です。先祖供養、夫婦調和、執着心を取り除くこと。ポイントです。

【越後伝道記】
  今日(2/11)は建国記念の日の式典を行い、講話を担当させていただきました。     概略次のような内容のことを話しました。
①今年で皇紀2677年であること。
『神典』の中の建国のところをよんで、元元の意味、また御心を広め、然る後に六合建都を行う。御心を広めずに、行動するところに戦前の間違いがあったこと。
②お勧めしたい本を紹介しました。
 Ⅰ…『戦後の運動の変化について』ブックレット④
 Ⅱ…『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
 Ⅲ…『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 Ⅳ…『愛国と信仰の構造』
 Ⅴ…『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 Ⅵ…『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

③意識の拡大について説明しました。総裁先生がご指導されることを素直に実践するところに、運動の変化が理解できるようになります。
 『光明越南』P14の「意識を拡大する方法」です。 生長の家は、「世界平和」をめざすこと。また、イスラエルの宇宙飛行士のことも話しました。
④地下資源から地上資源へ移行して、新しい文明の基礎を築くように日々、努力することが大切です。
⑤ブックレット③ 62頁の「”神の子”の良心に基づく 立憲民主主義と平和をめざして」の項目が重要であること。
⑥「めんどくさいが世界を救う」のです。私は今朝も雪の中を自転車できましたが、それなりに達成感があります。
⑦ブックレット③50頁 「心の法則と平和への道 の神示」(『秘められたる神示』21頁)の紹介です。「乱を忘れざる者はついに乱に遭う。」ということです。
⑧イスラエルの宇宙飛行士「イラン・ラモーン」さんのことですが、残念ながら事故でなくなりましたが、日記が残っていました。「何度も地球を回っていると、この地球の人々がみんな幸福でありますように、と祈る気持ちが出てきて、イスラエルを、という思いよりも世界平和の方が強くなっていった」とのことです。私は、地球に国境はない、ということを説明する時に、時々話しています。
⑨最後に天皇陛下の御製と皇后陛下の御歌のご紹介をしました。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月29日「”恵味な日々”に学ぶ⑦」

平成29年1月29日「”恵味な日々”に学ぶ⑦」

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④

②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::冬の空 越後の月は でっかいな 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月13日 (土)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】

「国際教修会1」
大乗以前の仏教は、社会的、文化的に恵まれた少数のエリート知識層によって維持され、民衆とは離れた立場から高踏的な宗教活動をしていました。釈迦を一個の肉体を持った歴史的人物として捉えていて、信仰者はその精進の道程を模範として自らの心を鎮め、教理を学び、煩悩を脱却して、涅槃に入ることを目指して修行していました。自分だけの解脱、すなわちニルバーナ(涅槃)に入ることをめざし、生前においては、完全な状態には到達しなかったということです。P14
 しかしそれでは、文字が読めず、あるいは煩雑な教理を理解する能力のない民衆に救いをもたらすことはできません。新興の商人層や民衆の精神的渇望に応えるためには、教えの解き方にも変化が起こるのは当然のことでした。
 大乗の教えでは、釈迦(ブッダ)は、一個の歴史的人物に限定されず、肉体人間を超えた理想的、超人的存在として捉えられました。そうでなければ、無学で煩悩具足した一般民衆を掬い取る力が不足すると、考えられたからだろうとのことです。日本に伝えられたのも、ほとんどが大乗の教えです。

【学習】
  大乗仏教以前の仏教は、個人の救いを中心の修行法のようですね。これは、最初にはどうしてもこのようになるようです。しかし、しかし、大乗では、仏陀は久遠のいのちの仏陀であり、肉体人間を超えた存在であると捉えられたとのこと。幸いなことに、日本に伝えられたのは、ほとんどが大乗の教えであるとのことです。生長の家の万教帰一の教えが出現したのも、その流れの影響を受けているとも言えるかも知れません。白鳩ジョイメール325で個人の救いから、菩薩の生き方に変化していった人の体験がでていました。ご紹介します。謙虚にみ教えを生きる菩薩様の素晴らしさに感動します。

今週のジョイメールは、長崎北部教区の総連会長で聖歌隊対策部長の
柴村昭子さんの体験です。
゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜
◇約束して再婚
私は20年ほど前に再婚しました。そのとき夫は会社をやめて、どん底の
人生だと言っていました。しかし私にも私の母にも、子どもにもよくし
てくれて、貧乏でも楽しいわが家でがんばろうと、夫は私の母を、私は
夫の母を大事にしていこうと約束して再婚しました。
しばらくして母たちは亡くなりました。

◇体を襲う痛み
その後、私は体に痛みを覚え、病院に行くと、リューマチと言われまし
た。水道の蛇口もひねることができないくらい痛みがありました。
病院代もかなりかかりましたが、夫は一度もいやなことを言わないで、
がんばって仕事をしてくれました。借金をしても治療していこうと協力
してくれました。私は生長の家が大好きで、いつか幸せになる、いつか
幸せになる、と思っていました。
「痛い時は痛い、じゃなくてありがとうと言いなさい」と同じ支部で先
輩のYさんにいつも言われていて、それを一生懸命に実行しました。
平成27年1月の講習会の推進で、Yさんの後をどこにでもついて行きまし
た。
一生懸命推進し、友人・知人をお誘いしましたが、この20年一度も夫の友
人や会社の人に勧めることをしていませんでした。しかしその時は、夫が
「誘ってやろうか?」と言ってくれました。1人か2人だろうと思ってい
ましたが、なんと20人連れてきてくれました。

◇目標突破を目指して
夫はあまり信仰心はないようですが、私が信仰することに反対はないようで、
いろいろと協力してくれます。
それから2年、夫の仕事はどんどんうまくいって給料は3倍に、病院代は半
分になりました。本当に助けられました。
今考えてみますと、Yさんに夫の聖使命会費を「護持会員から什一会員にしな
さい」と言われてすぐ実行したこと、「推進に行くときは、ご先祖さまに『甘
露の法雨』をあげていこうね」と言われて実行したことがよかったと思います。
5,6年前までは先輩の講師に講習会の受講券をいただいて、友人を誘って参
加していました。それから自分で受講券を求め、5枚、10枚、15枚と増やして
はいましたが、心の中では「このお金があったらなあ」と渋って出していまし
た。
でも今年は喜んで、喜んで33枚決意しました。必ず目標を突破します。約束し
ます。
゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜゜゜+.・.。*゜

【あなたは必ず救われる】…「子供の非行が直る」
『無限の可能性がある』13頁~23頁には、京都のTさんさんの体験談がでしています。
子供の教育に問題があっても、み教えにより立ち直ったすばらしい体験です。息子さんは、交通事故で一人の人のいのちを奪う人身事故でしたが、そこからの親子の立ち直りです。
「ありがたいなあ」という感謝の念が決め手のようですね。

【越後伝道記】
  『未来の食卓』という動画を見ました。南フランスのですね。ゴッホが絵を描いたのは南フランスではなかったですかね。村がオーガニック化される話です。オーガニックの歌を作って子供達が歌っていました。これもいいですね。村の小学校で子供達がオーガニック菜園を作り、村の人がオーガニックに目覚める。グローバル化、便利、快適が化学肥料、農薬の散布、それに伴って、癌の増加などとなっているようです。TTPはフードマイレージだけの問題ではないようです。たくさん売るために、農薬、化学肥料を使用することになります。2007年5月3日、国連食糧農業機関の報告書ですが、「世界の全耕地を有機農法で耕作すれば、全人類を養える」とありました。これは、肉牛の関係はクリアーした報告でしょうか。確認はしていませんが、出来る筈ですね。

  朝は、5:00からの神想観は長年行っていますが、夜の8:30はあまり行いませんでした。しかし、白鳩会総裁先生が夜は8:30からの神想観をしておられることを知り、これから実践することにしました。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月29日「”恵味な日々”に学ぶ⑥」

Photo


平成29年1月29日「”恵味な日々”に学ぶ⑥」

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
②『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
③『愛国と信仰の構造』
④『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑤『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::焚火せし 子供の頃の 咽せ煙 

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月13日 (土)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】

「国際教修会1」
 次に仏教を見てみたいと思います。
仏教の歴史については、同じく『信仰による平和に道』の第一章に書かれています。
 仏教の開祖、釈迦の誕生は、紀元前、六二三年、五六三年、四六三年などいろいろありますが、八〇歳まで生きたというのが定説だそうです。いずれにしても紀元前三八〇年には釈迦は死没しています。ですから、それ以降に書かれた教典は仏説ではないということになります。そこから、仏説を信仰する小乗仏教と、釈迦の死後に書かれた「般若経」「華厳経」「法華経」「阿弥陀経」「維摩経」などを信仰する大乗仏教に分けられます。
 
【学習】
  釈迦は長寿だったのですね。温厚なお顔が何とも言えません。御仏のお顔も、あるいは釈迦の風貌の流れからかも知れませんね。釈迦没後にたくさんのお経が書かれています。ここでは、それらもまた、釈迦の心を基調とした経文ということになるのでしょうか。しかし、正しくは、釈迦の没後の教典は、仏説ではない、ということになります。

【あなたは必ず救われる】…「職場で調和する」
『幸せはわが家から』60頁~には、北海道の大浦史弘さんの体験談がでしています。職場でうまくいかなくなった時、事故に合いました。凍結した道路を滑って川に落ちたのでした。自動車には『甘露の法雨』があり、車は大破したが、本人は無傷だった。その後、本格的に生長の家に触れ、和顔、愛語、讃嘆を心懸けて、仲の悪かった同僚とも仲良くなったとのことだった。

【越後伝道記】
  尾形光琳のことをNHK(平成10年7月25日)の教育テレビでみました。天才絵師です。1658年生まれです。夢の光林 傑作10選というのでした。 佐藤可士和さんも出ていました。大胆さと丁寧な仕上げが、価値を生むとのことです。法橋光林とも名乗ったようです。実験精神とう言葉も出て来ました。社会をカンバスにするデザイナー、これが光林であったと。私たちで言えば、地球をカンバスにするエシカルコンシューマーですかね?。俵屋宗達のことも出てきました。同時代の人物です。風神、雷神です。しかし、芸術、美術は本当にいいですね。未だに思い出して感動を覚えるのは、犬塚勉さんです。
http://inzk.net/dd/

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月28日「”恵味な日々”に学ぶ⑤」

Niwatori

平成29年1月28日「”恵味な日々”に学ぶ⑤」

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
②『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
③『愛国と信仰の構造』
④『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑤『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::寒の水 口に含んで 温かく  

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月13日 (土)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】

「国際教修会1」
 福音書が後世の人によって書かれたという有力な証拠としては、新約聖書は初めからギリシャ語で書かれていたということです。イエスが話していた言葉は、「ギリシャ語」でも「ヘブル語」でもなく、「アラム語」でしたから、イエスの言葉を直接には理解しない人が書いたということになります。
 また総裁が、講習会等で話されることがありますが、キリストの生誕を祝うクリスマスは、古代ギリシャ、ローマで冬至の時期にあった祭り、不敗太陽神の祝祭を、キリスト教が拝借したものということです。多神教から、一神教のキリスト教に改宗した人達の中にも、昔からの祭りの習慣を大切にしている人が多く、それらの人々を教会に連れ戻す必要から導入されたということです。このように見てきますと、現在信じられており、重要な教えと思われるものの多くが、キリストの死後作られたものだということが分かります。
 
【学習】
  仏教もそうですが、キリスト教もやはり、キリストの死後に作られたということは何ということでしょうか。クリスマスの日も,何と私たちが理解しているキリストの生誕記念日ではなかったようです。宗教とは,調べなければ分からないとことがいっぱいあります。また、それが楽しいともいえますね。多様性を楽しむということです。

【あなたは必ず救われる】…「梅毒も治る」
『幸せはわが家から』45頁~には、岡山県のM子さんの体験談がでしています。梅毒にかかっても、妊娠し出産して大丈夫だったという体験談です。先祖供養の大切さが説かれています。

【越後伝道記】
  2月8日は、ちょうど私の誕生日です。69歳になります。まだまだこれからという感じでしょうか。総裁先生への中心帰一を第一にして、日々進歩する以外にありませんね。あちこちから誕生日の言葉をいただきましたが、元気がでてきます。み教えの伝道に自分に与えられたいのちを献げ尽くすこと。ここから自分の人生が始まります。霊界で亡き父母がきっと祈ってくれています。だからこそ、元気です。これまで育てて下さった運命に、人々に心から感謝です。有り難うございます。

※伊藤真さんという方の「憲法ってなあに?」という動画を見ました。「ブックレット③」の理解の補助になります。伊藤さんは言っています。憲法改正を阻止するために、「あせらず、あわてず、あきらめず」「ゆっくりいそげ」「やればできる。必ずできる」と。
30分間くらいです。     https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月27日「”恵味な日々”に学ぶ④」

S_1


平成29年1月27日「”恵味な日々”に学ぶ④」

****************************************

【2月19 日(日) 鹿児島教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
②『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
③『愛国と信仰の構造』
④『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑤『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::雪かきや 道路に投げて 車踏む  

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月13日 (土)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】

「国際教修会1」

  また、総裁の著書、『信仰による平和の道』の中にも、キリスト教の歴史に触れたところがあります。
 キリスト教の信仰者にとっては大変重要である、新約聖書の冒頭にある四つの書、福音書を例に話されています。福音書はイエスの言葉がそのまま書かれていると信じられています。「マタイ」「マルコ」「ルカ」「ヨハネ」とそれぞれイエスの直弟子の名前がついています。これらの福音書について、学者が研究した結果、直弟子が文章を書けるような時期に、これらの福音書は成立していなかったということが分かっているそうです。直弟子がみんな死んでしまった後に、何者かの手によって福音書は作られたらしい。イエスを信奉する信仰集団の構成員が、イエスの教えを後世に伝えるとともに、自分たちの信仰運動を拡大するための典拠、つまり、教祖の先生がこうおっしゃっているという拠り所として書いたと思われるということです。
 
【学習】
  直弟子が文章を書けるような時代には、これらの福音書は成立していない、とのことです。何ということでしょうか。「何ものかの手によって」書かれたという。「自分たちの信仰運動を拡大するための典拠」のために、その拠り所として書いたと、研究ではなっているそうですね。書いたのは,後世の伝道者、その背後には、「久遠を流るるいのち」があったと言えないことはないでしょうが、それにしても、聖書の福音書とは、このような内容であるとは、驚きます。

【あなたは必ず救われる】…「子供の病気が癒える」
『幸せはわが家から』33頁~には、松澤昌枝さんの体験談がでしています。息子さんの腎臓が悪くなって危篤状態になり、信仰の力によって、回復した体験談です。

【越後伝道記】
  2月7日は、午前中は若い白鳩の学習会というのがあり、そこで神想観について話をさせていただきました。49歳までの人はお一人でしたが、一人いるかどうかは、大きいと思いました。該当する人を丁寧にお世話をさせていただくことが大切であると思いました。神想観を日々、日課として行っている人は,たくさんおられると思いますが、このことは私たちの信仰生活、運動の根幹です。白鳩会総裁は、朝5:00と夕方8:30に、神想観を行っておられるとのことです。神想観の姿勢は神様への中心帰一の姿勢です。当然のことながら、実相世界の中心帰一の御心を実践し、総裁先生への中心帰一の信仰姿勢となります。それ以外にないのです。
 午後は、組織の幹部会に出席させていただきました。少しだけ前に進んだという感じですが、前進には時間がかかります。運動とは粘り強く行うものでしょう。ポイントは、当然のことながら、総裁先生への中心帰一と,熱心に学習し、伝道し、運動する。それに尽きます。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月26日「”恵味な日々”に学ぶ③」

Photo


平成29年1月26日「”恵味な日々”に学ぶ③」

****************************************

【2月5 日(日) 高知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
②『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
③『愛国と信仰の構造』
④『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑤『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::立春や やはり陽光 明るいね   

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月13日 (土)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】

「国際教修会1」

 キリスト教は最初ユダヤ教の〝分派〟〝イエス派〟として始まり、次第に伝統的なユダヤ教から独立して一つの新しい宗教になったということですが、その期間がキリストの死後、三百年というのがポールさんの見方です。日本のキリスト教研究者の小田切雅也さんは、やはり「キリスト教の歴史」という本で、キリストの死後百年くらいであると書いているそうです。このように歴史家によって見解は多少違いますが、一つの宗教が新しい宗派として独立するには、それなりに長い時間がかかることが分かります。
 
【学習】
  キリストの死後、300年後にイエス派、キリスト教として独立したことになったようです。これはポール氏の見解ですが、私が読んだ小田切氏の見解は,キリストの死後100年です。両方とも、かなりの時間がかかっているということには変わりはないようです。
宗教の変遷には、相当の時間がかかるものですね。

【あなたは必ず救われる】…「昼夜逆転の息子が救われる」
『白鳩』普及誌(2017/01月号)10頁~12頁には、五十代の女性として、長男さんが素晴らしくなった体験談がでしています。谷口純子先生の御文章です。高校生の頃に引きこもりになったというのです。講師に指導をいただくと、①命を拝みなさい。②理想を押しつけないようにしなさい。③『日時計日記』をつけなさい、という事でした。それを実践していると、生きていてくれるだけでありがたい、という気持ちになりました。長く、くらいトンネルを抜け出ました。母親の心の変化により、引きこもりは解消され、父親の仕事を手伝いながら、音楽活動もしているとのことです。道は必ず拓かれる。そのためには、しっかりと真理を行じましょう。

【越後伝道記】
  平成10年7月25日の日曜美術館のビデオが残っていたので観ました。会津八一というのは、早稲田大学の教授だったのですね。奈良の仏を愛し、「奈良へ行け」と学生達に言っていました。広目天の眼差しと八一は似ていると言われていたそうだ。この番組は大好きな番組でした。姜尚中さんがホストになっており、何とも言えない深い思いを湛えた話し方なのです。八一は奈良という地、建国の情熱が漂っている。美術史家であり、歌人であり、書家であった。うろおぼえだが中学時代の教科書に掲載されていたのを今も覚えています。「かんのんのしろきひたいにようらくのかげうごかしてかぜわたるみゆ」「みほとけのうつらまなこにいにしえのやまとくにばらかすみてあるらし」でしたかね?本物に直に触れる実学が彼の教え方であるという。寺を巡っても細かくは教えない。自分で感じる。このような教え方をする人は、多くのすぐれた門人を排出するものです。故T元本部講師がそのような人であったと記憶しています。「女人高野」「室生寺」など色々と出てきました。西大寺を「理想的な廃墟」と表現しています。俳優の寺田農という人が焼津八一を演じたとして出演していました。斑鳩という知名を知るために、どんな鳩なのか、実際に飼っていたらしい。実学もここまで来るとすごいですね。信仰もある意味では実学です。本だけ読んで分かったと思ってもダメですね。やらないといけません。広目天というのは四天王の一人です。傑作ですね。「行きこそ通え、斑鳩へ」です。それだけ奈良は魅力があるところなのでしょうね。会津八一は言います。「井戸水をどんどん汲み出して、汲み尽くした後で本当の地下水が出てくる。長生きして,実らせなければならない。」と。汲み尽くすには時間がかかりますからね。「深くこの生を愛すべし」と書に書いている。戦争末期、学徒動員で出陣する学生を奈良に連れて行き、途中で動員された学生もいる。その中でも教育は行われました。同じ学生に何度も破門を言い渡したこともあるらしい。要するに破門は愛の鞭だったようです。本心ではないようです。学生には、「ともかく戦争から帰って来い」ということを、「深く生を愛すべし」と表現した。死ぬことが名誉であり、死ぬな、といえない時代であったようです。最近、当時のことを述べた本や、動画を見ていると,理解できます。しかし、二度とそのような時代に戻してはならない、と思います。八一の歌です。「けふもまた いくたり たちて なげきけん あじゅらがまゆの あさき ひかげに」1250年唐招提寺では「おほてらの まろきはしらの つきかげを つちに踏みつつものをこそ おもへ」です。学生は戦地に向かう時、仏像の写真を持って旅立ちました。母親の写真を持つことは許されない。母親の顔に似た仏像の写真をもって戦地へ行きました。兵隊が死ぬ時に発する言葉は、「お母さん」という言葉だそうです。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月25日「”恵味な日々”に学ぶ②」

Photo


平成29年1月25日「”恵味な日々”に学ぶ②」

****************************************

【2月5 日(日) 高知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
②『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
③『愛国と信仰の構造』
④『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑤『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::部屋寒し 祈りするにも 炬燵かな   

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月13日 (土)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】

「国際教修会1」
 
 まず最初に、キリスト教と仏教を例にしてお話をさせていただきます。
 今日ここにお集まりの皆さま方は、生長の家の幹部の方々ですので、そのような話は「釈迦に説法」かも知れませんが、私たちの現在の運動をより明確にするために、復習をするような気持ちで、お聞きいただければと思います。
 キリスト教の成立については、今年の3月1日に行われました、生長の家春季記念日、生長の家総裁法燈継承記念式典で、総裁がお言葉を述べられましたが、その中でキリスト教の歴史に触れられています。この式典は、インターネットを通じて、世界の各拠点等に配信されましたので、ほとんどの方が聞いておられるのではないかと思います。
 総裁は、生長の家は今年立教八十七年で、人間に譬えればもう先が見えている年齢ですが、宗教の中には、すぐ消えていくものもあるが、世界宗教と言われているものは、何百年、何千年の歴史を持っており、そういう宗教から見たら、生長の家は、まだ草創期であると話されました。このことは、私たちの運動を考える時に、大変重要であると私は思いました。この草創期という言葉は、ただ単に歴史が短いという意味だけではなく、もっと深い意味があると考えます。
 歴史学者のポール・ジョンソンの本、「キリスト教の歴史」から引用されて、お話が進められました。

【学習】
  残念ながら、『キリスト教の歴史』は読んでいません。購入はしたのですが、あまりにも頁数が多いので、びっくりして、小田垣 雅也氏が書いた『キリスト教の歴史 (講談社学術文庫)』を読みました。キリスト教の歴史やイスラーム、仏教の歴史を紐解くと、100年は本当に短い、と感じてしまいます。まさに生長の家は「草創期」なのでしょうね。キリスト教にしてもローマの国教になるまでに、どれほど迫害を受けたか分かりません。その中で、教えが本物であれば、続いていき発展するようです。浄土真宗にしても、親鸞から続いた法燈が細々と存続していたのが、約2年間の吉崎御坊での蓮如聖人の伝道により北陸を制覇し,全国に伝わるのです。み教えを信じ、行じる、そして伝道する人が如何に真剣に生きるかがポイントであるように思えます。

【人間の救い】…「4人の子だからに恵まれる 」
『幸せはわが家から』という聖典の29頁~33頁には、山口県の浅川妙子さんの体験談が出ています。4人の子宝に恵まれた体験談です。3番目に生まれた長男が、智慧遅れのような状態でしたが、正常になります。また、35歳で4番目を授かったが、みんな優秀な子供であるという内容です。少子化ではなく、子宝の素晴らしさを教えて下さいます。

【越後伝道記】
  機関誌『生長の家』二月号に、小職の文章を掲載していただきました。誠にも光栄です。内容は,本部講師の指導というところなのですが、新しい文明の基礎を築くための最初の一年として、「自転車は楽しい」という内容です。最初はきつくてあまり楽しくなかったのですが、次第に脚力と心肺能力が付いてきて、登れるようになりました。訓練ですね。それを書いています。全国の会員の皆さまが、肉体を訓練して、末永く光明化運動に挺身していただきたいという思いです。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月24日「”恵味な日々”に学ぶ」

Img913


平成29年1月24日「”恵味な日々”に学ぶ」

****************************************

【2月5 日(日) 高知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
②『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
③『愛国と信仰の構造』
④『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑤『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::葉ボタンの 上に雪降り やはり冬   

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
遅くなりましたが、2016年8月13日 (土)の谷口純子先生のブログ「恵味な日々」を学ばせていただきます。
【御文章】
「国際教修会1」
 7月29日から31日に、生長の家森の中のオフィスで行われた「世界平和のための生長の家国際教修会」の私の話を、数回に分けて掲載いたします。

皆さま、本日は日本国内はもとより、遠くブラジル、アメリカ、カナダ、台湾、ドイツ、韓国からもご参加くださり、ありがとうございます。今回の教修会のテーマは、「宗教の自然破壊への態度と行動」ですが、自然を破壊することは、人間を破壊することですから、大変深刻な問題です。これは科学技術の発達により、人間が自然を統御できると錯覚したことと、人類の多くが自然から離れて、人工物に囲まれた都会生活をするようになったこととも大いに関係しています。宗教は自然と人間との関係から発生したものですが、私は原理主義との関係で、宗教はどのようにして成立するものなのかということと、生長の家の事例、また国際平和信仰運動について、お話をさせていただきます。

【学習】
  この日は,国際教修会らしく海外の幹部もたくさん参加しておられました。また、森での研修もありまして、自然を身近に感じる仕方なども大いに学ばせていただきました。有り難うございました。

【あなたは必ず救われる】…「祈りにより結婚成立」
『幸せはわが家から』という聖典の17頁~23頁には、山口県の武内和恵さんの体験談が出ています。恋愛して結婚しようとしたが両親に反対された。冷却期間を置いて、祈りをした。青年会の活動を一所懸命に行った。その後、彼も練成会に参加して、結婚に至った。このようなことが書かれています。若い独身の子供を持つ親にお勧めしたい体験談です。

【越後伝道記】
  かなり昔に録画していた、「トップランナー」という番組を見ました。シンガーソングライターの「ジュジュ」さんという人です。「奇蹟を望むなら」と「素直になれたら」という歌でした。前者は、その当時、520万ダウンロードしたそうです。すごい声量ですし、若い人の力を感じました。でももう、かなり昔の歌になっているのでしょうね。
 また、『歴史に好奇心』という番組で、赤穂浪士の討ち入りの検討がされていました。当時、幕府も判断にまよっていたようです。切腹は、処分としては、名誉ある死に方のようです。47人の義士とはいえ、武家諸法度には背いているし、なかなか判断が難しかったのでしょうね。その内、徳川綱吉の朱子学の考え方が影響して、このようになったそうです。しかし、大正時代の自由で個性を認める民主主義の時代に、国定教科書にこの赤穂浪士がでてきます。それが,長年の教育の結果として、忠義の精神が養われ,国家のために生命を献げるという、昭和16年12月8日の真珠湾攻撃の開戦につながります。そして、一億総特攻として、終戦の最後を迎えます。実を献げるという献げ方が、智慧と愛と調和の精神によってではなく、肉弾により献げるという生き方になってしまいました。ゲストの東大の教授が、忠臣蔵のその出来事が何を意味しているのか、さらに、何に向かったいるのか、をよく吟味する必要があると言っていました。赤穂浪士が、主君への忠義に生きて最後に切腹というストーリーは,敗戦による終戦に似ています。何となく見ていたこれらの番組も、『信仰と愛国の構造』を読んだり、『人間神の子は立憲主義の基礎』というブックレットを勉強していると、色々と感じることがでてきますね。
 今日は木曜休日でしたが、雪がふって寒いので家でごろ寝と勉強でした。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月23日「”ブックレット②”のご紹介」

Img914


平成29年1月23日「”ブックレット②”のご紹介」

****************************************

【2月5 日(日) 高知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
②『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
③『愛国と信仰の構造』
④『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑤『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::福引きや 何を引いても 福ばかり   

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
ブックレット②は『生命倫理を考える』という本です。なかなか難しい内容ですが、著者は、小林光子さんです。ここ長岡市のご出身ですね。この内容は、文章だけですと、理解が困難なところがありますが、NHKの生命倫理の問題を取り扱った番組を見ていると理解できそうです。できれば、ブックレットを紹介する動画があると、善いとは思うのですが、「言うは易く,行うは難し」などでしょうね。私のこのブログでも、県内出張が多いと、遅れ勝ちです。ブログは航海日誌からきた言葉であると聞いていますので,毎日の日記のつもりで書いていますが、なかなか思うようにはいきませんね。でも努力しましょう。読書、そして、まとめる、そして伝道です。伝えないと知識、真理の定着率が下がります。

【あなたは必ず救われる】…「徳積みの功徳」
『コトバは生きている』という聖典の192頁~197頁には、福岡県の田中雅博さんの体験談が出ています。自分の不動産業が落ち込んだときに、練成会を受けた。彼は感謝の気持ちで聖使命会員になり、献資の徳積みをしたという内容です。徳さえ積んでおけば運命は必ず向上してくるからです。

【越後伝道記】
  『白州次郎 100の言葉』という本を読了した。宝島社からの出版です。42頁には、「新憲法のプリンシプルは立派なものである、(中略)押しつけられようが、そうでなかろうが、いいものはいいと率直に受け入れるべきではないだろうか。」と書かれている。成立過程は、押しつけられた、と明示すべきである、しかし、そのプリンシプルは立派であり、「戦争放棄の条項などはその圧巻である」と言っている。あの時代に、これだけのことを言うとは、すごい!と思う。色々な言葉,生き方に興味が持てる。スゴイ人だったんですね。
「あの大学はいい大学なんだよな。だってあそこを出ただけでは何にもならないんだから」という言葉を発している。これは、息子さんが芸大に合格したときらしい。芸術は出身大学ではなく、実力の世界だからだと思う。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月23日「”ブックレット①”に学ぶ」

Img915


平成29年1月23日「”ブックレット①”に学ぶ」

****************************************

【2月5 日(日) 高知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
②『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
③『愛国と信仰の構造』
④『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑤『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::冬薔薇を 見れば香りに 包まれる   

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
ブックレット①は『自然と芸術について』という本です。皆さまお読みでしょうか。476円です。谷口雅宣先生著です。内容ですが、全国各地で開催される「技能や芸術的感覚を生かした誌友会」の意義や講話のポイントを明示しています。さらに、生長の家のみ教えの視点に立った芸術論をまとめられた内容です。多分、教化部にあると思いますので、お求めください。しかし、実際に実践しないと、神性表現はできませんね。ともかくやってみましょう。

【あなたは必ず救われる】…「ホームレスに救われた話」
『コトバは生きている』という聖典の186頁~188頁には、福岡県のMさんの体験談が出ています。福岡の病院の管理職をしていたが、イジメに合い、心身共にくたびれて、膵炎を発症した。酒が原因かも知れない。そして離婚した。鬱状態になり、放浪の旅に出て、お金がなくなった時に、ホームレスに救われた。千円のお金までくれた。姉が『甘露の法雨』をくれたことがあり、生長の家のゆには練成会を受講した。そこで、蘇ったのだった。薬剤師の資格があるMさんは、練成会終了後すぐに就職できたという。素晴らしい更生の物語です。是非、拝読して下さい。個人の救いで止まってしまっては何にもなりません。菩薩道に入って初めて信仰者と言えると思います。しかし、み教えを知らない人にとっては、個人の救いは極めて重要です。救われた人は、他の救いの立ちましょう。他の救いの中に,己の救いがあるからです。このことは、やってみると分かりますよ。

【越後伝道記】
  2月2日、今日は木曜休日でゆっくりしています。外は吹雪でして,寒いね。MSNに次の記事がでていました。原発関係ですね。『宗教はなぜ都会を離れるか?』に説かれているように、原発は神の御心に適いません。元本部講師のH氏のご主人が副社長をしていた時代とはかなり会社の体質が変わってきたのでしょうかね。以下、転載します。ご参考まで。
 
「東芝が米原発産業の「ババを引いた」理由

 日本を代表する名門企業・東芝が崩壊の瀬戸際に追い込まれた。米国事業に隠されていた地雷「隠れ損失」が爆発して日本の本社が吹っ飛んだようなものだ。3.11の事故後、原子力事業は採算に合わず、リスクの高いビジネスであることは世界で常識になったが、安倍政権は今なお原発輸出を成長戦略のかなめに置いている。政策の失敗を認めない経産官僚と重厚長大から抜けられない産業界に引きずられ、時代の趨勢が見えない。東芝危機は「目を覚ませニッポン」という警鐘でもある。
(以下省略)

※『生命の實相』頭注版の1,2巻には、み教えの重要なことが説かれています。2巻には、神様のことが書かれています。「神、自然、人間の大調和」を目指す私たちは、神のご本質を知る必要があるからです。但し、『生命の實相』は、日本教文社で出している頭注版を読んでください。理由は、著者である谷口雅春先生が御編纂されたものであるからです。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成29年1月22日「”ブックレット④”に学ぶ」

平成29年1月22日「”ブックレット④”に学ぶ」

****************************************

【2月5 日(日) 高知教区講習会の大盛会を祈念いたします。】

【お勧めの本】
①『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
②『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
③『愛国と信仰の構造』
④『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
⑤『 1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』

光明越後人の詩::雪降れど すぐに溶け出し 春隣  

生長の家長岡教化部HP   http://etunan.net/

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※新潟越南教区の伝道情報「光明越後人がゆく」です。
  http://etunan.cocolog-nifty.com/blog/

****************************************
  新潟越南の菩薩の皆様、有り難うございます。
『ブックレット』④を学ばせていただきます。
【御教示】
 誌友会のためのブックレットシリーズの第4弾として『戦後の運動の変化について』が今日、発売されました。既刊本『宗教はなぜ都会を離れるか?』の第1章を独立させ、統計的数値を更新したうえ、2014年の秋季記念式典での私のスピーチを収録してあります。光明化運動の戦後の流れと、世界の変化の関係について理解を深めて下さい。

(学習)
  3月31日の総裁先生のフェイスブックにお書きになった御文章です。第1章を独立したもののようです。私の手元にはまだ届いていませんが、皆さまとご一緒にしっかりと学ばせていただきたいと思います。判りやすい解説の動画などがあるとさらに理解が深まると思いますが。

【あなたは必ず救われる】…「再就職できた男性の体験」
『コトバは生きている』という聖典の176頁~183頁には、熊本県の木村浩一さんの体験談が出ています。会社の経営が不振になり、退職を余儀なくされたが、再就職できたという内容です。

【越後伝道記】
  2月1日、ISO職員会議で、「おいしいコーヒーの真実」の動画をみました。私は個人的に見ていますので、二回目です。エチオピアのコーヒー農家の話です。コーヒーに関してですが、知って侵した罪と知らずに侵した罪、とのいうことに思いが行きました。この動画を見てから、フェアトレイドのコーヒーを飲みたいと思うようになりましたね。

生長の家大神様の無限の愛の祝福が、越後の大自然界の上に、新潟越南教区の信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての新潟県民の皆様の上に、読者の皆様の上に満ち溢れんことを祈ります。

 中内 英生拝

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »