« 平成29年4月27日「『この星で生きる』に学ぶ」 | トップページ | 平成29年4月29日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年4月28日「”唐松模様”に学ぶ」

平成29年4月28日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【4月29日(土)相愛会・栄える会全国幹部研鑽会、30日(日)青年会全国大会の大盛会を祈念いたします。】

【光明加賀人の詩】::舞い降りる 白馬の群れか 春の夢   

生長の家石川教化部HP   http://etunan.net/

****************56*********************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
「唐松模様」 2017年4月24日 (月)「”愛のある秩序”の実現へ」を学ばせていただきたいと思います。

【御文章】
 今日は澄みきった晴天のもと、午前10時から、長崎県西海市にある生長の家総本山で「谷口輝子聖姉二十九年祭」が執り行われた。御祭が行われた谷口家奥津城前の広場には、地元・長崎南部教区、同北部教区の幹部・信徒など百余名が参集し、谷口輝子聖姉の遺徳を偲び、人類光明化運動・国際平和信仰運動の益々の進展を誓い合った。本年祭の模様は一部、インターネットを経由して全世界に中継された。 
 私は御祭の最後に概略、以下のような挨拶を行った-- 

《学習します》
   石川県教化部では、三階の大拝殿にて、10時から御祭を行い、続いて総裁谷口雅宣先生のライブ配信を拝聴致しました。

【ブックレット学習塾】
p20
Q:「信教の自由」とは何でしょうか?
A:「信教の自由」とは「自分が信じたい宗教を信じることができる」ということです。宗教は生き方や世界観そのものです。自らが信じるとおりに生きる自由が認められないと、他の自由も認められませんので、「信教の自由」は基本的人権の根源とも言えます。
Q:「信教の自由」は宗教を信じていない人にとっては関係ないですよね?
A:「何も信じないこと」も「信教の自由」で守られていますので、無関係ではありません。例えば、あなたが、ある宗教への入信を強く勧められたとしましょう。あなたにはそれを断る権利があります。信じたくないものを信じない自由を保障しているのも、「信教の自由」なのです。(同書、1頁)

《学習します》
  自分が信じる宗教を信じることは、基本的人権の根源であるとはすごいことです。また、「信じない自由」というのも、大切ですね。無理に信じさせるのは、宗教ではないです。なぜなら神の本体は自由自在であるからです。

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】休みます。
《つづき》
樵夫は深く敬礼をし、その約束をして、材木をかついで山を下りた。すると途中二人の漁師に出あった。二人は樵夫に問うた。
「この山の中で、何かけものを見なかったですか」と。
そこで樵夫は答えた。「大したけものを見たわけではないが、ただ一頭の羆がいた」と。漁師は、それはどこにいたのか教えてくれといった。樵夫は答えた。
「もしその羆の三分の二の肉を私にくれるというのなら、その羆のありかを教えよう」と。
 漁師はよかろうと答えたので、三人してつれだって行き、遂に羆をしとめてしまった。そしてこの肉を三等分した。樵夫が両手でもって羆の肉を取ろうとした時、その悪業の報いによって、彼の両臂(リョウヒジ)は切れて地に落ちた。それはまるで数珠の糸が切れたようであり、蓮の根が切断されたかのようであった。
 漁師たちは驚き危ぶんで、その理由をきいた。樵夫は深く恥愧(チキ)してつぶさにことの次第を打ちあけた。すると二人の漁師は樵夫を責めて言った。「羆がお前に大恩をほどこしたのに、今お前はどうしてこのような悪逆なことをしたのか。もしかすると、このままではお前の身が、くさってしまうかもしれないぞ」
《つづく》

《学習します》
 すごいことになりました。菩薩の化身である羆を、恩義があるのにかかわらず裏切るとは、何ということでしょうか。この物語にはもう少し続きがあります。

【個人生活の救い】
『行き詰まりはない』135頁
 台湾の陳白宏さんの体験談です。彼は林淑貞さんから宇治練成会を誘われて参加しました。そして、畳をふきながら、父母への感謝の言葉を唱えました。すると、涙が止めどもなく流れ、父母に感謝することができたということです。そこから彼の人生が開けていったのでした。父母への感謝こそ、人生を好転させる基本的な鍵です。

【加賀・能登伝道記】
  4月27日は、教化部では明日、明後日の幹部研鑽会の準備を行いました。また、私は金沢から東京への移動しました。途中で、糸魚川を通るのですね。2月まで約3年近く、この糸魚川へは毎月、見真会に通いました。毛細血管の役目だと考えて、常に新鮮な血液を送り続け、総裁先生のお言葉を伝え続けてきました。少しづつですが、浸透していっただろうか、という感じですね。Mさんという友人が言いました。彼は大きなスーパーの経営陣の一人でしたが、「商売は昔は、少し努力をすると成果が上がる時代があったが、現代は、沢山の努力で少しの成果です。だから、最大限に努力をする必要があるのです」と。私はいつもこの言葉を考えて、行動に移しています。努力の中に神が現れる。さらに、努力の姿こそ神が現れる姿である、と教えられています。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。

 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
④伊藤真 憲法ってなあに?(最左翼の論客の方のようですね。)
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
⑨アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年4月27日「『この星で生きる』に学ぶ」 | トップページ | 平成29年4月29日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年4月27日「『この星で生きる』に学ぶ」 | トップページ | 平成29年4月29日「”唐松模様”に学ぶ」 »