« 平成29年5月2日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月4日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年5月3日「”唐松模様”に学ぶ」

Photo


平成29年5月3日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【5月14日(日)】 光り輝く福岡教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます

【光明加賀人の詩】::定着す 憲法九条  平和主義 先祖子孫の すべての願い
※昨日のNHKの番組の定着率の解説で、若い人たちは、戦前の世界を知らないので、戦前回帰はないようですね。できるだけ、入手できた動画を紹介したいですので、私のフェイスブックやこのブログの後ろの段落をご確認下さい)

生長の家石川教化部HP   工事中)

****************56*********************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
「唐松模様」 2017年4月24日 (月)「”愛のある秩序”の実現へ」を学ばせていただきたいと思います。

【御文章】
(続き)
 ここには、男女の違いについての輝子先生のお考えが書かれていると解釈できます。外面的、肉体的には男性は女性を上回ることがほとんどだが、内面的、精神的には女性は男性に劣ることはない、というお考えです。では、これが男女関係だけでなく、夫婦関係、家族関係に拡がっていくとどうなるか--それについて、輝子先生は次のように書かれています-- 

「写真を撮るとき、女性をカヨワいと意識して並べ方を考える必要はないと私は思う。あの場合、私は、雄々しいだの繊(か)弱いだのとは考えていなかった。ふた夫婦が上段に並んで、子供たちは姉から妹(いもうと)弟(おとうと)へと順序よく並べただけであった。二夫婦のうち、夫が中心に立つか、妻が中心に立つか、それをいずれと迷う人などあろうとは思わない。夫が主であって妻が副であることは当然の秩序である。」 
(続く)

《学習します》
  「柔よく剛を制す」という言葉もあります。女性は柔軟であり、かつ強いようですね。真偽は分かりませんが、強い魂の持ち主が女性に生まれる、との説もあるようです。夫が主であって、妻が副であるのは当然の秩序であるとお教えいただいております。

【ブックレット学習塾】
p23
  このように「信教の自由」あるいは「信仰の自由」が大切なのは、人間には「善を表現する」という本姓があり、その本姓が表現されるためには、強制によるのではなく、自由が認められべきだからです。つまり、絶対価値を持った一人ひとりの個人が、何を信じ、どのような生き方を正しいと考えるかを、自由な選択によって主体的に決めることが善の表現に必要であり、そのような生き方ができることが、人間が”神の子”と呼ばれる自由なのです。
 この「信仰の自由」の大切さについて、生長の家前総裁・谷口清超先生は、次のように説かれました。
(つづく)

《学習します》
  共産主義と自由主義はどちらが、善いかの判断ですが、共産主義は自由がないが、自由主義は自由がある。自由が神の御徳である善を実現する舞台となりうる、と考えられますので、二つの主義のどちらかを選ぶとすると、自由主義が優れていることになります。共産主義の国はほとんど無くなりましたが、全体主義やそれに逆戻りしようとする国も少しは残っているようです。その中でやはり、戦後70年を経て、自由主義、そして平和憲法で生活し、育った人が多くなりました。昨日5/3の安倍首相のビデオメッセージをテレビで見たとき、このブックレットを発刊された総裁先生の見識の高さに驚嘆しました。この内容を、いかに多くの人々にお伝えするかが、国民投票までの使命であろうと考えます。50年前は、1970年共産革命を阻止するということで、学生時代に道場で早朝行事のあと、「革命を呼ぶ声国にみなぎれり愛国者今立たずしていつ立つべきか」という初代総裁先生の歌を朗誦して、一日を始めていたことを思い出しました。50年たった現在の日本は逆のゆりもどしのようですね。

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】
(つづき)
244頁
「順次生受業」
 そこで明らかに知ることができる。牛という畜生の体は、それほど貴重ではないにしても、それを救ってやる人は、必ずよい報いを受ける。ましてや恩をうけた人を敬い、公徳の者を敬い、諸々の善を行うならば、その報いは明白である。かくの如くして善業を積み善果が今世であらわれるのを、善の順現法受業と言うのである。善悪の区別は色々あるし、それは時と場所で様々であるが、このような順現法受業の例は数限りなくある。
《つづく》

《学習します》
  徳積というのは、相手でなく、自分の為であるのですね。「情けは他人のためならず」という言葉がありますが、善を行うこと、愛他行を行うことは、自分の運命をよくすることになるとの教えです。白鳩会総裁先生より、肉食忌避は、大いなる愛行であるとお教えくださっております。また二酸化炭素削減の生き方は、徳積であるとも教えていただいております。二酸化炭素削減の生き方は、地球生命を救うからです。牛だけではないのです。人間を含めた全地球生命を救済します。さらに、その根本は、人間観であると、教えていただきました。人間は肉体であると考えると、欲望の実現が人生の目的となり、地球の自然界を傷つけ続けました。逆に、人間は神の子であるとの信仰に生きるとき、神の子は神の世界と一体であるので、神の世界の表れである自然界を、生かそう、自然を大切にしよう、との思いと行動が出てきます。ここがポイントでありましょう。法施と物施のバランスです。人間神の子の自覚を与える運動、仏を広める運動、仏を自覚した人が増えると、当然のことながら、仏国土である自然界を大切にするようになります。

【子孫に生長の家の信仰を伝えるにはどうすればよいか?】
『行き詰まりはない』209頁
 岡山県の撰親(エラミチカシ)さんの体験談が紹介されています。お一人が亡くされたが8人の子宝に恵まれました。農業ですが、「大変な豊かさ」と表現しておられます。子供さん達はすべて生長の家の信仰を受け継いでおられるとのことです。私もこの生き方を学ばせていただきたいと思います。それが、神様へのご恩返し、総裁先生へのご恩返しであると考えています。長女さんの結婚相手が見つかったことが書かれています。

【加賀・能登伝道記】
  5月2日は、終日、講習会の推進に行きました。小松から穴水まで。推進は人との出会い、すなわち「結び」であるので、本当に楽しいです。かなり道がよくなっていますね。
 5月3日は、祭日でしたが、午後に講習会推進にでかけました。道が分からない、というよりも、家が新しく建っているので、分からないのです。光明化運動は、信徒様お一人お一人を大切にする運動だと思います。マスプロ教育ではなく、対面的方法、ゼミ形式の勉強会、個人指導的方法が私には似合っています。学習塾、寺子屋的方法、初期永平寺の一箇半箇の精神です。本物の人作りを目指すとき、繁栄と教勢発展は後からついてきます。信徒様のご家族まで愛を行じ、心にかけること。常に礼拝し愛を行ずること。その神の愛を行じさせていただく対象が、信徒様であり、目前の人類であると思います。以前に赴任させていただいた教区に、西山というところがありますが、ここが出身地である元首相のTさんは、どんな山奥の一人のご老人にでも挨拶のために足を運んだとのことです。そして、相手の家のご家族の名簿を取り寄せて、「息子さんはどうしていますか?お母さんはお元気ですか?」などと尋ねていたといいます。本心は別にあったのかもしれませんが、宗教の世界では宗教的愛の実践が非常に大切です。愛がないとできないことです。私は、T氏の方法こそ、学ばなければならないことではなかろうか、と当時強く思いました。総裁先生の御心をお伝えすることを第一のご使命とする者として大いに学ばせていただきました。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
④伊藤真 憲法ってなあに?(左翼の論客の方のようですね。逆に、よく分かる説明をしています。)
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
⑨アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
⑩https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
⑪https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年5月2日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月4日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年5月2日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月4日「”唐松模様”に学ぶ」 »