« 平成29年5月3日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月5日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年5月4日「”唐松模様”に学ぶ」

Sakana_turu


平成29年5月4日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【5月14日(日)】 光り輝く福岡教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます

【光明加賀人の詩】::花守や 庭に一日 いて飽きず

生長の家石川教化部HP   工事中)

****************56*********************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
「唐松模様」 2017年4月24日 (月)「”愛のある秩序”の実現へ」を学ばせていただきたいと思います。

【御文章】
(続き)
 --このように書かれています。男女が結ばれて家族を構成するときには、男女の肉体的、精神的な強弱のことなど意識するのではなく、一つの有機体として、生命体としての「家族」はどうあるべきかを考えて--言い換えれば、家族構成員のそれぞれの“機能”をもとにして順序を考える、ということですね。これは極めて合理的なお考えだと私は思います。その場合、忘れてはならないことは、誰が家族の“中心”か、ということです。また、夫婦が2組いるときには、どちらが“軸”の役割をするかということです。 
(続く)

《学習します》
  家族を有機体として考える。生命体としての家族、家族構成員の機能を元にして順序を考える。このようなお言葉があります。このような視点で見ることは、私自身はつい考えていなかったことです。もうひとつ。
「家族の中心は誰か」「夫婦のうち、どちらが軸の役割か」という動的態勢のご表現。「軸」というお言葉に、新しい新鮮な感動を覚えました。ライブ配信では気がつかなかったことです。有り難うございます。

【ブックレット学習塾】
p23
 かつて人々は全ての国で宗教を持ち、その宗教(未発達であっても)の行事を国家行事として行って来たのである。そのため宗教の相違が、国と国との間の争いの種子にもなって来たし、今でもその名残りを残す戦いを続けている国や地域がある。
 しかしこの状態では、個人の信仰というものが確立されているとは言い難いのである。「信仰の自由」などという考えも、全く未発達の時代を人類は経過したのである。けれども次第に、何を信ずるか、又信じないかを、自分のいのち(” ” ”強調)の主体性に於いてきめることの尊さと悦びを知るようになって来た。言論の自由でも、職業選択の自由でも、古代に於いてはありえなかったのである。《中略》
 そこで近代的な進歩した国々では、信仰の自由や言論の自由が追求されるようになり、その自由の中で吾々が本心に照して正しいと思う宗教あるいは学説・理論を選び取り、かつ説き、又実行するようになって来たのであった。                 (『生長の家は伸びる』、11~12頁、強調は原文のまま)
 この人類史の流れは「植物の双葉から若樹への生長過程とおなじこと」であり、「この発展を逆転して、古代の神権国家へ機械的に逆もどりさせることは不可能であり、又その歴史的意味はないのである」と、谷口清超先生は説かれています。つまり「善を行う自由」は”神の子”としての人間にふさわしいものであり、立憲主義は、そのための環境を政治的に実現するために不可欠な要素なのである。
(つづく)

《学習します》
 ここで、谷口清超先生が説いておられるように、人類は、「何を信ずるか、又信じないかを、自分のいのちの主体性に於いてきめることの尊さと悦びを知るようになったこと」、それは「言論の自由でも、職業選択の自由でも」同様であり、古代に於いては無かったことです。だからこそ、神の子の自由環境を確保している憲法の立憲主義はどうしても必要な要素であると考えられます。

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】
(つづき)
245頁
 さて次の第二の順次生受業というのは何か。これは人が現世で業を作り、それを続けていくと、次の生まれ変りの生において、前生の業の報いを受けることを言う。たとえばもし現世で五無間業といって無間地獄におちるような悪業を作るならば、必ず次生において地獄に堕ちるのだ。順次生とは、この世の次の世(次の生)のことである。その他の罪業でも、順次生で地獄に堕ちることもあるが、更にまた順後次受といって、次生以後の生れ変りの生において業果を受けるというようなこともあり、第二生では受けず、第三生以後にうけるというような順後業(順後次受業)となることもある。しかしながら五無間業といわれる悪業は、順次生受業となり、順次生、即ち第二生において業の果を受けるのである。即ち順次生は第二生とも言われている。
《つづく》

《学習します》
  罪の結果、報いは一点一画の狂いも無く実現するとの仏教の教えです。「必ず」という文言が強烈です。これは三界唯心の理から考えても十分に理解できることです。それが実現するのは、この人生か、次の人生か、はたまた更に次の人生か、それは分かりませんが、必ず実現することだとすれば、逆に、私たちが、人類光明化運動・国際平和運動を行わせていただき、善業を積ませていただいているのは何と有り難いことでありましょうか。特に、講師として真理宣布の布施行をさせていただいている光栄こそ、何と感謝を申し上げてよいか分かりません。
 業の結果、病気や不幸と見えることは、それは現れたら消えるということですので、悪く見えることが世で現れることは、迷いの自壊作用という意味でよかった、と考えるべきかもしれません。

【孫のくる病はどうして治ったか?】
『行き詰まりはない』231頁
北海道の吉田正則さんの体験談が紹介されています。彼は、孫がくる病の疑いがかけられたのでした。生まれてからのお孫さんの首がおかしかったのです。彼は、総本山の神癒祈願をお願いしました。また総本山の練成会を受講しました。献労が楽しかったそうです。帰りに、宇治に立ち寄って入龍宮幽齋殿で神想観をしていると、不思議な体験をしたのでした。北海道に帰ってみると、娘さんから、お孫さんは異常なしとの報告を受けたのでした。
 総本山での練成会受講、これは団体参拝練成会ではないようです。そして、宇治での神想観です。そこで不思議な体験をしたそうです。それらの「行」を通して、いつしか彼の心が神癒を呼び込むにふさわしい心境になられたと考えられます。

【加賀・能登伝道記】
  5月4日は、午前は自転車でサイクリングターミナルまでいきました。午後は、講習会の感謝訪問でした。ともかく、石川はヒルクライムよりも遠乗りが主であるようです。全長160キロくらいですかね。穴水から安宅あたりまでと、白山の方へ行くのもあるそうです。まずは、平地です。当たり前のことですが、体の調整は他人がしてくれる訳では無いですので、自分でやる以外にありません。石川は、そのためにはとてもよい所だと思います。講習会が終われば、オーガニック菜園と、クラフトを行ってみたいです。仲間を作って行うと、結構たのしく継続できます。石川はクラフトの本場ですね。輪島の輪島塗があるし、金箔工芸があるし、九谷焼があるし、大樋焼があるし、色々と楽しいことだらけです。私としましては、布教・伝道の合間を縫って、少しづつやってみたいです。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
④伊藤真 憲法ってなあに?(左翼の論客の方のようですね。逆に、よく分かる説明をしています。)
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
⑨アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
⑩https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
⑪https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年5月3日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月5日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年5月3日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月5日「”唐松模様”に学ぶ」 »