« 平成29年5月4日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月6日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年5月5日「”唐松模様”に学ぶ」

Ie_ki


平成29年5月5日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【5月14日(日)】 光り輝く福岡教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます

【光明加賀人の詩】::竹の子や つやつやとした 地蔵尊

生長の家石川教化部HP   工事中)

****************56*********************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
「唐松模様」 2017年4月24日 (月)「”愛のある秩序”の実現へ」を学ばせていただきたいと思います。

【御文章】
(続き)
 しかし、その一方で、家族はいつもこういう原理原則や機能本位で生きているわけではありません。このような“固定的”な関係では息がつまってしまうし、第一不自然です。そこには当然、家族相互の愛情や喜怒哀楽が自由に表現される“流動的”な関係があるはずです。そこで、輝子先生は次のように、書かれています-- 

「私たちは、家庭に於いて時々写真を撮って貰うことがある。不断着のままで、室内で撮ったり、庭で撮ったり、親を中心に撮ったり、子供たちを中心に撮ったり、いろいろな撮り方をして貰うことがある。いちいち窮屈に親を中心とばかり考えていては、有りのままの面白い写真は撮れないものである。 
 三月号に載った写真は、元旦に於ける、紋服と云う正装をしたものであった。不断着でふざけている姿ではないのであった。正装をした場合は、秩序に従って整然と列び、紋服にふさわしく、子供と雖も、礼儀正しく立っているのである。凡(すべ)て、その時に、その場に相応しくあるのが正しい在り方なのである。」(p.89) 
(続く)

《学習します》
  「家族相互の愛情や喜怒哀楽が自由に表現される“流動的”な関係」とのお言葉があります。相互の愛情表現があるからこそ、家庭は天国であると言えるのでしょう。また、喜怒哀楽が自由に表現されるからこそ、様々なドラマが展開すると考えられます。愛ある流動です。
 正装の時は、正装にふさわしく、秩序整然として並んで撮影するということを、人、時、所にふさわしい撮影の仕方を示しておられます。

【ブックレット学習塾】
p24
「万教帰一」の教えが宗教の共存を可能にする
 立憲主義における「信仰の自由」は、多様な宗教の共存を図ることを目的としていますが、生長の家の教えは、この「宗教の共存」という目的にも大いに貢献できるものです。というのも、生長の家は「名称は各民族各宗派にて異れども、神(又は仏)が彼らの救いの本尊であること」を信じ、「すべての宗教が時と救いの対象たる人とを異にするに随い、異なる説き方をもってあらわれたる同一根源神の教なることを信ずる」からです。(『新編聖光録』78頁)。生長の家では、これを「万教帰一」の信仰と呼んでいます。谷口雅春先生が説かれているように、これはすべての宗教をみんな一つに、生長の家にしてしまうという意味ではなく、「一」から「万」が、すなわち一つの真理から多様な宗教が発展したと考え、各宗教の文化的特性を尊重する考え方です。
(つづく)

《学習します》
  生長の家の御教えが「完成された宗教」と言われる由縁でありましょう。どの民族にとっても、どの国の人にとっても、その人々を生かさずにはおかないという性質をもっています。現代ほど、宗教の共存を必要としている時代がはありません。この時代に生まれることが出来たこと、御教えに触れることができたこと、総裁先生という正師よりお教えただいていることを、心から神様に感謝申し上げます。

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】
(つづき)
245頁
五無間業(ごむけんごう)
 さて五無間業とは何かと言うと、一には父を殺す業。二には母を殺す業。三は阿羅漢(アラカン:小乗の聖者)を殺す業。四は仏身から血を出す業。五には和合僧(僧の集団)を破る、即ち仏から彼らを引き離す業である。
この五無間業の中のどれか一無間業であっても、その業を作った者は必ず順次生において地獄の苦しみを受けるのである。
《つづく》

《学習します》
  内容がなかなか大変なことです。虚の業でありますが、虚は實を現すために、暴風的な迷いの自壊作用が起こるようです。それは恰も空中に突然に真空が発生し、その真空を埋めるために激しい空気の流動が起こり、竜巻の発生となるようなものでしょうか。

【三正行をしていると人生が見事にうまくいくという体験?】
『行き詰まりはない』148頁
 大阪の平瀬幸雄さんの体験談です。「時の秘密」という小見出しですが、時間の設定というのが運命を決めるのです。それは、潜在意識がふと思いつく。それは、ご先祖の愛念、信仰、高級霊の救い、本人の善業の功徳などによる、とのことです。だからこそ、愛行をさせていただくのも、先祖供養もすべて自分に返ってくるのですね。見事な人生の仕組みであり、法則です。

【加賀・能登伝道記】
  どこへ行ってもツツジやその他の花で彩られています。地球は花園です。名前を知らない花をフェイスブックに掲載すると、名前を教えて下さる方があり、大変有り難いです。結びでしょうか。友達申請というのがありますが、先方から友達の申請があったので確認すると、申請していないとのことでした。フェイスブックのシステムで、自動的に申請させるのでしょうか。かつて友達申請が来たので承諾すると、先方から「友達申請をしていただき有り難うございました」とのメッセージがありました。よく分からない部分もありますね。相手は機械ですから。
 神の御心を中心にして、すなわち神想観、聖典読誦、愛行の三正行をしている方々が集まり、何かを話し合うと、高級霊の話し合いですので、必ず神意が天降るようになります。「三人寄れば文殊の知恵」と言いますが、私は「四人寄れば如来の知恵」と言っています。八百万の神々が集って、笑いの練習をして、話し合ったとき知恵が出てきました。そして、天照大神様が天の岩屋戸から出ていただくことができたと古事記には書かれています。まず集うこと、対面での話し合いです。さらに笑いの練習です。それらが揃うとき必ずよい方向に行きます。うまく行かない場合は、肉体の自我や欲望を中心に考えているからです。
 先日の幹部研鑽会で、人間観が大切であると言うことを教わりました。人間は肉体であるのか、霊的実在であるのか、そのどちらに生活意識が立脚しているかどうかで、地球温暖化の解決も促進も決まると考えられます。もうすでに、私たちにとっては、答えは出ています。後は実践あるのみです。
 青年会全国大会では、知信行証ということも教えていただきました。大いに実践していきたいと思います。現在のお役目は、実相礼拝と総裁先生の御心を信徒の皆様に、県民の皆様にお伝えすることを第一に任務と考えています。だからこそ、日々精進です。
「背教者はいない」とも教えていただいています。すべては味方であり、感謝以外にありません。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
④伊藤真 憲法ってなあに?(左翼の論客の方のようですね。逆に、よく分かる説明をしています。)
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
⑨アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
⑩https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
⑪https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年5月4日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月6日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年5月4日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月6日「”唐松模様”に学ぶ」 »