« 平成29年5月5日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月7日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年5月6日「”唐松模様”に学ぶ」

Yahata_souyu


平成29年5月6日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【5月14日(日)】 光り輝く福岡教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます

【光明加賀人の詩】::さわやかに 風になびくか  踊子草 
「おどりこそう」と読むのですね。   http://matsue-hana.com/hana/odorikosou.html

生長の家石川教化部HP   工事中)

****************56*********************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
「唐松模様」 2017年4月24日 (月)「”愛のある秩序”の実現へ」を学ばせていただきたいと思います。

【御文章】
(続き)
 このような輝子先生のお考えを知ってみると、私たちは生長の家が人・時・処のそれぞれに適応した柔軟で、自由な考えの中で進展してきたということが分かるのであります。それは、「勝手気まま」というのではなく、さりとて原理原則を貫いて「型にはめる」のでもない。社会の公的、正式な場ではきちんと秩序を重んじながらも、それ以外では、構成員それぞれの個性と時と場所に合った生き方を薦め、応援する。そのように「規律と愛」「秩序と自由」が共存するような関係が、輝子先生がおっしゃる「正しい在り方」なのであり、それが私たち生長の家の目標とするものでもある、と思うのであります。 
(続く)

《学習します》
   人時所に適応した柔軟な、かつ自由な発想は今までに行ってきたことであるとお教えいただいております。谷口輝子先生の言われる「正しいあり方」とは「規律と愛」、「秩序と自由」が共存する関係であり、それこそ生長の家の目標であるとのことです。総裁先生のお言葉に随い、このことを目標にして私たち石川教区でも行わせていただきたいと思います。

【ブックレット学習塾】
p25
 生長の家では、世界に多くの宗教があるのは、「真理そのもの」が数多くあるのではなく「真理の表現」が数多くあるからであり、「真理そのもの」は一つであると考えています。人類に共通する救いの原理はただ一つであり、その唯一の救いの原理が時代や地域等の違いに応じて、多様に表現されてきたと考えるのです。したがって、生長の家では、自分の宗教のみが正しいと考える排他的な立場をとりません。
(つづく)

《学習します》
  ここでは、総裁先生が講習会などで説いておられる万教帰一の意味が書かれています。万教帰一とは、よろずの教えが一つになると考えるよりも、逆に読んでいく。一つの神の教えまたは御心がよろずの教えとして展開する、ということでした。万教帰一のみ教えこそ、「世界平和」実現のための基本的考え方であり、文化の多様性が花咲く元であろうと考えられます。

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】
(つづき)
246頁
  あるいは人によると五無間業を全部作るものもいる。例えば迦葉波仏(かしょうはぶつ)の時代の華上比丘(けじょうびく)がこれに当る。あるいは一無間業を作るものもいる。例えば釈迦牟尼仏の時の阿闍世王がこれである。彼は父を殺す業を犯した。あるいは又三無間業を作る者もある。釈迦牟尼仏の時の阿逸多(あいた)がこれである。父を殺し、母を殺し、阿羅漢を殺した。この阿逸多は在家の時にこの業を作ったが、のちに出家を許された。
《つづく》

《学習します》
 過去にも色々のできごとがあったようですね。しかし、悪業を犯しても、出家を許されるまでになったことは素晴らしいこと。業の世界は、心の法則の世界、念の世界です。「諸悪莫作、衆善奉行」の言葉が至上の言葉として思い出されます。

【ぜんそくが治った体験】
『行き詰まりはない』146頁
 千葉県の伊東隆三さんの体験談です。ぜんそくがなおったのです。飛田給練成会を受けたりしました。さらに生長の家の女性と結婚しました。地方講師会長、相愛会の総連会長、相愛会長のお役を引き受けられ、一家をあげて伝道生活を行ったそうです。素晴らしいです。

【加賀・能登伝道記】
  5/10は能登光明道場で先祖供養祭でしたが、午前中は畑仕事でした。適当な長靴がなかったので、古い靴を履いて何とかできました。サツマイモを植えるというので、畝を二つ作りました。あとは専門家に手直ししていただいて、サツマイモの苗を植えるのです。残念ながら、私は植えるときには行けないと思います。サツマイモの収穫があれば、サツマイモ収穫祭の見真会を行ってもいいし、バラが満開の時は、バラ鑑賞見真会を行ってもよいし、その時は、希望者にはお抹茶と和菓子を出してもよいし、色々と楽しいことが思い浮かびます。
 昔からの信徒さん達と色々と話をしました。総裁先生の御心をより一層分かりやすくお伝えすることが己に課せられた使命であることを強く実感しました。5/11は、能登を回ります。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
①日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
②天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
③報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
④伊藤真 憲法ってなあに?(左翼の論客の方のようですね。逆に、よく分かる説明をしています。)
https://www.youtube.com/watch?v=5X69Fq_DxWM
⑤憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
⑥憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
⑦憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
⑧憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
⑨アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
⑩https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
⑪https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年5月5日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月7日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年5月5日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月7日「”唐松模様”に学ぶ」 »