« 平成29年5月13日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月15日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年5月14日「”唐松模様”に学ぶ」

Img_3


平成29年5月14日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【6月25日(日)】 光り輝く 教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます

【光明加賀人の詩】::キョキョキョキョと 真闇に鳴いて ほととぎす 

生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
  2017年6月17日 (土)の「唐松模様」の御文章です。「人類は経済発展では救われない
 
(つづき)
  この大きな変化の中でも、谷口雅春先生は一貫して「人間は神の子である」という真理を説かれました。それは、人間の本質は物質ではなく、肉体ではないということでした。先生は、人間は物質でも肉体でもないのだから、「物質的豊かさや肉体的快楽からは、人間の幸福は決して来たらない」と力説されてきたのです。そして、日本が経済発展を遂げて、アメリカに次いで世界第2位のGNPを生み出すようになっても、ご自身の生活は質素で慎ましやかでした。このことは今日、強調してもしすぎることがないほど大切なことだと私は考えます。物質的繁栄は宗教の目的ではないから、宗教家は収入が増えても贅沢な生活を拒む、ということです。このことは、雅春先生御夫妻だけでなく、二代目総裁を継いだ、谷口清超先生御夫妻についても言えることです。
(つづく)

《学習》
  物質的繁栄は宗教の目的ではない、ということ。宗教家は収入が増えても贅沢な生活を拒む、ということをお教えいただいています。質素倹約が宗教家の本来の生き方であるとお教えいただいています。なぜならば、人間は神の子であり、人間の本質は物質ではなく、肉体では無いということだからです。だから、物質的豊かさや肉体的快楽からは、人間の幸福は来ない、ということです。

【ブックレット学習塾】
p30
(つづき)
 国家権力にとって憲法は自分を縛るものですから、あまり気持ちのいい存在ではないかもしれません。しかし、支配される国民の側から見れば、憲法が権力の暴走を未然に防ぐ仕組みを定めていることによって、自由で豊かな生活への道程が開かれるのです。ですから、これらの民主的な制度をきちんと定めた憲法がいったん制定されれば、それが国家権力の都合によって簡単に変更することはできるだけ防がねばなりません。そんな理由で、一般の法律の改正と憲法改正の間には、自ずから難易度の違いが出てくることになります。現行の日本国憲法が第96条で、改憲の発議が「各議院の総議員の三分に二以上の賛成」を得なければできないと定めているのは、このためです。
(つづく)

《学習します》
 難易度があるというのですね。平和憲法を変えるというのは、よほどのことが必要です。昨日は沖縄戦終結の日でした。日本が戦場になった唯一の県です。四人に人がお亡くなりになっています。このことを考えても、二度と戦争はすべきではない、と思います。 

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】

249頁
(つづき)
無間業とは

この五つの無間業を、何故「無間業」と名づけるのであるか。その理由は、
一つには、自分の行った業の果報が、他の生(次生とか後生とか)をはさまず、現生が終ってすぐ次生に現れて来て、間をおかないから、無間と名づけるのである。
 二つには、業の果として受けるところの苦痛が絶え間がないから無間と名づける。即ち五逆の罪は阿鼻地獄に生れて、一劫の間苦をうけ続け、その間楽を受けることがないという。それ故その果報の如く無間業と名づけるのである。
(つづく)

《学習》
  すべて、同反動の法則であるようです。ですからこそ、「諸悪莫作、衆善奉行」であるのです。少しでも、人のために、自然界のためによいことをするのは、善業を積むことになります。また、倫理的生活者になることこそ、真に、これらの業の流転の世界から脱する道なのでありましょう。

【拝まれて実相がでてきた体験談】
『コトバが人生をつくる』107頁
Tさんという16歳の女の子の体験談です。彼女が1歳7ヶ月の時、父母は離婚した。それから、家出、シンナーなど非行に走った。しかし、宇治練成会を受講して、朝寝していると拝まれた。そこから彼女の心が変わってくるのでした。ご一読ください。

【加賀・能登伝道記】
  先日、「総合花展」というのに行ってきました。無料入場券をいただいた関係です。不思議な花、「クイーン・プロテア」というのやら、華道というより、アートみたいなのもありました。さまざまな仕組みのなかで、ひっそりと奥の方で咲いているのもありましたね。それぞれの感性なのでありましょう。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット
⑦『〈新〉地球温暖化とその影響』内嶋善兵衛著 裳華房 谷口純子先生ご紹介

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
○日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
○天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
○報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
○憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
○憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
○憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
○憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
○アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
○https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
○https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年5月13日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月15日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年5月13日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月15日「”唐松模様”に学ぶ」 »