« 平成29年5月15日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月17日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年5月16日「”唐松模様”に学ぶ」

Img_0001


Img_2



Img_0001



Img_0002


平成29年5月16日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【7月2日(日)】 光り輝く鳥取教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます

【光明加賀人の詩】::自転車道 夜釣り楽しむ 船あかり  

生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
  2017年6月17日 (土)の「唐松模様」の御文章です。「人類は経済発展では救われない
 (つづき)
 ですから、「経済的発展のためには手段を選ばない」というのは、生長の家とは無縁の考え方です。それは唯物論です。だから、そういう政策を高く掲げる政治家を支援するのが、本来の生長の家の運動だと主張する人がいたとしたら、それはまったくの間違いです。ところが、その同じ政治家が「憲法改正」を提言すれば、「あぁ、これは谷口雅春先生と同じだ!」と考えて、その政治家を批判する今の生長の家の運動は間違っている、と考える人がいるようです。そういう人は唯物論に毒されてしまったか、あるいは生長の家の昔の運動の表面だけを見て、時代応現の宗教運動の重要性が分からない人です。 
(つづく)

《学習》
  生長の家は唯神実相論です。ここにはっきりと唯物論を支援しないことを明言しておられます。憲法改正に関しては、このあとの、「ブックレット学習塾」で学習しておりますので、明らかです。潜入観念を持たずに、大いに勉強しましょう。昔の運動の印象だけで判断してはいけないと思います。時代応現の宗教運動の重要性を理解したいと思います。

【ブックレット学習塾】
p30
(つづき)
 衆参どちらかで三分の一をちょっとだけ超えた国会議員が反対すれば、過半数以上の国民が憲法を変えたいと思っていても指一本触れることができないのは、私はおかしいと思っています。したがって、まず[日本国憲法]九十六条を変えて、これまで国会のなかに閉じ込められてきた憲法改正に対して国民の意思が届きやすくする、まさに憲法を国民の手に取り戻す、というのが私の考えです。
(『日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ』、四六頁)
(つづく)

《学習します》
 これが、本の内容です。憲法に対する考え方に問題があると考えられます。み教えからいうと、日本という国だけを考えるのは問題があるということです。日本以外にも国があり、そこには国民が住んでいて、その人達、さらに、地球全体の幸福を考えて、実践する時代です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%88%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%9C%9F%E3%82%93%E4%B8%AD%E3%81%A7%E5%92%B2%E3%81%8D%E8%AA%87%E3%82%8C

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】

251頁
(つづき)
  五つには、身体の計量が定まらない所から無間と名づける。五逆の罪の報いは、阿鼻地獄に生まれるが、阿鼻地獄とは、縦広が八万四千由旬(一由旬は約二十キロメートル)あるとされているが、一人でもそこ一杯に広がる。又全ての人々が入って来ても、ちゃんとその中に収まり邪魔にならない。そのような心境の世界であり、物質をこえているから、長さや広さを超越していることを無間というのである。
(つづく)

《学習》
  阿鼻の意味は無間、であるようですね。色々と形容しています。『往生要集』という書を源信が著しました。985年です。極楽往生に関する本のようです。母親への愛が根本にあったと、先日のテレビ番組、「ヒストリア」でやっていましたね。よく分かりました。よく書けたもんだな、と思いましたが、イメージの世界です。

【ほしい赤ちゃんが生まれた体験談】
『コトバが人生をつくる』122頁
 旭川市の松田智江子さんの体験談が掲載されています。安産の話があります。結婚後3年たっても生まれないので、『甘露の法雨』をよく読んで、「元気で明るい素直な神の子さん、無痛分娩ありがとうございます」と唱えて、おなかをなぜていると、二ヶ月後に妊娠して、可愛い女の子が生まれたということだそうです。その他、色々と書かれています。

【加賀・能登伝道記】
  数日前に、小松の川端農園に行きました。冬瓜を植えました。二つです。七尾道場の畑に四本、植えたのですが、二本残りましたので、小松道場の先祖供養祭のお供え用に育てる予定です。穴をほり、籾殻を入れ、水をしっかりと入れて、植えました。そして土で埋めました。育ってくれよ!、という願いです。キンカンがお好きだというので、先日調理したものをお土産に持参しました。風呂桶を水槽にして、水をためていましたが、浮き草とカエルがいました。何とかしてあげたいですね。7月になると暑くなりますから。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット
⑦『〈新〉地球温暖化とその影響』内嶋善兵衛著 裳華房 谷口純子先生ご紹介

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
○日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
○天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
○報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
○憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
○憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
○憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
○憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
○アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
○https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
○https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年5月15日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月17日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年5月15日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月17日「”唐松模様”に学ぶ」 »