« 平成29年5月16日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月18日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年5月17日「”唐松模様”に学ぶ」

Img919


Img920


Img921


Img

平成29年5月17日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【7月2日(日)】 光り輝く鳥取教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます

【光明加賀人の詩】::草笛を 聴くが如くに ヒューヒューと  

生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
  2017年6月17日 (土)の「唐松模様」の御文章です。「人類は経済発展では救われない
 (つづき)
 私たち生長の家は、昨年のちょうどこの時期に、現在の自民党政権とそれを支援する政治勢力を支持しないという方針を明確にしました。これによって、私たちの運動を唯物論と勘違いしたり、表面的にしか理解しない人々が動揺し、私たちの説得にもかかわらず去っていったことはとても残念なことです。しかし、あれから1年を経過してみて、今の自民党のやり方がとても危険であることが、多くの人には理解できてきたのではないでしょうか? 2日前に、戦前の治安維持法を思い出させる「共謀罪」の考え方を導入した法律が国会で成立しました。有無を言わせぬ多数決が行われたことは、報道が伝える通りです。それと並行して、権力者に近い人間ならば、行政は例外的に有利な処理をすべきだとの考えを、現政権のトップがもっていることを示す証拠が、次々に暴露されつつあります。これは英語で「ネポティズム(nepotism)」と呼ばれるもので、アフリカやラテン・アメリカ、東南アジアの一部の国々では行われていますが、民主政治が定着した先進諸国では忌み嫌われている、時代遅れの考え方です。不公正な政治であり、腐敗の温床になるものです。
(つづく)

《学習》
  昨年のことを述べておられます。
①生長の家は現在の自民党政権とそれを支援する政治勢力を支援しない。
②生長の家の運動を唯物論と勘違いし、表面的にしか理解しない人々が動揺して去って行ったことは残念なことである。
③1年たって、自民党のやり方がとても危険であることが分かってきた。
④治安維持法的な共謀罪が強行採決された。
⑤権力者に近い人間は、行政は例外的に有利な処理をすべきだとの考えを現政権のトップが持っている証拠が暴露されつつある。
⑥東南アジアの一部では行われているが、先進諸国では、忌み嫌われている、時代遅れの、不公正なやり方である。腐敗の温床になる。

【ブックレット学習塾】
p30
(つづき)
 安倍首相のこの言葉には、現実を無視した言い換えが行われています。それは「過半数以上の国民が憲法を変えたいと思っていても」の部分と、「国民の意思が届きやすくする」という部分です。この二カ所で使われている「国民」の語は、正確に表現するつもりならば「国会議員」とするべきです。
(つづく)

《学習します》
  「言い換え」があるとの指摘です。文字で書いていることは嘘はないだろう、と考えて好意的に読み取ると、そうかなあ、とも思えますが、正確に考えると、言い換えがされていますね。国民→国会議員、です。

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】

251頁
(つづき)
 さて三時業の中の第三の「順後次受業」(順後受業ともいいう)というのは、もし人がこの生において業を作りそれを増長させた場合、第三生(次の次の生)あるいは第四生に、あるいはさらにこれをすぎて後の百千の未来生であっても、そのたまりたまった業の果を受ける場合、これを順後次受業というのである。
 たとえばもし人がこの生で(現生で)善であれ悪であれ業を作ったとすると、この人は第三の生、あるいは第四の生を過ぎた後、さらに百千生のあいだにおいても、その善悪の業の果報を受ける。
(つづく)

《学習》
  業を果たさない限り、業の輪廻が行われることが説かれています。そう考えますと、悪のように見えることが出てきた時には、悪業が消える時です。善いことが出てきた時は、陰徳が現れたので、さらに陰徳を積む必要があると考えられます。

【子宮筋腫の手術が成功した体験談】
『コトバが人生をつくる』131頁
 佐藤千織さんの体験談です。独身の時に、子宮筋腫が発見されたが、練成会を受講し、笑いのある明るい信仰を続けていた。手術をしたが、筋腫だけを切除できて、結婚しても子供を産める状態になったそうです。父母への感謝、そして明るい信仰の持続が結果を生みましたね。

【加賀・能登伝道記】
   6月29日(木)は午前中に、怠っていたブログを書いて、午後に、医王山(イオウゼン)へ登りました。下から行くと、約12キロですが、ダンプカーがすごいので、車で自転車を移動させて、9キロ地点から登りました。夕霧峠(標高845㍍)までです。7ヶ月ぶりのヒルクライムです。残念ながら半分以上自転車を押して登りました。三人の若者とであいました。ヘルメットをかぶっているので、こちらも若者ですがね。お互いに挨拶するのは、八方台と同じですね。八方台に比べて、こちらはかなり道が狭いです。八方台は楽しさがありますが、こちらはひたすら山道を走るのみ。「昼暗い夢」です。今日から少しづつトレーニングです。ローマは一日にして成らず、ですから。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット
⑦『〈新〉地球温暖化とその影響』内嶋善兵衛著 裳華房 谷口純子先生ご紹介

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
○日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
○天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
○報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
○憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
○憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
○憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
○憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
○アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
○https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
○https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年5月16日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月18日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年5月16日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月18日「”唐松模様”に学ぶ」 »