« 平成29年5月20日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月22日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年5月21日「”唐松模様”に学ぶ」

Img


Img_2


Img_3


Img_0001


Img_0002


Img_4


Img_0001_2


Img_0002_3





Img_6


Img_0001_3





平成29年5月21日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【9月27日(日)】 光り輝く室蘭教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます

【光明加賀人の詩】::桐の花 咲きてゆるゆる 風の吹く  

生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
  2017年6月17日 (土)の「唐松模様」の御文章です。「人類は経済発展では救われない
 

(つづき)
   現在の私たちは、この雅春先生の危機感を共有するばかりでなく、その危機を克服する信仰を譲り受け、さらに危機の到来を防ぐための技術をもち、その技術を実際に使うことができるという恵まれた立場にあるのです。この信仰運動の“本筋”を忘れてはいけません。人間は自己内在の仏性の自覚、「人間・神の子」の自覚によって救われるのであって、技術や経済的富の拡大によって救われるのではありません。 
 谷口雅春大聖師三十二年祭にあたって、皆さんと共に、「人間・神の子」の自覚をさらに深め、もっともっと多くの人々にそれをお伝えし、伝えるだけでなく、自らの仕事と生活の中で実践し、“自然と共に伸びる”新しい文明の基礎をつくるために邁進していく決意を新たにするものであります。これをもって谷口雅春大聖師三十二年祭の所感といたします。ご清聴、ありがとうございました。 
(おわり)

《学習》
 「信仰運動の本筋」を忘れないことをご教示されております。決して、神様の御心から外れない、ぶれない生き方は、三正行が基礎にあって初めて可能であろうと思います。私は、色々な教区に行かせていただく度ごとに、信徒様から多くのことを学ばせていただいています。前の教区では、教化部での聖経読誦の徹底でした。これを基本におきますと、自分自身の心も安定するのです。聖経と申しましても、四部経、二讃歌、万物調和六章経です。先の教区で教えていただいたことを、継続していきたいと願っています。有り難いことに、現在の教化部には、玄関に住吉分社がありますので、教化部に入るや否や神域という最高の雰囲気です。

【ブックレット学習塾】
p32
(つづき)
 しかし、憲法の一つの条文をAさんが変えれば、Bさん、Cさん、Dさん……だけでなく、国民全体の生活と生き方に大きな影響を及ぼします。安倍首相の論法を自動車のモデルチェンジに喩えれば、自動車を所有する国民のすべてに対して「モデルチェンジに賛成か?」と問いかけるようなものです。答えは当然、「過半数以上の国民」が賛成するでしょう。しかし、「モデルチェンジは一箇所だけであり、その変更は全国の自家用車のすべてに強制的に適用される」と言えば、そんな変更に賛成する人の数は相当減少するでしょう。ましてや、モデルチェンジの内容について、車の所有者はあまり関与できないとなれば、反対者の数の方が多くなるに違いありません。自分の生活の手段として、また楽しみの一部として利用している自家用車の機能の一つが、自分が関与できない所で、ある日突然、勝手に変更されるーーそれだけでも不合理なのに、そのような変更をしやすくすることを、「国民の意思が届きやすくする」ことだといい、それが「自動車を国民の手に取り戻す」ことだというのが、安倍首相の論法です。詭弁以外の何ものでもありません。
(つづく)

《学習します》
  詭弁を論破しています。よく読み込んで勉強しましょう。

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】未更新
254頁
(つづき)
  そこで彼は今までずっと修してきた善い行いを想い起し、心の中で深く喜びを実感した。それはよいことを思い、実相を心に描くと、自然に大いなる悦びが湧くからだ。すると地獄のように現れていた中有も、いつしか消滅し、忽ち天国のような中有が現れ、そこでしばらく休養してから、やがて天上界に生まれ変わったのである。
(つづく)

《学習》
  三界唯心、心が変われば世界が変わる、という仏教的表現であると考えられます。

【人生問題を乗り越えた体験談】未更新
『幸運の扉をひらく』14頁
福岡県の北原倶子体験談が掲載されています。18歳の時、大学受験に失敗したり、『生命の実相』を拝読したり、ご主人がご昇天されたり、さまざまな体験を乗り越えてこられました。

【加賀・能登伝道記】
 やることが多いということは、何とありがたいことか、と思います。PBSが始まって、自転車通勤、クラフト、菜園活動、と色々と実際に体を使って行うことは楽しいです。自転車のトレーニングのコースがほぼ頭に入りましたので、こちらは何とか行けそうです。ジテツ-は信号があるので、50分間くらいですかね。たった5キロメートルですけれど。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット
⑦『〈新〉地球温暖化とその影響』内嶋善兵衛著 裳華房 谷口純子先生ご紹介

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
○日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
○天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
○報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
○憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
○憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
○憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
○憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
○アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
○https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
○https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年5月20日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月22日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年5月20日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月22日「”唐松模様”に学ぶ」 »