« 平成29年5月24日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月26日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年5月25日「”唐松模様”に学ぶ」

Img_0002

平成29年5月25日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【8月27日(日)】 光り輝く室蘭教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます
九州地域の豪雨で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、速やかなる復興を祈念致します。

【光明加賀人の詩】::ゴンゴンと 新幹線の 走る音 大宮すり抜け はや金沢へ  
 
生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
  2017年7月7日 (金)の「唐松模様」の御文章です。「自然に与え返す“新しい文明”に向かって」です。

(つづき)
  これらすべてが“神の御心”に中心帰一して、それぞれの特徴を生かし、相互に争わず、助け合いながら繁栄している――というのが実相世界の構図です。私たちの運動は、その構図を現象世界に表す運動ですから、世界平和実現の運動であるわけです。それも、単なる政治的な平和ではなく、宗教心において、地理的な関係において、民族関係において、文化において、世代間、生物間の関係において、運動組織において、平和が現れるのが目的です。 
(つづく)

《学習》
  実相世界の構図は、「実相金剛身の神示」に示されています。それぞれの特徴を生かす、というのが法律的には、基本的人権の尊重、となるようです。実相世界を現象世界に「持ち来す」「映し出す」ということですので、それはあらゆる面で善くなることになります。政治、宗教心に於いて(万教帰一)、地理国境問題、民族間、文化、世代間、生物間、運動組織に於いて、です。素晴らしいことであります。

【ブックレット学習塾】
p34
(つづき)
  …民主主義とは…
  立憲主義は、近代民主主義の基本です。そのことを思い出すために、そもそも「民主主義とは何か」について,ここで確認しておきましょう。
「民主主義」とは「デモクラシー」(democracy)の訳語の一つです。「デモクラシー」箱代ギリシャに由来する言葉であり、その元々の意味は「民族による支配」です。制度としてのデモクラシーは「民主制」と訳され,思想としてのデモクラシーは「民主主義」と訳されます。つまり「民主主義」とは、国民全体を一人が支配する「君主制」や、少数者が支配する「貴族制」あるいは「寡頭制」ではなく、多数者が支配することです。
(つづく)

《学習します》
  ここの文章は、学生時代の社会科の復習です。しかし、この復習、再確認こそ大切であるのです。私の年代では、小学生の時から、戦後教育ですので、民主主義について何度も学びましたね。

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】

255頁
(つづき)
  もしこの人が悪人であったならば、命が終わる時、地獄の中有が現れるとこう思うであろう。
「私は一生の間善を修したが、その功徳は皆無であった。善悪の業がそれぞれの果を生ずるということが本当ならば、次はやはり地獄のような世界に生まれ出るであろう。しかし前の善人は、このような不信仰の者ではなく、因果の理法を正しく会得することが出来ていたので、天上界に生まれることが出来たのである。因果の道理の理解はかくの如く大切であるから、よく会得して、それを活用し,真実の世界を明らかにしなければならない。
(つづく)

《学習》
 悪人の場合、と信仰者との比較です。因果の理法を正しく会得することが必要であります。原因結果の法則、同類親和の法則、動・反動の法則など、正しく理解することが求められています。現在は,若い人が運動に参加することが必要です。若い方を大切にし、若い人を賛嘆して意欲を起こさせることなどすると、その結果、若者が集団化するようになるでしょう。ここにも「種まきの法則」が作用します。法則は必ず実現します。

【人生問題を乗り越えた体験談】
『幸運の扉をひらく』14頁
東京都のM子さんの体験談が掲載されています。
子供のころに、蒸発した父を恨んでいたが、み教えに触れて心が変わった。父親に会いに行き、和解できた。結婚して幸福な人生を歩んでいるとのことです。見事な体験談です。是非、ご一読ください。

【加賀・能登伝道記】
 7月17日、栃木教区の練成会の手伝いに行かせていただきました。素晴らしい信徒様達との出会いが多々ありました。栃木は、日光東照宮があります。そこに、二荒山神社という神社があり、その山の奥に、無人の滝尾神社という神社があります。そこに子種石という石があります。私の父親は、子供がいなかったので、私が生まれる前に、その子種石をいただいて高知まで帰ってきたようです。母親に聞くと、いつの間にいったのか、分からなかったとのことです。二荒山神社から滝尾神社に至る小さな山道を歩いた時、父親の祈りと愛を感じました。父の祈りがあったればこそ、私はこの地上に生を受けることができた。この地は弘法大師と仏縁がある所であるという。私は20歳の時、生長の家をやめたくなったことがありました。父親が亡くなる前に、前日に、父は私の前で絶叫しました。「どんなことがあっても、お前だけはどこどこまでも谷口雅春先生について行け!」と。父のその声は、私の脳裏に焼き付き、未だに忘れることができません。次の日に父親は亡くなりました。ある人が言いました。「お父さんは、あなたにそのことを言うために死ぬのを待ってくれていたんですよ」と。そうだったのかも知れません。それから法燈は移りました。谷口雅春先生がお選びになった谷口清超先生へ、谷口清超先生が法統を継承された現総裁谷口雅宣先鋭への中心帰一の信仰姿勢の堅持こそ、谷口雅春先生への中心帰一を生きぬくことになると確信しています。今日は栃木で、色々と深く考えさせていただいた出張でした。栃木教区の皆さま、誠に有り難うございました。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット
⑦『〈新〉地球温暖化とその影響』内嶋善兵衛著 裳華房 谷口純子先生ご紹介

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
○日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
○天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
○報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
○憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
○憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
○憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
○憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
○アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
○https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
○https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年5月24日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月26日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

色々と悩みがあって、 雅春先生にお会いしたいと思っていました。でも、この世では、もうお会いできません。 その時、ふと、講習会などで、雅宣総裁に会うことが 雅春先生にお会いすることだと気がつきました。 このことを 古い先輩にお聞きしたら、そのとおりだと 仰ってました。 自分はもう先が長くないから、あと何度講習会にいけるかわからないから、がんばって行くともおっしゃってました。

すみれさん、コメントをありがとうございます。誠にも同感です。こんなコメントをいただいてうれしいです。中内英生拝

投稿: すみれ | 2017年7月18日 (火) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年5月24日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年5月26日「”唐松模様”に学ぶ」 »