« 平成29年6月1日「平成29年8月号”神聖石川”」 | トップページ | 平成29年6月3日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年6月2日「”唐松模様”に学ぶ」

Img_0003


平成29年6月2日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【8月27(日)】 光り輝く室蘭教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます
九州地域の豪雨で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、速やかなる復興を祈念致します。

【光明加賀人の詩】::海芋の 白ひげ巻きて 庭に咲く   
 
生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
  2017年7月7日 (金)の「唐松模様」の御文章です。「自然に与え返す“新しい文明”に向かって」です。

(つづき)
   私の手元にある『西洋シンボル事典--キリスト教美術の記号とイメージ』という本の「塔」の項には、次のように書かれています-- 

「すべての塔がまず誘う連想は、バベルの塔である。バベルの塔は、かつて存在した天と地との間の軸を人間の手で人工的に復旧し、それによって神の座まで上がろうとする試みであった。この塔は、シュメル=バビロニアのジッグラトに基づくもので、際限なく思いあがって、それでいながら人間の枠から一歩も踏みだすことのできない傲慢な人間の象徴である。」 
(つづく)

《学習》
 『西洋シンボル事典--キリスト教美術の記号とイメージ』という本があるのですね。①際限なく思い上がる。②人間の域から一歩も踏み出すことができない。③傲慢な人間の象徴である。これがこの本に書かれているそうですが、いつもお教えいただいている内容です。有頂天になっているところは、その後は無いということでしょう。有とは仏教用語です。

【ブックレット学習塾】
p37
(つづき)
  憲法学者の樋口陽一氏と小林節氏によると、このバランスの取り方は国によって異なっており、たとえば現代のフランスにおいては民主主義をより重視しているのに対し、ドイツでは立憲主義の方に重点を置いています。アメリカはドイツほどではないにしても、立憲主義の方に寄っています。そのバランスの取り方は、歴史や社会的条件に応じて各国それぞれでよいのですが、いずれにしても、何らかのやり方で立憲主義と民主主義の間でバランスを取っています。
(つづく)

《学習します》
  『「憲法改正」の真実』という本からですね。一度読みました。対話形式ですが、読み始めの時は、言葉が慣れないので苦労しましたが、読み終わるころには,何とか理解できるようになりました。余力の有る方は、ぜひ読んでみて下さい。

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】
260頁
(つづき)
ー業と空とー
長沙の岑和尚(長沙景岑)は南泉の願和尚(南泉普願)の高弟である。久しい間参学した有名な僧である。色々と立派な教えを述べておられるが、この問答では全く理解を欠いている。例えば永嘉大師の言われたことを理解しておらず、さらに鳩摩羅多尊者の慈悲深い教えをも明らめていない。従ってはるか昔の釈尊の説教などは,夢にもまだ分かっていないようである。仏祖の御言葉が完全に伝えられていない者なら、誰がこれを尊崇するであろうか。
(つづく)

《学習》
  先の、業と空に関する問答への批判です。この後、はっきりと業と空について述べられて行きます。『正法眼蔵を読む』の聖典は、4巻ありますが、谷口雅春先生が、内容のすばらしさに驚いた、と書かれた所の聖典です。時々、輪読している方を見かけますが、何年かかっても読破していただきたいと思います。二代目の総裁先生が法燈継承についてお説き下さっています。

【人生問題を乗り越えた体験談】
『幸運の扉をひらく』135頁
徳島県の伴伴恵さんの体験談が掲載されています。12年目に子供に恵まれた体験です。産土神社、伝道、愛行、練成会受講など色々と行じておられます。子供を授かりたい方はぜひ拝読していただきたいと思います。この方は、おそらく私の母が、話していた方ではなかろうか、と思います。

【加賀・能登伝道記】
 『いのちの環』第88号06頁には、「”新しい文明”の構築へ」という総裁先生の御文章が掲載されています。出典は、『次世代への決断』ですの。この中に自然災害という言葉があります。今日、7月23日は昨日の暑さと打って変わって雨です。しかも、能登では警報が発令されているようです。秋田の豪雨もテレビに出ていました。先日は、福岡でしたが、自然災害が日常化してきているように思えます。今こそ、総裁先生の御心に従い、新文明構築の基礎作りに邁進する時です。「神・自然・人間は本来一体なり」との総裁先生の御言葉をお伝えし、実践して参りましょう。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット
⑦『〈新〉地球温暖化とその影響』内嶋善兵衛著 裳華房 谷口純子先生ご紹介

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
○日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
○天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
○報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
○憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
○憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
○憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
○憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
○アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
○https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
○https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年6月1日「平成29年8月号”神聖石川”」 | トップページ | 平成29年6月3日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年6月1日「平成29年8月号”神聖石川”」 | トップページ | 平成29年6月3日「”唐松模様”に学ぶ」 »