« 平成29年6月3日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年6月5日「”唐松模様”に学ぶ」 »

平成29年6月4日「”唐松模様”に学ぶ」

Img_0003


平成29年6月4日「”唐松模様”に学ぶ」

****************************************

【8月27(日)】 光り輝く室蘭教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます
九州地域の豪雨で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、速やかなる復興を祈念致します。

【光明加賀人の詩】::桑いちご 一粒口に ポンと入れ   
 
生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
  2017年7月7日 (金)の「唐松模様」の御文章です。「自然に与え返す“新しい文明”に向かって」です。

(つづき)
 “旧い文明”は「自然から奪うことで人間は栄える」という思想に動かされていて、相当の発達をとげていますが、結局、自然を破壊することで人間同士が破壊に向かう方向に進んでいます。“新しい文明”はこれとは逆に、「自然に与え返すことで人間は幸福になる」という信仰にもとづくものです。それは「奪うものは奪われる」という方向にではなく、「与えるものは与えられる」という方向に心の法則を働かせる運動です。これによって万物調和、万教包容の道が開かれ、本当の意味での世界平和が実現します。つまり、七重塔は、バベルの塔の間違いを正す実相顕現運動の象徴であります。 
(つづく)

《学習》
 人類が根本的に幸福になる原理をご教示くださっております。破壊する行為は、お互いの破壊へと進みます。すでに昔のことですが浅間山荘事件では結局、内ゲバで悲惨な結末となりました。国家への批判は自己批判と仲間批判へと展開して、内ゲバとなりました。それと同じように、自然破壊によって幸福を得ようとする生き方は、人間同士の破壊へとつながります。奪う者は奪われるからです。同反動の法則です。逆に、繁栄の黄金律は「与えよ、さらば与えられん」です。その相手を自然界に向けて発するのが、新文明の構築です。真の世界平和の実現です。最後の御言葉、すなわち、聖書を書き直すような御言葉「七重の塔は、バベルの塔の間違いを正す実相顕現運動の象徴である」とお説きくださっています。黄泉の国へ行かれたいざなみの大神を完成すべく、龍宮住吉霊宮をご建立された谷口雅春先生のご事業に匹敵する偉大なる大事業であると拝察申し上げます。

【ブックレット学習塾】
p38
(つづき)
  先にも述べたように、安倍首相は、憲法を単純多数決で変更できるようにすべきだという考え方を表明しています。しかし、立憲主義が憲法を過半数の単純多数決だけでは変えられないようにしている(つまり憲法を硬性化している)のは、「多数者の専制」によって少数者の自由や権利が侵害されないようにするためです。それは改正回数が多いことで知られるドイツの憲法(ドイツ連邦共和国基本法)でも同様であり、上院と下院の双方で、単純多数決ではなく特別多数決が、すなわち構成員の三分の二の賛成が必要とされています。
(つづく)

《学習します》
  安倍首相の言っていることは、世界の立憲主義の原則を否定しているということのようですね。三分の二の賛成が必要であるということです。

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】
261頁
(つづき)
=業をうけるとは=
 また「何が業障ですか」と問うとき「業障とは
本来空である」と答えたのは、昔の縛馬答のようなものだ。即ち昔、馬を縛る者は誰かと問うと、馬主だと答えたので、馬主は誰かと問うと馬を縛る者だという故事のように、わけの分からぬ不正確な答えなのである。要するに汝はまだ真理を了解していない短才であるにも拘わらず、永年修行して皓月供奉(僧官であり皇帝の顧問)に答えたから、このような狂った言を発したのであろう。
(つづく)

《学習》
 このような議論は時々ありますね。答えにならないのですが、言葉が空転しています。そのことを厳しく論じています。

【人生問題を乗り越えた体験談】
『幸運の扉をひらく』169頁
 愛知県の白井泰子さんの体験談が掲載されています。ご主人が倒れたが、感謝の言葉を唱える行によって、安らかに昇天された。その中で、彼女は懺悔した。仏壇の前で結婚式ときの三三九度のようなことを行うと自分が思い上がっていたことに気がついたという。白井さんは、大いに愛行も行っておられるとのことです。

【加賀・能登伝道記】
  『いのちの環』NO88の28頁には、岡垣三恵子さんの事例が書かれています。山登りをしておられるんですね。72歳です。自然の風光に魅せられた女性の姿です。いいですねえ。私も、できれば、希望として山に登りたいです。勿論、自転車です。昨年は、蓮華温泉に登りました。標高1500㍍です。500㍍の地点から登りましたので、約1000メートルの自転車登山です。私の登り方は無理せず、ゆっくりと登ります。それが「凡庸の歌」にあるように、風景を楽しみながら登るのです。楽しいですよ。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット
⑦『〈新〉地球温暖化とその影響』内嶋善兵衛著 裳華房 谷口純子先生ご紹介

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
○日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
○天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
○報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
○憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
○憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
○憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
○憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
○アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
○https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
○https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年6月3日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年6月5日「”唐松模様”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年6月3日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年6月5日「”唐松模様”に学ぶ」 »