« 平成29年6月5日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年6月7日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」 »

平成29年6月6日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」

Img_3


Img



Img_0001

平成29年6月6日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」

****************************************

【8月27(日)】 光り輝く室蘭教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます
九州地域の豪雨で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、速やかなる復興を祈念致します。

【光明加賀人の詩】::田植えする 後に飛び込む かわずかな    
 
生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
  2017年4月28日の「生長の家白鳩会全国幹部研鑽会での御講話」の御文章です。「新しい文明は、永遠の価値を生きるところから」です。引用は、『生長の家』誌(2017年5月号)からです。

 皆さま、ありがとうございます(拍手)。本日は、白鳩会全国幹部研鑽会にようこそお集まりくださいました。心から感謝申し上げます。ありがとうございます。(拍手)
 また、メイン会場以外の各地十五会場にお集まりの皆さま方も、ようこそお集まりくださいました。心から感謝申し上げます。ありがとうございます。(拍手)
(つづく)

《学習》
  この日、小職は生長の家本部練成道場にて参加、拝聴させていただきました。大変よく理解させていただきました。ありがとうございました。

【ブックレット学習塾】
p39
(つづき)
   =多数者の支持による独裁は現実にあった=
それに対して、憲法改正は単純多数決でよいとする安部首相の考えは、多数派が支配的に振る舞ってよいと考える「絶対民主主義」の思想であり、少数者の人権を踏みにじるような結果となる怖れがあります。「絶対民主主義」の考え方では、権力者が多数者に支持された上で独裁政治を行うのを防ぐことができなくなります。その証拠に、戦前のドイツや日本では、権力者が民衆からの支持を得て実際に独裁政治を行っています。
(つづく)

《学習します》
  私は戦後生まれですので、当時のことは知りませんが、歴史を学ぶにつけて、かなり厳しいエピソードが書かれています。死ぬのが美徳という考えにまで至ったようです。ある信徒さんの義父ですが、お若い時に特攻隊に志願し、飛び立つ前に終戦となり、家に帰る時、彼の出発した駅に降りることができず、隣の駅に降りて歩いて帰ってこられたそうです。おそらく死を名誉として住民から送り出されたので、顔向けが出来なかったのだと思います。彼はその後、生涯、亡くなった戦友のためにと人生をおくったとお聞きしています。日本では、戦前に選挙で選ばれた人たちが作った、国家総動員法により、戦争に行ったのでした。(P39参照)

【『正法眼蔵を読む 新草の巻 拾遺』に学ぶ】
261頁
(つづき)
  インド二十四祖の獅子尊者が王に殺され、二祖大師が悪人に殺されたとしても、どうしてこれを疑うことがあろうか。この世の身は最終の身体ではない。単なる無というだけの現象身でもない。従って順後次受業を受けることもありうる。すでに後法を受けるべき時が熟しているならば、今これをうけても、何ら疑うべきことではないのである。あきらかに知りうる。即ちそれは、長沙が未だ三時業を明らかに自覚していなかったということである。
(つづく)

《学習》
  結果、皆善しですね。そこから芽が出て来るということです。悪く現れた時、これで悪業が消滅したとして喜ぶことです。感謝以外にない、ということです。昨日は、会議の挨拶で、日時計日記をお勧めましましたが、決め手はどうやら、簡単な作業の繰り返しのようです。継続は力です。逆に言えば、継続出来ること自体が、実力があるからであるようです。さあ、今日も思いっきり顔晴りましょう。

【人生問題を乗り越えた体験談】
『幸運の扉をひらく』184頁
 大阪県の片野和子さんの体験談が掲載されています。息子さんが、先天性小人症といわれて体が大きくなりませんでした。しかし、信仰生活と愛行によって、成長ホルモンだでるようになり、順調に発育するようになったという体験です。感動します。拝読して下さい。

【加賀・能登伝道記】
 継続は力なり、という言葉があります。確かにそうですね。ちょっとぐらい、どうでもよい。このちょっとぐらいが、私は嫌いなのだ、という詩があります。少しでもおろそかにしない、これが大切ですね。秋から、奥能登でも毎月、見真会が開催されるかもしれません。そこでは、先祖供養そして、真理講話、特に総裁先生の御心を毎月お伝えする場になります。これが奥能登光明化の突破口になると思います。なぜなら言葉は神であり、創造力があるからです。先祖供養の霊牌供養も少しでもご先祖様をご供養すると、光明化運動に対して、必ず霊界からの守護の霊波が送られてきます。それは大きいです。悦びが湧いてきます。ぜひ、能登半島最先端の珠洲市にも誌友会を作りたいです。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット
⑦『〈新〉地球温暖化とその影響』内嶋善兵衛著 裳華房 谷口純子先生ご紹介

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
○日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
○天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
○報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
○憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
○憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
○憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
○憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
○アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
○https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
○https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年6月5日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年6月7日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年6月5日「”唐松模様”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年6月7日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」 »