« 平成29年6月28日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年6月30日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」 »

平成29年6月29日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」

平成29年6月29日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」

****************************************

【9月3(日)】 光り輝く宮崎教区講習会の大盛会をお祈り申し上げます

【光明加賀人の詩】::外出だ スポッとかぶる 夏帽子
     
生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************

【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
  2017年4月28日の「生長の家白鳩会全国幹部研鑽会での御講話」の御文章です。「新しい文明は、永遠の価値を生きるところから」です。引用は、『生長の家』誌(2017年6月号)からです。
p15
(つづき)
  二月半ば、ようやく少し雪が溶けてきてまた歩くことを始めました。三十分かけてポストまで投函して帰ってきます。普通に行けば一時間で帰ってくるのですけれど、自然の中を歩いていますと、いろいろと美しいもの、目にとまる自然界の様々な変化がいっぱいありますので、それを写真に撮ったりしていますと、時間が過ぎてしまって「あら、一時間半もたってしまった」ということもあります。自分の健康増進と自然に触れること、その両方を得たいと思って自然の中を歩いています。
(つづく)

《学習》
  歩くのは、とても自然な健康増進であるようです。私の場合は自転車で山に登りますが、天女山のヒルクライムがあるので、身体の調整のために、練習です。医王山に登ることが多いのですが、長岡の八方台と違い、楽しいというよりも熊さんと遭遇しないようにと、スリルもありますね。カメラは自分の自転車にぶら下げています。何度も何度もチャレンジして、身体を作る以外にないのです。怠けると後退します。信仰も体力作りも同じであるようです。自然との一体感は,喩えようもない素敵なものを感じます。自転車に乗る度に、教義的意義付けと励みをお与え下さいました総裁先生に心から感謝しています。

※今日は更新していません※
【ブックレット③学習塾】『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』
p47
「その線を越えたら撃つぞ」と言われて銃を構えられた時に、止まる場合はどんな時だろうか?一つには,線を越えなければ撃たれない、という安心がある場合だ。「止まれ」と叫ばれて止まったのに結局発砲されたのでは、止まるだけ損である。止まれば,相手は撃たないという安心、保障が必要だ。これが安心供与だ。ここに、””攻撃したらやり返される。ただし、攻撃しなければ相手から攻撃されることはない、という状況が生まれる。””(『平和のための戦争論ーー集団的自衛権は何をもたらすのか?』、193頁)

 つまり、「抑止」というのは決して単純な強攻策ではなく、一方で、「報復するぞ」と脅したり、防御を固めて相手に攻撃を躊躇させながら、それと同時に「先に攻撃されることはない」という安心を相手に与えるという、硬軟両面を兼ね備える必要があるのです。
(つづく)

《学習します》
 硬軟両面を備える必要があるとのことです。小職は現在、『マンガ 孫子・韓非子の思想』を読んでいますが、色々と考えさせられるところがありますね。風林火山にしても、ここから出ているようですが、武田信玄の生き方が、はたして神の法則にかなっていたかは問題があるようです。

【加賀・能登伝道記】
 8月31日は晴れていて、木曜休日でしたので、医王山に登りました。途中で、登っている方から、道を教えてほしい、と言われて、医王山と湯涌の分岐点、池がある所までご案内しました。案内のお礼にあめ玉二個いただきました。案内すると休めないのできついですね。それでも、ヤマメなど生きた魚を売っている水槽の先の激坂はとうとう降りてしまいました。分岐から湯涌方面に下り、折谷町で折り返しました。なかなかの急坂ですが、若者はこれをすいすいと登るのですね。分岐から3キロです。それから、夕霧峠に向けて登りました。昨年は、教化部の裏にヒルクライム用の山がありましたので、5時に終業したらすぐに家に帰り,登り、暗くなってからライトを付けて山を下りていました。仕事との両立はなかなか慣れるまできついかもしれませんが、楽しいです。自分への挑戦です。帰りに登っている三人の若い男性に会いました。最後の人は、やはり電灯をぴかぴかさせながら登っていました。しかし、下山の時はとても寒かったです。金大の角間から俵町まで1キロですが、これが良いコースなのです。お互いに声を掛け合います。夕霧峠の向こうは富山県ですので、いつかは富山側に降りてみたいと思っています。午前11時過ぎに家を出て、7時半頃に帰りました。走行距離は60キロでした。今日は、付け替えたブレーキの性能を確認するのが目的の一つでした。よく効きます。天女山で降りる時、心配ないようです。また、自然との一体感は十分すぎるほどあります。フェイスブックに写真を掲載していますのでご覧下さい。
尚、二ヶ月間遅れましたので、挽回するために、しばらくこの形式にさせていただきます。読者の皆さまには申し訳ありませんがご了承ください。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

↓今日は更新していません↓
【ブックレット④学習塾】『戦後の運動の変化について』
p7
(つづき)
   本書は,私が2014年に上梓させていただいた『宗教はなぜ都会を離れるのか?ーー世界平和実現のために』の第一章を構成する「運動の変化について」という文章を独立させ、統計的な数字(14頁)で古くなったものを最新のものに改めて主要部分とした。66頁から約20頁分は2014年11月、生長の家総本山で行われた谷口雅春大聖師御生誕日記念式典での私のスピーチである。このスピーチで,私は事実上、前掲書の第一章を解説している。また、前者は論文調で内容も複雑だから、硬い文章になじみにくい読者は、話し言葉で書かれた後者をまず読まれ、本書の内容の大体を把握された後に、前者をゆっくり読み進まれるのも一つの方法かもしれない。
2016年12月19日                     著者記す

(つづく)
《学習します》
 運動の変化については、歴史的な事件にあまり興味を持たない人には、理解しにくい点があるかもしれません。しかし、何度も繰り返し拝読していくと、それらの貫く、総裁先生の、世界平和への強い御決意を知ることができるのではないでしょうか。私は、これらの御文章を書写しながら、読者の皆さまとご一緒に学んで参りたいと思います。

↓今日は更新していません↓
【『正法眼蔵を読む 上巻』に学ぶ】
p13
(つづき)
 このように仏が生きるとき、「阿ノク菩提を証する」のである。”無上正へん智”即ち妙法をそのまま生きる(証する)ということになるのである。さてその生き方はどうか。この点の極意をのべると,仏から仏へと伝えられたる生き方、「自受用三昧」がそのツボである。
(つづく)

《学習》
 次に、「自受用三昧」の意味が説かれているのですが、別に真理があるのではなく、私たちが常に教えられている、三正行、即ち、神想観、聖典等の読誦、愛行です。ひたすら、これらの神髄に超入し、心酔することであると思いますね。

↓今日は更新していません↓
【ビールス性脈絡膜炎が治った体験】
『病いが消える』84頁
栃木県の池田豊子さんの体験談です。原田氏病と云って失明する病気だそうです。火薬商の方です。これもまたすごい体験ですね。

↓今日は更新していません↓
【唯神実相論】
『生命の実相』布表紙携帯版36巻46頁
 (前略)趙州和尚のところへ修行の僧がやって来て、修行の極意はなんですかと云って訊ねた時、趙州和尚は『お前朝御飯を食べたか』と反問した。『食べました』と答えると、『食べたら茶碗を洗いなさい』と云われた。その時ハッと僧は悟ったと云う。それが修行の極意であります。ありの儘、当前を其の儘受け取って、それを今持っている自分の力で百パーセント生かして行くのです。そうするとその当前の生活の中に命が生きて輝き出し、いのちの本当の値打が顕れて来るのであります。その当前ーーいのちの本然ーー其の儘が実相であります。初心の人は実相と云えばどこか遠いところにあるように思うことがありますが、そうではないのでありまして、そのまま、有の儘、当前の中に実相が輝いているのであります。

《学習します。》
  このように考えてみますと、一所懸命に生きている姿がそのまま実相が出ていることになります。何も難しいことはない、と思いますが、雑念が入るとやはり実相が曇らされることになるのでしょう。唯ひたすら真心を生ききる。これが大切であるようです。

↓今日は更新していません↓
【open the doors of your life】
p13
----Through recognition  the indwelling Divinity will appear.----
No matter how great the treasures kept in the treasure house, if there is no light, the treasures are practically nonexistent.  Friends,  Let us begin by recognizing the indwelling Divinity (Great Inheritance from God) in our children and students.  Every bad habit and genetic inheritance will be wiped away through  the brightness of our power of recognition.

【お勧めの本】
①『戦後の運動の変化について』ブックレット④
②『憲法の条件』大澤真幸・木村草太著(NHK出版新書)
③『”人間・神の子”は立憲主義の基礎』(なぜ安倍政治ではいけないのか?)
 誌友会のためのブックレットシリーズ3
④『愛国と信仰の構造』集英社新書
⑤『「憲法改正」の真実』http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/集英社新書
⑥『1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝』 ベアテ・シロタ・ゴードン著 岩波ブックレット
⑦『〈新〉地球温暖化とその影響』内嶋善兵衛著 裳華房 谷口純子先生ご紹介
⑧『 憲法と平和を問いなおす』 (ちくま新書)   長谷部 恭男(著)

【憲法関係動画 ブックレット③の理解のご参考に】
○日本国憲法全編    NHK
   https://www.youtube.com/watch?v=lfXQDaITy8A
○天皇と憲法
  https://www.youtube.com/watch?v=C6569BB6sbc
○報道ニューススティション  ワイマール憲法とナチス(古舘伊知郎さんのです。消されても消されても誰かがアップしていますね。非常事態法の危険さがよく理解できます。)
https://www.youtube.com/watch?v=3BxjQ5kOurA
https://www.youtube.com/watch?v=4j5tz2hluvw
○憲法はまだか?  戦争放棄1
https://www.youtube.com/watch?v=Q5wUELdcfEY
○憲法はまだか? 戦争放棄2
https://www.youtube.com/watch?v=5yV7jHsVBVo
○憲法はまだか? 象徴天皇1
https://www.youtube.com/watch?v=IWN8LbkVxSI
○憲法はまだか? 象徴天皇2
https://www.youtube.com/watch?v=1Oa7UmpJbTQ
○アナザーストーリーズ   誕生!日本国憲法~焼け跡に秘められた3つのドラマ~
http://www.dailymotion.com/video/x5bxjqs
 がんばってアップしていますが、画像精度がよくないね。いずれ消されるかも。
○https://www.youtube.com/watch?v=zWvD1rjusF8漫画形式です。ブックレット編集室推薦
○https://www.youtube.com/watch?v=V7EcIEdNZ4Aブックレト編集室推薦

【原発関係動画】
①  https://www.youtube.com/watch?v=LJzaVvf2qbA&t=1s
②  https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw
③http://www.asahi.com/articles/ASK36451LK36PLZU002.html
https://www.youtube.com/watch?v=8A-9wcDxnVM  (ドイツの番組ですね )

以上

|

« 平成29年6月28日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年6月30日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」 »

真理小話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成29年6月28日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」 | トップページ | 平成29年6月30日「”全国幹部研鑽会御講話”に学ぶ」 »