真理小話

平成30年1月16日 「”恵味な日々”に学ぶ」

Img_6436


平成30年1月16日 「”恵味な日々”に学ぶ」 

****************************************

【光り輝く講習会の大盛会をお祈り申し上げます】

【光明加賀人の詩】::バリバリと 樹雪折れて 静かなり     

(生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************
                  
【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
7 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の御文章です。学ばせていただきます。

2016年8月28日 (日) 「滝川市に行ってきました」

 空知教区の講習会で、北海道の滝川市に行ってきました。一週間前には台風9号による深川の被害の報道があり、数日前には大雨の予報もあったので、天候を心配しましたが、昨日の土曜日と今日の日曜日は、大変素晴らしい天気になりました。澄みきった空に爽やかな風が吹き、8月末の北海道に相応しい気持のよい日でした。北海道の空や大地の雄大さは、本州では味わえないものです。札幌以外の北海道各地は、人口減少と産業の衰退が大きな悩みですが、自然資本の豊かさは、莫大な資産です。人々の価値観が変わり、この自然環境の価値を人々が認めるようになればよいと、北海道に来るといつも思います。厳しくも豊かで雄大な自然の中で生きてきた人々は、力強く、自然体で謙虚であると思いました。講習会の控室には、ヒマワリ、紫陽花、ワレモコウなど季節に相応しい夏と秋の花を飾っていただきました。ピンクッションやブローチなどの手作り品も、愛らしい品々でした。空知教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

【学習】
  「自然資本の豊かさは、莫大な資産である」との御言葉は心に滲みます。便利快適を求めて来た人類ですが、それも程度によりけりですね。ここに来て、「めんどくさいが世界を救う」とのSNI自転車部の標語が光ってくるようです。この言葉が背中に入っているジャージを着て、自転車に乗っていると、珍しいのでしょうね。わざわさ声に出して読む人がいるのです。書いた文字には力があります。そこで私は、生長の家の宣伝をするのです。

【加賀・能登伝道記】
 1月15日午後、2018年度初めての、「パソコン、タブレット、スマートホンの使い方学習会」を行いました。参加者は、4人でした。運動方針に従って、少人数ながらも、毎月行う予定です。パソコン、スマホ、タブレットはPBSの基礎となりますので、PBS部員が増えそうです。また、担当を分けて指導することによって、指導者が増加します。組織の拡大の繋がります。一人の人が何でもやっていると、その人の指導の代用ができにくくなりますので、いつの間にかマンネリ化するようになるようです。それで、私的には、できるだけ、指導体制は分化していくということを、様々な面で行うようにすると、一年経ったらかなりの盛り上がりになることが分かりました。集団指導態勢です。地方講師研修会や受験勉強会に於いて、長期間、一人の人だけが指導を行っていると、その人は成長しますが、他の人はいつの間にか、依頼心が出て来るかも知れません。トータルとしての拡大が未知数となります。初心的指導者が他に対して指導することによって、分からない人に対しては、愛をもって常にコーチするという菩薩精神が醸成されると考えられるからです。トップはかなりの努力が必要ですが、それが必要です。私の先輩の故T元本部講師から教わったことですが、医学部の手術の授業で、能力のある教授は、まず学生に手術をさせて、難しくて困っていると、学生に代わって仕上げをする、のだそうです。能力のない教授は、学生に任せられないので、何でも自分でやってしまう。だから、学生が成長しにくい、とのことでした。逆に能力のある教授の元では、学生が成長する、と言っていました。それで、故T元本部講師は、何でもやらせてくれました。先ずポイントを教えて下さり、「あとは自分で考えなさい。責任は私が取る」というのが口癖でした。それで私は育てていただきました。心から感謝しています。現在は、自分が受けたものを後継者に繋げていくという御恩返しの段階だと考えています。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成30年1月15日 「”恵味な日々”に学ぶ」

Img_6441

Img_6438


平成30年1月15日 「”恵味な日々”に学ぶ」 

****************************************

【光り輝く講習会の大盛会をお祈り申し上げます】

【光明加賀人の詩】::初稽古 全身気力 よしこれで     

(生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************
                  
【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
7 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の御文章です。学ばせていただきます。

2016年9月 5日 (月) 「札幌市に行ってきました」

札幌教区の講習会で、札幌市に行ってきました。日中は少し蒸し暑い感じでしたが、夕方からは涼しい風が吹き、秋になっていました。ナナカマドも黄色に色付き、一部紅葉が始まっている木もありました。大都会札幌は、観光客も含め、多くの人でにぎわっていましたが、駅周辺の中心地はきれいに整備され、街路樹も植えられているので、都会にしては余裕のある街並みです。すぐ近くに山があることも、自然が身近に感じられる一因だと思います。宿泊したホテルから、5・6ブロック行くと、北海道大学の植物園があります。今まで行ったことがなかったので行ってみました。植物園の入り口に着いたのは4時少し前でした。5時くらいまで開いていると思ったのですが、4時閉園で残念でした。仕方なく、すぐ近くの赤レンガの旧北海道道庁に行き、蓮池などを散策しました。東南アジアからの観光客が目立ちました。北海道は東南アジアの人々にとっては、北に位置し、ヨーロッパのような植生もあるので、人気の場所だそうです。日本の他の地域の人にとっても、北海道は冬の厳しさはありますが、本州にはない雄大な自然が魅力的だと思います。札幌は北海道の中でも豪雪地帯です。そのため雪まつりなども行われるのですが、一冬の札幌市の除雪費用は100億円を超えると聞き、驚きました。私も北杜市に引っ越して経験しましたが、雪掻きは大変な重労働です。札幌の人たちはそれを毎年しているのですから、自然の力の大きさも経験しておられるのでしょう。講習会の質問で、三十代の女性から「なぜ自転車に乗り、遊んでいるのですか」というのがありました。夫は可能な限り通勤に自転車を使っています。それを遊んでいるように見るのは、かなり偏った見方をしているからと思いますが、家からオフィスまでは上り坂で、とてもきつい行程です。それを敢えてしているのは、現代社会が便利になり、人が体を使うことが少なくなったため、様々な病気の発症や、体の機能の衰えがあるからです。人間がこの世に生まれてきたのは、与えられた優秀な肉体をよく鍛えて、自分に与えられた役割を十分に果たすことが大切だとの考え方からというような内容の答えでした。東京もそうですが、都会はインフラが整備されているので、体を使わなくても何でもできるところがあります。かといって田舎はどうかと言えば、都会以上に車社会で、こちらも身体を使うことが少ないです。札幌の人たちも、大変ではありますが、雪掻きで多少身体を鍛える機会を持っておられるのではないかと思いました。意識して、体を使うことの大切さを再認識しました。講習会の控室には、花瓶とよく合ったおしゃれな花を飾っていただきました。札幌教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

【学習】
  総裁先生が自転車でジテツーをしておられることが書かれています。私もジテツー組です。北海道の植生のことも書かれています。また、除雪費用が100億円とはすごいですね。しかし、それで雇用の創出もあるのでしょう。現象界は、負の面と、正の面と両方あるように見えます。しかし、観世音菩薩の原理からいうとすべて教えてくれているという点で、意義があるとみるべきでしょう。北海道の友人から聞いたことですが、内地では雪の時は誌友会が中止することがありますが、北海道では中止していると行える日が無くなるので、雪でも行うと言っていました。まあ、程度にもよると思いますがね。

【加賀・能登伝道記】
  1/15午前。ISO職員会議でした。実務の後で、「日本と再生」、「モンサント」の種の動画も見ました。現象界ですが、知る必要のある情報です。種から植える、というと良いように思うのですが、もしモンサントの種ならば、いかがなものでしょうか。種の中で北米原産と描かれているとしたら、或いは?と思ってしまいます。私は、豆乳をよく飲みますが、カナダか北米産の大豆と表示しているのが多いですね。それで、できる限り、国内産で遺伝子組み換えで無いもの、それから無調整の豆乳を飲むようにしています。少し高価ですが、ヤムを得ません。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成30年1月14日 「”恵味な日々”に学ぶ」

Img_6424


平成30年1月14日 「”恵味な日々”に学ぶ」 

****************************************

【光り輝く講習会の大盛会をお祈り申し上げます】

【光明加賀人の詩】::通勤路 踏む霜柱 バリバリと    

(生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************
                  
【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
7 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の御文章です。学ばせていただきます。

2016年9月11日 (日)  「北見市に行ってきました」

北見教区の講習会で、北海道の北見市に行ってきました。北見は先日来北海道を襲った台風の影響を受け、収穫の終わったタマネギやジャガイモなどに大きな被害が出ました。畑が川のように水浸しになっているところもありました。収穫の真っ最中というところもあり、ほとんどの農家の方が何らかの被害を受けているそうです。手塩にかけて育て、生活の糧にもなる野菜に大きな被害が出たことは、本当に無念なことであると思います。 自然災害の大きさを、今年もまた思い知ることになりました。被害に遭われた皆さまに、お見舞いを申し上げると共に、再び元気を取り戻され、ご活躍くださいますことをお祈りいたします。土曜日、女満別空港に降りたつ前、北海道の太平洋側の海岸線が見えました。海の水が、広い範囲にわたって泥水になっていました。多くの土砂が海に流れたことが、明らかに見えました。その後厚い雲の中を降下しましたが、地上の気温は16度で、肌寒く感じました。ずっと雨続きの北見地方でしたが、日曜日の今日は久しぶりに良いお天気に恵まれました。水浸しになった畑の後始末や、延期されていた運動会などが行われたようです。自然災害を目の当たりにし、当たり前の暮らしが、当たり前にできるように、人間中心ではない生活の大切さを切実に感じました。そんな中でも多くの方が講習会にご参加くださり、ありがとうございました。講習会の控室には、ピンクと紫の縁のトルコキキョウと紫陽花を飾っていただきました。清楚な爽やかさが感じられました。北見教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

【学習】
  自然災害に出合って初めて、「当たり前の暮らしが、当たり前にできるように、人間中心ではない生活の大切さ」を実感されたことが書かれています。地球温暖化によりさまざまな気候変動が起きています。その中で、被害を最小限に食い止めるために、私たちは、倫理的生活の実践を励行していきたいと思います。

【加賀・能登伝道記】
  ブログを挽回するのに、半年かかりました。ようやく追いつきました。有り難うございます。読んで下さっている方に心から感謝します。ブログとは航海日記から来た言葉であると言われています。だからこそ、毎日書かないと余りブログの意味をなさないようです。このココログにアップしたブログは、これで3819回目です。1万回を目指して書かせていただきます。遅れても取り戻す。今まで何回か遅れた時がありました。母親が亡くなったとき、教区が変わった時、そして、今回は講習会でパソコンに向かう時間が無かった時です。ですが、タブレットやスマホによって、新たな投稿方法を見出しましたので、少し楽になりました。その間も、生長の家大神様の御心をお伝えになる総裁先生への中心帰一の信仰姿勢の堅持を貫くことができましたことを神様に感謝致します。これからも顔晴ります。どうぞよろしくお願いします。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成30年1月13日 「”恵味な日々”に学ぶ」

Img_6423


平成30年1月13日 「”恵味な日々”に学ぶ」 

****************************************

【光り輝く講習会の大盛会をお祈り申し上げます】

【光明加賀人の詩】::蝋梅や 黄金色して 吾を招く    

(生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************
                  
【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
7 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の御文章です。学ばせていただきます。

2016年9月25日 (日) 「長岡市に行ってきました」

新潟越南教区の講習会で、長岡市に行ってきました。越後は稲刈りの真っ最中で、田んぼの半分くらいはまだ刈取りが終わっていませんでした。激しい雨がつづいたらしく、車窓から見える田んぼの稲は、ほとんど倒れていました。水につかった稲は芽が出てしまうので、早く刈り取らなければならないそうです。日曜日の今日は、穏やかな晴天に恵まれました。刈取りをした農家も多かったのではないかと思います。講習会では質問の時間がありますが、新潟では間もなく知事選があるそうで、どの候補に入れたらよいかという質問が出ました。総裁は、「どんな人が出ているのか分からないし、誰に入れなさいとは言いませんが、選ぶ基準としては、新潟は原子力発電所がありますから、脱原発を主張する人に入れた方がいいとしか言えません」と答えました。会場からは拍手が出ました。
 懇談会の席上でも、青年会の女性が、「新潟は世界一の原子力発電所があるので、原発再稼働は絶対に反対で、多くの若者はそう思っています」と言っていました。東京の電力を支えるために、新潟の原子力発電所は作られましたが、「地元の経済に打撃があったとしても、いったん事故があれば、故郷を追われることになるので、原発再稼働は、絶対に反対です」と、別の女性も切実な思いを披歴されました。原子力発電所が身近にある人の、緊迫した思いが伝わってきました。近くにないから安全ではなく、いったん事故が起こったらどのようなことになるかは、誰にも予測できません。しかし、福島を経験している日本人は、知っているはずです。もっと敏感に反応してもいいと思うのですが、日本人の何かが麻痺しているのでしょうか。声を大にして脱原発を言わなくてはならないと、改めて思いました。講習会の控室には、トルコキキョウがやさしい雰囲気のお花と、松ぼっくりやドングリで作った、手の込んだ楽しいクラフトを飾っていただきました。新潟越南教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

【学習】
   この時の知事選では、脱原発を訴えた人が当選しました。越南には、世界一の刈羽原発があります。また、福島の原発被災者を受け入れた県ですので、被災者の生の声を聞いているのです。世界的にも脱原発の流れは止められません。はやく、日本は目覚めてもらいたいと思います。

【加賀・能登伝道記】
  1月14日、教化部駐車場の雪かきで、7台分ほど確保したのですが、気がつくと電気自動車のスペースが確保できていませんでした。それで慌てて雪かきをしました。時間がなくて全部できませんでしたので、屈強の相愛会員さんお二人にお願いして、雪を取り除いていただきました。よかったです。電気自動車の充電スペースは、真理伝道の一形式であると、自分的には把握しています。雪かきは三日目ですので、少し要領がよくなってきましたね。それから少し、体力がついてきたのかも知れません。何事も有り難いことです。道の向こうの駐車場では昨日は子供さんが雪そりを楽しむ光景がありましたが、今日は若い男性の人がモクモクと雪かきをしていました。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成30年1月12日 「”恵味な日々”に学ぶ」

Img_6425


平成30年1月12日 「”恵味な日々”に学ぶ」 

****************************************

【光り輝く講習会の大盛会をお祈り申し上げます】

【光明加賀人の詩】::冬の蚊や ブーンと飛んで どこへ行く    

(生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************
                  
【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
7 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の御文章です。学ばせていただきます。

  2016年10月 2日 (日) 「東京第二教区の講習会で立川市に行ってきました」

東京第二教区の講習会で、立川市に行ってきました。立川は中央線で小淵沢から1時間40分くらいで着きます。電車に一回乗るだけで講習会に行けるところは地元山梨以外では、長野と東京第二教区くらいなので、大変近くに感じました。とは言っても、立川の駅の改札を出たら、土曜日の午後という事もあり、大変なにぎわいでした。人にぶつかりそうになるのを避けて歩きながら、「ああこれが都会だった」と、人のまばらな田舎から来た身は、調整するのに数秒かかりました。立川駅周辺は、ビルが立ち並び、其々のビルの間には歩道橋が縦横にめぐらされていて、大変便利になっています。特に駅ビルやデパートが繋がっていて、コンパクトにギュッと凝縮されて存在していました。郊外のベッドタウンの街の特徴を現しているのでしょう。人が生活するのに、何でも手に入りとても便利になっているところだ思いました。土曜日は曇り、今日の日曜日は秋晴れの良いお天気になりました。金木犀の良い香りが、そこかしこから匂ってきました。爽やかな秋の訪れを感じさせる大好きな花です。講習会の控室には、秋の野にあるような豊かな花と、クリと苔玉の楽しいクラフト作品を飾っていただきました。東京第二教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

【学習】
  立川市という都会に行かれた戸惑いが書かれています。私が住んでいるのは、金沢市で地方都市ですが、ほとんど繁華街には行きません。便利と言えば便利ですが、いつの間にか、その便利さの故に、自分が持っている能力が減退するのが気がつかないようです。総裁先生にお教えただいているように、自分で自転車に乗り、自分でクラフトし、自分で野菜を作る。そして、ノーミート料理を作る。そんな生き方に今年はチャレンジしたいと思います。

【加賀・能登伝道記】
  1月13日の帰りはバスでした。明日もこれに乗ろうと考えました。雪道の最初の12日は歩いて出勤しました。吹雪の中でした。約3時間弱の徒歩でした。雪二日目の13日の出勤も徒歩でしたが、5㌔をようやく2時間で歩けました。でも、長靴が重すぎて、ふくらはぎが痛くなりました。治るのに一日かかりました。それで、1月14日の出勤は、バスにしました。でも、なかなか運転が荒っぽいのですね。金沢駅から私の家の近くまで往復する無料バスがあるのです。助かっていますが、すごい揺れでした。すごくスピードを上げるように思うのですが、他の車と同じくらいの速度です。雪をかぶった並木がとても美しいです。このあたりは、日時計主義で余裕ですね。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成30年1月11日 「”恵味な日々”に学ぶ」

Img_6417


Img_6411


平成30年1月11日 「”恵味な日々”に学ぶ」 

****************************************

【光り輝く講習会の大盛会をお祈り申し上げます】

【光明加賀人の詩】::寒林や ふと見上げると 鳥の声    

(生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************
                  
【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
7 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の御文章です。学ばせていただきます。

2016年10月 9日 (日)  「富山市に行ってきました」

富山教区の講習会で、富山市に行ってきました。北陸新幹線が開業して、山梨から北陸が近くなりました。11時に小淵沢を出発して、松本、長野を経由し、2時過ぎには富山に着きました。講習会では、朝早くに出発することが多いので、前日に翌朝の朝食の準備をして、荷物も作っておくのですが、今回は、普段と変わらない朝食をいただき、食後に準備をしても充分時間があったので、ゆったりした気分で出発できました。富山は稲刈りもほとんど終わり、木々の紅葉が始まっていました。土曜日は雨が降ったり止んだりで、日曜日の今日は小雨のち曇りのお天気でした。予定されていた運動会が中止になったりして、講習会にご参加くださった方もあったようです。富山は歴史のある落ち着いた街で、文化の高さも感じられます。講習会の控室には、手作り品や秋の素敵なお花を飾っていただきました。富山教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

【学習】
 富山の北陸新幹線のことが書かれています。ちょうど開業のときに、新幹線に乗ったことがありますが、すごい人の波でした。「越中富山の薬屋さん」というのがありますが、エネルギッシュな県民性のようです。自然災害の困難を克服した強さだと思います。私が子供の頃に、高知県の片田舎まで毎年来ていましたね。

【加賀・能登伝道記】
  1月13日、教化部に到着すると、雪はやみ、職員さんたちが駐車スペースの雪かきをしてくれていました。有り難うございました。感謝です。私の通勤途中は、かなりの吹雪でした。雪は団結を作るようです。団結力は困難な時に初めて強固となるようです。どうすることも出来ない時、集まる友は、生涯の友となる場合があります。マイナスは決してないのです。「陰極は必ず陽転する」のです。但し、継続は何よりもポイントです。そのためには、何でも話ができる心の友を持つことは実に重要です。決定的なアドバイスをもらう必要はありません。話すことは放すことです。心が空っぽになったとき、神様からのアドバイスが天降るのです。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成30年1月10日 「”恵味な日々”に学ぶ」

Img_6413_2


平成30年1月10日 「”恵味な日々”に学ぶ」 

****************************************

【光り輝く講習会の大盛会をお祈り申し上げます】

【光明加賀人の詩】::おでん食べ こんにゃくうれし 夕餉かな    

(生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************
                  
【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
7 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の御文章です。学ばせていただきます。

2016年10月16日 (日) 「長野市に行ってきました」

長野教区の講習会で、長野市に行ってきました。長野市に泊まるのは初めてです。今までは、松本周辺で講習会が開催されることが多かったので、松本に泊まっていました。長野は新幹線が止まり、善光寺もあるので、大きな町です。登山者の姿も目に付きました。山梨のお隣の県ですが、長野は大きな県で各地域の間に山があります。上田・軽井沢、長野市周辺、松本・塩尻、伊那地方など、それぞれ特徴があるようです。自然が豊かで、人々の気質はのんびりしているとのこと。長野では、屋根に太陽光パネルをつけている家が多く、環境意識も高いところです。昼食では、手作りのお漬物や杏、天然キノコなどを出していただきました。手作りをして、丁寧な生活をしておられる方が多いのでしょう。講習会の控室には、秋の山の恵み、季節のお花などを飾っていただきました。長野教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

【学習】
  長野市の事が書かれています。教化部がありますね。各地にそれぞれの特徴があるとのことです。みんな違ってみんな良い、です。その地区でないとできない、世界一のことがあるものです。独特という面で世界一です。誰でもそれを発見すると、偉大であるのです。

【加賀・能登伝道記】
  無量寺の自宅のお隣さんは、子供さんがいるので、雪で作ったのは、かまくらかな? 雪だるまもありましたよ。我が家はスノーダンプがあるので、少し楽です。お隣にも使っていただいたようです。昼間に親御さんと一緒に雪だるまを作っている光景が目に浮かびます。町内には子供さんがたくさんいます。街に子供の声が聞こえる時、活気があります。生命の連続と喜びを感じますね。前の教区では、町内で、この時期に、神社で、「雪ほたる」という行事を毎年行っていました。歌や屋台、それから民謡など、何度か見に行ったことがあります。ダンスの会の皆さんが10人ほど踊っていましたが、身のこなしから判断して、お若い人達のように思いました。暗いのでよく見えませんでしたが、ご年配の方々でした。とても、楽しかったことを記憶しています。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成30年1月9日 「”恵味な日々”に学ぶ」

Img_6413


平成30年1月9日 「”恵味な日々”に学ぶ」 

****************************************

【光り輝く講習会の大盛会をお祈り申し上げます】

【光明加賀人の詩】::傀儡師 すっと現れ 消えてなし    

(生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************
                  
【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
7 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の御文章です。学ばせていただきます。

2016年10月29日 (土) 「手作りの楽しさ」

10月22日、23日の2日間、森の中のオフィスで「自然の恵みフェスタ」が開催されました。プロジェクト型組織である自転車部、クラフト部、オーガニック菜園部が中心となり、企画運営をしました。今年で3回目という事もあり、内容も充実し多彩に展開されました。沢山の方にご来場いただき、大変盛り上がり、喜んでいただけたのではないかと思います。私は今回も、クラフト部員として手作り品を出品しました。森の中の自然をモチーフにした刺繍作品です。これまではフェスタの前に、ブログでこんな作品を出しますとお知らせしましたが、出品数が少ないので、このたびは控えました。刺繍はそれなりに時間がかかるので、どれだけできるかわからず、躊躇するところもあったのですが、数は少なくてもじっくり丁寧にできるものに挑戦したいと思い取り組みました。けれども実際刺繍ができると、それをどのように作品にするかで、また悩みました。市販の額に入れると、立派に見えるのですが、それでは低炭素の作品にならないので、家にある木の空き箱を利用し、適当な大きさに切って、色を塗り、額にしました。枠も手作りすると良かったのですが、そこまでは手が回りませんでした。他に落葉松をイメージしたコースター、きのこ模様のピンクッションを作りました。素人の素朴な作品ですが、それなりに愛着が湧き、手元に置いておきたい気持ちになりました。手作り品を作っている時、また出来上がった作品を眺める時、とても豊かな気持になり満足感を味わいました。

【学習】
  色々と、クラフトでもご努力しておられます。私たちもそれについて参りたいと思います。買えば簡単、作るは時間がかかります。「作ることは考えることである」という『クラフツマン』の文章を思い出します。しかし、今、クラフトをやらずして何時やりますか??できる限りの努力をしてみようではありませんか。作れば、クラフト倶楽部に投稿です。まず、入部してみましょう。あっ、それまでにガラパゴス系の形態から、スマホへ移行ですよ。私はスマホは使っていますが、実際の投稿は、カメラで撮影し、それからパソコンで投稿です。色々とできますね。

【加賀・能登伝道記】
  1月13日朝方、尊敬するある先生の夢を見ました。何か原宿に新しい名所ができて、そこでパッタリとお会いして、「一緒に行ってくれないか」と言われました。私は、「いいえ、私には仕事がありますから」とお断りすると、「君は頑固だからいかん。僕に会って、同行を頼まれたから帰るのが遅れた、と言えば良いんだよ」と言われて、お供をさせていただくことにしました。温かい愛と信頼に満ちた先生の雰囲気に包まれながら、ご一緒させていただきました。自転車で来ておられました。それだけですが、光明化運動に於いて、その先生の守護の霊波が来ているのでは無かろうか、とうれしくなりました。今日も、顔晴ります。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

| | コメント (0)

平成30年1月8日 「”恵味な日々”に学ぶ」

Img_6398


平成30年1月8日 「”恵味な日々”に学ぶ」 

****************************************

【光り輝く講習会の大盛会をお祈り申し上げます】

【光明加賀人の詩】::柳葉魚焼き 煙漂う 夕餉かな    

(生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************
                  
【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
7 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の御文章です。学ばせていただきます。

2016年11月 6日 (日) 「熊本市に行ってきました」

熊本教区の講習会で、熊本市に行ってきました。熊本は4月に起きた地震で、講習会の会場が使えなくなり、開催が危ぶまれましたが、教区の皆さんのご努力により、6カ所の会場が確保され、予定通りのスケジュールで開催できることになりました。土曜日に熊本空港に到着しましたが、空港のある益城町の被害が大きかったということで、益城の市街地を通るルートを取っていただき、熊本市内に入りました。ビニールシートを屋根にかけた家がまだたくさんあり、全壊した家が壊れたままのところもありました。町の各所では、重機が崩れた家の整理などのため、活躍していました。地震直後は人が歩けるような状態ではなかったそうですが、間もなく地震から7カ月になる現在は、一応ほとんどの道は通れるようになっています。熊本の皆さんは、このたびの自然災害を前向きに受け止め、自然の恩恵をわすれず、人とのつながりを大切にして、日々を過ごされていることが分かりました。講習会の控室には、色鮮やかな元気の出るお花を飾っていただきました。ククマモンがそばで見守っています。手作り品や絵手紙なども飾っていただきました。熊本教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

【学習】
 熊本の地震のことが書かれています。「自然災害を前向きに受け止め、自然恩恵を忘れず、人とのつながりを大切にして、日々を過ごす」。日時計主義の生き方です。素晴らしいと思います。

【加賀・能登伝道記】
  NHKスペシャルで「人体」の腎臓を見ました。前回は、毛細血管の長さは何と、10万㌔㍍。地球の二回り半であると言っていました。信じられませんね。凄すぎます。所で腎臓は寿命を決める、と書かれています。臓器がさまざまな情報交換をしていることが分かってきています。それだけでもすごい!!腎臓は血管の管理者、これも初耳でした。
人体の外的動きに関しては、脳髄が支配的であるようです。しかし、内部の環境整備に関しては、それぞれの臓器が互いに発信し、受信して調整しているようです。本部と地方、そしてPBSの動きがそれに似ているように思えました。不思議な身体のシステムですね。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

| | コメント (1)

平成30年1月7日 「”恵味な日々”に学ぶ」

Img_6391


平成30年1月7日 「”恵味な日々”に学ぶ」 

****************************************

【光り輝く講習会の大盛会をお祈り申し上げます】

【光明加賀人の詩】::獅子舞や 笛に合わせて ピーヒャラと   

(生長の家石川教化部HP   工事中)

*************************************
                  
【総裁先生のブログ「唐松模様」を拝読しましょう】
  http://masanobutaniguchi.com/
 また、総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家総裁」です。英語版は、「  Seicho-No-Ie President」です。
【白鳩会総裁先生のブログ「恵味な日々」を拝読しましょう】                
7 http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/blog/
 また、白鳩会総裁先生のフェイスブックでのお名前は、「生長の家白鳩会総裁」です。
****************************************
※石川教区の伝道情報「光明加賀能登人がゆく」です。
  しばらくお休みです。
****************************************
  加賀・能登の神の子の皆様、菩薩の皆様、有り難うございます。
白鳩会総裁先生の「恵味な日々」の御文章です。学ばせていただきます。

2016年11月13日 (日)  「厚木市に行ってきました」

神奈川教区の講習会で、厚木市に行ってきました。新宿から厚木まで、夫も私も生まれて初めて小田急ロマンスカーに乗りました。車内は箱根への行楽客ばかりで、皆さんにぎやかで楽しそうでした。神奈川教区の講習会は、今まで横浜がメイン会場でしたが、今回は横浜の中心地に広い会場を確保することができなかったので、県下8カ所での開催となりました。メイン会場が伊勢原市で、そこに近いということで、厚木に泊まりました。厚木は子供の大学の教養学部があったので、郊外には2・3度行ったことがありましたが、町の中心部に来るのは初めてでした。本厚木駅に比較的近い所でしたが、回りは中層のマンションばかりで、ベッドタウンであることがわかります。土曜日、日曜日は、厚木の町をあげて「あつぎ国際大道芸」というのが開催されていました。宿泊したホテルの敷地や、紅葉が始まった市役所前中央公園では、大道芸のパフォーマンスが行われていて、多くの人が集まっていました。屋台も沢山出ていて、町中がお祭りです。火のついた松明(たいまつ)と刃が回っているチェーンソー、銀のボールの三つをお手玉のように放り上げて順番に手で持って回していくのを見ましたが、人間はなんと難しくて危険なことに挑戦することかと思いました。講習会の控室には、やさしい感じのお花とともに、折り鶴50個をつないで作ったという素敵なお花を飾っていただきました。折り鶴で作ったお花は初めて見ましたが、その細かい手仕事に驚きました。神奈川教区の皆さま、大変お世話になりました。ありがとうございました。

【学習】
  小田急のロマンスカーのことが書かれています。私も二十歳台の頃、一、二度乗ったことがあります。友達と行きましたので楽しい思い出でした。それから、大道芸というのをご覧になったそうです。テレビで色々と大道芸が紹介されることがありますが、よくぞここまで修練されたものだなあ、と感心するものが多々ありますね。

【加賀・能登伝道記】
  1月12日の朝、出勤しようとして外に出て驚きました。昨夜は雷が何度もありましたが、密閉度が高い家屋ですので、風の音もあまり気になりませんでした。お浄めの大雪のために自転車も出せず、車も出せません。それで教化部まで、歩いて行きました。三条では汽車が立ち往生であったとニュースに出ていました。九州でも雪です。氷点下の冷たい風が上空で蛇行しているようです。それが、今までは雪が降らない地域に雪を降らしているようです。これも温暖化の一つの特徴のようです。道路に出てみると、車も動いていますが、人も雪の中を歩いています。考えてみると、実に活気に満ちています。それぞれの会社の駐車場では、若い人もそうでない人も、雪かきです。お客さんが来るのに、車が入れないとなると、次に来てくれるかどうか、分からなくなりますからね。お客様へのサービスが第一で、このような時が勝負なのでしょう。金沢に来て、新しい体験をしました。

 生長の家大神様の無限の愛の祝福が、北陸の大自然界の上に、信徒の皆様方の上に、この地にお住まいのすべての人々の上に、読者の皆様の上に満ち溢れ、健康であり、幸福であり、神・自然・人間の大調和の世界が実現することを祈ります。
 中内 英生拝

| | コメント (0)

より以前の記事一覧